Top > フェルファング


フェルファング

Last-modified: 2019-12-08 (日) 05:55:35

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0054 【フェルファング】 ◆殺◆
ザイバツのマスター位階。フェンリル・ニンジャのソウルを憑依させた巨大な狼。ニンジャアニマルゆえ知性は高く、ニンジャと会話を行える。グランドマスターの位階を要求したが認められず、代わりに懲罰騎士の特別称号が贈られた。

登場エピソード Edit

 

「我は誇り高き狼の王。既にして、貴様らの遥か上の存在である」


狼物 Edit

  • ダークニンジャ率いる新生ザイバツに所属するニンジャの狼
    • ニンジャアニマルの例に漏れず高い知能を有し、ニンジャとの会話も可能である。
  • 誇り高く、馴れ合いをよしとしない文字通りの一匹狼。
  • 名鑑によると、グランドマスターの位階を要求したが認められず、代わりに懲罰騎士の特別称号を贈られたとのこと。
  • 憑依ソウルの名はフェンリル・ニンジャ

外見 Edit

  • 神獣じみて壮麗な毛皮を輝かせている。

元ネタ・考察 Edit

  • フェルファングは「fell(凶猛な)」と「fang(犬類などの犬歯)」を組み合わせた名前だろうか。形容詞のfell(凶猛)であるとすれば時代がかった単語である。
  • 憑依ソウルの「フェンリル」は、元は北欧神話に登場する巨大な怪物で、ロキの息子の一人(一匹)。その存在は神々に災いをもたらすと予言され、ラグナロクでは最高神オーディンと対峙して彼を飲み込むも、その後オーディンの息子であるヴィーザルに殺されてしまう。

ワザ・ジツ Edit

  • 強大なリアルニンジャとオスモウめいて格闘を行えるほど高いカラテの持ち主。
  • 作中ではカラテミサイルに食らいつくことで無効化する場面も見られた。

ソウル分与(仮) Edit

  • 自らの身体に触れている者にソウルを分け与え、そのジツを強化する。
  • ただし本人曰く「我に触れる権利は、かなり限っておる」とのことで、誰にでも行わせる行為ではないようだ。

ストーリー中での活躍 Edit

宙を蹴り、フェルファングはネタバレに向かってゆく!

一言コメント

「当然だ。コメント欄に触れる権利は、かなり限っておる」