Top > 食品系アイテム(スポンサー以外)

食品系アイテム(スポンサー以外)

Last-modified: 2018-07-15 (日) 17:15:40

武将の並びは五十音順

手前味噌ラーメン Edit

武将回数台詞
西郷局初回ふたを開け、湯を注ぎ、ふたを閉じて、
しばし待つ……。
すると、どうなるのでしょう?
まあ……! 見たこともない
味噌で煮込んだ膳ができ上がってます……。
さっそく、いただきましょう。
ああ……。湯気で眼鏡が曇る……。
困りました。
これでは箸を進めることができません……。
二回目以降手前味噌らーめんに湯を注いで
しばし待つこの間が
楽しみで仕方ありません。
もちろん、おいしくいただいております。
味噌の濃い味と、不思議な麺の組み合わせは
他にないものですから。
ああ……。眼鏡、眼鏡が曇る……。
ふふ、困ったものです。
ゆっくりいただくしかありませんね。
佐々成政
(☆4)
初回湯を注いでしばし待てば
たちまち味噌の煮込みができ上がる
手前味噌らーめんなる物の噂を聞いたぞ。
ほう、これがその手前味噌らーめんか。
蓋を少し開け、隙間から湯を注ぎ、
蓋を閉じて、しばし待つ……。
おお! こいつは見事な味噌煮込み!
うどんとも蕎麦とも違う、この麺がうまい!
頼む、代わりを! 食い足りぬ!
二回目以降手前味噌らーめんはよいのう。
汁まで残さず食えば、体の芯から温まる。
雪の山で食うと、さぞうまかろうな。
ぬう……。そう思うと、
手前味噌らーめんを最もうまく食うために
雪の山に登りたくなるのう。
何と罪作りな奴よ……。
わしはもう、どこへ行くにも
手前味噌らーめんを手放せぬわ……。
真田阿梅初回もう、耐えられません。
しばしと仰せですが、
あとどれほど待てばよろしいのですか。
まだそれほども経っていない?
されど、味噌の香ばしい匂いが
私を急がし立てるのです……
たいまーなるものが鳴りました!
もう蓋を開けてもよろしいのでしょう?
さあ、早う頂きましょう、早う!
二回目以降(ずずず……)
……ふう、おいしゅうございます。
仙台のものとは比べようがありませんが、
こちらの味噌も、これはこれで。
外の国では、
味噌を使わないらーめんもあるとか。
そちらも食してみとうございますね。
名古屋山三郎初回こいつは一風変わった腰兵糧ですな。
……ほう、湯を注いでしばし待て、と。
おお! たちまち味噌の煮物が現れた!
これは何の妖術か!?
しかも、何ともうまいではないか!
この味噌は、尾張の味噌であろう?
このような傾いた食い物は初めて見たわ!
二回目以降湯を注ぎ、しばし待てば出来上がり!
手前味噌らーめん、とは
名越の傾奇者にこそ相応しい食い物よ!
こいつをすすれば、
名古屋山三郎は百人力であろう!
はっはっは!
原虎胤初回これは……ほうとうか!
ほうとうであろう!?
ほうとうであるに違いない!
手前味噌らーめん……だと? 馬鹿な!
麺と野菜を味噌で仕立てた汁で煮込めば
それはまさしくほうとうであろう?
うむ、湯を注いでしばし待てば、
どこでもほうとうを食えるとはな……。
あっぱれよ!
二回目以降……おぬしら、まだこれを
ほうとうと認めぬか。
手前味噌らーめんと呼ぶか。
もしや、らーめんとは、ほうとうから
枝分かれした食い物であろう?
いや、何も言うな。わしはそう決めた。
ともあれ!
ほうとうを腰兵糧に出陣できるとはな。
これほど嬉しいことはない!
平手久秀初回ラーメン! うわっ、ひさしぶりだな。
戦国時代には存在しないからね。
おっ……!
すっごいコクのある味噌味!
こりゃあうまいや。
お市にも食べさせてやりたいけど、
吉に横取りされそうだな。
ははは。
二回目以降ラーメンって毎日たべても飽きないよね。
あれ? 俺だけかな?
ああ……あったまる。
このままの味噌味も旨いけど、
バターなんか落としても、いけるよね。
ふぅ……ごちそうさん!
おいしかった分、戦で活躍しないとね。
冬姫初回湯を注ぐだけでたちまち出来上がるとは……
このような煮物は初めて見ます。
しかし、この味、この香り、
どこか懐かしい感じが……。
ああ、これは尾張の味噌を
使っているのですね。
なるほど、口に合うはずです。
二回目以降しかし、湯を注ぐだけで出来上がるとは、
何とも不思議な腰兵糧だこと。
父上が喜びそうです。
どこにいても故郷の味を
口にできるというのは
まこと、ありがたいこと……。
冬姫
(のぶニャがコラボ版)
初回湯を注ぐだけでたちまち出来上がるとは
ニャンと不思議な……。
このような煮物は初めて見ます。
しかし、この味、この香り、
どこかニャつかしい感じが……。
ああ、これは尾張の味噌を
使っているのですね。
ニャるほど、口に合うはずです。
二回目以降しかし、湯を注ぐだけで出来上がるとは、
ニャンとも不思議な腰兵糧だこと。
父上が喜びそうです。
どこにいても故郷の味を
口にできるとは……。
まこと、かたじけニャい。
細川藤孝初回味噌をふんだんに使った汁に、
さまざまな具が浸されている。
らーめんとは、煮物の一種であろうか?
しっかりとした味噌の味と
具の味が複雑に絡み合っている……。
うどんとも異なる麺の歯ごたえ……。
この一品にあらゆる料理の奥義が
巧みに詰め込まれている……。
これは、見事と申すほかありませぬ。
二回目以降ほほう、手前味噌らーめんですな。
何度味わっても、見事な逸品。
この一杯に込められた匠の技には、
ただただ敬服するばかり。
我が知の及ばぬものはまだまだ多い。
さらに精進せねばなりますまい。

馬鈴薯チップス Edit

武将回数台詞
浅井長政
(近江越前)
初回これは……馬鈴薯なる芋を薄切りにし、
油で揚げたもの……ですか。
ううむ、浅学なせいか、解せませんな。
しかし、この歯ごたえ、土を思わせる香り、
なかなかの美味ですね。
少々、塩気が強いようにも思えますが……。
いやはや、これはやめられませんな。
つい、次から次へと手が伸びてしまう。
このような食べ物があるとは……。
二回目以降①馬鈴薯ちっぷすですか。
ははは、私はこれに目がないものでして。
不思議な食べ物ではありますが、
まあ、うまければすべてを許せますな。
これと少々の酒があれば、
他には何もいりますまい。
二回目以降②(ぽりぽり……)
(かりかり……)
はっ! これは失礼。
馬鈴薯ちっぷすなるものを食すと、
つい無口になってしまっていけませんな。
浅井長政
(血河の勇将)
初回馬鈴薯ちっぷす……。
芋を揚げただけだというのに、
なぜ、手が伸びてしまうのか……。
温かみのある香り。
口いっぱいに広がる塩気。
そして……奥深きところにある甘み。
この味、かつて流した涙の如き……
いえ、なんでもありませぬ。
二回目以降①馬鈴薯ちっぷすですか。
ははは、私はこれに目がないものでして。
不思議な食べ物ではありますが、
まあ、うまければすべてを許せますな。
これと少々の酒があれば、
他には何もいりますまい。
二回目以降②(ぽりぽり……)
(かりかり……)
むっ!
お市初回馬鈴薯なる名の芋は初めて耳にしましたが
これは不思議な食べ物ですね。
軽やかでしっかりとした歯触りに、
飾り気のないどっしりとした味わい……。
ひとたび手を出してしまうと、
なかなかやめられませぬ。
ああ、これは困りました……。
二回目以降①馬鈴薯ちっぷすでございますね。
よろしければ、もう少し分けて
いただけませぬか?
ふふ、ありがとうございます。
今宵の肴はこれにいたしましょう。
きっと殿のお気に召すはず。
二回目以降②(ぽりぽり……)
(かりかり……)
あら、これは大変な無礼を……。
馬鈴薯ちっぷすを前にすると
食べ続けてしまっていけませぬ……。
お市
(のぶニャがコラボ版)
初回馬鈴薯ニャる名の芋は初めて耳にしましたが
これは不思議な食べ物ですね。
軽やかでしっかりとした歯触りに、
飾り気のニャいどっしりとした味わい……。
ひとたび手を出してしまうと、
ニャかニャかやめられませぬ。
ああ、これは困りました…。
二回目以降①馬鈴薯ちっぷすでございますね。
よろしければ、もう少し分けて
いただけニャいでしょうか?
ふふ、ありがとうございます。
これニャらば、殿の肴にぴったり。
きっとお喜びいただけるはず。
二回目以降②(ぽりぽり……)
(かりかり……)
あら、これはニャンという無礼を……。
馬鈴薯ちっぷすを前にすると
食べ続けてしまっていけませぬ……。
京極マリア初回馬鈴薯……?
このような芋は初めて目にいたします。
軽やかな口当たりからは思いもよらぬ
この味わい深さ……。
癖になってしまいます。
薄く切り、油で揚げただけで
これほど私の心を掴むとは……
何と罪深い食べ物なのでしょうか。
二回目以降①(ぽりぽり……)
(かりかり……)
ああ、やめられませぬ……。
二回目以降②ふふ……。
おいしゅうございますね。
馬鈴薯ちっぷすは、なにゆえ
こうも私の心を掴んで離さぬのでしょう。
ほんに不思議な力に満ちた
食べ物であること…。
虎御前初回これが馬鈴薯ちっぷす?
なぜ芋をわざわざ薄く切る?
よくわからぬな。
ふむ……なるほど。
この歯触り、その薄さゆえに
為せるもの。
実に見事、恐れ入った。
二回目以降また馬鈴薯ちっぷすですか。
よいでしょう。
芋だけではなく、
塩の具合も申し分ない。
袋へ伸ばす手が止まりませぬ。
次はこの倍を備えていただこう。
馬鈴薯ちっぷすをたらふく食べられると
あれば、皆の士気も上がりましょう。
長尾虎初回馬鈴薯ちっぷす? 知らぬ。
しかし、美味いな。
馬鈴薯なる芋は知らぬが、塩は美味い。
だが、足りぬ。
誰ぞ、馬鈴薯ちっぷすを持てい!
この虎の腹を満たせるだけ今すぐに!
二回目以降馬鈴薯ちっぷす……。
この味……
やはり、よき塩を使っているな……。
しかし、塩はあれども、酒がない。
馬鈴薯ちっぷすは酒の肴にこそふさわしい。
誰ぞ、酒じゃ! 酒を持てい!

すっぽん鍋 Edit

武将回数台詞
尼子経久初回ほう、すっぽん鍋か。
こいつは珍しいじゃねえか。
鍋好きとしちゃ捨て置けねえよ。
そう、これよ、これ。
すっぽんは出汁がうまいんだよなぁ。
すっぽんは食いついたら放さねえが、
すっぽん鍋は食い出したら止まらねえよ。
二回目以降①こうやって出陣のたびに
すっぽん鍋ばかり食わせてもらって
申し訳ねえな……。
礼がしてえな。
何か欲しい物、あるかい?
任せとけって、何でも言いなよ。
……勝ち戦だぁ? 欲がねえなぁ。
そんなもんでよけりゃ、
いくらでもくれてやるよ。
二回目以降②お、またすっぽん鍋かい?
こんなうまい鍋は、
皆で囲んで食わねえとなぁ。
……ふー、ご馳走さん。
これで、わしらは同じ鍋の
すっぽん食った仲間だ。
きっちり働いて、
勝ち戦、拾ってこようか。
なぁ?

式三献の肴 Edit

武将回数台詞
男性武将汎用1-打ち鮑、勝ち栗、昆布。
これほどの品であれば、
三献の儀もさぞ立派になりましょう。
えい! えい! おおぉぉぉーっ!
我らの勝利を疑う余地はありますまい。
男性武将汎用2-打ち鮑、勝ち栗、昆布。
どれも見事な逸品じゃな。
では、三献の儀と参ろうか!
えい! えい! おおぉぉぉーっ!
この戦、わしらの勝利は揺るぐまい。
はっはっは!
男性武将汎用3-ほう、どれも見事な
打ち鮑、勝ち栗、昆布……。
では、三献の儀を始めようぞ。
えい! えい! おおぉぉぉーっ!
この戦、我らの勝利は確実よ。
男性武将汎用4-打ち鮑、勝ち栗、昆布……。
いずれも極上の品。
三献の儀は、身も心も引き締まりますな。
えい! えい! おおぉぉぉーっ!
勝利のため、我が力を存分に発揮して
ご覧に入れましょう。
男性武将汎用5-ほほう! 打ち鮑、勝ち栗、昆布!
こいつは見事な逸品じゃ!
皆の者、三献の儀じゃ! 準備はよいか?
えい! えい! おおぉぉぉーっ!
がっはっは! まこと良い気分じゃ!
この戦、わしらの勝ちぞ!
女性武将汎用1-三献の儀、いつでも行えます。
打ち鮑、勝ち栗、昆布……
みんなおいしそう!
勝利を誓って……
えい、えい、おぉーっ!
女性武将汎用2-さあ、三献の儀を始めましょう。
打ち鮑、勝ち栗、昆布、
いずれも見事なものです!
揺るがぬ我らの勝利を信じて……
えい、えい、おぉーっ!
女性武将汎用3-打ち鮑、勝ち栗、昆布を賜りましたので、
三献の儀に参りましょう。
皆様、よろしいでしょうか?
勝利のため、皆の力を合わせましょう。
えい、えい、おぉーっ!
女性武将汎用4-打ち鮑、勝ち栗、昆布……。
なんと見事な品々でしょうか。
それでは、三献の儀を執り行いましょう。
戦勝を祈願して……
えい、えい、おぉーっ!
女性武将汎用5-……打ち鮑、勝ち栗、昆布。
どれも三献の儀には欠かせません。
ふふ、準備は整いました。
必ずや、皆で勝って帰りましょう。
えい、えい、おぉーっ!

江戸前にぎり寿司 Edit

武将回数台詞
太田道灌初回なんぞこれは!
米に生魚など乗せおって、
兵糧を捨てるがごとき行いぞ!
……新鮮? 外の者は好んで食う?
なれば、おぬしが先に食うてみよ。
戦の前に腹を下しては一生の恥よ。
ぬう、うまそうに食いよって。
しかし生魚ぞ、当たるとしか思えぬ。
わしは食わぬぞ!
二回目以降江戸前にぎり寿司か。
わしが城を築いた江戸の地の名物とは
にわかには信じがたいのう。
酢に山椒、生醤油と考えてはいるが
いつ傷むとも限らぬ。
皆も急ぎ食うがよい。
ふふ、うまいな。
これを腐らしては罰が当たるのう。
もう一つ頂いておこう。
山県昌景初回これが、寿司じゃと?
わしの知っておる寿司とは
どうにも異なっておるが。
では、この赤い物は魚か?
……鮪!? これほど色鮮やかな
塩に漬けておらぬ鮪など初めて見たわ!
おお……。
口の中でとろけるようじゃ……。
これが寿司……これが鮪か……。
二回目以降出陣前は鮪の寿司を食わねば話にならぬ。
赤き寿司を腹に収め、
わしの体の中も赤備えにするのよ。
はっはっは。
気休めでも何でもよい。
山県昌景の赤備えは最強でなければならぬ。
そのためにできることならば、
何でもやっておきたいだけのことよ。
山本勘助初回ほう、寿司とは珍しい。
駿河に身を置いていた頃は
それほど珍しくもなかったが……。
御館様に拾われてからは
海の幸と縁がなかったゆえ、
これには懐かしさすら感じる。
……うむ、馳走になった。
二回目以降贅を尽くした物よりも、
某はこのような
気軽につまめる物の方が有難い。
何も気張ることはない。
出陣前の腹ごしらえは寿司に限る。
……うむ、馳走になった。

うな重 Edit

武将回数台詞
愛洲宗通初回これがうなぎとは……。
にわかに信じることはできぬ。
よいか、わしはうなぎにはちとうるさいぞ。
串に刺すでもなく、腹を開き、
たれを焼いたうなぎなど--
よもやこれほど美味いとは!
わしの負けじゃ……。
二回目以降①出陣前はうなぎで腹ごしらえに限る。
おぬしらのうな重ならば
何の文句もない。
うむ……。馳走になった。
では、出陣に備えるとしよう。
そうじゃ。
わしの帰りはうな重で出迎えよ。
頼むぞ。しかと、頼んだぞ。
二回目以降②手間を惜しまねば、うなぎは
これほどまでに化けるものか。
冷めぬよう重箱に入れる心遣いもにくい。
父より授かりし我が陰流も、
まだ化けるやも知れぬな。
ふむ……。
うなぎでも食いながら考えるとしようか。
うむ……うむ……うまい……。
足利義昭
(☆4)
初回何やら美味そうな匂いが漂っておるが……
これの毒見は終えておるのであるな?
ならば、味わうとしよう。
ほう! これは美味いのう!
このような物、
今まで口にした覚えがないわ!
して、これは何であるか?
……うなぎ? これが、うなぎだと!?
ありえぬ! わしを騙す気か!
二回目以降うな重じゃ! うな重を持てい!
わしはうな重を食いたいのであるぞ!
たかがうなぎをこれほどの膳に仕立てた
おぬしらの才には、それに見合った褒美を
取らせねばなるまい。
何なりと言うてみるがよかろう。
望みのままの褒美を取らせよう。
わしがうな重を食うておる間に決めよ!
足利義昭
(のぶニャがコラボ版)
初回ニャにやら美味そうな匂いがするが……
もう毒見は終えておるのか?
では、味わうとしよう。
ほう! これは美味いのう!
このような物、
今まで口にしたことがニャいわ!
して、これはニャンじゃ?
……うニャぎ?
これがうニャぎ? 騙されぬぞ!
二回目以降うニャ重じゃ! うニャ重をもてい!
余はうニャ重が食いたい!
たかがうニャぎをこれほどの膳に仕立てた
その方らの才にはニャにか褒美を
取らせねばニャるまい。
余が幕府を立て直した暁には
望みのままの褒美を取らせよう。
それまで余にうニャ重を寄越すがよい!
蔵春院初回とてもよい匂いがいたしますね。
何でしょうか?
なっ! こ、これがうなぎの匂い!?
あれがこれほどかぐわしくなるなんて
胸が高鳴りますが、さっそく……。
ああっ、口から鼻へつきぬける
香ばしさで、箸がどんどん進みます!
もう、止められません!
二回目以降また、うなぎの味が恋しく思えてきた頃に
こうしていただくことができるだなんて。
私は何という幸せ者なのでしょう。
ああっ……一口ごとに
口の中に幸せが広がっていきます……。
ずっと、こうしていたい……。
けれど出陣しないと……。
その前に、もう一口……。
北条綱成初回河越のうなぎがうまいと評判だと?
わしは河越城に務めることも多いが
そんな話、聞いたこともない!
……む。やけによい匂いがするな。
うなぎにたれを付けて焼いた?
白焼きでよいものを……。
な、何じゃ、これは!?
この香ばしさ……飯が進む!
とてもうなぎとは思えぬ!
二回目以降そもそも、うなぎなど常よりそこいらを
泳いでおるではないか。
珍しくもなんともない!
……にも関わらず、おぬしらはうなぎを
これほどうまく膳立てするとは
恐れ入ったわ!
八幡大菩薩に武運を祈り、
うな重を食らえば戦の支度は整おう。
はっはっは! 出陣はまだか!?

おせち料理 Edit

紅白饅頭 Edit

武将回数台詞
茶屋四郎次郎初回これはめでたい饅頭でございますな。
出陣前から紅白で祝うとは
これは縁起がよろしいようで。
ほほう、これは砂糖の甘さですな。
これはご贔屓さんどころか
偉いさんにも贈れましょう。
そろそろ出陣ですか?
いやいや、まだ味わっておりますに。
もうひとついただいておきたいですね。
二回目以降いや、疲れた時に甘いものは染みますな。
はは、ご一緒にひとつどうですか。
むぐっ!
つ、詰まり……茶か水を……
……ふうう、いやはや。
いくら美味いとはいえ、焦って
食べるものではありませんな。

鏡餅 Edit

フレンチコース Edit

武将回数台詞
細川幽斎初回ふれんちこーす……。外の国の膳であるか。
これほど贅を尽くした物は
初めて目にかかります。
おお……。見目鮮やかでありつつ、
格式の高さを感じさせる品々が
次から次へと押し寄せてくる……。
あらゆる料理の奥義を盛り込み、
見せつけるかのようでしたな。
これは、見事と申すほかありませぬ。
二回目以降ほほう、こーす料理……でしたかな。
何度味わっても、
見事な膳でございましょう。
この膳のあらゆる品に込められた
匠の技には、ただただ敬服するばかり。
礼に、某が考え出した
鯉のこーす料理を振舞おうと思うのだが、
いかがであろうか。

ケーキアラカルト Edit

武将回数台詞
斎藤小少将
(ハロウィン)
初回とりっくおあとりーと!
ふふふ……。もてなさぬと、悪事をはたらく
ぞ!
という意味じゃ。
けーきあらかると?
南蛮の菓子を膳にしたものじゃな。
どれから手をつけようか迷うの。
ん~美味じゃ。 甘さで頰が落ちそうじゃ。
ふふふ。 この姿で頰が落ちたら、
本物の化け物になってしまうの。
二回目以降けーきあらかるとじゃな。
「とりっくおあとりーと」と言う前に用意する
とは、
粋な計らいじゃな。
やわらかいすぽんじの口当たり、
くりーむの濃厚な甘味がたまらぬ。
ああ、口の中ですぐ溶けてしまう。
まだ足りぬ……。
心も腹も満たされぬゆえ、
このままでは悪事をはたらくやもしれぬぞ?
細川伊也初回これは……けーきあらかると?
外の国の菓子を膳立てしたもの?
ふーん、饅頭詰め合わせみたいなもの?
いいわ。いただきます。
これ、何!? 何なの!?
甘くて、柔らかくて……
おいし過ぎるにもほどがあるでしょう!?
二回目以降けーきあらかると!
これを作るのにどれほどの手間暇が
かかってるのかしら……。
駄目……そんなこと考えたら
食べられなくなっちゃう……。
でも食べる! いただきます!
ああもう!
やっぱりおいし過ぎるんだってば!
真理姫初回こ、これは、何だ?
……けーきあらかると?
外の国は菓子を膳にするのか!?
べ、別に、私は甘い物なんか好きではない。
ただ、少し気になるだけだ。
試しに食べてやってもいい。
……ふわあぁぁ!?
何だこれ!? こんなの初めて!
おいしい……おいしいよ……。
二回目以降あ! けーきあらかると!
……わ、私を甘い物なんかで
思うようにできると考えないことだ!
おい、見るな! こっち見るな!
人が物を食べるところを見るのは
無礼だと習わなかったか!?
ああ……おいしい……。
もう、とろけちゃいそう……。

バレンタインチョコ Edit

白酒 Edit

武将回数台詞
上杉謙信初回酒の匂いに誘われて来てみれば……
これは、白酒か。
わしにも一献くれ。
むう、やはり胸焼けがするかの如き甘さよ!
塩がなくては飲めぬ!
誰ぞ、塩を持てい!
二回目以降①白酒か……。
祝いの席にはよいかもしれん。
だが、塩が足りぬわ!
誰ぞ、味噌を持てい!
二回目以降②白酒か……。
祝いの席にはよいかもしれん。
だが、塩が足りぬわ!
誰ぞ、梅干を持てい!

ホワイトデークッキー Edit

学食オムライス Edit

武将回数台詞
柴田勝家
(学園)
初回ほう! 学食の新めにゅー試し食いか!
よし、この鬼番長に任せよ!
おむらいす! ほう、おむらいすか!
これは、おむらいす、と言うのか!
うむ! なかなかうまいのう!
しかし! もう少し食わねば
正しく評価はできぬ! 代わりを持てい!
二回目やはり、学食といえばおむらいすに限る!
かれーらいすでもなく!
らーめんせっとでもなく!
ころっけ定食でもなく!
わしは、おむらいすを推す!
学食おむらいすのうまさ……
食った者にしかわからぬわ!
濃姫
(学園)
初回今度、学食の新めにゅーに加わる
おむらいすの試食にうかがいました。
鮮やかな見た目は女子に、
しっかりとした量は男子に
それぞれ受け入れられるかと思います。
味は……言うに及びません。
おそらく、学食で一、二を争う
人気めにゅーになるでしょう。
二回目ふふ、おむらいすは
不思議と私の心を引きつけます……。
百々目鬼連合との戦いの前に
おむらいすを頂くと、
必ず勝って帰ろうという気になるもの。
いえ、私だけでなく学園の生徒たちの多くも
きっとそう思っているのでしょう。
まことに素晴らしきことです。
前田利家
(学園)
初回む……。
学食の新めにゅー試し食いだと?
そのためにわしを呼び出したのか。
呼び出しと言えば、屋上か校舎裏が常ゆえ
ちと身構えてしもうたわ。
しかし……この、おむらいす……
あまりのうまさに学食の風紀を乱しかねぬ!
新めにゅーに加えるのは、一考せよ!
二回目以降学食おむらいすを食わせてもらおうか。
うむ……この風紀を乱しかねぬうまさは
初めて口にした時と何も変わらぬ。
まことに恐るべき味よ……。
風紀を守るため、おむらいすは
わしが一人で余さず食わねばならぬ。
これも風紀委員長の務めよ……。
前田利益
(学園)
初回おなごが手ずから手前のために
何やら食い物を拵えたと聞き及び、
馳せ参じましたぞ!
ほほおぉぉぉぉ~~~~~っ。
これが、おむらいす!
実にうまそうですな!
いやいや、見た目だけではありませぬぞ。
口の中に広がる柔らかな味わい……
うまい、としか言えませぬな!
二回目以降学食とは、まこと素晴らしき所ですな。
常におなごが手ずから、
おむらいすを作っておるとは!
もはや手前、学食でおむらいすを食うため
学園に通っているようなものですぞ。
はっはっは!
やはり、うまい物はうまい!
学食おむらいす、かくあるべきですな!

柏餅 Edit

特上カツ丼 Edit

クールスイーツカップ Edit

学食ビーフストロガノフ Edit

武将回数台詞
井伊直虎
(学園)
初回学食の新めにゅーを試させてもらえるって
聞いてきたんだけど……本当? いいの?
うわー、楽しみ―。
びーふすとろがのふ!
牛の肉を、あの手この手で煮込んだの?
ろっくだね!
んん~~~っ! おいしい!
学食で一番人気のめにゅーになる!
うん、間違いない!
二回目以降学食のめにゅーにびーふすとろがのふが
加わったら、いつでも食べられるってこと?
すごい!
一日三食びーふすとろがのふも夢じゃない!
んん~~~っ! やっぱりおいしい!
一日三食に加えて、らいぶの前と後にもびーふ
すとろがのふ食べなきゃ!
今川義元
(学園)
初回学食の新めにゅーの試食があると聞いた。
どのような品か、見せてもらおう。
びーふすとろがのふ、というのか。
ふむ……このような品は知らぬ。
初めて目にする。
ほう、これは……。
質の高さと深い旨味が合わさり、
何とも奥行きのある味わいであるな……。
二回目以降びーふすとろがのふは、うまいな。
……うむ、やはりうまい。
びーふすとろがのふを食うと
声の張りが常より増すと気づいてから
らいぶの前には欠かせぬ。
らいぶ後の打ち上げも
余はびーふすとろがのふがあれば
他に何もいらぬわ。
寿桂尼
(学園)
初回びーふすとろがのふなるめにゅーが
近々、学食に加わるとか。
ひとつ、試してみようかと思うてましたが
……やめておきましょう。
このような姿をしておりますが、
いまだに仏門に身を置いておりますゆえ。
申し訳ございません。
二回目以降びーふすとろがのふをいただきましょう。
無論、私は食べることができませぬが
ばんどめんばーに振る舞ってください。
びーふすとろがのふを気に入った者が多く、
らいぶの前にはこれを食べねば話にならぬと
言い出す者まで現れる始末。
これほど人の欲を剥き出しにさせるとは
罪深き食べ物でございましょう。
太原雪斎
(学園)
初回学食の新めにゅーを
試させていただけるとか。
それは楽しみでございますな。
びーふすとろがのふ……。
誠に申し訳ございませぬが、
拙僧は生き物の肉を口にできぬもの。
お気になさいますな。
こちらの茶をいただければ、
それでようございます。
二回目以降びーふすとろがのふを拵えて
いただけますかな?
いや、拙僧ではなく、殿に。
殿を支えるべく、どらむの道を志せども
この身はあくまで一介の坊主でありますれば
生き物の肉を口にはできぬもの。
されど、殿がお喜びになる姿は
何よりの馳走でございましょう。
ほっほっほ……。
田鶴姫
(学園)
初回へえ。これが、びーふすとろがのふか。
かなり風変わりな食べ物みたいだね。
うん……。なるほど、これはおいしい。
牛の肉を煮込んだって聞いたから、
どんな味なのか心配だったけどね。
今度、これが学食のめにゅーに
加わるんだって?
けんかにならなきゃいいけど……。
二回目以降さて、らいぶの前に
びーふすとろがのふを食べたいな。
まだ学食のめにゅーには加わってないけど
こうやって食べさせてもらえるのは
ずるいかもしれないね。
まあ、それでも食べるんだけどね。
最高のらいぶにしたいから、
自分のお腹にだって妥協はしないさ。

ローストターキー Edit

武将回数台詞
井伊直虎
(クリスマス)
初回鳥の丸焼き!
この鳥なに? え? 七面鳥?
……よくわからないけど、おいしそう!
とはいえ、鳥の丸焼き……
少しばかり怖い気もするけど、
実は化け物だったり……しない?
でも、おいしそうだし……
やっぱり、いただきます!
――なにこれ、おいしいーっ!!
二回目以降ろーすとたーきー!
ああ……駄目、この匂いを嗅いだら
急にお腹が空いてしまう……。
あっさりとしているようで
噛めば噛むほど味が出てきて……
見た目はさておき、すっごくおいしい!
でも、大きすぎて一人じゃ食べきれない……
え!? これ、皆で食べる大きさなの?
そういうことは、先に言って欲しかった!
京極竜子
(クリスマス)
初回ろーすとたーきー?
ばてれんの祝い日に食すもの?
たーきーといえば、宣教師の方々から
そのような鳥が遥か遠くの地にいると
聞いておりますが……。
神のお恵みに感謝する祭りにて
食するものなのですか。
それは縁起がよろしゅうございますね。
二回目以降ろーすとたーきーですか?
出陣前なのに、この大きさ……
食べきれますかどうか……。
弱音を吐いてはなりませんね。
化け物との戦いに備え、食べきらねば。
やはり、おいしゅうございます。
……ふう、ごちそうになりました。
斎藤小少将
(クリスマス)
初回なんじゃ? これは。
七面鳥を丸ごと焼いたとな?
七面鳥とは……化け鳥か?
ほう、南蛮の鳥に詰め物をして
丸ごと焼いたものとな。
なかなかに大らかでよい。嫌いではないぞ。
味は……どうじゃ。
ふむ。
噛めば噛むほどに味がでるの。
二回目以降ろーすとたーきーではないか!
出陣前に食せば、
身にも心にも力がみなぎるというもの。
よい香りじゃ。
ありがたく、いただこう。
ふっくら、もちもちで……
詰め物も味が染みて、実にうまい。
うむ、満足じゃ!
細川ガラシャ
(クリスマス)
初回これは、鶴にございますか?
とても大きな鳥にございますね。
七面鳥? 聞いたことがございませぬ……。
義父の幽斎ならば、
存じているやもしれませぬ。
では、一口。
……。
あ、これはおいしゅうございます。
二回目以降ろーすとたーきーにございますね。
肉だけでなく、腹に米やら野菜が
つめてございます。
私は、肉よりも詰め物の方が
好みにございます。
そちらを多めにいただけますか。
ああ……おいしゅうございます。
米が汁を吸い、炊け具合もすばらしい。
その、恥ずかしながら、お代わりを……。
お犬の方
(クリスマス)
初回これは……鳥でしょうか?
かように大きな鳥を丸ごと焼くとは
たいへん骨が折れたでしょうに。
一口、頂いてもよろしいでしょうか。
はあ……良い香りですね。
この香りだけで満ち足りてしまいます。
肉の中にも様々な詰め物が入っていて、
なんと贅を尽くした品なのでしょう。
ああ、ずっと味わっていたい……。
二回目以降ろーすとたーきーを頂けるのですか?
ああ、これをいただける日を
どれほど心待ちにしていたことか。
くりすますの装束を着て、皆と共に
ろーすとたーきーを食べていると、
なんとも幸せな心地になりますね。
かような心地で戦に赴くのは
初めてかも知れませぬ。
決して気を抜かぬようにいたしましょう。
京極マリア
(クリスマス)
初回これがたーきー……
宣教師の話には聞いておりましたが、
ここまで大きな鳥でしたか。
肉は好みませぬが、
主の恵みに感謝するためということならば、
いただかないわけには参りませぬ。
あら……? 思ったよりも
脂が少なく香りも香ばしいのですね。
これならば食べられまする。
二回目以降主よ、日々の恵みに感謝します。
このたーきーも、
私たちを支える糧としてくださいませ。
……それでは頂きましょう。
先に口にしてより、このたーきーを
再び味わえる日を心待ちにしておりました。
口を運ぶごとに、主の恵みを感じます。
戦国の世でもこうして永らえていること、
感謝せねばなりませんね。
濃姫
(クリスマス)
初回まこと大きな鳥ですこと。
たーきー、と申すのですか。
殿はご存知なのでしょうか。
これほどまでに大きな鳥を。
丸ごと焼いてしまうとは。
私には考えもつかぬやり方ですね。
箸ではいささか食べづらいですね。
ないふとふぉーく、でしたか。
あちらを頂いてもよろしいでしょうか。
二回目以降ろーすとたーきー。
そしてでざーとにはこの手に持つ
ぶっしゅ・ど・のえる。
戦の前にもかかわらず、
なんと非の打ち所のない
膳なのでしょう。
ふふふ。
毎日がくりすますだったら……
などと考えてしまいますね。
早川殿
(クリスマス)
初回
二回目以降

バレンタインラテ Edit

武将回数台詞
足利氏姫初回これは……飲むちょこれーとか。
なかなか、変わっておる。
ふむ……。
味も香りも、より深みを増して
胸に染み渡るかのよう。
ああ、これはよいな。
体の芯から温もり、心が穏やかになる……。
二回目以降ふー……。
ばれんたいんらてはよい。
身も心も満たされてゆく。
……はっ!?
これから化け物との戦であろうに、
和んでいる場合か!
まったく……!
私の心をこうも虜にするとは、
化け物よりも恐ろしいわ!
虎御前初回ちょこれーとを温めて飲むとは……
まこと、南蛮人のなすことは
私では考えが及びませぬ。
では、一ついただくとしましょう。
む、案の定、身も心もとろけるほどの
力強い甘さ……。
塩が恋しゅうございますね。
二回目以降①ばれんたいんらて……。
これに塩を混ぜれば、味に深みが増し、
甘さが更に引き立つのでは……?
……。
あまり、変わらぬ……。
塩が足りなかったのでしょうか……。
二回目以降②ばれんたいんらて……。
これに塩を混ぜれば、味に深みが増し、
甘さが更に引き立つのでは……?
……。
塩を入れすぎたやも……。
やめておけばよかった……。
乃美大方初回ちょこれーとを温かく溶かして
飲み物にしたのですか?
そんなもの、おいしいと
決まっておりましょう!
ああ……。やはり……。
幸せの味が体いっぱいに広がります……。
二回目以降ああ、なりませぬ……。
ばれんたいんらてを口にすると、
他の事に手がつきませぬ……。
これを独り占めするは
欲張りが過ぎるというものでしょうけれど、
殿のお口に合うとも思えませぬ……。
まあ、飲んでから考えましょう。
ふう……。
幸せはここにある……。
本陽院初回ばれんたいんらての温もりは
疲れた心と体によく染み渡ります。
ばれんたいんらてに惹かれぬ者など
おりますまい。
これに想いを託して殿方に渡す……。
ばれんたいんとは、
素敵な祭でございますね。
二回目以降ばれんたいんらて……。
一人でいただくのもよいのですが、
どうせならば殿と分け合いたいですね。
ばれんたいんのために拵えた物ならば、
ばれんたいんらしくいただいて
みとうございます。
殿の口に合うとよいのですが……。
ふふ……。

ショコラエテルネル Edit

武将回数台詞
足利氏姫初回しょこら・えてるねる……。
ふむ、見た目からして、そこいらの
ちょこれーととは格が違うな。
品の高い味は言うに及ばず、
箱や包み紙もよい細工をしておる。
ばれんたいんなる祭とはいえ、
これを誰かに渡すなど納得いかぬ。
これは、私にこそふさわしい。
二回目以降まったく……。おなごから想いを寄せる
殿方にちょこれーとを渡すなど、
ばれんたいんとは慎みが足りぬ。
ふん……。
私からのちょこれーとが欲しければ、
奪ってみるがよい。
言うまでもないことだが、
それなりの覚悟をして挑め。
三村鶴初回ちょこれーとはうまい。
それが、ばれんたいんとやらのため
さらにうまくなるとは……!
ううむ……。信じられぬ……。
これほどうまい物がこの世にあって
よいのだろうか……。
恐るべし、ばれんたいんちょこれーと!
二回目以降うまい……。
しょこら・えてるねるを語るには
それより他の言葉が思いつかぬ。
己の学の浅さが恨めしい。
このうまさをどうすれば
皆に伝えられるだろうか……。
……まあ、私が独り占めにせず
皆に配ればよいだけか。
だがそれは……つらい……。
妙玖初回このばれんたいんのために拵えられたという
ちょこれーと……。
見ているだけで、溜め息が漏れるほど
細かきところまで手が入っておりましょう。
まこと、食べてしまうことが
もったいのうございますね……。
二回目以降申し訳ございませぬが、
しょこら・えてるねるをいくつか
都合をつけていただけませぬか?
これほどの逸品、やはり殿と子ども達、
それに家中の者達にも
味わっていただきとうございます。
せっかくのばれんたいん、
皆で楽しむべきでしょう。

オヤジのマシマシラーメン Edit

武将回数台詞
明智光秀
(学園)
初回ほう……? このらーめん、
うじろうのましましらーめんか。
青鬼魔痛とのケンカの前に
このような物を拵えてくるとは
おぬしら、気が利いておる。
わしは一日一杯は氏家先輩の
らーめんを食わねば気が済まぬのよ。
二回目以降①うじろうのましましらーめんを
もらおうかのう。
此度は……そうじゃのう……。
ニンニクスクナメヤサイアブラカラメ。
――うむ、これよ、これ。
これぐらいの味と量が心地よいわ。
二回目以降②うじろうのましましらーめんを
もらおうかのう。
此度は……そうじゃのう……。
麺マシ大小。
全部マシマシ。
――う、むぅ。
調子に乗って頼んではみたが……
ケンカの前に、一大事じゃのう……。
斎藤道三
(学園)
初回おお! これは……!
らーめんうじろうの
ましましらーめんではないか!
この豚とヤサイの盛り方……
さすがは氏家先輩。
極まっておる。
これを食えば誰であろうと腹一杯よ!
ケンカの途中で腹が減って困ることは
あり得ぬわ!
二回目以降ケンカの前にはうじろうの
ましましらーめん……。
わしらにとっては、当たり前のことよ。
山の如くそびえるヤサイ。
それを支える石垣の如き豚。
その下に控える麺と汁。
いくら食っても飽きぬこの味……。
氏家先輩、ましましらーめんのおかげで
此度のケンカも必ず勝ちますぞ!
竹中半兵衛
(学園)
初回これはもしや、氏家先輩の
ましましらーめんではござらぬか?
いや、某はらーめんうじろうには
行ったことがありませぬが、
噂はよく耳にしております。
およそ、らーめんとは思えぬ姿であると……。
いや、これは……
恐るべきらーめんですな……。
二回目以降うじろうのましましらーめんは
恐るべき力を秘めておりまする。
初めて食べた時、あまりの量の多さゆえに
腹が膨れ上がり、もう食べることはない……
そう思っておりました。
しかし、今こうして目の前に差し出されると
食わずにはおれぬ……!
おれぬのですぞ……!
深芳野
(学園)
初回これは、卜全先輩のお店、
うじろうのましましらーめん……。
なにゆえ、これが私の好物だと
知っておりまするか……!?
れでぃーすの皆にも隠していたはず……!
大食いなどと知られては
その……
恥ずかしいではありませぬか……。
二回目以降うじろうのましましらーめん……。
いざ、天地を返していただきましょう。
………………………………………………。
ご馳走になりました。
腹と心に染み渡る一杯でございました。

パンプキンパイ Edit

武将回数台詞
尼子経久
(ハロウィン)
一回目
二回目以降
宇佐美定満
(ハロウィン)
一回目
二回目以降
真田幸隆
(ハロウィン)
一回目なんじゃこれは?
化け物のような顔の形をしておるが……
深く甘い香りが漂うておる。
やはり外の国の菓子か。
おぬしらの風変わりも
ここまで来ると呆れるのう。
ほほう、これは……
香ばしく甘く、歯ざわりもよい。
御館様も気に入るであろう。
二回目以降ぱんぷきんぱいか。
早速、一つ……うまいのう。
この慎ましき甘さがたまらぬ。
さしものわしも、このぱいのうまさには
やられたわ!
こやつをもっと食うために
もっと長生きし、もっと功を立てねばな。
ふふ、楽しみに待っておれ。
百地三太夫
(ハロウィン)
一回目
二回目以降

学食スタミナ丼 Edit

武将回数台詞
松永久秀
(学園)
初回おう、学食すたみな丼か……。
おぬしもわかるよな、この青春の味が。
河内和泉支部におった頃には
よくナガヨシと昼休みに食しておったわ。
わしは授業前にすたみな丼はどうなのかよ
何度も言うたが、あやつはどうしてもとな。
ふふ……懐かしき話よ。
二回目以降学食すたみな丼と言えば、
おぬし、大盛ちゃれんじを知っておるか?
すべてを食すと、褒美にいくらか代金を
返してくれるのだ……。
誰にも言うてはおらぬが、実はわしは
まだ一度も成し遂げておらんのだ。
おっと、えすえぬえすにはあげるなよ?

奥の松酒造とのコラボ以外の酒類アイテム Edit

武将回数台詞
二本松義継
(☆3)
-なかなかうまい酒じゃのう!
……しかしな、わしにはちと物足りぬ。
よいか!? 酒というものはな!
男は黙って奥の松!
うわっはっは!
……うぃー。ひっく。
男性武将汎用1-よい酒ですな。
このような酒を振る舞われては、
何としても戦に勝たねば立場がない。
酒のおかげで心地よくなってきましたぞ。
然らば、この酒に誓って、必ずや
勝利をもたらしてみせましょう。
男性武将汎用2-酒じゃ、酒じゃ!
ほほう、こいつは美味い!
まさに勝ち戦の前祝いにふさわしいわ!
はっはっは……は……ぁ……。
ううむ、いかん。ちと飲みすぎたか……。
出陣までに酔いを醒まさねば……。
男性武将汎用3-戦の前にこのような美味い酒を振る舞うとは
なかなか気が利いておるな。
皆と飲む酒が美味いせいで、
酔いが回ったかもしれぬな……。
席を外すぞ。酔いを醒ましてくる。
男性武将汎用4-見たことも聞いたこともありませぬが、
これは美味い酒ですな。
つい飲み過ぎてしまいそうなほど……。
酒に飲まれるほど愚かなこともないかと。
少し口に含むぐらいで楽しめばよい。
これより戦に赴くのですからな。
男性武将汎用5-おお! なんと美味い酒じゃ!
美味すぎて手がとまらぬわ!
ええい! 足りぬぞ、代わりを持てい!
酒は命の水じゃ!
飲めば飲むほど強くなれるというわけよ!
はっはっは! 戦に勝って、また呑むぞ!
女性武将汎用1-美味しいお酒ですね!
ちょっとだけのつもりが、
ついつい飲み過ぎてしまいそう……。
ああ……。
ちょっと酔っ払ってしまったみたい……。
酔いを醒まさなきゃ……。
女性武将汎用2-何と美味い酒でしょうか……。
この深い味わいに取り込まれてしまいそう。
ふぅ……。どうにも体が熱くて敵いませぬ。
涼んで参ります。
出陣までには戻りますゆえ……。
女性武将汎用3-これはとてもよいお酒でございますね。
美味し過ぎて、いつまでも
飲んでしまいそうな……。
あら……。少し酔ってしまいました……。
水をいただけますか?
酔いを覚まさなければ……お恥ずかしい。
女性武将汎用4-これは、何と言う名のお酒なのでしょう?
香りといい、味といい、
さぞ名のある物に違いありますまい。
少しだけ……唇を濡らすぐらいで
十分に美味しくいただけます。
飲みすぎは毒とも言われておりますし。
女性武将汎用5-あら、これほど美味しいお酒は初めて……。
戦の前に、こんなにお酒を飲ませて……
ふふ、何を考えているのやら。
これしきのお酒で
酔いが回ることはありませぬ。
もう少し、お付き合いくださいませ。

食品汎用1<男性武将> Edit

 エテルネルクッキー、かに景ギフトセット、梅蕾、わかうら漁船盛り、イカナゴの佃煮、わにの刺し身、
 特製ふぐ刺し、参矢紅葉饅頭、代山八ツ橋、藁焼き鰹たたき、極上讃岐うどん、学食オムライス、特上カツ丼、
 肉まん、きびだんご、特選黄金カステラ、まるごと大粒イチゴ大福、宗月めんたい、十重二十重ロール、鮑腸だんご汁、大玉西瓜、侍飯、魔界おこし、鯛のお造り、麻婆豆腐、わびさびわさび丼、鯵のなめろう、あんこう鍋、ロワイヤル納豆、焼き餃子、オーガニック長生果

武将回数台詞
男性武将汎用1-なんたる美味。
これは驚かされますな……。
出陣前によい腹ごしらえができました。
かたじけない。
男性武将汎用2-これはうまい! うまいのう!
いくらでも食えるわい!
出陣前の腹ごしらえに
これ以上のものはあるまいて!
男性武将汎用3-これはうまい。実に味わい深い。
このようなものを振る舞うとは、
豪気なことよ。
出陣前の腹ごしらえとしては、
最上のものを頂戴した。
戦果を挙げて報いよう。
男性武将汎用4-これはなかなかの美味。
かなりの逸品とお見受けいたす。
腹ごしらえは十分。
非才の身ではありますが、
存分に力を発揮して参ります。
男性武将汎用5-おお! なんじゃこれは!
うまい、うますぎるわ!
足りぬぞ、代わりを持てい!
このようなもので腹ごしらえができるとは
よき出陣式よのう。
戦場での働きにも、期待するがよいわ!

食品汎用2<男性武将> Edit

 トリプルフェバリット、ブルームかも鍋セット、すっぽん鍋、うな重、学食ビーフストロガノフ、オヤジのマシマシラーメン、エクスタワーバーガー、お徳用岩国寿司、北京ダック、羊の丸焼き

武将回数台詞
男性武将汎用1-なんというご馳走であることか。
言葉もありませぬ……。
大変おいしゅうございました。
ちと食べ過ぎたかもしれませぬが……
確実に手柄を立てて参りましょう。
男性武将汎用2-ほう! なんとも食べ応えのあるものが
並んでおるのう!
これは一息には腹に収められまい。
ううむ、出陣前の腹ごしらえにしては
いささか度が過ぎておるかもしれんが、
満足、満足じゃ! はっはっは!
男性武将汎用3-これはなかなか濃厚な味わいよな。
しかし、これだけ量があると
平らげるのに苦労するかも知れぬ。
出陣前にこれほど馳走になったのだ。
戦果を挙げねば、格好がつかぬな。
男性武将汎用4-大層な量のご馳走を用意して頂けたようで
感謝の極みでございます。
腹ごしらえとしては、十分すぎましたな。
一休みしてから、出発いたしましょう。
男性武将汎用5-おお! こいつは驚いたのう!
これを平らげねばならんとは、
出陣前に胃袋を一暴れさせねばなるまい!
がっはっは!
さすがにわしも満腹じゃ!
戦場でも存分に暴れ回ってくれよう!

食品汎用3<男性武将> Edit

 まるごと蜜柑ジュース、スカイタワーソフト、フレンチコース、ケーキアラカルト、ローストターキー、クールスイーツカップ、太陽の恵みマンゴーゼリー

武将回数台詞
男性武将汎用1-何とも趣きのある膳ですな。
拵えた者の細やかな心遣いが
あふれておりますぞ。
ふうむ……。
鮮やかな彩と、深い味わいに
とろけてしまいそうですな……。
男性武将汎用2-これはなかなか贅を尽くしたものじゃな!
どんな味がするんじゃろうか?
楽しみじゃ!
ほほう! うまい、うまいのう!
わし好みの味じゃ!
あっという間に平らげてしまいかねぬ!
男性武将汎用3-此度の膳は一味違うようだな。
風情がある、とでも言うべきか……。
……ほう、こいつはうまい。
しばし、ゆっくりと時をかけて
舌鼓を打つとしよう。
男性武将汎用4-この膳、あまりに見事でございますな。
恐れ多くも、己ごときが
手をつけてよいものか……。
とはいえ、食わねば手間暇かけて拵えた者に
申し訳が立ちませぬな。
ありがたく、馳走になりましょう。
男性武将汎用5-おお! こいつは見るからにうまそうじゃ!
早う食わせよ! 待ちきれぬぞ!
わっはっは! うまい、うまい!
見た目も味も、こだわりがあってよいのう!
次は量にもこだわってくれい!

食品汎用1<女性武将> Edit

 かに景ギフトセット、わかうら漁船盛り、トリプルフェバリット、イカナゴの佃煮、わにの刺し身、特製ふぐ刺し、
 ブルームかも鍋セット、極上讃岐うどん、藁焼き鰹たたき、すっぽん鍋、うな重、学食オムライス、
 学食ビーフストロガノフ、肉まん、特上カツ丼、オヤジのマシマシラーメン、エクスタワーバーガー、特選黄金カステラ、まるごと大粒イチゴ大福、宗月めんたい、十重二十重ロール、お徳用岩国寿司、鮑腸だんご汁、北京ダック、羊の丸焼き、侍飯、小籠包、鯛のお造り、麻婆豆腐、わびさびわさび丼、鯵のなめろう、あんこう鍋、ロワイヤル納豆、焼き餃子、オーガニック長生果

武将回数台詞
女性武将汎用1-とてもおいしいですね!
このようなものは食べたことがありません。
もっと頂けませんか?
少し食べ過ぎてしまいました。
けれど、食べた分はしっかり活躍します!
女性武将汎用2-ああ、なんという美味なのでしょうか。
手が止まりませぬ……。
食べ過ぎて動きが鈍るやも……。
馳走になりました。
手柄を立てて、お心遣いに報いましょう!
女性武将汎用3-これはおいしゅうございます。
つい、食べ過ぎてしまいそうな……。
よいものを頂きました。
十分な働きをお見せいたしましょう。
女性武将汎用4-なんと味わい深いものでしょうか。
これほどの逸品、なかなか
めぐり合えるものではありませぬ。
おいしく頂きました。
このご恩は、忘れませぬ。
戦果を挙げて、お返ししましょう。
女性武将汎用5-あら、これはとてもおいしい……。
ふふ、癖になりそう。
満たされました……。
ご期待くださいませ。
よき働きをいたしましょう。

食品汎用2<女性武将> Edit

 フレンチコース・ローストターキー

武将回数台詞
女性武将汎用1-えっ? これ、食べ物なんですか?
あまりにも美しいので、
気づきませんでした……。
食べるのがもったいない気がしますけど
……あ、おいしい!
こんなの、いくらでも食べられそう!
女性武将汎用2-こちらの膳はなかなか格が高いようで……。
いえ、決して見栄えのよさに
気おされていたわけではありませぬ!
なるほど、これはおいしゅうございます!
見栄えから舌ざわりに至るまで
贅を凝らした膳立てとは……お見事です!
女性武将汎用3-素敵な膳でございますね。
あえて手をつけず、見ているだけで
幸せな心持ちになれましょう。
手をつけないのも礼を欠くことです。
少しずつ、ゆっくりと……
よく味わっていただきましょう。
女性武将汎用4-このような贅を尽くした膳立て、
恐れ入ります。
あまりに見事ゆえ、見入ってしまいました。
手をつけることがためらわれますが、
よく味わっていただきましょう。
……ああ、食べつくすのがもったいない。
女性武将汎用5-見た目、香り、この膳は
いずれも風格がございますね。
されど、味はいかがなものでしょう?
何と風味豊かな……。
これは、やみつきになりそうです。
まったく、見事な膳でございました。

食品汎用3<女性武将> Edit

 エテルネルクッキー、梅蕾、参矢紅葉饅頭、代山八ツ橋、まるごと蜜柑ジュース、スカイタワーソフト、
 ケーキアラカルト、きびだんご、クールスイーツカップ、太陽の恵みマンゴーゼリー、大玉西瓜、魔界おこし

武将回数台詞
女性武将汎用1-甘い! なにこれ、おいしい!
信じられません!
なんだか、とても幸せな気持ちです。
いつまでも味わっていたいですけど、
これ以上は……辛抱します!
女性武将汎用2-はぁっ! これはなんという甘露でしょう!
この世のものとは思えぬ美味……。
大変、馳走になりました。
これ以上は、結構です。
この甘さの虜になってはかないませぬ。
女性武将汎用3-これほどの甘露があろうとは……。
ああ、何かのまじないに
かかっているのでしょうか……。
幸せなひと時を頂戴いたしました。
ですが、そろそろ気を引き締めねば
失態を演じてしまいそうで……。
女性武将汎用4-この美味、この甘露……!
思いもよらぬ逸品です。
幸せで舞い上がるかもしれませぬ。
天にも昇る心持ちでしたが、
出陣が控えておりますゆえ
そろそろいつもの私に戻りましょう。
女性武将汎用5-ああ、甘露、甘露。
まるで夢を見ているよう……。
名残惜しくはありますけれど、
もう下げてくださいな。
この甘さは我を失いかねません……。

期間限定アイテム汎用(バレンタイン) Edit

 バレンタインチョコ、バレンタインラテ、ショコラエテルネル

武将回数台詞
男性武将汎用1-ばれんたいんちょこれーと……。
いや、見たことも聞いたこともありませぬ。
どのような菓子なのか、楽しみでござる。
風変わりなほろ苦さと相まって
甘さが際立っておりまする。
このような菓子があるのですな……。
男性武将汎用2-ほう! これが
ばれんたいんちょこれーとじゃな?
派手な見た目じゃのう!
ぬう! とろけるような濃い甘さ!
心して食わねば目が飛び出るわい。
しかし、うまいのう!
男性武将汎用3-ばれんたいんちょこれーとか……。
ふ、南蛮の香りが漂うておるわ。
贅を尽くした甘き味に偽りなし。
天晴れな菓子よ!
男性武将汎用4-ばれんたいんなる祭のために
拵えたちょこれーと……。
ふむ、これは手が込んでおりましょう。
香ばしき匂いに、とろける舌触り。
未だかつて覚えのない甘さと深き味わい。
見事な逸品と言わざるを得ませぬな。
男性武将汎用5-ばれんたいんちょこれーとなる
珍しき南蛮の菓子があると聞き及んでおる!
なるほど、これか!
かーっ! 甘い、甘いのう!
だが、他になきうまさよ!
わっはっは! これがばれんたいんか!
女性武将汎用1-ばれんたいんって素敵ですね!
こんなちょこれーとをいただけるなんて!
とってもおいしそう!
やっぱり甘くておいしい!
誰かにあげるなんてもったいない。
独り占めしてしまいたい!
女性武将汎用2-ばれんたいんちょこれーと!?
さながら手の込んだ置物のようなのに
菓子だなんて……信じられませぬ。
ああ……何という甘さでしょう……。
きっと、幸せを味にすれば
このようなものに違いありません……。
女性武将汎用3-ばれんたいんちょこれーとの
細やかな飾り付けは
見ているだけでも楽しめますね。
ああ、口の中でちょこれーとがとろけて
心までとかされてしまいそう……。
もう離れられませぬ……。
女性武将汎用4-ばれんたいんちょこれーと……。
贈り物にふさわしき出来映え。
さぞ手間暇をかけているのでしょう。
言うまでもありませぬが、
味も期待を裏切らぬどころか、
上回って……もはや、言葉がございませぬ。
女性武将汎用5-ばれんたいんのちょこれーとなんて
見た目ばかりで味が伴わない、
などということはありませぬか?
この味わい……
見た目を遥かに凌いでおりましょう。
お見それいたしました。
 

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/食品系アイテム(スポンサー以外)?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White