Top > CORVETTE Stingray (C3)


CORVETTE Stingray (C3)

Last-modified: 2019-08-13 (火) 06:35:07

基本スペック Edit

駆動方式[FR]/ミッション[4速]1968年発売開始
初期馬力[300ps]/カーナンバー:53-58

chevrolet_04.jpg

全長:4,625mm
全幅:1,758mm
全高:1,214mm
最高速度:350km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【マッスル野郎】
夏休み称号【】
ワンメイクバトル【C3キング】
エンジン形式バトル【V8選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説のコルベット】
期間限定首都一TA・2【俺のコルベット】
 

備考:性能はZR1とカマロを足して2で割った感じ。
コーナリングはオールドマッスルカーらしく、ズルズル滑る。ノーズが意外と入るが後ろが重たいといった挙動を示す。
ハンドルも重く、細かくひらひらと切り返すのは苦手。
加速は4速車&オールドマッスルカーのせいか、後からくるドッカンターボの傾向が強い。
アクセルワーク・ギアチェンジに気を遣うことを求められる。
そのため、湾岸や横浜みなとみらいなどのハイスピードコースは得意だが(最高速も良く伸びるというわけではないが)、
逆に箱根などのテクニカルコースでは苦戦に陥りやすい。

 

車幅はアメ車のわりに狭い(FD3Sと同等レベル)ので、擦り抜けはまだ容易なほうだ。
全長が長いのでコーナーではロケット(バチコン)に要注意。
対接触性能はやや強めだが、滑りやすいハンドリングのせいかコーナリング中にはその恩恵を感じられない。ガリを抑え込むのには苦労するだろう。
ブーストはマキシ5になり弱くなった為、ミスした時の挽回には時間を要する。対戦では苦戦に陥りやすい。
これらの傾向から、この車も初心者にはオススメ出来ない。腕に自信のある上級者向けと言えるだろう。
だが、エアロはアメリカンスタイルでカッコよくスタイリッシュなものが多い。プレイヤーのモチベーションアップには貢献してくれるだろう。

選択可能カラー Edit

(色見本左から)

シルバーストーンシルバー
ルマンブルー
ラリーレッド
タキシードブラック
サファリイエロー
ポーラホワイト

chevrolet_04_color.png

追加カラー Edit

1回目ブリディッシュグリーン21回目ライトシルバー
2回目コルベットブロンズ22回目ペールブルーメタリック
3回目インターナショナルブルー23回目レッド
4回目コードバンマルーン24回目ブラックメタリック
5回目パープルメタリック25回目イエロー3
6回目パールホワイト26回目ホワイト
7回目ダークオレンジメタリック27回目ダークオレンジ2メタリック
8回目ペールグリーン28回目ライムグリーン2
9回目ゴールドメタリック29回目ピンク2
10回目ダークレッドメタリック30回目ペールグリーン2メタリック
11回目ペールブルー2メタリック31回目ガンメタル
12回目ライムグリーン32回目ライトイエロー
13回目オレンジイエロー33回目オレンジ
14回目パープルブルー34回目ブルー
15回目ピンク35回目ライトブルーメタリック
16回目グリーン2メタリック36回目ライトパープルメタリック
17回目ライトブラウンメタリック37回目ピンクメタリック
18回目パープルシルバー38回目グリーンメタリック
19回目ワインレッド39回目マルーン
20回目ブルーグリーンメタリック40回目ダークブラウン

エアロパーツセット Edit

A:ヘッドライトが固定式になり、リアスポイラーが張り出した位置にあるドラッグレースカー風エアロ。
C3A2.jpg

B:大きく下に張り出したエアロ。フロントはガンダムのように角ばっている。ウィングレス。
C3B2.jpg

C:純正に、下回りを強調したディフューザーが付けられる。
C3C2.jpg

D:こちらも純正をベースに下回りが強調されたエアロ。
Cよりは大人しいデザインで、控えめながらリアスポイラーがつく。
C3D2.jpg

E:フロントのクロームバンパーが排除された73年式に下回りを強調したエアロが追加されたデザイン。
こちらはリアのクロームバンパーも排除されているものの、形自体はクロームバンパーを意識しており、
全体的にまとまりがよい。
C3E2.jpg

F: ワイドフェンダーや各ディフューザー、大型のリアスポイラーが取り付けられ、現代的なGTカー風になる。
グリーンウッド・デイトナを意識していると思われる。

C3F1.jpg

G: バットマンカー(黒系色だと)にとても似ている。知っている人はかっこいいと思ってくれるはず。
以前は見る角度によってナンバープレートがセンターからズレて見えたが、アップデート(ver?)で改善された。

C3G1.jpg

H:スポコンを意識したエアロ。派手目だがまとまりが良い。

C3H_0.jpg

I:純正にカーボン製のハーフエアロを装着した感じのエアロ。フロントとリアはワイヤーで吊り下げられている。
C3I.jpg

J:リトラクタブルヘッドライトが閉じたままになりフォグランプのような部分のみが光る。
マフラーの位置はリアバンパーの左右の端になる。
C3-J.jpg

K:ヘッドライトが固定化になりフロントに丸いフォグが左右に1つずつ装着される。
クロームバンパーの部分がカーボン化され、マフラーは中央3本出しになる。
C3-K.jpg

ダクト付きボンネット Edit

A:ボンネット中央にインプレッサのようなエアインテークが付く。
C3ボンネットA2.jpg

カーボンボンネット(ダクト付1):
C3カーボン1-1.jpg

B:Aとは逆に、控えめなエアアウトレットが付く。
C3ボンネットB2.jpg

C:NACAダクトが2ヶ所配置され、中央部が大きく盛り上がる。
C3ボンネットC1-2-1.jpg

D:
C3ボンネットD2.jpg

カーボンボンネット(ダクト付き)2:
C3カーボンボンネット2-1.jpg

カーボンボンネット(ダクト付き)3:
C3カーボンボンネット3-1.jpg

カーボントランク Edit

純正から形状が大きく変わり、垂直だったリアウィンドウ部が、Cピラーと一体的なノッチバック形状になる。
トランクではなくカーボンパネルのようである。
チームステッカーはパネル上部の小窓に貼り付けられる。実車なら視界が非常に悪くなる。

IMG_0486.JPG

車種専用ウィング Edit

A:カーボン製のドラッグウィング
IMG_0432.JPG

B:板ッ羽根。
IMG_0166.JPG

C:ボディカラーカーボンのストックカーウィング。
IMG_0167.JPG

エアロミラー Edit

砲弾型ミラー。他車種とはちがい、運転席側(左側)にしか付かない。※純正も左側のみである。

IMG_0431.JPG

ワークスステッカー Edit

星条旗をイメージしたカラーリングになる。NISMOステッカーのようにシルバー固定である。

C3ワークスc.jpg

サイドステッカー Edit

フロントタイヤハウス後ろに小さく貼られる。

16106c521c8a9.jpg

雑記 Edit

  • 排気量やリアハッチの形状から1968年式と思われる。
     
  • ボディの形状がコーラの瓶に似ていた為、「コークボトル」という愛称が付いた。
     
  • エンジン音は根っからのアメ車らしいガロガロ音。一聴の価値有り。
     
  • 日本ではボクシング界の”永遠のチャンピオン”こと、故「大場政夫」氏が愛用した車として有名。
     
  • 在日アメリカ人テレビプロデューサーの「デーブ・スペクター」氏のかつての愛車(1981年式)でもあったが、残念ながら2006年9月10日に原因不明の車両火災を起こしており現存しない。
    この事故は当時の芸能ニュースを大きく騒がせた。
     
  • レースゲーム「SEGAGT"2002"」では、この3代目C3型と5代目のC5型が出演した。
     
  • コルベットの伝統として長く愛された"4つ目テールライト"と"リトラクタブルヘッドライト"だったが、リトラは6代目のC6型で残念ながら固定式に変更されてしまった。
     
  • コルベットのエンブレムは、一般のシボレー車のエンブレムとは差別化されており、レース旗のチェッカー・フラッグと、フランス王家の紋章"フルール・ド・リス"と、自社のマークが刻まれた旗がクロスした独自の物となっている。
    これは、創始者ルイス・シボレーがフランス滞在時に王家の紋章を知り、その紋章が「崇高と信頼」を意味する事から、シボレー社発展の期待と車のコンセプトを表現するのに合うことから採用したと言われている。