SAVANNA RX-7 TURBO SE-Limited (SA22C)

Last-modified: 2021-12-03 (金) 23:06:57

基本スペック

駆動方式[FR]/ ミッション[5速]1978年発売開始
初期馬力[165ps]/カーナンバー:11-46
1978年発売

全長:4,320mm
全幅:1,670mm
全高:1,265mm
最高速度:349km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
夏休み称号【】
ワンメイクバトル【SAキング】
エンジン形式バトル【ロータリー選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説のRX-7】
期間限定首都一TA・2【俺のセブン】
 

備考:湾岸マキシ4で追加された初代RX-7。

6でも相変わらず中速域の加速が鈍いままだが、 その一方でコーナリング性能はRX-7 Type R (FD3S)並みに良好である。
車幅は全車種中第8位の狭さ。5ナンバーサイズ車のため、擦り抜けも比較的容易で全長もまあまあ短い方。バチコンのリスクは抑えめなのも強みになる。
ロータリー車では珍しく少し滑りやすいが挙動自体は安定はしている。

ブーストは前作よりマシになったものの、やはり厳しい為ミスした際の挽回は厳しい。

接触性能はアクセルワーク次第では良い。Cosmo SPORTS (L10B)SAVANNA GT (S124A) とほぼ変わらない強さを持っている。
また、SKYLINE GT-R (BNR32) のような頭を使ったとんでもないブロックをすることが出来る。
そのため上級者が扱えば厨車なんて余裕で相手にできるほどの性能を持っている
感覚としてはブーストが少しだけ弱くなった Cosmo SPORTS (L10B)
対戦する人は持っておいてもいいかもしれない1台

原作にも登場するが使っている人は少ないマイナー車

選択可能カラー

トーンオントーン
ドーバーホワイト
サンビームシルバー
サンライズレッド
スパークリング
ブラック
カスタムシルバー
メタリック

更新回数及び追加カラー

1フロッググリーン21ブラウンライト
ブラウン
2イエロー22ホワイト
3マルーン23シルバー
4ライトブルー
メタリック
24レッド
5ブラックシルバー25ブラック
6ゴールド26グレーメタリック
7ダークピンク
メタリック
27イエロー3
8ブルー
メタリック
28ペールグリーン2
メタリック
9パープルシルバー
メタリック
29ライムグリーン2
10ピンク30ピンク2
11ダークオレンジ31カナリーイエロー
マイカ
12ライトパープル32オレンジイエロー
メタリック
13パールブラック
メタリック
33ダークブルー
メタリック
14ライトブラウン
メタリック
34ペールブルー
メタリック
15イエローグリーン
メタリック
35ライムグリーン
メタリック
16グリーン
メタリック
36パールホワイト
17ダークブラウン37ライト
ベージュ
ダーク
レッド
18ダークパープル
メタリック
38ダーク
ブルー
ライト
ブルー
19ピンクブラック39ピンクホワイト
20パープルブルー40レッドブラック2

エアロパーツセット

A:当時の流行を意識したエアロで、カタヤマレーシング製の物に近い形状。
フロントのナンバーが手前に傾いて見え難くなり、マフラーが2本出しとなる。

B:WRCに参戦した時の仕様に近いエアロ

C:ケントレーシングのワイドボディキットをモチーフにしたエアロ。

D:カナードが付き、Aとは逆に現代風のエアロ。

E: 通称「ポルシェタイプバンパー」。
フロントのナンバーがオフセットとなり、右側に移る。ウイングはトレノの車種別A似。

F:

G:

H:IMSAのレースに参戦した物にやや似てるがフェンダーが大きくない等実車とは異なる

I:

J:フロントはFC3S用のパンデム製4連フォグバンパーをモチーフにしたと思われる。

K:ロケットバニーの180SXボディキットをモチーフにしたエアロ。
湾岸マキシロケットバニーの180SXに乗りたいという人にはいいかも?

ダクト付きボンネット

A:NACAダクトが2つ開く。

カーボンボンネット(ダクト付1):

B:中央に大きなダクトと左右に小さい三連ダクト。

C:昔流行った24連ダクトがモデル。

D:

カーボンボンネット(ダクト付き)2:

カーボンボンネット(ダクト付き)3:

車種専用ウィング

A:門型のハイウィング。当時の流行とは外れた現代的なデザイン。エアロDと相性が良いか。

B:

C:

エアロミラー

小さめの砲弾型ミラー。

カーボントランク

FCと同様にガラス面積が小さくなる。実車なら視界が悪くなるだろう。
また、ワイパーが取り外される。

ワークスステッカー

1979年 アメリカIMSA GT仕様
ゼッケン7・緑とゼッケン77・赤の2種あり、選択しているボディカラーによって変わる。
実車も同じカラー・ゼッケンで、第1戦のデイトナ24時間ではクラス1~2位という成績を収めている。

サイドステッカー

[添付]

雑記

  • 登場から20年以上続くことになるRX-7の歴史の原点、本作に登場するのは後期型である。
    • 車名の由来は「R」がロータリーエンジン、「X」が「未来を象徴する記号」を表す。「7」は「マツダ内での車格番号」を意味しており、ほかには2*134*25*389*4を車名に含んだ車種がある。
      コンセプトカーでは1970年のRX500、1995年のRX-01、1999年のRX-EVOLV、2001年のRX-8コンセプト、2015年のRX-VISIONがそれぞれRXの名を冠して東京モータショーに出展された。プロトタイプレーシングカーでは1992年に787の発展型であるRX-792Pが実戦投入されている。
      なお、RX-1・RX-6は欠番である。
    • 前期型はサバンナ、ハコスカ、S30のようにボンネット横にミラーがある。またドリフトスピリッツによろしくメカドックのコラボ車として前期型のSA22Cが登場している。前期型はドアミラーではなくフェンダーミラーの他テールランプの形状が異なるのとナンバープレートの位置や、バンパーの形状が異なる。
    • ちなみに北米モデルはVINコードを車両型式として採用していたため、北米モデルは前期はSA22C・中期以降はFB3Sの型式を採用した。ここから日本もVINコードを採用するようになり、SA型以降はFC3SやFD3Sといったような型式呼称に変わった。
  • SE3P・FC3S・FD3S・L10B・サバンナと同様に、 回転数がレッドゾーンに入るとレブリミットアラームが鳴る。
  • 日本国内では12Aエンジンのみだったが、海外では13Bエンジン仕様もある。13Bに載せ変えるオーナーもいる*5
  • このSA22C型RX-7は、DR30型スカイラインRSやTE71型/AE86型カローラレビン/スプリンタートレノ等と共に日本の走り屋御用達の車両となった。また、当時国産車最速とも言われていた。
  • ちなみに、ロータリーでチューニングカーながら初めて時速300km/hを出したのもこの車。
    当時、誰もが無理だと言ったロータリーでの300km/h、この記録を作った人こそロータリーの神様 アマさんこと雨宮勇美。
     

    このブルピンセブンは当時のロータリー乗りの注目の的となり、それまでロータリー界隈と一部チューナーの中でしか名前が上がらなかったRE雨宮を全国クラスの名前に押し上げたのである。
    湾岸マキシではエアロEかHにエアロミラーを付ければ少し似せられる。
  • 海外版ではサバンナの名が外れている。FC3Sも同様である。

*1 初代カペラのRE搭載車
*2 ルーチェの2代目のRE搭載車
*3 コスモAPの輸出仕様
*4 ルーチェの3代目で輸出モデルのRE搭載車。同名のコンセプトカーもある
*5 12Aは廃盤部品が多く、維持するのが困難な為