Top > SLK350 BlueEFFICIENCY (R172)
HTML convert time to 0.024 sec.


SLK350 BlueEFFICIENCY (R172)

Last-modified: 2018-09-02 (日) 17:14:35

基本スペック Edit

駆動方式[FR]/ミッション[6速]
初期馬力[300PS]/カーナンバー:34-97

benz_03.jpg

全長:4,145mm
全幅:1,845mm
全高:1,295mm
最高速度:351km/h

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
ワンメイクバトル【キング】
エンジン形式バトル【V6選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説の伝説の~SLK/タクシー】
期間限定首都一TA・2【俺の~SLK/タクシー】
 

備考:コーナーではハイパワーFRらしい、やや滑り気味の挙動を示す。
ストレートにおける加速の伸びはよく、高速域での挙動も安定しているが、
対接触性能は同社の、あまり接触能力が強くない500Eにすら押し負けるレベル
全長は結構短い(全車種中第8位の短さ)のでバチコン(ロケット)を喰らうリスクは低いが、
その一方で全幅がかなり広い(Z34・フーガと同等)なので無謀な擦り抜けは控えるべし。
加速が少し良くなった代わりに対接触性能が落ち、少し滑りやすくなったZ34といった感じの挙動。初心者が扱うには少々難しいかも。


選択可能カラー Edit

イリジウム・シルバー
ファイアオパール
カルサイトホワイト
カバンサイトブルー
ブラック
インジウムグレー

【現在新規登録不可】湾岸マキシ.NETプレミアム会員専用車 Edit

タクシー仕様
04.jpg


追加カラー Edit

1回目イエロー321回目ライトシルバー
2回目ブルーメタリック22回目レッド
3回目オレンジ23回目ホワイト
4回目ライトパープルメタリック24回目ダークブルーメタリック
5回目ライトイエロー25回目ブラックメタリック
6回目ダークピンクメタリック26回目グレーメタリック
7回目ペールブルーメタリック27回目ダークレッドメタリック
8回目ピンクメタリック28回目グリーン
9回目ライムグリーンメタリック29回目ライトレッド
10回目ダークオレンジメタリック30回目ペールグリーン2メタリック
11回目グリーン2メタリック31回目ガンメタル
12回目ワインレッドメタリック32回目オレンジイエローメタリック
13回目ゴールドメタリック33回目ライトブルー
14回目ブルーグリーンメタリック34回目ダークパープルメタリック
15回目コーラル35回目ミントグリーン
16回目オリーブ36回目ピンク
17回目ダークパープル2メタリック37回目マルーン2
18回目フロッググリーン38回目パールホワイト
19回目オレンジイエロー39回目ライトブロンズメタリック
20回目ベージュメタリック40回目グリーン4メタリック

エアロパーツセット Edit

A:同社の「SL65ブラックシリーズ」のような大胆な開口部が特徴のエアロ。
PLC_R172_A_FRONT.jpg
PLC_R172_A_REAR.jpg

(Ver.6~)
SLK新A.jpg

B:同社の「SLK 55 AMG」風のフロントマスクに、やや張り出したウイングが付く比較的シンプルなエアロ。
PLC_R172_B_FRONT.jpg
PLC_R172_B_REAR.jpg

(Ver.6~):
[添付]
[添付]

C:フロントの開口部やリアのディフューザーなどが、同社とマクラーレンが共同開発した「SLRマクラーレン」を髣髴とさせるエアロ。
SLRマクラーレンのそれと同じく、ナンバープレートが左側にオフセットされる。
PLC_R172_C_FRONT.jpg
PLC_R172_C_REAR.jpg

(Ver.6~):
[添付]
[添付]

D:カナードやディフューザーの大型化など、空力を意識したレーシーなエアロ。
マフラーは1×1の2本出しになる。
PLC_R172_D_FRONT.jpg
PLC_R172_D_REAR.jpg

E:DTMマシンのようなガチガチのレーシング仕様エアロ。
PLC_R172_E_FRONT.jpg
PLC_R172_E_REAR.jpg

F:コチラもブラックシリーズを彷彿とさせる開口部が広く開いたもの。
他に比べリア周りが非常にシンプル。
PLC_R172_F_FRONT.jpg
PLC_R172_F_REAR.jpg

G:開口部の形状などが、同社の「SLS AMG」GT3レース仕様のようなエアロ。
フロントナンバーは右側にオフセット。リア中央の切り立ったディフューザーが目を惹く。
PLC_R172_G_FRONT.jpg
PLC_R172_G_REAR.jpg

H:フォグランプとディフューザーが付く。フロントはC63似
u0uecTw.jpg
8m05RG3.jpg

ダクト付ボンネット Edit

A:
IMG_0332.JPG

カーボンボンネット(ダクト付)1:
SLKカーボンボンネット1-1.jpg

B:
IMG_0333.JPG

C:
IMG_0334.JPG

D:
IMG_0366.JPG

カーボンボンネット(ダクト付き)2:
[添付](画像求む)

カーボンボンネット(ダクト付き)3:
[添付](画像求む)

車種専用ウィング Edit

A:ランエボのような角型のウイング。
SLK車種別A1.jpg

B:2000GTの車種別Aウイングのような、やや後ろに突き出たウイングがセットされる。
IMG_0367.JPG

C:
[添付]

エアロミラー Edit

小ぶりでシンプルなミラーになる。純正ではウインカー内蔵だが、これには付かない。
IMG_0503_0.JPG

カーボントランク Edit

SLKトランク1.jpg

ワークスステッカー Edit

ボディカラーが強制的にシルバーとなり、F1のセーフティカーのような感じになる。
ベンツにおいては共通のデザイン&色だが、この車に限り下地の色で若干明暗に差がつく。

SLK350 ワークスステッカー 比較版.jpg
上:カルサルトホワイト
下:ブルーメタリック

サイドステッカー Edit

[添付]

雑記 Edit

メルセデス・ベンツのみ、マキシショップにおいて「カモフラージュ1」及び「カモフラージュ2」のステッカーが装着不可となっている。
公式に詳細な理由は明かされていないが、車両ライセンス元のメルセデス社の意向に則したものと思われる。

 

車名に付いている「BlueEFFICIENCY(ブルーエフィシェンシー)」という聞きなれない言葉は、
メルセデス・ベンツが掲げる燃費向上&CO2排出削減テクノロジーの総称であり、
無論この車にも様々な技術が投入されている。その結果実車において、同クラスでトップレベルの「13.2km/L」という燃費を公称している。
BGMを小さめにし排気音をよく聞いてみると、同技術特有のスキール音が実車同様再現されていることが分かる。
燃費性能についてはこのゲームにおいて余り関係ない話かも知れないが・・・。

 

実車のSLK350には6速ミッションモデルの設定がなく7速車のみであるが、稼働スケジュールの都合上、当初6速車扱いとして登場したと思われる。
公式に言及は無いものの、実車の仕様に則して他の7速車種同様に、2速始まりの7速対応プログラムへの修正アップデートが期待されるが、残念ながらまだ修正されていない。

 

因みにこの型のSLKには6速MTモデルが2L仕様の方に設定がある。恐らく湾岸に登場するSLK350はコレを組み合わせた架空の車両仕様なのかもしれない。