Silvia spec.R (S15)

Last-modified: 2021-10-17 (日) 15:25:18

基本スペック

駆動方式[FR]/ミッション[6速]
初期馬力[250ps]/カーナンバー:1998
マキシ2・3~車種称号【騎士】

全長:4,445mm
全幅:1,695mm
全高:1,285mm
最高速度:350km/h弱

モード別カテゴリー称号
ST無敗【首都高無敗】
夏休み称号【伝説のS15使い】
ワンメイクバトル【S15キング】
エンジン形式バトル【直4選手権】
期間限定首都一TA・1【伝説のシルビア】
期間限定首都一TA・2【俺のシルビア】
車種限定バトル【しるえいてぃ】

備考:SILVIA K's AERO(S14)の後釜にあたるモデル。

5ナンバーサイズ車なので擦り抜けは比較的容易。
3DX+から回頭性や最高速が改善し、対接触性能も強化。更に6Rからはブーストも強化され多少のミスなら挽回可能となり扱い易い車種となった。

一方でFR車らしく滑り易い挙動を示し、コーナリングでは慎重かつ丁寧なアクセルワークが求められる。
十分に初心者でも扱える車種である為、少し慣れてきたら是非とも使ってほしい車である。
初代から登場していることやスポーツカーらしさなどもあって、厨車ほどではないが比較的使用者が多く人気がある。

選択可能カラー

カラー名マキシ2•3~色称号
ライトニング
イエロー
【山吹の/獅子色の】
スパークリング
シルバー(M)
【銀色の/白銀の】
ブリリアント
ブルー(TPM)
【群青の/藍色の】
スーパーレッド【赤い/真紅の】
パールホワイト【純白の/雪色の】
スーパーブラック【黒い/漆黒の】

更新回数及び追加カラー

1グリーン21イエロー3
2ライトイエロー
メタリック
22グレー
メタリック
3ダークオレンジ23ブルー
メタリック
4ブルーグリーン
メタリック
24レッド
5ペールブルー25ホワイト2
6ライトパープル26ブラック
7ピンク27ベージュ
メタリック2
8ダークピンク28ライトシルバー
9ゴールド29ダークオレンジ2
10イエローグリーン
メタリック
30ピンク2
11ガンメタル31オレンジイエロー
メタリック
12ライトブルー32ペールブルー2
メタリック
13ペールピンク33パープル
メタリック
14ダークパープル
メタリック
34ワインレッド
15ミントグリーン35ライムグリーン
メタリック
16ライトブラウン
メタリック
36パールホワイト
17パープルブルー37ベージュ
メタリック
18ダークグリーン38オリーブ
メタリック
19ペールグリーン39スカイブルー
20ブロンズ
メタリック
40グリーン4
メタリック

エアロパーツセット

A:D.speedのHELL CATに似ている。
フロントはR32のエアロB似と言うよりライト以外は同形状。
ウィングはC-WESTの180SX用「ハンマーシャーク」風。ボディ色を白系にするとPSP版首都高バトルのユウウツな天使に似せられる。

B:純正OPエアロ仕様。但し、リアバンパーはノーマル。
 ウイングはSpec-S Aero、及びSpec-R Aeroに標準装備されているものを使用。

C:フロントとサイドはD-MAX、リアはVERTEXに似たドリ車エアロ。
リアウィングもVERTEX RIDGEの物に似ている。

D:フロントはトライアルのトライフォースからダクトを無くした感じ。
ウイングはVeilsideの80スープラC1モデル風。

E:フロントはM SPORTSのバンパーにカナードを付けたような形状。
リアはヤシオファクトリーのバンパーに似ている。

F:G-corporation製のエアロのアンダー部の張り出しを大きくしたようなデザイン。Garage Makのアイラインが付く。
ルーフより高いハイマウントGTウイングが装着され、三人称視点だと若干前が見づらくなる。

G:UNISIA JECSのJGTC風仕様?マフラーがセンター出しになる。

H:nismoエアロ。6Rで再び登場。まとまりがよい。

I:C-Westのレクサス・IS F ELDエアロを移植した様なエアロ。GTウィングが装着される。マフラーは二本出し。

J:VarisのスバルWRX STI(GVB) Ultimateエアロを移植した様なエアロ。マフラーは二本出し。
R34のエアロIと同様に、下部に赤いラインが入る。

K:ロータス・エキシージ レース380風エアロ。

ダクト付きボンネット

A:D-MAXのD1Specボンネット。中央に大きなダクトが設けられる。

カーボンボンネット(ダクト付)1:

B:Car Shop F1のボンネットをベースにダクトの開口部を大きくしたようなデザイン。

C:Mission製ボンネット。

D:Garage Makのボンネットの上部にダクトを追加したデザイン。

カーボンボンネット(ダクト付き)2:

カーボンボンネット(ダクト付き)3:Charge Speedのタイプ1ボンネット。

車種専用ウィング

A:nismoの大きなウィング風。エアロHと相性が良いか

B:R33の車種別ウィングBに似ている。

C:

エアロミラー

砲弾型のエアロミラー。

カーボントランク

ワークスステッカー

nismo仕様。元のボディーカラーは完全に隠れる。

サイドステッカー

雑記

  • キャッチコピーは「ドライブしよう」「SPORT SILVIA」。シルビア史上初めて日産がシルビアを「スポーツカー」と称して作ったCMが有名。
  • シルビアはS13型以降走り屋の間で爆発的な人気を得ていたが、S15が平成12年排ガス規制に適合できなかった*1こと、国内のスポーツカーの販売不振により2002年8月に生産終了、1975年の2代目復活から27年*2の歴史に幕を閉じた。
    生産終了後「フォーリア」というコンセプトカーが出展され、シルビア後継では?と言われたが現在開発の音沙汰無し。今の日産の状況を考えるとしばらくは復活しないと思われる。
    日産フォーリア
  • S15は、先代モデルS14で不評だったボディサイズを2世代前のS13と同じ5ナンバー枠に戻したこと、走行性能もS14からさらに進化したこともあり、スタイル、ボディサイズ、走行性能で高評価を受けた。
    ただ、当初は上がったボディ剛性が高すぎて、あまりにも操作に対して敏感すぎるのでドリフトが難しいとまで言われた事もある。ラリーカー顔負けの超強化を施している時代から見ると逆に驚く話。
  • Spec-Rに採用されたアイシンAI製6MTは楽しいが、シフトフィールが悪い、チューニングでパワーを上げると破損しやすいなどの理由で悪評が多い。なので、実車を改造する際には載せ替えが必要である。*3
    同様にAピラー根本にブーストメーターがついているが、純正ブーストでちょうどMAXになるようになっているため、トラブルでブーストが規定以上にかかっても察知出来ない微妙な物になっている。社外品に取り替えるのも内装やダッシュボードを外す等大掛かりになるため、SpecSの付いてない内装を購入して外してしまった人も多かったとか。
  • 全日本GT選手権(JGTC)にはGT300クラス初登場時から参戦し、1999年には2台がS15型に変更。2001年にはドライバーズタイトルとチームチャンピオンを獲得するなどレースでも活躍した。
  • 通常、ロールバーの色は初期選択カラーと同じであるが、この車の一部のカラーで例外が生じる。
    初期選択カラーロールバーの色
    スーパーレッド
    スーパーブラック
    例…スーパーブラックを選択した場合
  • 首都高バトル01ではユウウツな天使と死神ドライバーの愛車として登場している。
  • また、首都高バトル0では十二覇聖の一角、「ハードリフ」が搭乗。ボディカラーをイエローにし、エアロセットB、車種専用ウィングAを装着し、ダクト付ボンネットBかCをつけると少しそれらしい感じになる。
  • シルビアとはギリシャ神話に登場する清楚な乙女の名前から。その語源はラテン語で「森」を意味する。
  • 頭文字Dでは東京から来た二人とチームスパイラルの奥山の愛車として登場している。
    東京から来た二人仕様はほぼノーマルの為マフラー以外再現しやすい。
  • 光岡自動車のスペシャルティクーペ、ラ・セードのベース車両になった事でも知られている
  • ドリフト競技「D1グランプリ」では設立して5~6年程からベースカーとしてS15が採用される事が多くなり、2021年現在ではベースカー最多優勝を誇っている。

*1 この規制によって他にもFD・R34・A80スープラが消滅した。
*2 初代シルビア(同社のスカイラインの影に隠れがちだったのと高価すぎであまり売れなかった)は1965年に発売、1968年まで販売されたため、その後の中断期間を含めると37年
*3 当初は、BNR34スカイラインGT-RやJZA80スープラに搭載されるゲトラグ製を採用する計画もあったが、コストの関係でアイシンAI製に変更された。