【スティックスキル】

Last-modified: 2021-10-28 (木) 08:02:37

概要

【スティック】を扱うための武器スキル。
【僧侶】【パラディン】【スーパースター】【踊り子】【天地雷鳴士】が習得できる。
僧侶と天地雷鳴士はそれぞれ独自のスキルラインを持つ。

特徴

今作初登場のスティックを取り扱うスキル。回復魔力やMPへの補正と、悪魔系に強い特技を擁する。
スティック自体のデザインも可愛さを前面に押し出したものが大半で、スキル名もあいまって魔法少女もかくやといったところ。
しかしながらその性能は実戦的で、ほとんどの状態異常を防ぐことのできる【キラキラポーン】、足元攻撃対策の【ホップスティック】、MP回復の【スピリットゾーン】とパーティを補助する技能に優れる。
戦闘勝利時MP小回復では2~4、中回復では4~6のMPが回復する。
 
DQ11にも引き続き登場。同作では【しんこう心】と実質統合されている。

僧侶

独自の特徴として、状態異常解除技の【シャインステッキ】を持つ。キラキラポーンが間に合わなかった場合や、そもそもキラキラポーンで予防できない状態異常を食らってしまった場合のリカバリーが可能。
パッシブ面では、回復魔力こそ他と同じだが、呪文発動速度+3%、呪文暴走率+1%、1.0%ターン消費なしといった地味ながら便利なものから、行動時5%移動速度アップと装備時チャージ時間-10秒という非常に強力なものまで豊富。
従来のスキルラインから外されたデビルンチャームとパニパニハニーは160~200Pにセットできるようになっている。

天地雷鳴士

独自の特徴として【ザオリク】を習得する。短剣魔法使いに次ぐ「武器スキルでの呪文習得」の2例目で、あちらと同じように天地雷鳴士に限ってはザオリクがスティック専用呪文となる。
パッシブ面では攻撃魔力が+60、MP消費しない率が合計+16%と、燃費がやや悪い攻魔依存アタッカーである天地雷鳴士を順当に補強するものとなっている。
ちなみに、天地雷鳴士のスキルの中で回復魔力の影響を受けるものは非常に少ないが、上記のザオリクがその少ない例に該当するためか独自化した後も回復魔力パッシブは残されている。
また、デビルンチャームとパニパニハニーに加えてマジステッキも160~200Pスキルに移動されている。

パラディン・スーパースター・踊り子

独自の強化がされていない職で使う場合、魔法攻撃特化の踊り子でもなければ火力がほとんど出せず、パッシブ面でも回復魔力偏重でそれぞれの職に欲しい能力を補強できないため、多くの場合は補助特技目的のサブ武器扱いとなる。
キラキラポーンだけなら職業クエストを全話クリアすればスキルポイントを振ることなく達成可能のため、スティックが欲しい場合でもSP自体は他のスキルに回すという選択肢もある。
しかし、ホップスティックやスピリットゾーンといった要所で効力を発揮する特技もあるため、余裕があるなら全振りも視野に入れたい。

習得とくぎ・スキル効果

SP獲得称号とくぎ・スキル効果
通常僧侶天地雷鳴士
3スティックの使い手装備時MP吸収率+2%戦闘勝利時MP大回復MP消費しない率+4%
7スティック★ボーイ/スティック★ガール【マジステッキ】戦闘勝利時MP大回復
13一人前スティック使い戦闘勝利時MP小回復装備時かいふく魔力+30装備時さいだいMP+50
21人気スティック使い装備時かいふく魔力+30MP消費しない率+2%装備時かいふく魔力+30
31スティックの新星【デビルンチャーム】装備時呪文暴走率+1%MP消費しない率+4%
44スティックのカリスマ装備時さいだいMP+30【シャインステッキ】装備時かいふく魔力+30
57スティック大スター装備時MP吸収率+2%1.0%ターン消費なし2.0%ターン消費なし
70スティックの英雄【パニパニハニー】装備時さいだいMP+60【ザオリク】
84スティックの帝王/スティックの女帝装備時かいふく魔力+30装備時こうげき魔力+60
100スティックの神/スティックの女神【キラキラポーン】
110装備時MP吸収率+4%装備時呪文発動速度+3%MP消費しない率+4%
120【ラピッドステッキ】
130戦闘勝利時MP中回復行動時5%移動速度アップ装備時さいだいMP+50
140【ティンクルバトン】
150装備時さいだいMP+30装備時チャージ時間-10秒MP消費しない率+4%

 
【180スキル】および【200スキル】は以下より選択。

とくぎ・スキル効果160170180190200
【ホップスティック】140秒
(開幕70秒)
110秒
(開幕55秒)
90秒
(開幕45秒)
【スピリットゾーン】240秒
(開幕120秒)
200秒
(開幕100秒)
マジステッキ
(天地のみ)
(性能変化なし)
デビルンチャーム
パニパニハニー
(僧侶、天地のみ)
(性能変化なし)
装備時こうげき力+5+8+10
装備時こうげき魔力
(スパ、踊り、天地のみ)
+20+30+40
装備時かいふく魔力+20+30+40
装備時さいだいMP+20+30+45
メラ系とギラ系呪文の強化
(踊りのみ)
+1%+2%+3%
バギ系呪文の強化
(スパのみ)
+1%+2%+3%
ホイミの回復量
(僧侶、パラ、スパのみ)
+6%+8%+10%
ベホイミの回復量
(僧侶、パラ、スパのみ)
+6%+8%+10%
ホップスティックの効果範囲+1m+2m+3m
スピリットゾーンの効果範囲+1m+2m

仲間モンスター

キメラホイミスライムモーモンが使用可能。
32Pまで振れば回復魔力が160まで増えるが、最低でも18Pまで振らないと回魔補正が付かないため余った少量のSPを振るといった運用が難しい。
さらにキラキラポーンを修得しないなど、特技面でも魅力に欠ける。基本的には後に追加された【スティックの極意】の方を優先したい。
 
転生11回目でスティックIIに強化され、特技の性能アップと敵を倒すとMP中回復(勝どきMP回復Lv5相当)の効果を得られる。
勝どき効果は連れていく場面によっては有用だが特技がほぼ役に立たないので、コンテンツによって振るかどうかを決めたい。【万魔の塔】のような大勢と戦うコンテンツでは有用、【聖守護者の闘戦記】のような強敵と戦うコンテンツでは不要と言える。

SPとくぎ・スキル効果
3装備時MP吸収率+5%
7【デビルンチャーム】
12戦闘勝利時MP小回復
18装備時かいふく魔力+60
25【パニパニハニー】
32装備時かいふく魔力+100
40戦闘勝利時MP中回復
(転生11回以降追加)
43デビルンチャーム+100%
48敵を倒すとMP中回復
50パニパニハニー+50%

変遷

Ver.1.0

当初は僧侶専用のスキルだった。

Ver.1.1

新職業のパラディンが習得する。

Ver.1.2

新職業のスーパースターが習得する。

Ver.3.0前期

新職業の踊り子が習得する。

Ver.4.0

新職業の天地雷鳴士が習得する。

Ver.5.5前期

僧侶のスティックスキルが独自仕様に変更された。

Ver.5.5後期

天地雷鳴士のスティックスキルが独自仕様に変更された。
 
また、160P以降にセットできるスキルのうち、その職業で効果を発揮しないものは非表示になった。
アップデート前からセットしていた場合、次にスキルを変更する際に自動的に外される。
僧侶とパラディンでセットできなくなったこうげき魔力+は【ぶきみなひかり】の成功率に影響しうるが、元々この特技はこうげき魔力とかいふく魔力の高いほうを参照し、スティック装備の僧侶やパラディンでかいふく魔力よりこうげき魔力の方が高くなることは意識的に調整しない限りそうそう無いため、実質的に影響はない。