【予言者育成学園】

Last-modified: 2020-09-23 (水) 12:53:57

概要

DQ10初代ディレクター【藤澤仁】が退任後に立ち上げた、スクウェア・エニックス社のスマートフォン用ゲームアプリ。
2016年2月から2018年6月まで配信された。
正式名称は「予言者育成学園 Fortune Tellers Academy」。略称「FTA」。
 
DQ10プレイヤー間では通称「藤澤学園」。もちろんりっきー肝煎りの【アスフェルド学園】との対比から。
【ドラゴンクエストX TV】内で藤澤自身により制作発表が行われたほか、コラボ企画もたびたび行われていることから、DQ10プレイヤーにも知名度は高い。
 
本作において藤澤はプロデューサー兼ディレクター兼シナリオチーフを務め(クレジット上の肩書は「ストーリー・ゲームデザイン」)、ゲーム内でテキストとして読める「ストーリー」を自ら執筆するほか、サイト上の「予言Times」や、DQXTV同様にニコ生で情報発信(「地味祭」も実施)する等、本作の「顔」として活躍した。
 
ゲーム内容は「予言テスト」を軸としており、出題時点では正解が存在していないクイズに対して「現実に起こること」を予測して答える。原理は欧米のブックメーカーと同じだが、わが国のスマホゲー、ひいてはクイズ業界でも他に見られない特徴であった。
また予言者テストに答えると敵が出現し、バトルに突入するが、数ターンに一度「予言」を行って対策を考え、味方を守り抜くという、これまた「予測」を軸にしたゲームプレイとなっていた。
 
企画の発端はDQ10追加職の没アイデア。敵モンスターの次の攻撃を予想できる「占い師」というアイデアが出たものの、戦闘システムの大幅な改修が必要なため見送られたとのこと。
(今のDQ10には【占い師】という職業があるが、中身はまったく別物である。)
 
2017年11月1日、運営がサービス開始当初から共同運営してきたデジタル・ワークス・エンターテインメントに移管。この時点でスクエニの開発チームは解散されたが、ストーリーは以後も藤澤が引き続き執筆した。
2018年4月27日、同年6月29日にサービス終了予定であることが発表され、その後、予定通りに終了した。

関連項目

コラボ

DQ10 4周年コラボ 第1弾

DQ10が4周年を迎えた2016年8月2日から、記念コラボイベントとして4週にわたって予言テストにDQ10に関する特別な問題が出題された。
1週ごと新たな問題が出題され、結果が判明した時点で答え合わせになる。
 
また、このイベントに参加したり、8月中に出される問題に正解したりする事等で【メタルチケット】が入手できる。
これを使用すると予言バトルで【メタルスライム】(まれに【はぐれメタル】)と戦う事ができ、勝利できれば大量の経験値が得られる。
 
これらのイベントは予言者育成学園側で発生しているイベントで、DQ10側でのイベント等は無い。 

第1弾特別問題

1問目(2016年8月2日出題)

アストルティア★ハッピーくじ大抽選会で

特等に選ばれる町は?

2問目(2016年8月9日出題)

【竜王城の決戦】の報酬として獲得できる

ラダトーム装備で一番人気のある装備は?

  • 8/2(火)~8/16(火)9:00の期間に全冒険者が獲得した数が最も多いものが正解
  • 正解:【ラダトームのかぶと】?(全体の32%ほどを占めた。次点はよろい)

3問目(2016年8月16日出題)

8/16(火)~8/23(火)の期間に、もっとも多く

討伐される「強モードボス」は?

4問目(2016年8月23日出題)

【占い師】が使うモンスタータロット

もっとも人気のアルカナは?

DQ10 4周年コラボ 第2弾

2016年11月15日より記念コラボイベント第2弾が実施された。
 
前回同様に4週にわたって予言テストにDQ10に関する特別な問題を出題。
各問題に回答することで、参加賞として予言者用コスチューム【占い師の服セット】が貰える。
 
また、特別問題の正解等で入手できるプレミアチケットを使用し、メタルスライム、はぐれメタル、【メタルキング】と戦える。
勝利すると大量の経験値のほか、下記の予言者用使い魔が貰える。

 
今回は予言者育成学園側で12月15日までに条件を満たすことにより、DQ10側でも記念アイテムが貰える。

こちらのアイテムを貰うためには、予言者育成学園側からDQ10の【スクウェア・エニックス アカウント】でログインして応募しておかなければならない。
当初は指定した1キャラのみが貰える予定であったが、要望を受けて応募したアカウント内の全キャラが貰えるように変更された。

第2弾特別問題

1問目(2016年11月15日出題)

11/25(金)ニコニコ生放送「ドラゴンクエストX

TV」で行われる「スライムジェネラル」バトル

トライアルの討伐タイムは?

  • 選択肢は1分刻みで、他に「全滅する」がある。
  • DQXTV放送時に同内容で視聴者アンケートも行われた。いずれも一番人気は「全滅する」だった。
  • 正解:4分台(4分21秒06)

2問目(2016年11月22日出題)

ドラゴンクエストXの強モードボス討伐ワールド

ランキング。11月に冥王ネルゲル強の無制限部門

で1位になる討伐タイムは?

3問目(2016年12月1日出題)

ドラゴンクエストXの強モードボス討伐ワールド

ランキング。魔女グレイツェル強の無制限部門で

12/6(火)に12月の1位となる討伐タイムは?

  • 12/6(火)23:59までの記録で判定する。出題時点の歴代最速は28秒89。
  • 予言者育成学園のメンテ日の都合で火曜日ではなく木曜日に出題された。
  • 正解:20秒00未満の歴代新記録(19秒71)

4問目(2016年12月6日出題)

ドラゴンクエストXで行われている

ダークドレアム大討伐チャレンジ!

最終的な討伐数は何体?

突発コラボ

2016年年末から行われた企画【アストルティアあるあるカルタ選考会】(12月6日1時ごろ告知)が、予言者育成学園の企画「予言者育成学園カルタ」(12月5日19時ごろ告知)と被ったことが発端となったコラボ。
予言者育成学園からの被りに対する詫びコラボ要求に対し、DQ10側が「ふ」の優秀作品の出だしの単語を予言するよう要求した。
これ受けて予言者育成学園にてアンケートが行われ、その一番人気の選択肢が見事的中となった。
予言者育成学園公式による発表
 
この結果をたたえ、DQ10内でも特別プレゼントとして【ふくびき券】10個と【ふくびき補助券】5個が広場経由で全キャラクターに配布された。
なお本作とDQ10は同部署(スクエニ第6BD)の運営になるが、アンケートの秘密は互いのチームで守られた模様。

DQX × 予言者育成学園 コラボキャンペーン 2017

DQ10の5周年を期に2017年8月5日よりコラボが実施された。
終了は8月31日の予定だったが好評につき9月29日まで延長された。
今回は予言者育成学園とDQ10で互いのキャラクター1人の衣装を実装することになっており、事前にそのキャラクターを選ぶアンケートが行われていた。
 
DQ10で選ばれたのは【勇者姫アンルシア】
恒例のDQ10に関する特別な予言テスト4問の参加賞として、予言者用にアンルシアのコスチュームが配布された。
同時にアンルシアと同じ髪型も実装され、併せてアンルシアの姿を再現することができる。
 
予言者育成学園で選ばれたのは妖精の少女プリムリリー。
そのランクA,Sでの衣装を模した【プリムリリーの服セット】が実装された。
予言者育成学園側で「フレンドを作る」「予言テストに挑戦する」「予言テストの答え合わせをする」の全条件を期限までに満たし応募することで、上記衣装のほか【しぐさ書・綿毛タンポラ】?【とらんす一味ポーチ】?も獲得できる。
前回と同じく応募したアカウント内の全キャラが貰えるうえ、今回は応募と同時に配布される。
 
ちなみにいずれのコラボ衣装も男女共用である。
 
そのほか、前年のコラボアイテムが【プレゼントチケット】で交換できるようになった。
予言者育成学園ではメタルキングたちの襲来、および討伐時の予言者用使い魔獲得が行われているが、こちらは4周年記念コラボ第2弾とまったく同じ内容となっている。

コラボ2017特別問題

1問目(2017年8月5日出題)

ドラゴンクエストXの強モードボス討伐ワールド

ランキング。ヘルバトラー強の無制限部門で

8/10(木)に8月の1位となる討伐タイムは?

  • 8/10(木)23:59までの記録で判定する。出題時点の歴代最速は22秒48。
  • 正解:18秒00未満の歴代新記録(17秒94)

2問目(2017年8月11日出題)

8/18(金)発表のドラゴンクエストX国勢調査

「DQⅪコラボイベントキャラ像交換ランキング」

1位になるキャラクターは?

3問目(2017年8月17日出題)

「ドラゴンクエストX 5周年記念

目覚めし冒険者の広場 週変わりデザイン」

8/23(水)更新の第4弾を描き下ろす作家は?

  • 【目覚めし冒険者の広場】が週替わりで有名作家描き下ろしのデザインになる企画の、全5弾のうち第4弾の作家を当てる。
  • 正解:地獄のミサワ

4問目(2017年8月23日出題)

ドラゴンクエストXで8/23(水)に更新される

ふくびきラインナップ。「ぽーちゃんのふくびき

10連チャレンジ」で当選する最高等級は?

  • 【ぽーちゃん】が10連ふくびきを1回行った結果を当てる。
  • 正解:2等or3等(3等が当選)

コラボ2017特別問題・追加

期間延長に伴い特別問題も追加で出題された。
こちらでは「一番人気チャレンジ」として、正解が一番人気から三番人気までのいずれかだった場合に、それに応じたふくびき券(DQ10側)とアメジスト(予言者育成学園側)が配布された。

1問目(2017年8月28日出題)

9/4(月)まで開催の「ドラゴンクエストX」

第2回フィッシングコンテスト「スイカ

グランプリ」。1位のスイカのサイズは?

2問目(2017年9月8日出題)

ドラゴンクエストXで9/6(水)から開催の

「大魔王ゾーマへの挑戦」イベント。

初週の大魔王ゾーマの討伐回数は?

  • 【大魔王ゾーマへの挑戦】で9/6(水)から9/12(火)までの間に討伐された回数を当てる。
  • 出題前までのデータとして、9/6(水)が55495回、9/7(木)が40688回と明かされていた。
  • 正解:15万1回~20万回(16万4,150回)

3問目(2017年9月13日出題)

ドラゴンクエストX「大魔王ゾーマへの挑戦」

イベント。期間中、冒険者たちがひかりのたまを

受け取らずに大魔王ゾーマを討伐した総回数は?

  • 【大魔王ゾーマへの挑戦】で9月13日から19日までの間にいわゆる闇ゾーマが討伐された回数を当てる。
  • 参考データとして、9/7(木)が190回、9/8(金)が594回、9/9(土)が714回、9/10(日)が750回と発表されていた。
  • 正解:1001回~1500回(1001回)

4問目(2017年9月19日出題)

「東京ゲームショウ2017」で配信予定の「DQXTV

出張版スペシャル」。9/23(土)の大魔王ゾーマ

バトルチャレンジ前アンケートの投票比率は?

  • バトル直前に実施される視聴者アンケートの結果を当てる。実際のバトルの結果は関係ない。
  • 正解:「勝てる」が 90.0~70.1%で多数(「勝てる」が74.3%、「勝てない」が25.7%)

通常問題

特にコラボではないものの、2017年1月27日には第1499問で第1回フィッシングコンテスト 『マグログランプリ』第1位のサイズが出題された。
しかし出題コメントに「最終日に近づくほど大きなマグロが釣れる噂がある」という記述があり、それがプレイヤー間にまことしやかに信じられてしまったため、藤澤Pにより

問題作成チームの憶測によるもので、事実無根の情報です。

という訂正のお詫びが掲載された。

余談

「リアル連動ゲーム」という新ジャンルが好評を得て認知されたため、その後藤澤を企画監修に据えた新作「プロ野球が好きだ!2017」が同部署からリリースされている。担当の上野Dは元DQ10スタッフ。