由良

Last-modified: 2020-06-05 (金) 22:33:24
No.045
長良型軽巡四番艦の「由良」です。どうぞ、よろしくお願いいたしますっ!由良(ゆら)長良型 4番艦 軽巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久26火力14 / 39
装甲10 / 29雷装24 / 79
回避37 / 69対空13 / 49
搭載2対潜40 / 79
速力高速索敵8 / 39
射程10 / 49
最大消費量
燃料25弾薬25
搭載装備
114cm単装砲
1未装備
装備不可
装備不可
改造チャート
由良由良改(Lv20) → 由良改二(Lv77+改装設計図)
図鑑説明
長良型軽巡4番艦の由良です。
私たちの中では、初めて水上偵察機を搭載したの。
水雷戦隊や潜水戦隊の旗艦として、活躍したのよ?
ドーントレスとかB17とかそういうのはちょっと苦手。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:タニベユミ、イラストレーター:コニシ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

セリフCV:タニベユミ、イラストレーター:コニシ
入手/ログイン長良型軽巡四番艦の「由良」です。どうぞ、よろしくお願いいたしますっ!
母港/詳細閲覧提督さん?
なぁに?
…提督さん、私の単装砲、そんなに好き?
母港/詳細閲覧(新年)提督さん、謹賀新年、です。 今年も由良を宜しくお願いしますね、ね?
母港/詳細閲覧(節分)提督さん。節分、です。……お豆は投げる物ですよ? 提督さん。そんなに好き、なの?
母港/詳細閲覧
(2015/2016バレンタイン)
提督さん、チョコレート、そんなに好き……なの? じゃあ、由良もチョコをあげる……ね?
母港/詳細閲覧
(2020バレンタイン)
提督さん………由良も……ふふっ…ご用意、したんですよ。
母港/詳細閲覧(早春)桃の節句、いいですね、ね? ……提督さん。由良も手作り菱餅、作ってみよう……かな。食べて、くれます?
母港/詳細閲覧(2016ホワイトデー)提督さん、チョコのお返し、ありがとうございます。 お心遣いが嬉しいですね、ね。
母港/詳細閲覧(2016春本番)提督さん、春です、春。お弁当持って、由良と一緒にお花見に行きましょう? ね。
母港/詳細閲覧(2020共に乗り越える)はい、由良はここに。お部屋にいます。提督さん。
母港/詳細閲覧(2周年)今日は由良たちにとっても大切な日。提督さん、これからもよろしくね? ねっ
母港/詳細閲覧(3周年)提督さん。3周年、3周年です。本年も艦隊と由良を、よろしくお願いしますね。ね?
母港/詳細閲覧(5周年)提督さん。5周年、5周年です。これからも、艦隊と由良を、よろしくお願いしますね。ね? ……ねー♪
母港/詳細閲覧(6周年)提督さん。6周年。6周年です。7年目も、艦隊と、由良を、よろしくお願いしますね。ね? ……ねー♪
母港/詳細閲覧(7周年)提督さん。7周年。7周年です。8年目も、艦隊と、由良を、よろしくお願いしますね。ね! ……ん、んんっ……誰も見てない、かな? ……ね?
母港/詳細閲覧(2016梅雨)梅雨の季節。提督さん、由良とゆっくり、お部屋で過ごしましょう。お茶、煎れますね。ね♪
母港/詳細閲覧(2015/2016初夏)提督さん。梅雨が終わると夏の気配、感じますね、ね? 由良も水着、ほしいなぁ…
母港/詳細閲覧(2017初夏/'18盛夏)提督さん。梅雨が終わると夏の気配、感じますね、ね? 由良も水着…う~ん、もう少し後にしようかな…どうしよう…う~ん。
母港/詳細閲覧(2019夏)由良、今年こそ水着着たかったんですけど………。提督さん……………ねぇ………………………ね。
母港/詳細閲覧(盛夏)提督さん、夏ですね、ねっ。 ……あ、夕立ちゃん。水着かわいい……由良も来年こそ
母港/詳細閲覧(2019夏 浴衣)提督さん、夏祭り、ご一緒に………由良と………あの………どうで、しょうか…………………だめ?
母港/詳細閲覧(2015秋)秋……か。秋が深まってくると、なぜか、由良、少し寂しい気持ちになります、ね...
母港/詳細閲覧(2016秋)提督さん、季節は…秋、ですね。ね? 今年は由良と一緒に、鎮守府秋祭り…行きませんか?
提督さん。その手提げ袋、良いですね。とっても素敵です。由良も、ほしいな。
母港/詳細閲覧(2016晩秋)提督さん。今年の秋も、もうそろそろ終わりですね。寒くなってきます。風邪を引かないように、夜はあったかくしてくださいね?
母港/詳細閲覧(秋刀魚)提督さん、秋刀魚の塩焼きが美味しい季節ですね。ね? 由良も、焼いてみたいな…
母港/詳細閲覧(2018対潜講座)提督さん、やっぱり、対潜は重要ですよね、ねっ! 由良、また先生、やっても……いいですか……? 本当!? やったあ!
母港/詳細閲覧(冬)提督さん、季節は冬です、ねっ。お餅、焼きませんか?太っちゃう、かな?
母港/詳細閲覧(クリスマス)提督さん、メリークリスマス。由良と過ごすクリスマスもいいでしょ? ほら、あ~ん♡
提督さん、こっちのお料理も美味しそう♪はい、あ~ん♡ 楽しいですね!ねっ!
ケッコンカッコカリ(~2017/06/23、反転)提督さん、由良の水偵……どうかな? 軽巡では一応初めて、なんだけど……
ケッコンカッコカリ(反転)提督さん、あの……由良をお呼びでしょうか?えっ?由良の水偵のお話ですか?あっ、はい。……やっぱり違う?あの、お話は……えっ?由良に……嘘!?ほ、本当に?嘘!?(嗚咽)
ケッコン後母港(反転)提督さん、やっぱり由良には単装砲でしょ? ねっ? ……え、何々? 由良の髪も、好き? あ...ありがとう。……あの、由良も好き……です。
編成長良型軽巡、由良、出撃します
出撃さあ、由良のいいとこ、見せちゃおうかな?
長良型軽巡、由良、出撃します
遠征選択時いいんじゃない。
アイテム発見いいんじゃない。
開戦砲雷撃戦、始めます。
航空戦開始時
夜戦開始そろそろ頃合ね、突撃!
攻撃よく狙って……てーぇ!
砲雷撃戦、始めます!
負けないから。
小破痛っ…
い、痛いったら!
中破/大破まだ…こんなんじゃ…沈まない。
勝利MVP由良が一番なの、ホント?やったー
帰投艦隊が戻ってきたようね。戦果あるかな?
補給そうそう、火力を強化してね。ねっ!
改装/改修/改造私のカタパルトって…邪魔、かな?
いいんじゃない!
そうそう、火力を強化してね。ねっ!
入渠(小破以下)ありがとう。
入渠(中破以上)整備や修理も大切よね。
建造完了新しい艦が出来たんですって。
戦績表示提督さん、ご連絡ですよ。
轟沈(反転)まぁ…魚雷処分よりは…いいかな…
時報にて実装
放置時提督さん……あの、由良……あぁ、提督さん、お忙しそう……。そうだ! この間に、提督さんの身の回りの物、お洗濯しておこう。
えーと、これは洗う。これも洗う。これは……う、うん、こちらも、由良が洗っておきましょうね……ね。

ゲームにおいて

  • 対潜初期値が五十鈴と並んでトップ。潜水艦狩り任務の際はぜひ連れて行ってあげよう。ただ、対潜攻撃力は素の数値より装備による補正の方が大きいため、他の軽巡・駆逐と比べて体感できるほどの差異はない。
  • 一部のセリフの一部分が超特徴的で、他の艦娘ではなかなか味わえない要素である。
    • だがそれがいい」として、好んで集中運用している提督も多数確認されている。
      • なお普段のセリフと特別なセリフ(新年・バレンタイン)で声調が異なることから、「由良の提督さん」には気を許していると思われる。つまり可愛い。
      • 艦隊5周年記念ボイスでは超特徴的なねー♪の三段目を披露し、二連撃に慢心していた多くの由良提督の心を容易く撃ち抜いた。由良さんのねー♪は隙を生じぬ三段構え。
  • 2016年8月31日、ローソンとのコラボ「鎮守府秋祭り」の店内放送担当と共に待望の差分グラフィックである浴衣が実装された。
    • 「来年こそ」実装されなかった水着と過酷な夏イベントに疲れ果てた直後の浴衣姿は大変に美しく、「由良の提督さん」を狂喜の渦に引き込んだ。つまり尊い。

      限定イラスト:鎮守府秋祭りVer.

      提督さん、季節は…秋、ですね。ね? 今年は由良と一緒に、鎮守府秋祭り…行きませんか?

  • 2017年1月10日、改の補給ボイスと放置ボイスが追加された。
    • 空き時間には提督の服を洗濯してくれる。ケッコン前後で破壊力が意味合いが変わると専らの評判である。
  • 2017年1月29日に「艦娘想歌【肆】」が発表され、4人による艦娘音頭に加え、アコースティックバージョン艦娘音頭改を由良さんが歌うというまさかの歌手デビューが決定した。
    • なおこの発表の数日前にあった、
      艦娘音頭のレコーディングに向かう白露型姉妹の引率に由良さんとかありじゃね? -- 2017-01-26 (木) 10:04:14
      という未来予知は由良の提督さんたちの中で永遠に語り継がれるべきコメントであろう。
    • 2017年2月14日、念願の歌手デビュー艦娘想歌【肆】発売。
      お祭り感満載の艦娘音頭をしっとりと提督さんのために歌い上げる由良さんに、撃沈する提督さんが後を絶たないようである。
  • 2017年5月、夕張と共にコンプティークのTVCMと表紙&綴じ込みに二人の制服でフィッティング中という激アツな情報が発表された。
    • 運営アイコンも由良さんに変わり、期待が高まる中ついに初夏に向けて衣装合わせをを始めた5500t級軽巡という鉄板級の告知がなされ、改二が確定した。
  • 約一ヶ月間の焦らしプレイフィッティングを経て、2017年6月23日、晴れて由良改二実装。
    • 同時に時報、ケッコンカッコカリ、ケッコン後母港ボイスも新規実装。
    • だがそれがいい」として、好んで集中運用してきた由良提督の歓喜と感慨はひとしおであろう...。かくいう私もその一人。ただひたすら嬉しい。
    • 睦月型駆逐艦、神風型駆逐艦とともに、軽巡「由良」名指しですよ!に小口径単装高角砲の主砲フィット特性が追加された。やっぱり由良には単装砲でしょ?ねっ?
  • 第一期では編成などでソートを「艦種別」にした時、改造前は「五十鈴」「名取」「由良」と図鑑No順なのに対し、改造後はなぜか「名取」と順番が入れ替わっていた。

小ネタ

佐世保生まれの長良型4番艦

通常解説

【通常解説】

  • 佐世保で生まれた、長良型二等巡洋艦の4番艦。
    八四艦隊計画で建造された3に続き、八六艦隊計画でと共に建造された。
    • 別々の艦隊計画で生まれた彼女達は、名取までを長良型、由良以降を由良型として認識されていたようで、昭和13年作成の防空巡洋艦計画図面には「由良型」と記載されていた。
      • 姉妹の制服(及び担当イラストレーター)が前3人後ろ3人で異なるのは、おそらくこの為だと思われる。
  • 計画時の予定艦名は「鈴鹿」(三重県の鈴鹿川から)。
    ところが建造の訓令が出る直前に、舞鶴のある若狭湾にちなんだ由良(京都府の由良川)に変更された。
    • 「由良」という地名は、水辺のなだらかな土地等に多く存在する。
      • 大阪湾防衛用の、陸軍由良要塞があった淡路島の由良。
        海上自衛隊由良基地(旧海軍の紀伊水道防備基地)のある和歌山県の由良。
        海上自衛隊に配備され2013年に退役した「ゆら型輸送艦ゆら」の命名元となった、愛媛県南部にある由良半島。
        など。
      • 「由良」とは、「『須賀』等と同じ意味で砂浜や砂州を意味する古い言葉」もしくは「『玉響(たまゆら)』を元とした言葉で、『草や葉の上につく朝露』から転じて『つかの間』という意味で使用される言葉」と言われている。

由良さんの解説

【由良さんの解説】

  • 長良型二等巡洋艦の4番艦、由良です。生まれは長良ちゃん*1と一緒の佐世保海軍工廠です。
    • 6人姉妹ですが、「八四艦隊計画の長良型」「八六艦隊計画の由良型」とよく呼ばれていました。*2
      • 由良から制服が変更されているのは、これが理由なのかな?
        長良型の制服、一度着てみたいな・・・。
  • 実は、最初は「鈴鹿(三重県の鈴鹿川から)」と呼ばれる予定だったんですよ。
    • ですが、建造直前に今の名前(若狭湾に流れ込み、舞鶴鎮守府傍に河口があった由良川にちなむ)に変更されました。
      • 「由良」とは、「『須賀』等と同じ意味で砂浜や砂州を意味する古い言葉である」とか「『玉響(たまゆら)』から来ている言葉で、その後『草や葉の上につく朝露』から『つかの間』という意味合いで使われるようになった言葉」とも言われているそうです。
    • 由良の名前は京都の由良川ですが、この名前は割と多くの地域で使われています。
      大阪湾防衛用の、陸軍由良要塞があった淡路島の由良。
      海上自衛隊由良基地(旧海軍の紀伊水道防備基地)のある和歌山県の由良。
      あとは「ゆら型輸送艦ゆら」*3の命名元となった、愛媛県南部にある由良半島。
      等ですね。
 

由良の「2つの初めて」

通常解説

【通常解説】

  • 彼女には2つの「初めて」がある。
    まず一つは「日本で最初に水上偵察機を搭載した軽巡」であること。
    • ちなみに、竣工時は「飛行機滑走台」を用いた発艦方法を取っていた。
      その後、1929年4月から約4年間の間、五十鈴で実験していた「萱場式艦発促進装置」*4を試験運用。
      1932年の近代化改修にて「呉式二号三型射出機」に変更され、ようやくカタパルト射出による発艦が行われるようになった。
  • もう一つは「太平洋戦争における日本海軍の軽巡洋艦戦没第1号」であること。
    • ただし、乗員の錬度や船体構造も良く、決して弱い艦だった訳ではない事を先に明記しておく。
    • 戦没の直接の原因は「航空機の波状攻撃」によるもので、航空機援護のない軍艦が如何に脆いかを再認識するものとなった。
      • 彼女の妹達も航空機の攻撃で沈められており*5、対空攻撃と航空支援の必要性を痛感する結末であったと言える。
      • 逆に、姉3人は全員潜水艦に沈められており、色々な意味で対照的な姉妹でもある。

由良さんの解説

【由良さんの解説】

  • 由良には、2つの「初めて」があります。
    一つは「日本で最初に水上偵察機を搭載した軽巡」です。
    • ただ、この頃は滑走台が設置してあっただけですので、プロペラと合成風力と乗組員さん達の手押しによるアシスト頼みの発艦方法でした。
      • その後、五十鈴ちゃんが搭載実験していたバネ式の発艦補助装置*6を移設して、約4年間の運用テストを任されました。
    • カタパルトを使った発艦が出来るようになったのは、由良の進水から10年後。*7「十年一昔」を実感できる出来事ですよね。ね?
  • もう一つは、ちょっと不名誉な「初めて」。
    「太平洋戦争中の日本海軍所属軽巡洋艦」のなかで、1番早く戦没してしまった艦なんです。
    • 乗組員さん達の士気・練度はとても高く艦長(佐藤四郎大佐)も優秀でとても良い方でしたが、「航空機援護を見込めない海域で攻撃機群による波状攻撃」は大和さんでも流石に・・・。
      • 状況は少し違いますが、鬼怒ちゃんや阿武隈ちゃんも同じように戦没しているので、対空火力・防空力の強化は大事ですよね。
 

由良の艦歴(長い略歴につき折りたたみ)

進水~太平洋戦争前

  • 1922年2月15日進水。
    • 同年2月18日には全力公試を行い良好な成績を収める。
      しかしその後、4基の主機全てに不具合が見つかった為同年3月3日の全力運転を中止。新造交換のため5月下旬まで修理する事となった。
  • 1924年9月2日、ワシントン軍縮条約により除籍された旧式戦艦薩摩を標的艦とした射撃演習に参加。
    • 「本物の艦へ実弾射撃をするのは得難い経験ではあるが、廃艦とはいえ味方艦へ射撃するのは何とも嫌な気持ちで、複雑な思いだった」由良搭乗員はこう語ったという。
  • 1931年12月1日、第一艦隊・第三戦隊(決戦艦隊の支援・護衛部隊)に編入。
  • 1932年2月15日、上海事変では加賀鳳翔の艦載機と共に由良と水上機母艦能登呂(艦これ未実装)も水上偵察機を飛ばし航空戦に参加する。
  • 1934年10月12日、『昭和九年特別大演習第三期對抗演習』にて夕張と衝突事故を起こす。
  • 1937年8月10日、中国沿岸部での作戦に従事(日中戦争)。
    • この時、艦載していた九〇式一号水上偵察機を用いた爆撃、陸軍揚陸の支援、近接航空支援等を行う。
      • 実用性に難あり(主に発動機回り)の当機を艦上で分解・組立・調整したという記録も残っている。
  • 1937年7月8日、盧溝橋事件*8勃発時の出来事。
    • 第八戦隊司令官の南雲忠一少将を座乗させた旗艦由良は、鬼怒名取を率いて第一戦隊*9と共に連合艦隊での応用教練に参加。
      • そこへ「北平郊外盧溝橋付近で日支両軍が衝突」との緊急電が入り、連合艦隊は直ちに教練中止を決定。
        第八戦隊と第一水雷戦隊を補給の上、いつでも現地へ急行できるよう即時待機状態とした。
    • 陸奥からの発光信号を受け、「了承」の信号を送った由良は即座に行動開始。
      • 彼女の号令一下、3隻が24ノットの戦闘速力で真っ白な大波を蹴立てて一斉に左への大転舵。
        命令了承の返答を水雷屋らしい態度で示した由良の手並みは実に鮮やかで、陸奥の艦橋では感嘆のどよめきが上がったという。
  • 航空機の脅威が現実問題として認識されるようになった1938年頃、旧式となりつつあった型や5,500を防空巡洋艦とする案が提出された。
    • 艦政本部作成の図面では「5,500t型(由良型)には長10cm連装高角砲を7基搭載可能」と見積もられたが、各艦の対空兵装増設や秋月型駆逐艦の整備に留まり、由良達の防空巡洋艦化案は取り消された。

太平洋戦争

  • 1941年12月8日の太平洋戦争開戦時、南遣艦隊・第五潜水戦隊旗艦(司令官醍醐忠重少将)としてマレー上陸作戦に参加。
    • 四コマ12話で、伊58が「仲よしの艦」として由良と鬼怒(第四潜水戦隊旗艦)を挙げているのは、彼女達が潜水戦隊旗艦として潜水艦を率いた経歴によるもの。
      • 艦これ提督的には、軽巡といえば水雷戦隊旗艦として駆逐艦を率いるイメージが強いが、戦前から戦争前半までは潜水艦を取りまとめるのも、日本の軽巡のお仕事の一つだったりする。
        本来潜水艦部隊の旗艦を務めるはずの新型潜水母艦がことごとく空母に改造されてしまったという事情のおかげとも。
  • 1942年2月12日、夜戦バカ率いる第三水雷戦隊に加入。マレー方面の通商破壊戦や蘭印作戦に参加。
    • マレー作戦では吹雪・朝霧を指揮下に置き、シンガポールから脱出する英国艦艇の撃破及び通商破壊任務で戦果をあげている。
      • この時、東洋艦隊捜索のために発艦させた水上偵察機が1機未帰還となる。
      • 現ベトナム領コンソン島(当時フランス名プロコンドール島)に墜落した模様で、現在この島はホーチミン市から定期便の出ている観光地となっており、そこそこ安全に訪ねることのできる由良さんゆかりの地の一つとなっている
    • その後の蘭印作戦でも、由良と第十一駆逐隊(吹雪、白雪初雪)が蘭印部隊に編入されている縁のためか、吹雪の時報で由良について触れるものがある。
  • 1942年5月20日、潜水艦に襲われて長期オフに入った艦隊のアイドルに代わり第二艦隊・第四水雷戦隊旗艦を務める。
    • 由良最期の戦いを共に戦った第二駆逐隊(村雨夕立春雨五月雨)はこの頃からの付き合いである。
  • 1942年6月5日、ミッドウェー海戦では後方待機となった攻略部隊の護衛に付く。
    • この時四水戦は3隊に別れ、南雲機動部隊、最上型姉妹、攻略部隊をそれぞれ護衛していた。
    • ミッドウェー海戦から母港に帰還した時の出来事。
      由良機械分隊長であった上村嵐大尉は「この旧式軽巡が無事に帰れたのは、各機械が故障もせず順調に動いてくれたおかげである」とふと思い、機械にお礼を言おうと機械室へ向かった。
      • しかしそこには既に先客が。清酒一升瓶を片手に持った、機械長の機関特務少尉である。
        「行動中は故障も起こさず、よく頑張ってくれた。おかげで、無事に帰港することができたよ。ほんとうにありがとう。
        なにもないが、酒を持ってきたから一杯飲んでくれ。この次出撃したら、またよろしく頼むぞ」
      • 久しぶりの母港へ上陸する前に、まるで生きた人間に対するように礼を述べ、機械達を撫でながら酒を注いで激励するその姿に、上村大尉は得もいえぬ感動に打たれたという。
        由良には、機関科魂が生きていた。
  • 1942年8月7日から始まったガダルカナル島を巡る戦いでは、種々の輸送作戦を指揮する。
  • 1942年9月25日、ショートランド泊地にてB-17爆撃機2機の攻撃を受ける。
    • この時250kg爆弾が後部7番砲の砲身に命中し、通信長が爆風に巻き込まれ戦死した。
      • 仮にこの爆弾が砲身に当たらずに左右数センチ程ずれて落下していた場合、直下にある弾薬庫を直撃し轟沈必須の一発となっていた。
      • もしかしたら、この通信長が応急修理要員となってくれたのかもしれない。
  • 1942年10月9日、高い対空能力を誇る防空駆逐艦の長女、秋月に四水戦旗艦を譲る。
    • 当時、ガ島近辺の制空権は既に喪失。旗艦に求められるのは由良が得意とする水雷戦指揮能力ではなくなっていたのであった。
  • 1942年10月18日、ガ島への揚陸作戦からの帰投中に米潜水艦グランパスの雷撃を受ける。
    • 左舷前部へ1本が命中するも、当時の米潜魚雷の常か、信管不良のため「ゴツン」と当たっただけで不発であった。
      • 魚雷は炸薬の詰まった頭部がポロッと外れて沈んでしまい、垂直に突っ立った珍妙な姿でぷかりぷかりと流れていったという。
    • 不発だったとはいえ、その衝撃で少々進水、真水タンクに海水が混ざってしまったおかげで由良乗員はその日1日顔も洗えず飲み水にも事欠くことになった。
    • 以前、由良の沈没理由はこのグランパスの魚雷であったとも言われていたが、現在は上記の通りである。
  • これまでいくつかの幸運に恵まれた由良だったが、この1週間後、彼女に最大の悲劇が訪れる。

由良さんの解説

  • 説明をしようと思ったのですが、「行数オーバーすると困る」との事ですので割愛させていただきます、ね。
    • 詳細は、wikipediaの由良のページへ会いに来てもらえると嬉しい・・・かな?
 

由良の最期。看取った夕立

通常解説

【通常解説】

  • 1942年10月22日、日本陸海軍はガダルカナル島ヘンダーソン飛行場の奪還作戦を決行する。
    • これは、「ヘンダーソン基地は艦砲射撃により米軍機の活動を封殺」「ガ島の日本陸軍も充分増強された」と判断された結果である。
      • ただし実際は「第2飛行場は無傷で健在」「陸戦隊、重砲や車両を持ち込めず」と、前提から無理のある作戦であった。
    • この時由良は第二駆逐隊(村雨五月雨夕立春雨)と共に、秋月を旗艦とする第二攻撃隊に編成された。
  • 24日夜。先行していた突撃隊(白露)を中継して参加全艦宛てに「陸軍による総攻撃成功、飛行場占拠」の報せが陸戦隊から届き各艦は行動を開始するも、日付を跨いだ後「先の『飛行場占拠』は誤報」と訂正の無電が入る。
  • 既に飛行場からの米軍機空襲圏内に侵攻していた由良達第二攻撃隊は、空襲の危険を察知し反転を開始する。
    • しかし、先行中の突撃隊にはそのままガ島・ルンガ泊地への攻撃支援の命が下った為、彼女達を支援するために再反転し、ルンガ泊地へと向かう。
  • 突撃隊からの「米軽巡が敗走中」との報を受け、由良達はこれら敗走部隊(実際は軽巡は存在せず)を補足すべく航路を調整。
    • しかし、由良達の前に現れたのは敗走中の艦艇ではなく、ヘンダーソン基地から飛来した米航空部隊*10であった。
  • この空襲で「艦橋上部破壊、左舷後部に大孔」等の深手を負ってしまった由良は北方への退避を開始。
    • 由良の佐藤艦長は座礁させて救おうと試みたが、進水拡大速度があまりに早かった為、困難な状況であった。
  • 浸水拡大、舵故障による人力操舵等で速力が低下した由良に、米航空部隊の容赦のない波状攻撃が襲い掛かる。
    • 零戦の援護もあるにはあったが、波状攻撃の合間にやってきたのみで、由良達を助けるにはあまりにも力不足であった。
    • ガ島の南西およそ800kmにあるバヌアツの島、エスピリトゥサント島から飛来したB-17も波状攻撃に加わり、これらの攻撃を受けて由良は大火災を起こし航行不能となり、由良を救う見込みが完全に潰えてしまう。
      • 「ドーントレスとかB-17とかそういうのはちょっと苦手」どころかトラウマものである。
        しかし、第六駆逐隊からの誤報*11及び敵艦誤認に対し、一切の恨み事を言わないあたりに彼女の温厚さを感じとることが出来る。
  • 雷撃処分のため総員退艦が決定し、第二駆逐隊および秋月への移乗が始まる。*12
    • この時、真っ先に接舷し収容を始めた夕立(艦長:吉川潔中佐)の行動は正に賞賛されるものであった。
      炎上する由良に接近した各艦が、爆発の危険を察して反転して行く中、夕立は躊躇う事無く救助作業を続けたと言う。*13
      • 横付けをしての乗員救助は非常に危険を伴う。
        航行不能となった艦に接舷させるために、救助する側も減速もしくは機関を停止する必要があるため、相手側から見れば恰好の的になってしまうためである。
      • また一度停止した艦は、スチームアップ済であっても即座に最大速度で航行することができない。そのため、救助後に敵追撃部隊に捕捉されて結果的に沈没してしまったもある。
      • 由良の場合、総員退去発令から沈没までの時間がおよそ3時間弱と言われているが、「敵領海内に動けない状態」で居座り続けていい時間では決してない。
    • 煙の流れる前甲板に、由良艦長の他、最後まで残った乗員達が整列。
      艦橋へ向けて姿勢を正し、ラッパ譜『君が代』*14の吹奏とともに敬礼するその姿は荘厳で、救助作業中の僚艦搭乗員達も直立不動の姿勢になったという。
  • 水防区画の設計に優れた由良は、春雨と夕立による雷撃が命中しても容易には沈まず、船体がくの字に折れたまま、なお海上に踏みとどまり続けた。
    • そして夕立による泣きの介錯(砲撃)が加えられた後、僚艦に見守られながらソロモン海へとその姿を没していった。*15
      • 沈没していく由良の傍を、各艦は静かに周回していたという。
        別れを惜しむように、沈みゆく彼女を守るように。
    • この時の夕立と、標的艦薩摩を撃った昔の自分の姿を重ね合わせた思いが、普段は耳にする事がないであろう轟沈時のセリフとなっているのかもしれない。

由良さんの解説

【由良さんの解説】

  • 1942年10月22日、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場奪還作戦が決行されました。
    • 金剛さんや鳥海さん達の艦砲射撃、そしてガ島陸戦隊への輸送作戦が十分な成果を収めたと判断された結果だったそうです。
      • ただし実際は、陸地内に新設された飛行場は無傷だったりとか、陸戦隊への装備輸送は不十分だったりと、問題だらけの作戦だったみたいで・・・。
    • この時は、秋月さんを旗艦とした第二攻撃隊に、二駆(村雨五月雨夕立春雨)の皆さんと一緒に編成されました。
  • 24日夜。陸戦隊からの速報「総攻撃成功、飛行場占拠」が突撃隊(白露)より中継され、由良達第二攻撃隊は行動を開始しました。
    • ですが日付をまたいで暫くした後、「先の『飛行場占拠』は誤報」の訂正が。・・・う~ん。
      • この時点で、由良達は既に敵機空襲圏内に入っていましたので、空襲の危険性を鑑みて反転を決定。
        ・・・したのですが、「陸戦隊によるガ島ルンガ泊地攻撃」の支援をする事になった突撃隊の皆さんを支援するために再反転、ルンガ泊地を目指しました。え?由良ターン・・・?
  • 「米軽巡が敗走中」の報を突撃隊の皆さんから頂き、敗走部隊追撃のために航路を調整。敗走艦隊との戦闘に備えていました。
    • 実は、「米軽巡」はそこには存在せず、誤報と気付かないまま敵陣深く切り込み過ぎてしまいました。
      その結果、「ちょっと苦手」なドーントレスとかB-17*16に補足されてしまい、一転して対空戦闘の始まりとなりました。
  • この空襲で由良は大破してしまい*17、動く事もままならなくなってしまいました。
    • 佐藤艦長は、由良を座礁させてでも何とか助けてくれようと最後まで努力してくれたのだけど・・・。
      進水や舵故障で思うように動けない上にドーントレスとかの波状攻撃を受けてしまい、どうする事も出来なくなってしまったの。
      • 零戦の支援は波状攻撃の合間に来たのみで、残念ながら空回り。
    • そんな波状攻撃に耐えきれず*18大火災が発生して航行不能に・・・。
  • そして、由良の雷撃処分が断腸の思いで決定されました。*19
    • 火災区画が徐々に広がっていき、いつ弾薬庫に引火して大爆発を起こすか判らない危険な状況。
      そんな由良の側へ、夕立ちゃん(艦長:吉川潔中佐)が何の躊躇いもなく横づけして真っ先に乗員救助を行ってくれたの。
  • 燃え上がる炎を背にした艦橋へ向けての、最期となる「ラッパ譜君が代」演奏*20と国旗・軍艦旗おろし。
    その様子はとても荘厳で、救助作業をしてくれた皆さんが直立不動、最後の敬礼を由良に送ってくれました。
  • 最期の時は名残惜しくて、夕立ちゃんにつらい思いをさせてしまった事が一番の心残り。*21
    • みんなとまた、戦隊を組むことが出来たらいいな・・・
      今度は潜水艦や爆撃機なんかに負けないから。
 

コメント

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照

  • 3年ぶりに艦これログインしたら由良さんが急に知らないセリフ喋りだして驚きと可愛さのあまり死んだ。ケッコン後母港ボイスだけじゃなく放置と改二もあるの?やばくない?皆よく生き延びられたね。 -- 2019-06-05 (水) 10:32:39
    • 皆一度死んだのだ。だが尊すぎて生きなければという意思を持ったことで今こうして生きているのだ -- 2019-07-18 (木) 22:35:05
    • ん?もしかして破壊力抜群の時報はまだ聞いてないのかね? -- 2019-08-19 (月) 13:17:09
  • やっぱり由良さんお美しい -- 2019-06-07 (金) 00:35:18
  • 名前が長いキャラのニュースがあったので、ひさびさに「じょしらく」の二次寿限無を聞いたら、そういやあオタがケッコンした相手が由良さんだった。 -- 2019-06-17 (月) 18:49:18
  • 今年も水着は無し・・・ですか・・・ -- 2019-07-18 (木) 23:08:41
  • 水着詐欺を持ちネタにするのは感心しませんな(血涙) -- 2019-07-21 (日) 17:37:56
    • 「制服の下は水着なんだ」と脳内補完し続けて幾星霜・・・想像でも由良さんを引っ剥がさない俺の精神力に何時までも期待しないでくれ!(血泡) -- 2019-07-21 (日) 22:13:35
    • 大人の事情です(流血) -- 2019-07-22 (月) 17:29:57
    • 水着水着言ってるやつに限って着ない法則…でもね「買っちゃったー」とか言って着ない奴よりは罪が軽いのよ。 -- 2019-07-24 (水) 04:17:43
      • 俺はただ水着の由良さんとタンゴを踊りたいだけなんだ -- ? 2019-07-24 (水) 04:18:59
  • 目安箱の水着由良さんで我慢しよう -- 2019-07-24 (水) 03:04:07
  • 由良さんに会うのはどこの海域がいいのでしょう? -- 2019-07-28 (日) 12:48:31
    • 造船所 -- 2019-07-28 (日) 13:13:52
  • 42連建造でお出迎え。もう二度と手放さない -- 2019-07-28 (日) 14:51:00
  • ドロップ艦で確認できたので、新ボイスを記載させて頂きました。改二の場合2種類ありますが、無印の場合「由良、今年こそ水着着たかったんですけど~」だけでした。 -- 改二の2019夏ボイス記載者? 2019-07-28 (日) 15:55:35
    • お疲れ様そしてありがとう。ボイスの数(無論過去の分も)だけ由良さんの水着イラストの種類が増えればいいなあ。 -- 2019-08-01 (木) 15:54:48
  • ふと思い立って、丹後由良に行ってみました。7月の舞鶴砲雷撃戦の際、丹後由良駅の売店で「由良テール」モチーフのパンを期間限定で販売していましたが、今日行ったときにも、店内の所々に小さいながら由良さんの絵が(HIROTAのシューアイスのシールも)・・・。帰ってから気づいたのですが、砲雷撃戦の後でこの店の方がTwitterを始めたようで、提督が来店したことをTwitterで紹介してました。自分も言えばよかったなあ(もちろん、由良神社・由良川橋梁も行きました)。ここのパン、おいしいですよ。由良提督の皆さんには是非訪れて頂ければと思います(長文失礼)。 -- 2019-08-12 (月) 22:29:52
  • ドロップ艦で確認できたので、「2019夏 浴衣」ボイスとして追記させて頂きました。 -- 改二の2019夏 浴衣ボイス記載者? 2019-08-15 (木) 21:59:03
  • 由良の由来となった由良川。宮津市の由良神社の事は多くの提督に知られていても、由良川の流域の街、旧20連隊で知られる福知山市と綾部市の境の石原地区には大戦末期に海軍航空隊の基地が由良川に沿って建設されていた。主に訓練に使用されたが -- 2019-08-27 (火) 00:50:03
    • 編集中の変な文章で送信してしまった......。由良川の流域にある街、旧20連隊で知られる福知山市と綾部市の境の石原地区には大戦末期に海軍航空隊の基地が由良川に沿って存在していた。主に訓練で使用され、零式艦上戦闘機や紫電改が十数機配備されていたらしい。艦これとは直接関係無いけど、豆知識として書きました。 -- 2019-08-27 (火) 01:01:14
    • 良い情報をありがとう 来月由良川を遡上する予定だからついでに通ってきます(現状、入ったりはできないみたいなので) -- 2019-09-16 (月) 01:39:12
  • 浴衣に水着に麦わら帽子。毎年思うが夏イベントは敵も味方もバカンスモードなので浜辺の水合戦の様相を呈して和む。まあ由良さんが一番だけどな。でもまだ温存中 -- 2019-09-06 (金) 20:30:14
  • もしかしたらサーキットの町と所縁のある艦になってたかもしれないのか -- 2019-09-27 (金) 21:02:14
  • 由良さんとの交際は文通から始めたい -- 2019-10-02 (水) 20:22:44
  • 由良さん、私の単装砲、そんなに好き? -- ダメンズ提督? 2019-10-04 (金) 15:46:35
  • 由良さんが進水した1922年はフグ田サザエさんが産まれた年らしいですw その人の様に、いついつまでも元気で若々しく -- どうでもいい謎知識? 2019-10-13 (日) 15:15:33
  • 「整理や修理も大切よね」が一回「生理や周期も大切よね」に空耳してからいつもドキドキするようになりました! -- 2019-10-19 (土) 09:30:00
  • 本日は戦没日、ということで今年も由良神社に参拝に来ました。連日の雨で境内がぐちゃぐちゃゃだよ!一先ず、由良提督さん一堂の良き艦隊運営を祈願しておきます -- 2019-10-25 (金) 12:07:19
    • 昔から戦没の日になると、由良神社詣での書き込み多いね。愛されてるなーとしみじみ思う。 -- 2019-11-01 (金) 22:02:28
  • 同志達よ、由良さんぐるみの予約は本日からである!さあ近所のローソンへGo! -- 2019-12-06 (金) 20:22:46
  • 久しぶりだ、同士たちよ。この度、ようやく由良ちゃんがフィギュア化されるということで飛んできたぞ。今夜はお祝いだ -- 2020-01-03 (金) 14:40:50
    • プライズ だができは良さそう、4月が待ち遠しい -- 2020-01-03 (金) 15:17:34
    • 服装のチョイスがいいね。これなら部屋に飾れる。とっくに家族が入ってこない魔境だけど。 -- 2020-01-11 (土) 09:22:36
  • 公式カレンダーの2月の村雨との巫女服限定グラで実装してくれないかな運営。 -- 2020-01-26 (日) 00:52:34
  • 今日は由良の進水日だね。おめでとう。 -- 2020-02-15 (土) 21:23:23
  • ドロップ艦でやっと確認できましたので、バレンタイン新ボイスを「母港/詳細閲覧 (2020バレンタイン)」として記載しました。 -- 2020-02-25 (火) 17:48:20
  • なんか最近やたらドロップする気がする -- 2020-03-02 (月) 10:02:02
  • 由良さんの菱餅・・・はいとイエス以外の選択肢はないな -- 2020-03-03 (火) 20:13:15
  • 提督になって6年と数ヶ月 あなたに心を奪われて5年と幾許 改二改装まで終えたが、最後の時まであなたと添い遂げたい -- 2020-04-11 (土) 16:23:47
  • 七周年記念ボイスがやばい。後半部分が特にやばい。 -- 2020-04-23 (木) 21:05:02
    • 7周年の由良砲で無事撃沈されました…こんなの全提督が死滅するわ… -- 2020-04-25 (土) 08:53:31
    • ベテラン刑事「今年も童提督大量変死事件の季節がやってきたか...犯人はいったい誰なんだ...」 -- 2020-04-25 (土) 18:13:18
  • 7周年ボイスが尊い・・・ -- 2020-04-25 (土) 05:03:11
  • 福知山城の傍の由良川の直角ぶりすげえな -- 2020-06-05 (金) 22:33:22
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 運営が全面?協力している「鎮守府目安箱」第10話にて「五十鈴ちゃん」と呼んでいることから。姉妹全員もしくは仲の良い相手には「ちゃん」付けしているのでは?と推測されている
*2 昭和13年作成の防空巡洋艦計画図面には「由良型」と記載されていた
*3 海上自衛隊に配備され2013年に退役
*4 滑走台上の飛行機をバネで押し出し加速を補助する装置。この萱場製作所は後にカ号観測機も製造
*5 鬼怒は米空母艦載機による袋叩き、阿武隈は直前に魚雷の一刺しを貰い航行困難な状態であった
*6 萱場式艦発促進装置
*7 1932年の近代化改修
*8 日中戦争の発端となった事件
*9 陸奥、長門、日向
*10 SBDドーントレス急降下爆撃機及びF4Fワイルドキャット戦闘機
*11 陸戦隊からの報告を中継しただけなので、単なるとばっちりではあるが・・・
*12 「日本水雷戦史」213ページ
*13 「駆逐艦五月雨」129ページ
*14 国旗、軍艦旗を掲揚/降下する際に吹奏される。国歌『君が代』とは別の曲
*15 「駆逐艦五月雨」130ページ
*16 ヘンダーソン基地からこんにちは
*17 艦橋上部破壊、左舷後部に大孔、等
*18 トドメは、ガ島の南西およそ800kmにあるバヌアツの島、エスピリトゥサント島から飛来したB-17による爆撃
*19 この時点で、船体中央部分から折れかけていた
*20 国旗、軍艦旗を掲揚/降下する際に吹奏される。国歌『君が代』とは別の曲
*21 春雨と夕立による雷撃で沈まない由良へ、夕立から介錯の砲撃が放たれた