Top > 鳥海

鳥海

Last-modified: 2018-05-04 (金) 23:05:29
No.062
私が鳥海です。よろしくです。鳥海(ちょうかい)高雄型 4番艦 重巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久45火力40 / 54
装甲35 / 49雷装24 / 49
回避35 / 59対空18 / 56
搭載6対潜0
速力高速索敵13 / 39
射程10 / 49
最大消費量
燃料40弾薬65
艦載装備
220.3cm連装砲
2未装備
2未装備
装備不可
改造チャート
鳥海鳥海改(Lv25) → 鳥海改二(Lv65+改装設計図)
図鑑説明
高雄型の4番艦、鳥海です。
マレー、ソロモン、マリアナ、レイテと数々の作戦に参加しました。
鳥海の名は、現在、海自のイージス護衛艦、その4番艦に受け継がれています。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:東山奈央、イラストレーター:パセリ (クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

  • 重巡娘としては摩耶と同様かなりの軽装。艤装は両腕の20.3cm砲と両肩の高角砲に右足のブーツのようなモノ、そして頭のアンテナのみ。どこから魚雷発射しているのか疑問である。
    • 高雄型の魚雷発射管は甲板上にはなく艦の側面に内蔵しているので実は元の艦に忠実。だが艦娘の鳥海がどこから魚雷を取り出すのかは相変わらず謎。
  • 実は眼鏡っ娘。ぱっと見では分かりにくいが、縁無し眼鏡をかけている。
    遠目には鼻に乗ってるブリッジだけが見えるため、絆創膏を貼ったガキ大将スタイルと誤認する提督も多いようだ。
  • 丈の短いセーラー服とスカートの間から覗く腹部と臀部が素晴らしい。鼠蹊部も絶品♡!
  • はいてない。
  • ちなみに任務娘のボイスは、鳥海の台詞を流用していた。大淀が実装された後も変化していなかったという謎。
    • 2016年3月11日のアップデートで任務娘のボイスが更新強化されて、鳥海から流用のボイスはサービス開始3周年を目前にして遂にお役御免となった。
    • 中の人曰く「丁寧で奥ゆかしいタイプ」「私のもっている一番『いい声』を当ててあげたいと思った」と、好印象だった模様。
  • 2015年3月27日のアップデートで鳥海改二が実装された。
    • 重巡改二最強の昼夜戦火力を得るが、摩耶改二と違って改装設計図が必要となるので注意。
      これは鳥海が姉妹で唯一近代化改装を受けていないが同時に最高クラスの武勲も上げた艦でもあるためと思われる。詳しくは小ネタも参照されたし。

小ネタ Edit

  • 高雄型4番艦にして書類上は日本最後の重巡洋艦。2代目にあたり、明治~大正にかけて、摩耶型砲艦の2番艦に初代にあたる同名の艦が存在した。
    • 史実の艦艇類別等級表では「高雄、愛宕、鳥海、摩耶」の順で並んでおり、書類上では鳥海は3番艦であった可能性がある(近年ウィキペディアの高雄型の項目でもそれを根拠として編集を受けている。しかし何故かウィキペディアは二次資料を参考にするよう薦めているのだ…)。
      ただし建造前の仮称名では「第7or第11大型巡洋艦」と摩耶より前で、起工も摩耶よりは早かったが進水は遅かったため(竣工は同日)、鳥海を4番艦と解釈する文献もある。
  • 名前の由来は鳥海山。山形・秋田の両県にまたがる活火山である。愛称は出羽富士など。
    庄内平野という盆地に街を築く山形県の鶴岡市では、丁度北側を見れば大体目に入る位置にあるため
    地元の人達からは「道に迷ったら鳥海山を探せ」とまで言われる程に道標として愛されている。
    高雄型でも数々の武勲を上げた艦で、公式漫画の31話では重巡でも一番活躍した「かもしれない」とまで評されている。
    姉妹の中で唯一改装を受けていないので性能自体は最弱。にも拘わらず一番活躍したのだから改装の意味とは…。
    • ひとつ上の姉も開戦までに改装が間に合わなかったが、防空巡洋艦化の際に色々近代化されている。
      しかし鳥海は本当に手つかずに近く、艦橋どころか航空艤装も魚雷発射管も旧型のまま。
      高角砲もテンプレ装備ではなく、旧式の12cm単装高角砲から更新されないままで生涯を戦い抜いた。*1
      • 1941年1月から近代化改装を実施する予定が組まれていたのだが、世界情勢が緊迫したため見送られた。改装内容はほぼ高雄・愛宕と同様で、後部マストの移設をしない点が異なっていたという。
      • また、摩耶が防空巡洋艦化した後に鳥海も同じ仕様に改装する予定で図面も用意されていたのだが、あ号作戦(マリアナ沖海戦)直前だったため見送られている。*2
    • 高雄型は艦橋のでかさ故に被弾率が高いと思われがちだが……実際間違いではなく、これは高雄型が条約による制限を守りつつ火力と速さを追求した結果である。
  • 高雄型として指揮系統に優れていた鳥海は旗艦を務める事が多かった。実際、被発見率が高く復原性も悪かったため(一応)次型の最上型では大きさは妙高型並に小型化されている。
    • 開戦前の北部仏印進駐の際には第二遣支艦隊旗艦として参加。
      しかし、海軍はもとより東條英機陸軍大臣や松岡洋右外務大臣も武力行使は避け平和進駐の方針だったのに対し、
      現地陸軍部隊は武力を以って強行上陸を決行するつもりで、そのため鳥海は半ば援護、半ば陸軍監視のようなスタンスだった。
      当時鳥海は海軍軍令部に対し、平和進駐などするつもりのない陸軍現地部隊の態度を難詰するような厳しい電文を何通も発している。
      • しかし、現地陸軍部隊参謀副長の佐藤賢了大佐は、大本営からの強行上陸差し止めの命令を司令官や参謀長に報告せず握り潰し、強行上陸を開始してしまった。
        これに怒り心頭となった鳥海は、現地で上陸部隊直接援護の任にあたっている第一護衛隊指揮官の川内に対し
        「陸軍の強行上陸は承認し得ず。中止を協議し応諾せざれば、協力不可能の旨を伝へ至急出港離脱せよ」
        と厳命。板挟みとなった川内は困り果てて徹夜で陸軍に談判したものの、ついに陸軍側は聞き入れなかった。
        このため川内は上陸部隊の援護を即時打ち切り、部下を率いて帰ってしまった。これがいわゆる「陸軍置き去り事件」である。陸海軍同士の蹉跌がついに表面化した形だった。ただ、護衛そのものは飛龍の航空隊が引き継いではいたようだ。
    • 太平洋戦争開戦時は南遣艦隊司令長官・小沢治三郎中将*3の旗艦としてマレー半島上陸作戦に参加、真珠湾奇襲攻撃より僅かに早く戦争の火ぶたを切る。
      その後もビルマ攻略作戦への補給作戦やベンガル湾での通商破壊作戦などで艦隊を率いて武勲を収めた。
  • そして鳥海の武勲の中でも特に華々しいのが第1次ソロモン海戦での活躍だろう。
    この時報道班員として鳥海に乗り組んでいた丹羽文雄(1904~2005)が、見聞した内容を小説『海戦』に書いている。伏字復刻版も出ているので一読してみると面白い。
    • フロリダ諸島の戦いにて日本軍は米軍の奇襲上陸作戦によりガダルカナル島及びツラギ島を失ってしまう。
      この反攻作戦として鳥海は天龍夕張そして神風型駆逐艦夕凪で編成された三川艦隊の旗艦として海戦に参加。
      闇に紛れ輸送船団を狙い泊地へと突撃した艦隊は索敵網を掻い潜り奇襲に成功。
      ガ島攻略により疲弊した米豪連合艦隊は不意を突かれ大混乱、そのまま反撃の隙を与えずフルボッコに処し、被害を最小限に留めつつ重巡4隻と駆逐艦1隻を沈める大戦果を挙げた。
      この勝利はミッドウェー作戦の大敗で下がっていた士気を大いに盛り上げたと言われている。
      • この第一次ソロモン海戦における第八艦隊の戦いが、実に三回に渡って編成と出撃を行うという破格の多さの三川艦隊任務や、重巡最強クラスとなった鳥海改二の実装に反映されたとなると、艦これに与えた影響はかなり大きいかもしれない。
    • しかしながら、第一次ソロモン海戦はその華々しい戦果と裏腹に「戦術上はパーフェクト」などという奥歯に物が挟まったような表現をされることが多い。
      思い出してほしい、三川艦隊の攻撃目標は何であったか。
      そう、戦闘は大勝利でも、輸送船団を叩くという本来の作戦は大失敗だったのである。
      結局、輸送船団は一時引き上げた後、輸送物資の揚陸に成功してしまう。
      戦闘はあくまでも作戦目的(戦略目的)を果たすための一手段にすぎない。この勝利もソロモンの戦い全体に与えた影響はそれほど大きいものではなかった。
      以下、論評が大分長くなるので折り畳み
  • ガダルカナル島撤収後は第八艦隊旗艦任務を解かれて横須賀へ帰還し入渠。その際機銃を増設され21号対空電探22号対水上電探を付けられている。
  • 出渠後は高雄型姉妹で構成される第二艦隊第四戦隊に復帰。北方方面に派遣されていた摩耶も戻り、久しぶりに高雄型四姉妹が同じ部隊で揃ってソロモン諸島ブーゲンビル島に出撃……するはずだった。
    しかし第二艦隊がラバウルに集結したまさにそのタイミングで敵空母機動部隊の空襲に遭い、高雄も愛宕も摩耶も酷く損傷して出撃は中止。艦隊はそのままトラック泊地にとんぼ返りした。
    この時、鳥海はたまたまラバウルから離れた位置にいて無事だった。
  • 1944年1月に給糧艦伊良湖がトラック泊地近海で潜水艦の雷撃を受け立ち往生し、駆逐艦涼風がその曳航に難儀していた時、鳥海はと共に応援に駆け付け、伊良湖の救援を成功させている。もーなーか!もーなーか!!
  • それからマリアナ沖では四姉妹で参戦。
    レイテ沖海戦でも揃って推参!…した直後、米潜水艦により摩耶愛宕は沈没、長姉の高雄も大破し脱落。あっという間に一人ぼっちに。
    その後サマール沖海戦で奮闘するも、米護衛空母ホワイト・プレーンズの砲撃*9を受け右舷中部に被弾。運が悪い事に魚雷が誘爆を起こし落伍、雷撃処分となる。
    姉たちと別れた2日後の25日の出来事である。
    こうして長女の高雄を残し、わずか三日で高雄型姉妹は失われることとなった。
    • 漂流していた米護衛空母ガンビア・ベイの乗員たちが鳥海の最期を目撃、証言を残している。
      それによると、鳥海は一旦は立ち直って動き始めたが、直後再び米艦載機の攻撃を受けて被弾炎上、海上に停止してしまった。
      駆逐艦藤波は周囲をぐるぐる回って警戒しつつ復旧を待ち続けたが、その甲斐もなく炎上し続ける鳥海は、日没に至ってついに放棄が決まる。
      藤波は生存者を救出し魚雷で鳥海を介錯すると、別れの発光信号を明滅させながら去っていったという。
  • そして生存者を乗せた藤波も、この翌日早霜の救援の際に空襲を受けて沈没し、全員戦死した。
    したがって、鳥海と藤波の生存者、ともにゼロである。
    • このことから、慰霊碑は佐世保の旧海軍墓地東公園に鳥海と藤波、2隻の連名で建立されている。
      • 両艦とも生存者がいないため、戦後長らく慰霊碑が無い状態が続いていた。
        その状況を憂いた遺族たちが「このままでは英霊に申し訳が立たない」と一念発起し、戦後53年を経た平成10年12月、ついに建立にこぎつけたのである。
        現在、東公園の慰霊碑群の中で最も新しい慰霊碑だという。建立以来毎年、護衛艦ちょうかいが慰霊祭を執り行っている。
    • 声優の古川登志夫の兄・善一郎も機関砲手として乗艦していたがこの戦いで戦死している。

  • 戦後、三川提督本人は好きな艦艇の筆頭として鳥海の名を挙げている。(他は、青葉衣笠加古古鷹)このうち、鳥海と青葉は一時期三川大佐(当時)が艦長を務めている。
  • 改造したらかゆそうな名前の艦娘第一位*10

唯一の江戸っ子イージス艦「ちょうかい」 Edit

  • 現在、鳥海の名はこんごう型四番艦「ちょうかい(DDG-176)」に受け継がれ、これが3代目にあたる。
    こんごう型護衛艦は艦隊の頭脳とも言えるイージスシステムを搭載した艦であり、艦これでの鳥海が頭脳派キャラなのはこういったところからも来ているのだろう。
    シンボルとキャッチは[GOLDEN EAGLE]。どこぞの野球チームみたいである。カレー*11が超美味い(巧い)とのこと。
    今日もどこかで「ちょうかい」は現代の日本を守っている。
    • この「ちょうかい」はほかの海自イージス艦が三菱長崎でつくられたのに対し、石川島播磨重工東京工場(現廃止。跡地はアーバンドックららぽーと豊洲)でつくられた。継子って言うな*12
    • 余談ではあるが、イージス艦であるこんごう型はフェイズドアレイレーダーや指揮機能の関係上艦橋が肥大化している。これが高雄型の巨大な艦橋と似ていることから、一番艦であるこんごうの名前が発表されてない頃は「日本が高雄型を建造中」と報じられることがあったという。後々、ちょうかいが建造されることを考えると興味深い。
    • さらに余談だが艦これでキャラがモロ被りしている霧島の名はこんごう型二番艦に受け継がれた。またこんごう型に名前が採用された艦の中で、艦娘の中の人が違うのは妙高のみである。

参考資料・書籍 Edit

  • 重巡「鳥海」奮戦記―武運長久艦の生涯 諏訪繁治 光人社NF文庫

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • わがままは言わないので鳥海ちゃんと幼馴染婚がしたいだけの人生だった -- 2017-10-21 (土) 23:43:41
  • アケ版鳥海さんの砲撃演習がギリギリズム、あとちょっとだけ裾が上がってくれたら… -- 2017-11-05 (日) 00:33:56
  • "ゲームにおいて"での、ズバリ「はいてない」…この一文で、下品ながらブーッッと吹きだしてしまった。--しかし目立たぬだけで、実は超極細のTバック(Gストリングhttps://ja.wikipedia.org/wiki/G%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0とも)では(たぶん摩耶姐さんも)?棲艦どもも"一応"女性だから悩殺お色気戦術は通じんだろうし -- かぼちゃ大王? 2017-11-05 (日) 14:25:56
    • 海上で用を足す時は履いてない方が便利、誰も見てないし不意討ちにも迅速に対応できるし -- 2017-11-06 (月) 01:35:08
  • 中破したと思ったら口から何かが見えたんだけど……まさかね -- 2017-12-11 (月) 21:28:02
  • クリスマスということで寒そうなかっこうの鳥海ちゃんを抱き締めて温めたい -- 2017-12-25 (月) 22:01:25
  • チョコくれんのか・・・ -- 2018-02-05 (月) 20:18:37
  • ふじなみサンがなんだって? -- 2018-02-05 (月) 21:07:24
  • 決戦ボイスか...全く育てていないや... -- 2018-02-06 (火) 09:15:55
    • 火力で言えば最強クラスの重巡、改ニ改修レベルも手頃(要設計図だけど)、今からでも遅くない -- 2018-02-06 (火) 09:19:21
      • 着任半年未満の雑魚ていとくには改装設計図キツイっす。他にも順番待ちしてる娘が... -- 2018-02-06 (火) 09:25:24
      • ↑他の面子がわからないから一概には言えないけど、使う場面の多さでいえば、個人的には、その順番待ちの列の先頭に立たせてあげてもいい艦娘だと思うよ。 -- 2018-02-11 (日) 12:41:08
    • 鳥海は一段階改装でも練度さえあれば普通に使えるのでレイテ意識するならとりあえず育てておいてOK。今から間に合うかは若干微妙だけど -- 2018-02-06 (火) 16:40:40
  • 小ネタの人、庄内平野は日本海に面した平野だから盆地じゃないぞ -- 2018-02-06 (火) 22:51:33
    • 鶴岡の市街地は三方を山に囲われて盆地というのも間違ってないかと。ただ、鳥海のページに鶴岡視点で書くのはどうなのか、市街地は建物で鳥海山見えないことも多いし、雲がかかってれば見えないしとも思います。 -- 2018-02-17 (土) 00:15:37
  • 決戦前ボイスがあるというのなら決戦ボイスもあるわけだし、決戦グラフィックもあるはずだ! -- 2018-02-11 (日) 12:14:10
  • 高雄のことさんづけで呼ぶんだな。違和感があるなぁ。 -- 2018-04-08 (日) 02:25:33
    • なんか他人行儀だよな。個人的には姉さん呼びだと思ってた -- 2018-04-08 (日) 02:58:40
      • 一応人類のために命がけで戦ってるわけで姉妹間とはいえあんまりフランクに接しすぎないように自分を律してるのかもな。本当は甘えたくてしょうがないのかもしれない -- 2018-04-10 (火) 09:35:59
      • 摩耶は? -- 2018-04-10 (火) 14:35:32
      • ↑長女でしっかりしてて妹たちをまとめようとしてくれる高雄と、やんちゃで言葉遣いも荒い三女の摩耶じゃ少し接し方も変わるんじゃね -- 2018-04-10 (火) 17:49:40
    • 摩耶のことは呼び捨てにするだけに、なんか距離感ある感じはするよね -- 2018-04-08 (日) 03:29:10
      • 正月ボイスでも「摩耶共々」って言ってたしな -- 2018-05-08 (火) 21:58:18
    • 結構声優さん任せなんだろうね。 -- 2018-04-08 (日) 19:46:14
    • 「陽炎姉さん黒潮さん」と同じく細かい事考えても意味無さそうだな。 -- 2018-04-11 (水) 02:09:32
  • side金剛のドラマCDで”姉さんたちも~”って台詞があるけどいかんせん昔のことだから覚えてなさそう。その場に居合わせた摩耶に至ってはあいつら呼ばわりだったし -- 2018-04-08 (日) 04:57:48
  • 実際姉妹をさん付けで呼ぶのってありなんか?一般的ではないよね?鳥海の場合、絵師が違うだけで型は高雄型ではあるし -- 2018-04-10 (火) 21:17:05
    • 一般的でなかったとしても、呼ぶ人は呼ぶんじゃないか? -- 2018-04-11 (水) 01:39:39
  • 春ボイス、摩耶の手を思いっきりつねってそうで笑ってしまったw -- 2018-04-22 (日) 17:44:32
  • 「鳥海」は「あけぼの」に 進化した。................このネタが通用しなくなる日も近いな -- 2018-05-10 (木) 22:31:15
    • 進化じゃなくて退化してないか・・・・?冗談はともかく電車の話だったかそれは -- 2018-05-18 (金) 18:10:46
    • B個室とシングルデラックスを手に入れたから進化だろ← -- 2018-05-21 (月) 14:22:38 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 客船も作っていた三菱造船所(長崎)の生まれで、姉たちより内装が良く重用されたため改装の機会を失ったという俗説あり。
*2 鳥海の幻の改装計画については「世界の艦船 傑作軍艦アーカイブ 重巡「妙高」型「高雄」型」より引用。
*3 後に南雲忠一中将の後任の空母機動部隊指揮官となり、レイテ沖海戦では囮作戦を指揮した提督である。
*4 加古などは、三座水偵に関してはこの時既に新型の零式水上偵察機に更新(当然射出機も対応した物に換装している)済み。九四水偵自体は終戦まで使われた機体だが、鳥海でも後に射出機を二号五型に換装して零式水偵を運用している。
*5 この時の被弾によって海図が失われた事も撤退に繋がったとかなかったとか。
*6 なお米軍はこの戦いの事を「Battle of Savo Island」と呼ぶが、日本側が「サボ島沖海戦」と呼称する戦闘は二か月後の出来事である。
*7 この話については不明な点が多い。船会社については不明だがアメリカでは労働者側から戦争中はストライキをなるべく行わないことを表明しており、43年にはストの強制仲裁を可能にした法律も整備されたと言われているためアメリカの工業力にどれほどのダメージを与えれたかについては分からない部分も多い。
*8 山口多聞少将が再攻撃主張の急先鋒だったとも言われていたが、彼は二航戦の参謀や搭乗員からの意見に「南雲さんはやらんだろう」とむしろ消極的で、「第二撃の準備完了」という遠回しな連絡しかしていないことが判明している。
*9 実は金剛の誤射ではないかという説もある。
*10 実は大和最後の艦長である有賀幸作大佐が艦長を勤めていた時期がある。もっとも鳥海で勤務中にデング熱に罹患した為、わずか一か月程度で艦を降ろされてしまっている。ちなみに乗員からの評価や勤務そのものは良評価だった。なお有賀幸作大佐は水虫でも有名である。ちょうかいかい。(余談だが、「鳥海、超快調かい?」なんて艦隊名で運用している提督さんも…。)
*11 第2回護衛艦カレーナンバー1グランプリ in よこすか(平成26年4月19日)では、第2位を獲得。
*12 ちょうかいのほかにIHI東京が建造した現役海自艦には、艦これつながりでは、むらさめ(4代目)・さみだれ(2代目)・あけぼの(4代目)がいるが、いずれもむらさめ型である。※「あまぎり(2代目)」は、あさぎり型護衛艦である。また、未実装艦も含めると、ほかに「あさぎり(←朝霧)」がある。