武器/海賊Jソード

Last-modified: 2018-01-14 (日) 19:20:50

伝説の海賊の太刀。
手甲に施した黄金のドクロの瞳孔は、巨万の財宝の前に輝くという。

概要

  • MHP2G・MHXに登場する太刀。週刊少年ジャンプとのコラボ系武器の一つである。
    見た目は、赤系の刀身にドクロの飾りが付いたサーベル状の太刀。
    峰の部分が鋸状になっているのが特徴的。ドクロの海賊帽がそのまま剣の鍔になっている。

性能

MHP2G

  • レア9の太刀。攻撃力は1296と無属性武器としては平均的。
    スロットは一つしか空いていない。
    • 特徴的なのは斬れ味。素では短い白だが、紫が50付く
  • 継戦能力こそなかなか優秀だが、火力がかなり低い(匠なしで紫が付くヒキサキと全く同じで、攻撃力だけ見ても高い水属性値を持つアトランティカと同値)ので
    実戦での強さはイマイチ。
    見た目だけのゴミ武器というわけではないのがまだ救いではあるが…。
    • が、それより酷いのが生産難易度。
      海賊JチケットGが4枚いるのだが、これが入手できるクエストはJUMP 爆炎の帝かJUMP 赤き闘技場のみ。
      どちらもかなり難易度が高く、ソロプレイヤーには厳しい。
      首尾良くチケットが集まっても、MHP2G最強のストッパーアイテム、古龍の大宝玉が立ちふさがる。
      こんな微妙な武器につぎ込むぐらいなら、もっと良い選択肢がいくらでもあるのは言うまでも無い。
      海賊JチケットGも、装填数が優秀な海賊Jキャノンに回した方が良いだろう。
      • ちなみについでとばかりに達人のドクロが3個いる。
        おそらくドクロの装飾に使うのだろうが、
        シリーズ通しても海賊系の装備にドクロを使うのはこの武器だけである
        (MH3以降は達人のドクロは登場していないが)。

MHX(MHXX)

  • 海賊Jキャノン共々久々に復活。他の海賊武器と同じチケットを用いて生産する。
  • 最終強化の「大海賊Jソード」は、やはり無属性。
    攻撃力は200と控えめで斬れ味は素で青、匠での増加分は全て白。スロット1つ。
    MHP2Gの性能をそのまま上位相当にスケールダウンしたものに等しい。
  • よって、立ち位置はほとんど変わっていない。
    これを上回る火力・スロットの無属性太刀は多く存在するため、見た目以外の理由で
    あえて採用する理由はほぼないだろう。
    一応匠で出現する白ゲージの長さはトップクラスで、スロット1もあるので
    ギリギリ他の太刀の完全下位互換には甘んじていない
    (長白ゲージ仲間のエグリヒキサキはスロットがないし、ヒキサキは白ゲージが10短い)。
    しかし歴耀刀カリミアには倍率20負けているのでスロット1があっても厳しいか。
    叛刀アルナジトには超僅差で火力が勝っているが、斬れ味回復機能を合わせると
    それだけで立場を維持するのは難しいだろう。
    逆に言うと見た目が気に入っているなら、ガチの効率狩猟以外では許容される程度の性能はある。
  • 生産難易度はまぁ性能相応にはなった。
    火竜の煌液と古龍の浄血が必要なので最終強化はHR解放後になるが、
    生産段階で使う竜玉以外には特に貴重な素材は用いない。
  • MHXXでは限界突破により「海賊王Jソード」へと更なる強化が可能。
    性能は攻撃力320に斬れ味は長めの白(匠追加分も白)、スロット1という性能。
    強化はできるが、哀しいことに全体的に最終ベルダーサーベルに劣る性能で留まる。

余談

  • なんだか非常に微妙な印象の武器だが、
    シリーズ全体で見ても実は海賊系武器でこれしか持っていない特徴があった。
    それは、MH4以前では唯一匠で斬れ味紫に達する海賊系武器だったということ。
    MH4までに登場した他の海賊武器はどれもこれも白止まりだったのである。
    • しかし、MH4Gにて登場した海賊操虫棍、断罪の銃棍Jがついに匠で紫40を得ることに成功し、
      第二の紫ゲージ獲得を成し遂げた海賊系武器となった。

関連項目

クエスト/週刊少年ジャンプシリーズ
クエスト/JUMP 爆炎の帝
武器/海賊Jキャノン - 同じイベントクエストで作成可能なヘビィボウガン。
武器/海賊狩りの魂 - MH4で登場した、第二の少年ジャンプコラボ太刀。
防具/海賊Jシリーズ