【スキルポイント】

Last-modified: 2020-02-03 (月) 12:51:33

概要 Edit

DQ8から登場したシステムで、レベルアップで得られるポイントを割り振り、一定ポイントでスキルを取得することができる。
他のRPGで言うところのスキルツリーの役目を担っている。
基本的に一旦振り分けたポイントはすぐ戻すことはできないが【やりなおしの宝珠】などを使用することで1スキルの全てのポイントを振り直すことができるようになる。
Ver.2.1からは全スキルを0に戻す【全やりなおしの宝珠】も登場した。
 
ほぼ同様のシステムを持つDQ9では全職でスキルポイントが共有されていた(例えば【戦士】で得たスキルポイントを【僧侶】に振ることができた)が、今作では職業毎にスキルポイントは個別となった。
Ver.4.5後期までは各職の固有スキル以外の同名の武器スキルは全職で共有されていたが、Ver.5.0からはスキルシステムの仕様が大幅に変更され、スキルラインが各職業毎に完全に独立した(これはDQ8のスキルシステムとほぼ同じ仕様)。
それに伴い、特定の職1つの全スキルを0に戻す【職やりなおしの宝珠】が登場した。
この仕様変更により、スキルポイントのために特に使う予定の無い職のレベルを上げる必要が無くなり、自分の使いたい職のレベルを上げるだけでよくなったため、レベル上げに然程時間を掛ける必要が無くなったともいえる。
 
なお、Ver.3.3前期までは「スキルふりわけ」のコマンドは最初にスキルポイントが入るLv10になるまで表示されないのが仕様だったのだが、踊り子の追加時、これを忘れていた人が多かったのか「スキルふりわけ」のコマンドが表示されないと言う報告が多々あがり、わざわざおしらせで表記される事態になった。
その為か、3.3後期で占い師の追加と同時にLv1からでも表示されるようになった。

レベルアップによるスキルポイント Edit

各職業、レベル10からレベルアップ時にスキルポイントを1~5ほど取得できる。
Ver.5.0のスキルシステム変更により、レベルアップによって得られるポイントが大幅に増加し、今まで手に入れられなかったレベル10までのポイントも手に入るようになった。
レベル50以降は【盾スキル】のある職、ない職、【遊び人】の3パターンに分けられている。

レベル305060708090100105110
盾あり78137167199231261294311330
盾なし159182205223250263280
遊び人-169202236270312330350
54107126148170186203210222

 
参考までにVer.5以前までの獲得SPも併記する。
なお、【不思議の魔塔】【アスフェルド学園】で得られるポイントは下記とは異なる。

Lv2~Lv50

全職共通Ver.4.5まで
レベル獲得SP累計SP獲得SP累計SP
222--
324--
415--
538--
6210--
7212--
8315--
9217--
1032033
1132336
12124-6
1332739
14431413
15132-13
16436417
17440421
18141-21
19445425
20449429
21150-29
22353332
23457436
24158-36
25462440
26466444
27167-44
28572549
29577554
30178-54
31482458
32587563
33188-63
34593568
35497472
36198-72
374102476
383105379
391106-79
404110483
414114487
421115-87
433118390
443121393
451122-93
464126497
4731293100
481130-100
4931333103
5041374107

Lv51~Lv99

盾スキルあり職盾スキルなし職遊び人Ver.4.5まで
レベル獲得SP累計SP獲得SP累計SP獲得SP累計SP獲得SP累計SP
51213911383140-107
523142314131433110
533145314431463113
54214711452148-113
554151314851533116
563154215031562118
572156115121581119
583159315431613122
593162215631642124
605167315951692126
613170316231723129
623173216431752131
632175116521771132
643178216731802134
654182216951852136
663185217131882138
673188317431913141
683191317731943144
693194217931972146
705199318252022148
713202318532053151
723205118632081152
733208218832112154
743211219032142156
754215219252192158
763218319532223161
772220219732252163
783223219932282165
793226220132312167
805231420552363170
812233120622381171
823236220832412173
833239221032442175
843242221232472177
854246221452522179
862248121532551180
873251221742592182
883254221932621183
892256122032651184
905261322352702186
913264222532731187
923267222732761188
93327033302190
94327332332192
95427732362194
96328022381195
97328332412197
98328632442199
99328922461200

Lv100~Lv112

盾スキルあり職盾スキルなし職遊び人Ver.4.5までVer.4.5まで
遊び人
レベル獲得SP累計SP獲得SP累計SP獲得SP累計SP獲得SP累計SP獲得SP累計SP
1005294425031232034204
10132972252331512042206
10233002254331812053209
10343043257432222073212
10433073260332512082214
10543113263533022104218
1064315326622123221
1073318326922143224
1084322427334132174228
10933253276434522193231
11053304280535032224235
111133112811351----
112133212821352----

特訓によるスキルポイント Edit

Ver.1.2から実装されたスキルポイントの一種。
本来のレベルで得られるスキルポイントとは別に、【特訓スタンプ】を得た分だけスキルポイントを追加してもらえる。
詳しくは【特訓モード】を参照のこと。
遊び人以外の各職業で最大20ポイントずつまで追加することができる。

マスタースキルポイント Edit

Ver.2.1から実装されたスキルポイントの一種。【スキルブック】【真のダーマ神殿】にいる【スキルマスター】に渡すことで獲得できる。
レベルと特訓で得るスキルポイントが獲得した職業でのみ使えるのに対し、こちらはスキルブック1冊を得る度に全職業で1ポイントずつ使えるようになる。
また、ポイントの管理も別枠になっており、レベルと特訓による分がメニューから振って各種やりなおしの宝珠でリセットするのに対し、こちらはどちらも各地のダーマ神官に話しかけて行う。
神官でしか管理ができないものの、料金がかからず、一度振ったスキルポイントを1ポイントずつ戻してそのまま他のスキルラインに振ることもできるため、こまめに振り直す部分はマスタースキルを使うと効果的。

Ver.3.5前期 Edit

以前はスキルマスターに話しかけない限りマスタースキルポイントの振り直しができず、振り直しが面倒であったが、本バージョンで各地のダーマ神官でも可能になった。
ただし、スキルブックは依然としてスキルマスターに直接手渡さなくてはならない。

Ver.3.5中期 Edit

職業ごとにマスタースキルポイントの配分が記憶されるようになった。
転職すると、自動的にマスタースキルポイントの振り分け先が切り替わる。
アップデート以前からのユーザーについては「アップデート直前のログアウト時点の振り分け」が全職業のデフォルトとして記憶されている(例えば、戦士の「ゆうかん」スキルに振った状態でログアウトしていた場合、すべての職業で「ゆうかん」スキルに振った状態が記憶されている)。このため、アップデート後に各職業へ転職してから再配分する必要がある。
また、職業ごとにマスタースキルポイントを振り分けず余らせていた場合、転職時に警告されるようになった。

Ver.3.5後期 Edit

転職すると、その職業におけるマスタースキルポイントを含めたスキルポイントの振り分けが一目で分かるように表示されるようになり、マスタースキルポイントを振り分けず余らせていた場合の警告もされないようになった。

Ver.4.5前期 Edit

ストーリーをクリアするとキュルルから旅のコンシェルジュ経由でスキルブックが1冊もらえる。Ver.3.5前期以来実に2年ぶりの追加となった。
100以降は10区切りでスキル習得となる為、29と30の差は非常に大きいのでこの追加は実にありがたい。

Ver.5.0 Edit

新要素【極致への道標】の達成報酬として何と合計15冊も入手できる。
但し中盤以降は達成条件がかなり厳しく、最終的にはかなり高額な装備が必要になる場合も。
ただ、職業クエストを全部終了してるとそこからは10刻みになる上、現状ではレベル&特訓カンストだときちんと10の倍数になる為、全部取っても最終的に5は余剰分になる。
レベル1だけ全部クリアすれば余りなく振り分けできるのでいずれ必要にはなるとしても今焦って全部取る必要性は低い。
ただし、これはメインで使うスキルを全部200とする場合の話であり、後述のように一つを155で止めると残りをMAXにしても余りは15となり、マスタースキルが45あれば160にならとどくようになるのでやはり取れるならば極力取っておく方が良い。
 
これまではスキルポイントを全職業で共有していた為、マスタースキルは職業スキルに振り、使わない職業スキルのポイント分を他職で使う武器スキルにあてがうのが定石だった。
しかし、本バージョンでスキルポイントが職業別になったことで職業スキルはよほど特殊な理由(サポート仲間に使わせない為に【テンションバーン】を切る等)でもない限りMAX固定でよくなり、むしろ武器スキルの振り直しの方が重要となったため、武器スキルにマスタースキルを使う方が有効となった。
例えば、一つの職業で武器2種類を同時に使うことは無いがコンテンツによって使い分けたいという場合、その2種類の武器スキルに155ポイントずつ振って残りの45ポイントにマスタースキルを使う形とすれば、やりなおしの宝珠を使わずに無料で武器スキルをスイッチさせることができる。
今バージョン以降とそれ以前とでは職業スキルと武器スキルの立ち位置が完全に逆転したと言えるだろう。

職業クエストによるスキルポイント Edit

Ver.5.0のスキルシステム変更により新たに加わったもの。
各職業の職業クエストを1話クリアするごとに、その職業の全てのスキルラインに20ポイントずつ加算される。
職業クエストはどの職も5話まであるため、全てクリアすれば全スキルに100ポイントずつ加算されることになる。
この加算によりスキルポイントの上限を超えてしまう場合は、超えた分のポイントは返還される(マスタースキルが優先して返還される模様)。
 
これにより、スキルの割り振りの自由度が大きく増した。

仲間モンスターのスキルポイント Edit

仲間モンスターにも、こちらと同様にスキルポイントを得る。
得られるポイントはレベルアップでは、5の倍数では3、それ以外では1ポイントを得られる。
この他、転生やなつき度アップ等で得ることが出来る。
Ver.5.0時点でレベルアップで69、転生で80(11回目まで)、なつき度で10(なつき度300時)を得ることができ、合計すると最大159ポイントを得られる。

アンルシアのスキルポイント Edit

【勇者姫アンルシア】も、レベルアップによりスキルポイントを得る事ができる。
Ver.4時点での上限であるレベル60の時点で、98ポイントを得られる。

関連項目 Edit

【スキルポイント足りない問題】