亜大絶対殺すマン

Last-modified: 2021-12-07 (火) 21:20:52

元阪神タイガースのジェリー・サンズのこと。亜細亜大学出身の投手からよく打つことからこう呼ばれるようになった。亜大に親を殺された男などとも*1

経緯

2019年、阪神はAクラスに滑り込んだものの長打力の低さが大きな課題だった。そのテコ入れのため、メジャー通算92本塁打のジャスティン・ボーアを目玉に、前年獲得したジェフリー・マルテ、KBO打点王のサンズら外国人3人野手体制を構築した*2
そんな中でサンズは目玉のボーア、去年そこそこの活躍をしたマルテと比べるとあまり注目されず*3、また「KBOで活躍し入団」という点から「ロサリオの再来」を危惧する阪神ファンが少なからずいた*4
そのサンズはオープン戦・練習試合ではソフトバンクの東浜巨亜細亜大出身)から2打席連続ホームランなど計3本のホームランを放ったりしたものの開幕は二軍で迎えた。この頃は典型的なスラガガーであり「ロサンズ」呼ばわりされるなど全く期待されていなかった。
しかし開幕直後のチームは絶不調、特に外野陣は近本光司福留孝介髙山俊が軒並み大不振に陥ったこと*5、外国人枠の拡大やその座を争ったマルテの故障などから6月27日に一軍に昇格、即スタメン出場を果たした。

すると...

山﨑康晃

2020年6月27日 対DeNA(横浜スタジアム
阪神は3連敗中ながらボーアのタイムリーなどでシーソーゲームを続けたが、9回表を5-6の1点ビハインドで迎えた。
しかし山﨑も簡単に2アウトを取るもそこから制球が定まらず、阪神は四球を2連続で選んだところでこの日はここまで無安打のサンズに打順が回る。
するとサンズは山﨑の代名詞ともいえる亜大ツーシームを捉えて逆転3ランを放ち、阪神は逆転勝利を収めた*6

このあたりから亜細亜大出身者に強いという話題がなんJで出始める。

九里亜蓮

・2020年7月21日 対広島(甲子園)
1点をリードされた1回裏、先発の九里から同点ソロを放つ。5回にもタイムリーを放ち6失点KOさせ、完全に亜細亜大キラーとして認知される。

・2021年8月14日 対広島(京セラドーム)
1点リードの3回裏、先発の九里から追加点となる京セラ5階席に飛び込む18号ソロ、更に2点リードの4回裏、2打席連続今度は7・8階席に飛び込む特大の19号3ランを放つ。

その後のサンズ

その後は対亜大投手よりもむしろ極端な成績がクローズアップされるようになり、火曜日の成績*7得点圏打率*8などが話題になることが多い。また、先述の山﨑をはじめ、サンズの打撃によりノックアウトされた投手、あるいはホームランを浴びた投手は「サンズの川を渡る」などと言われるようになった。

そしてその得点圏打率の高さと勝負強さから、好不調の波が激しい大山悠輔に代わって4番に定着し、その大山やジャスティン・ボーアとともに近年の阪神に不足していた長打力を穴埋めする活躍を見せていた。なお大山が復調しホームラン王争いに絡むようになった*9頃からサンズは不振に陥ったため主に5番を打っていた。
その後は前半戦のような爆発力こそ鳴りを潜めたがそこそこ打ち続け、後半戦大不振に陥ったボーアとは対照的に残留を確定させた。

また、シーズンを通して行っていた謎のホームランパフォーマンス*10も話題となった。

2021年もマルテ、大山と共に打線の中軸を担い、前半戦は得点圏や勝負どころで打棒を振るい活躍した。
4月20日の巨人戦(東京ドーム)ではこの日プロ初登板の平内龍太(亜細亜大出身)からホームランを放ち*11、久しぶりに「亜大絶対殺すマン」がネタにされた。
しかし、後半戦は前年のボーアを思わせる大不振に陥り、メル・ロハスJr.*12らとの兼ね合いから一軍での居場所すら無くしてしまい高年俸と年齢もあり2021年限りで阪神を去ることになった。
数字以上にチャンスには非常に強く絶好調の時にはチャンス打率5割にも乗せたこともある。

味方の場合

チームメイトの高橋遥人も亜細亜大出身であり、怪我などで出遅れたものの2020年8月6日に今季初登板。7回を無失点に抑える好投を見せた一方、サンズは3打席2三振1四球であり活躍ができていなかった。しかし、高橋降板後即ヒットを放ち*13、なんJ民を大いに喜ばせた*14。なおこの試合サンズの守備機会はなく、拙守で味方を殺すということは起きなかった*15
その後も高橋の登板する日に活躍する傾向は続き、8月25日には高橋を援護するタイムリー(決勝点になった)を放ち、2人揃ってお立ち台に上がっている。9月1日には先制タイムリーとサヨナラホームランを決めこの日の全得点を挙げた(この時は高橋には勝ちはつかず)。
ちなみに阪神の現役野手では木浪聖也板山祐太郎*16が亜大出身である。

派生形

サンズ同様、特定のチームに非常に強い選手に対して「○○絶対殺すマン」と呼ぶ事がある。

一例


関連項目


*1 ちなみに「○○絶対殺すマン」という表現自体は汎用で、ネットでは「汎用性は低いが特定の何かに対して特攻を持ちカモにできる」ゲームキャラなどに使われる。
*2 MBS砲や3Jと言われたりした。
*3 人気ゲーム『UNDERTALE』の有名キャラクターと名前が同じということで少し話題になったりはしたが、当時はゲームキャラに比べて知名度が圧倒的に低かったため検索の際は注意する必要があった。
*4 ちなみにKBOでは2019年からボールを低反発化、今まで超打高だったリーグの状況が一変している。ただし特殊ストライクゾーンや投手の力量などは相変わらずなためボールのみでそこまで変わるのかという疑問もあり、後述の日本での活躍についても本人の力量によるものという意見も存在する。
*5 ついでに江越大賀も開幕から一軍にいたのだが、相変わらず当たれば飛ぶが全く当たらないという状態で専ら代走守備固め要員だった。
*6 ちなみに昨年もDeNAの10連敗期間中にハマスタで1点ビハインドで9回表2アウト、投手は山﨑、ランナー2人と似た状況から近本が逆転スリーランを打っており、それを思い出す阪神ファンもいた。
*7 2020年は特に他の曜日に比べて露骨なまでに成績が高く「火曜の男」などと呼ばれていた。日本での初サヨナラホームランも火曜日であった。一方なぜか木曜日の打率は低かった。
*8 一時的、得点圏打率は5割弱をキープしておりセ・リーグ屈指の勝負強さを誇っていた。しかし、9月末から大不振に陥りその後は三割台前半まで一気に下落。一時はリーグトップどころかチームトップから陥落したがその後若干復調し、最終的には得点圏打率.333(リーグ5位)と好成績を残した。
*9 10月中旬まではほぼ岡本和真との一騎打ち状態、その後は村上宗隆丸佳浩鈴木誠也も争いに加わり、最終的には岡本31本、大山・村上28本、丸27本、鈴木・ソト25本でシーズン終了。
*10 「腕を上げて手を顔の前で揺らす」というもので、名前は「ハッピーハンズ」とのこと。公式グッズも販売されている。
*11 しかもこれがこの日平内が浴びた唯一のヒット、かつこの日サンズが打った唯一のヒットであった。
*12 サンズとは韓国時代から面識があった。
*13 直後に代走を出されサンズ自身は退いたもののこの回阪神は7得点を稼ぎ試合を決定づけた
*14 なおこの日の中継(ytv・日テレ系)にも解説に赤星氏が名を連ねていた。
*15 サンズは守備に不安がある故基本的に深めのポジショニングを取っており、直前の2試合連続で前に落ちるポテンヒットを許していた。
*16 木浪の1学年上。ドラフト同期に髙山・坂本誠志郎青柳晃洋らがいる。2021年はサンズやロハスの守備固めもしくは近本にアクシデントが発生した時の代役として起用されていた。
*17 元々は松井裕樹(楽天)に対しての成績が突出していたが、2020年頃から2021年7月に退団するまで楽天投手陣全体に対して強い傾向を示し「メヒアは楽天の投手は全員松井だと思っている」などとネタにされた。