システム/仮死状態

Last-modified: 2018-04-16 (月) 01:28:57

一般的用語としての「仮死状態」

  • 呼吸や心臓は止まっているが実は生きていて、外見として死んでいるように見える状態。
    実は医学的にはこれといった基準はないらしく、
    呼吸や心拍が異常に低下して通常の状態では確認できない時のことを言うらしい。
    水におぼれたり体温が低くなったり、感電した場合になることが多い。
  • 最近のゲームや映画では仮死状態になる薬やガスがあるが、
    たいへん危険なのでもし現実で手に入れても使わない方が良い。
    もし仮死状態の人を見つけたら、すぐに病院に連絡をして
    心臓マッサージや人工呼吸などの処置をする必要がある。
  • かの伝説の傭兵もスネークイーター作戦などで仮死薬なるものを携行していた。
    こちらは敵兵を欺く用途があるのだが、なんと使用するとゲームオーバーになる
    これは演出の一種で「蘇生薬」を使用する事で復活できるが、仕様がわからないと慌てがち。
    なお、一定時間蘇生薬を使用しないと本当に死亡し、コンティニューするしかなくなってしまう。*1
    また、師匠であるザ・ボスには仮死薬の使用を見抜かれて、叩き起こされてしまう。
  • また、小型の哺乳類や爬虫類の行う冬眠に対してこの言葉をあてる場合もある。

モンハンにおける仮死状態

ハンターの場合

  • 何らかの状況によって空中で攻撃を食らい、そのまま体力が0となった状態。
    体力的には既に0ではあるが、着地して転がり終わって初めて力尽きたことになる。
    この間に仲間に生命の粉塵を使ってもらうとギリギリ生き残れる。
    • 力尽きたことになるタイミングは、実際はもう少し厳密に定義されている。
      これはMH4G以降大きな意味を持つことになる。詳細は後述。
  • この状態になるケースはかなり限られている。
    バリスタを使おうとして梯子を上っている最中にミラボレアスの攻撃を食らう、
    高台からジャンプした瞬間、飛竜が突進してくるなどの状況が考えられる。
    例外的にヤマツカミ吸い込まれた時はほぼ確実にこの状態に陥る。
    仲間がいない状態でこの状態になった時はほぼアウトだが、稀にオトモに助けてもらえることがある。
  • ちなみに、体力が無くなれば普通はうつ伏せの状態で「力尽きました」のメッセージが出るのだが、
    上に挙げたような状況の場合は仰向けのまま「力尽きました」と出ることがある。
    • 表情一つ変えず、目も見開いたまま力尽きるその光景は、少し怖い
      (ハンターに表情の変化があるPC版MHF-Gではこの力尽き方をすると目が閉じた表情になる)。
  • MH4ではジャンプ攻撃を迎撃された際にも発生するため、他の作品に比べてこの状態を見る機会は多い。
    MHF-Gの穿龍棍も、空中で致死ダメージを受けるとこの状態になる。
  • MH4Gからメインシリーズに導入された「起き上がりディレイ」を駆使することで、仮死状態の時間を延ばすことができる。
    そもそも仮死状態から正式に力尽きたことになる判定は、
    厳密に言うと"(もし体力が0でなかった場合に)地上で起き上がるタイミングになった瞬間"に行われるようで、
    起き上がるタイミングを遅らせることは、仮死状態では力尽きるまでのタイミングを遅らせることにつながるのである。
    すなわち広域効果による回復をより長い間受け付けるということになるので、
    特にPTプレイでは有用なテクニックとなるだろう。
    逆に起き上がりディレイをかけずにいる(スライドパッドを入力しっぱなし)と過去作より僅かながら早く力尽きることになるので注意が必要。
  • MHXではエリアルスタイルの導入により更に見る機会が多くなった。
    特に突進をジャンプで躱そうとして失敗する、
    体力がギリギリの時に大タル爆弾Gのエア回避起爆を失敗し爆風を受ける等すれば確実に見れる。
    半端な防御力で獰猛化モンスターの一撃などを貰うと簡単にこの状態になってしまう。
  • MHWでは廃止された
    空中でダメージを受けて体力が0になると即座に力尽きるため、
    仮死状態のハンターを粉塵等で救出、といったことはできなくなっている。
    • 空中で倒されると、通常の戦闘不能のようなカメラワーク演出がなされず、ボトリと地面に落ちて力尽きる。
      倒されたという実感がわきにくいが、画面が暗転してキャンプに運ばれる。

モンスターの場合

  • ヴォルガノスに似た姿をした覇種、アルガノス&ゴルガノス戦では、
    片方の体力が尽きると釣り上げられたガノトトスのようなモーションでビタンビタンと動き、
    そのまま相方も倒されるか覇種専用モーションで蘇生されるかという状態になる。
    この状態では倒すことも剥ぎ取ることも出来ないため、残った方に攻撃を集中させてクエストクリアとなる。
    ちなみに残った方は体力を0にして倒すことができるが、ビタンビタンとしている方は止めをさす必要がある。
    仮死状態でのとどめとして、投石やキックなどを行う場面を見かけることもある。
    (例として、最初はゴルガノスを倒して仮死状態→アルガノスを倒す→ゴルガノスにとどめ、という流れ。)
  • アルガノス、ゴルガノスは仮死状態時に部位破壊を行うことも可能。
    それぞれの武器に必要な素材であり、状況に応じて瀕死でも追撃するのも一手である。

*1 具体的には死亡時の「SNAKE IS DEAD」の表示が「TIME PARADOX」になるまで。