システム/仮死状態

Last-modified: 2021-10-21 (木) 09:48:22

一般的用語としての「仮死状態」

  • 呼吸や心臓が止まっていて死んでいるように見えるが、実際には生きている状態。
    溺れた時や体温が低くなった場合、感電した時など要因は様々。
    実は医学的には明確な基準はないらしく、
    呼吸や心拍が異常に低下して通常の状態では確認できない時のことを言うらしい。
    また、小型の哺乳類や爬虫類の冬眠の事を仮死状態と呼ぶこともある。

モンハンにおける仮死状態

ハンターの場合

  • 空中で体力が0になり、落下してから「力尽きた」という判定が発生するまでがモンハンにおける仮死状態とされる。
    体力的には既に0ではあるが、「力尽きた」という判定が発生するまでの間に
    他プレイヤーに生命の粉塵等を使ってもらうと生き残れる。
    • 「力尽きた」という判定が発生するタイミングは、"(体力が1以上ある場合に)地上で起き上がるタイミング"なので、
      4Gから導入された「起き上がりディレイ」を利用して仮死状態の時間を延ばすことが可能。
  • メインシリーズでは見ることが少ない状況であり、せいぜいヤマツカミ吸い込みに被弾した時だとか、
    梯子の昇降時や高台からのジャンプの時に攻撃された時になるくらいだった。
    シリーズが進むにつれて、MH4からのジャンプ攻撃やMHXのエリアルスタイルなど、仮死状態になる機会は増えていった。
  • ちなみに、体力が無くなれば普通はうつ伏せの状態で「力尽きました」というメッセージが出るのだが、
    仮死状態から力尽きた場合は仰向けのまま「力尽きました」と出ることがある。
  • MHW以降では廃止された
    空中でダメージを受けて体力が0になると即座に力尽きるため、粉塵等での救出は不可能。
    空中で倒されると、通常の戦闘不能のようなカメラワーク演出がなされず、ボトリと地面に落ちて力尽きる。
  • MHRiseでも空中で倒されてから地面に落ちるまでタイムラグはあるが、
    粉塵や広域回復は一切受け付けてくれず、落下後に力尽きてしまう。

モンスターの場合

  • 今のところ、仮死状態とされる状態が存在するのはアルガノスとゴルガノスのみ。
    片方の体力が尽きると釣り上げられたガノトトスのようなモーションでビタンビタンと動き、
    そのまま相方も倒されるか覇種専用モーションで蘇生されるかという状態になる。
    この状態では倒すことも剥ぎ取ることも出来ないため、残った方に攻撃を集中させてクエストクリアとなる。
    ちなみに残った方は体力を0にして倒すことができるが、ビタンビタンしている方は改めて止めをさす必要がある。
    また、仮死状態時に部位破壊を行うことも可能なので、在庫に応じて追撃するのも一手である。
    死んでいるようで死んでないという点では該当するが、アレは別物である