モンハン用語/ピアスバグ

Last-modified: 2019-07-09 (火) 16:44:44

MH3G(3DS版)にて起こる剣聖&増弾のピアスが入手不可能になるバグ
現在は修正プログラムにより対処がなされている。
後にWii Uで発売されたHDverでは修正されており、入手条件を満たせば取得が可能となっている。

概要

  • 今作の闘技大会において、全クエストを全武器種で制覇する事で
    剣聖増弾のピアスを入手したとの報告がされていたが
    同様にクリアしてもピアスが入手できないハンターが多数居たため、その真偽が疑われており、
    運良くピアスを入手できた有志による検証が行われていた。
  • HR解放が関係あるのではないかと囁かれていたが、
    ピアス入手の際の会話を動画付きで上げたユーザーにより、
    交易品で「団長船の強化材」を入手するとピアスが入手できなくなるということが
    2012年2月19日に判明した。
  • 更に、有志が闘技大会をクリアして入手フラグを立てた状態で
    団長船の強化材を入手したらどうなるか検証したところ、
    吹き出しが消えてピアスが入手不可能になったため、
    これがバグであり、原因は団長船の強化材の入手である事が確定した。
  • 原因はフラグ管理のミスによるものらしく、
    状況から推察すると「受付嬢と会話しピアスを入手し終えた」というフラグと
    「団長船の強化材を入手した」というフラグが被っていた、ということである。
    強化材を団長の分だけは放置することで回避は可能。
  • ちなみに、このフラグミスによるバグは他にも起きており、
    狩猟笛の生産関係では力尽きた回数と狩猟笛の生産数の変数が被っていたという事態が起きている。
    その為に少ししか作ってないのに突然100個作成!などとギルカに表示される事がある。
    また、防具のnew表示(素材を手に入れて店頭を見た時、新規作成できるようになったものにnewが付く)も
    狂っており、新しく増えた防具にも関わらずnew表示が無い
    リストアップ済みの装備にnew表示がつく等といったこともある。

カプコン及び関連各社の対応

  • カプコンはこの現象をバグと認めており、2012年2月23日に公式サイトにおいて、
    修正可能かどうか検証中とのコメントを出し、
    ピアスが欲しいハンターは団長船の強化材を入手しないよう呼びかけていた。
  • それから約3ヶ月後の5月16日に、ニンテンドーeショップにて「データ修正プログラム」が配布された。
    「希少交易」にて「団長船の強化材」を交換した状態で、
    全ての闘技大会クエストを全武器でクリアしたデータに使用すると、
    装備ボックスに剣聖のピアスと増弾のピアスが追加される。
    • しかし、「修正可能か検証中」との見解を出していたのはなぜか公式サイトのQ&Aコーナーであり、
      修正プログラム配布までトップページでもアナウンスやリンクによる誘導は行わなかった。
      また、3DSから接続できるダウンロードページでも
      バグの件や修正プログラム配布の件は一切説明は行われておらず、
      また、本件に関してユーザーに対する謝罪なども一切行われなかった。
  • カプコンが発行しているデータ集『モンスターハンター3知識書』シリーズのうち、
    『モンスターハンター3G鉄壁の防具知識書II』ではピアスについては触れられていない。
    過去のシリーズではピアスを普通に載せていたはずのファミ通による公式ガイドブックも同様である
    (ピアス取得のために必要な闘技大会の攻略情報は掲載されている)。
    一応過去にもジャンプコラボ装備などの特定のイベント装備を載せなかった例はあるのだが、
    今作の攻略本でピアスの情報が伏せられた理由は不明である。
  • 公式ガイドブックを出版しているエンターブレイン(ファミ通)も、
    カプコンから声明が出ているにも関わらず、『ファミ通』誌上で一切この件に触れなかった。
    だが、修正プログラムが配布された件は、その日のうちにそれを報じている
    詳しい事は分からないが、ファミ通にも色々と大人の事情があるのかもしれない。
  • カプコンは前作のMHP3でオートガードガンランス端材バグ仕様と言い切った前例もあり、
    バグと認めてきたのはMHP2Gの「右手に火輪、左手に月輪」やMHPの「一対の巨影」等である。
    前者はプレイヤー個人での問題(使うかどうかは人次第)であり、
    後者はプレイヤーでは対処しようもない(一応回避はできる)という辺りから、
    仕様とバグは区別しているようだが、これまでバグと認めながらも対応した前例はなかった。
    • しかし、実際のところバグを仕様扱いにして自らの非を認めないのはカプコンに限った事ではない。
      この話題についての詳細は本筋から離れるのでバグの項を参照してほしい。

ネット上での反応

  • バグの発覚はネットを介して、凄まじい速度でハンターの間で広まっていった。
  • 「団長船の強化材」は序盤で簡単に入手できる(交易品としては最も手に入りやすい☆1)であるため、
    施設拡張を最優先で行う傾向の強いシリーズ経験者のみならず、初心者もとりあえず強化している事が多く、
    原因は分かっても手遅れというケースが大半であり、ピアスを求めるハンターたちを落胆させた。
  • ピアスを諦めるハンター、新たに2ndキャラでやり直すハンター、
    修正パッチや救済クエの配布を求めるハンター等も多く、物議を醸した。
    • パッチの救済に関しては、ゲームそのものからバグの除去を行うことは不可能とみられているが、
      セーブデータの一部書き換えで対処することは理論上可能とみられていた。
      実際、修正プログラムもこの方式と思われる。
      バグ発覚後は3DSでパッチが可能かについても疑問視されていたが、
      4月25日に行われた3DS本体のアップデートでパッチの配布が可能となり、
      重篤なバグが発覚していた他の大手メーカー製のゲームにパッチが用意される事が発表された。
      そうした状況の中でもカプコンからの反応はなしのつぶてであった事から対応が不安視されていたが、
      2012年5月16日に無事に対処が行われた
  • 2chのピアス関連スレでは、このバグを知った全国のプレイヤーから、
    カプコンの杜撰なデバッグ体制に対して批判が集まった。
    また、バグ発覚後の告知が公式サイトのQ&Aコーナーでしか行われていない事や、
    公式ガイドブックからもピアスの情報が外されている事に関して
    自分たちに不都合な事実の隠蔽を図っている
    バグによる被害拡大の阻止よりも己の保身を優先している」と非難するプレイヤーもいた。
    だが、修正パッチの配布が行われると状況は180度変わり、
    修正を評価する意見や対応に安堵する意見に置き換わっていった。
    • しかし、対応されるまでの約3か月間、経過報告が全く無かった事に対する憤りや、
      上記の“情報隠し”ともとれる行動から、依然としてカプコンへの不信感がぬぐえないとする意見、
      カプコンの対応をあてにせず2ndキャラでやり直して二度手間となった者、
      腹立ちまぎれにソフトや3DS本体を売った者からは「もっと早く対応してほしかった」
      という意見も多く出ており、対応されても円満解決とは言い難かった。
      • もっとも、リスクマネジメントの観点からいえば、
        本件における一連の対応はプレイヤーの心象悪化を避けられないものであったので、
        カプコンが評判を落としたのは自業自得ともいえる。
        せめて、こまめに経過報告だけでもしていれば結果も違ったと思うのだが…。

関連項目

モンハン用語/お守りテーブルバグ - こちらにも装備品が入手不可になるバグが確認されている。
防具/ピアス