武器/モノブロスクラブ

Last-modified: 2019-03-27 (水) 11:18:37

概要

  • モノブロスの真紅の角を加工した赤い棍棒型の剣。
    切断面から炎の刃が噴きだす。
  • クギバット系列の片手剣の一つ。
    ただし、初期のシリーズのみ系列が全く異なり、火属性を持つ。
    ちなみに亜種素材の水や氷属性の武器は存在しない。
    • MH2以降は単なる無属性片手剣になっており、
      テキストも「一角竜の魂が想像を越えた威力を生む」という別のものに差し換わっている。

性能

  • 一応火属性を持つものの、性能自体はレッドサーベル系統に一段劣る。
    生産段階のクリムゾンクラブはリオレウス撃破前に手に入るのが一番の強みか。
  • 初期のシリーズでは斬れ味が黄色しかなかったり、ひどいナマクラであることが多かったが、
    MH2で無属性化してからは斬れ味(とついでに会心率)が良くなっている。
  • MH2で属性を失ってからはクギバットの下位互換という悲しい立ち位置に甘んじていたが、
    MHP2GではついにG級版のモノブロスクラブGが生産可能になった。
    …とはいえ、同じG武器のクギバットGが同攻撃力ながら時の斬れ味紫が長く、スロットも備えているので
    やはりここでもクギバットの下位互換なのだが。
  • モノブロスが復活したMH4Gにて堂々の再登場。
    旅団上位のモノブロスを倒すことでクリムゾンクラブが作成でき、そこからモノブロスクラブへと進化する。
    が、やはり本作でもG級中盤からディアブロスの素材を組み込むことで最終的にはディアブロス剣の
    リベットクラブ、そして黒呪剣アニマになってしまうためはっきり言って影は薄い。
    しかし、主にこいつのせいでアニマの影も非常に薄いことは内緒。

関連項目

モンスター/モノブロス
武器/モノブロス武器
武器/黒呪