Top > 武器 > G武器
HTML convert time to 0.004 sec.


武器/G武器

Last-modified: 2017-10-21 (土) 19:26:06

概要 Edit

  • G級クエスト以降で生産できる、名前の最後に「G」と付けられた特殊な武器のこと。
    シリーズによって若干意味合いが異なる。
  • G級素材で作成できる通常の武器もまとめて、G級武器と呼ぶ場合があるが、これはあくまで通称であり、
    システム的に「G級武器」と分類されるのはMHFに存在するものだけである。
  • なお、MH3GやMH4GにもG級クエストはあるものの、
    G武器に該当するような特殊な生産武器はなく、一般的なG級最終武器のみとなる。

MHG Edit

  • いくつかの武器には「~G」といった名称が付く。大きく分けて3通り存在する。
     1.Gオリジンウェポンから派生する武器の初期段階の「アイアンソードG」「ボーンランスG」等。
     2.既存武器と同デザインだが高性能の一発生産品である「ジークムントG」「ジークリンデG」。
     3.既存の武器の強化派生系である「ニンジャソードG」「ポリタンG」等。
  • いずれも既存武器を上回る威力と斬れ味を誇る。
    ただし、作る為にはネットワークモードのG級まで昇格しなくてはならない。
  • MHPにおいては、武器派生系統の整理によって1の武器は消滅。
    2についても一発生産ではなく派生強化という形になり、3のパターンのみになった。
    以降の作品においても、派生語に「G」が付くパターンは時々見かけられる。

MHP2G Edit

  • ウカムルバス討伐後に生産できる武器の一種。基本的に名称は「~G」となる。
    特徴としては「上位までの武器の見た目をそのままに、攻撃能力をG級相当に引き上げたもの」である。
    ゲーム序盤の無属性武器、上位で強化が打ち止めになってしまった武器、果てはネタ武器など、
    基本的にほぼ全ての武器グラフィックを網羅しているため、見た目重視の人にはオススメ。
    旧シリーズも含めてのファンサービス的な要素の強い武器群である。
  • 名称は基本的に元になった名前の後ろに「G」が付くが、
    例えば「ポリタン」は「ポリタンG」という派生先(見た目も異なる)がもともと存在するため、
    「ポリタンと同デザインのG武器」の名称は「ポリタンオリジナルG」になってたり、
    ノーブルフレグランス」が字余りで「NフレグランスG」になっている等の例外もある。
  • 一部を除いて一般的なG級最終武器より若干低めの性能に仕上がっている。
    値段は剣士武器は一律100000zで、ライトボウガンは5000z、ヘビィは10000z、弓は75000z。
    生産に下位・上位素材を大量使用するケースが多く、元の武器のランクが低い程その傾向は強い。
    なお、全て一発生産であり、強化・派生先は存在しない。
    • しかし、多少の性能と引換えにレア素材が絡まない武器もあり、妥協案や最終武器への繋ぎとして
      使うのもいい。勿論見た目や防具との兼ね合い重視でこちらを愛用してもいい。
      ただし最終武器に比べて性能の認知度が低いため、他のハンターの了承を得た上で行うのが最善だろう。
  • なお、これを50種類(重複不可)生産することで「お得意様カード」という勲章を得ることができる。
    前述の通り素材消費が激しいので、人によってはトンカチより辛いかもしれない。

余談 Edit

  • MHX・MHXXでは武器の強化システムがレベル制になり、
    生産時から最後まで見た目が一切変わらないまま上位、G級の性能に強化される。
    下位で使っていた武器の見た目をそのままにG級でも活躍させることができるという点ではG武器に通じるものがある。
    • 過去作では強化で見た目が変わっていた武器は、派生武器として独立している。
      ものによっては過去作では強化前だった武器の方が強化後だった武器より使いやすいこともある。
    MHXXのG級の武器の最終段階は説明文が全ての武器でほぼ共通だが、
    この点も説明文が共通になっているG武器に似ているかもしれない。
    そんなところを真似しなくてもいいのに…

関連項目 Edit

システム/G級クエスト
武器/G級武器