登場人物/発掘マニア

Last-modified: 2017-08-08 (火) 07:56:11

概要 Edit

  • MH2に登場したNPC。何かを掘り当てる事よりも「掘ること」そのもの、
    本人曰く「究極のひと掘り」に意義を見出している変わり者。別に変な意味ではない。
    各地を転々としつつ、ありとあらゆる発掘現場を巡ってきたと話しており、
    採掘に対する情熱は並大抵ではないようだ。
  • ジャンボ村の廃坑道に目をつけ、村が発展するとやってくるのだが、
    野良メラルーに手持ちのピッケルをすべて盗まれたために坑道でぐったりと座り込んでいる。
  • そんな訳なので普段の彼は無気力そのもので、話しかけた時の反応が「あぁ…」と溜め息まじりである。
    彼にピッケル(ボロでもいい)を渡すと嬉々として坑道の岩盤を掘ってくれるのだが、
    骨系アイテムや鉱石系アイテムひとつと引き換えにピッケルがなくなってしまう。
    しかし、発掘が進むとナナ・テスカトリ出現条件である「古塔の断章」のひとつや、
    ラオシャンロン出現条件である「朽ちた龍剣」を掘り当ててくれるので、
    ゲームを進める上でけっこう重要である。
    • とはいえ、まさか坑道から重要な書物の断片巨大龍の頭蓋や剣が出てくるとは
      いったい誰が想像したであろうか…
      というかこの坑道、昔は何に使われていたのだろうか?
      • 坑道の前にいる情報通の村人によると、
        とあるハンターと巨大龍がはるか昔に決着を付けた地である」だとか、
        「大昔に大規模な落盤事故が起こって、今でも夜になると亡くなった作業員たちの霊が現れる」とか、
        「ある寒冷期に燃石炭売りの少女が坑道の前で、燃石炭を握りしめたまま冷たくなっていた」など、
        様々な噂が流れているらしい。
        …なんだか、どれもどこかで聞いたことがあるような話である。
  • MHP2(G)では火山のガミザミに手持ちのピッケルを全部折られたために、復讐としてガミザミ討伐を依頼する。
  • MHXでもクエスト依頼人として登場する。
    今度は雪山に掘りに来たが、獰猛化したドドブランゴに遭遇、
    例によってピッケルを壊されそうになったため憤慨し、ハンターに狩猟依頼を出す。
    • 余談だが、件のクエストの依頼文には「《究極のひと堀り》」と書かれている。
      おそらく構成ミスかチェック漏れによる誤記なのだろうが、
      もしかして本当に《究極のひとり堀り⦆を追求しているのだろうか?
      なお、この依頼文はMHXXでも変更や修正などはされていない。

余談 Edit

  • どことなく、のちのコレを思わせる人物ではあるが、
    本人は掘ることそのものを楽しんでいるため、炭鉱夫のそれとはやや趣は異なる。
    こういう炭鉱夫もたくさんいるって?そいつは気のせいだ。