Top > 【いっかくうさぎ】


【いっかくうさぎ】

Last-modified: 2019-07-04 (木) 18:09:48

概要 Edit

一角兎。
名前の通り額に一本の角が生えたウサギのモンスター。英語版での名称はバニーとユニコーンをかけた bunicorn。
色違いには【アルミラージ】【ブラバニクイーン】【ゴールデンコーン】がいる。
初登場作品のDQ3では全てひらがなで「いっかくうさぎ」の表記で登場していたが、DQ5以降の作品ではカタカナを含んだ「いっかくウサギ」の表記で定着している。
 
初登場時に名前が全てひらがな表記だったのは、当時は一部のカタカナが使用できなかったためだと思われる
他のモンスターを見てみると、FC版の時点ではカタカナの「ウ」が使われていないことが分かる。
全てのカタカナが解禁された後続の作品では、読みやすさなどを考慮して表記が変更されたのだろう。
 
全くの余談だが、「とにかく」「ともかく」「とにもかくにも」は「兎に角」「兎も角」「兎にも角にも」と書くこともあり、名前の発想はここにあるのかもしれない。

DQ3 Edit

【レーベ】周辺や【ナジミの塔】など序盤に出現する。
FC版では最初の橋を渡ったすぐ上の森にも出現する。
【おおがらす】に毛が生えた程度の強さだが、4匹グループにLv1で遭うとちょっと危険。
HPがおおガラスよりさらに高いので、レベルが低いうちは【勇者】【戦士】が殴っても一撃で倒すのは難しい。
それどころか、【魔法使い】【メラ】を唱えても倒しきれないことがままある。
 
落とすアイテムは【やくそう】(1/16)。
かなり確率が高いので【おおありくい】【かわのぼうし】を狙ってレーベ周辺や【岬の洞窟】で狩りまくっているとジャンジャン手に入ることもあるが、この時期で【ドロップアイテム】を狙って乱獲というのは珍しいので経験者は意外と少ないかもしれない。

小説版 Edit

【ロマリア】【格闘場】で登場。【おおありくい】【アニマルゾンビ】【バブルスライム】と対戦する。
おおありくいと組んでアニマルゾンビを始末するが、直後におおありくいと仲間割れの末に共倒れとなる。

モンスター物語 Edit

【キメラ】族の誕生経緯を描いた『合成魔獣異聞』の冒頭で合成魔獣の一例として挙げられている。
サイの力とウサギの繁殖力を兼ね備えることを期待されていたが、出来上がったのは単なる角のついた大きな兎に過ぎなかったと語られた。

DQ5 Edit

幼年期の【サンタローズの洞窟】【アルカパ】周辺に出現する。
サンタローズの洞窟では地下2階に出現する。ゲーム開始直後ではやや強敵なので注意。
【強化攻撃】であるトッシン攻撃を覚えたが、耐久力は低い。
【かわのぼうし】を落とすことがある。落としたらちょっぴりお得。

DQ7(リメイク版) Edit

【Vジャンプ強者への試練】(スマホ版は「強者への試練」)で登場。近年の作品だがウサギの表記は平仮名である。
能力はすべて低く通常攻撃しかしないので簡単に倒せるだろう。
戦闘中たまに後ろ足で耳の後ろをかくしぐさをする。かわいい。

DQ8 Edit

【トラペッタ地方】に出現する。
異変前は中央部の平地以外に分布し、平地では昼間のみだがどこも出現率が高い。
然し終盤は事態が変動し、まずは他のモンスターの生態系への乱入の煽りを食らって出現率が減少。
東部の平地では完全に姿を消したが、代わりに中央部の平地に僅かながら昼間限定で出現し、中央部の森では昼間の出現率が少しUPするように。
 
攻撃力、HP、素早さが高めで、森に早い段階で突っ込むと後悔させてくれる。
西側では森だけでなく平原にも出るので、【ステテコパンツ】を回収する際はご注意を。
通常枠でかわのぼうし(1/64)、レア枠で【うさぎのしっぽ】(1/128)を落とす。
最序盤なので、かわのぼうしを落としたら嬉しい。すぐに主人公を【バンダナ】から強化してあげよう。
時期的に装飾品が殆ど無い頃なので、うさぎのしっぽもすばやさ+2とはいえ入手できたらラッキーである。
尤も、確率は両者ともかなり低いので、狙って手に入れるのは難しい。

DQ10 Edit

テンションをためることを覚えたが、序盤の雑魚であることは変わりない。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

名前表記が「いっかくウサギ」になっている。
主に【デルカダール地方】に出現する。3DS版では、異変前の【名もなき地】【デルカダール地方】東、【ネルセンの宿屋】東)にも出現する。
この時点では若干攻撃力が高い上ちからためも使ってくるので、油断しないように。こちらが強いと逃げることも。
PS4版だとフィールド上で数匹で集まって談笑している光景が見られてかわいい。
 
上位種のアルミラージ同様、レアドロップで【うさぎのしっぽ】を落とすため、やりこみ派のプレイヤーは最終的に兎狩りに勤しむ。
ちなみに、通常ドロップは【皮のぼうし】
 
【連武討魔行】壱の試練では「デルカダール四獣士」の一員として登場。
やはり凄まじくステータス強化されており、【フロッガー】のたたかいの歌で攻撃力が上がった上に力をためての攻撃が来ると危険。

強ver Edit

世界に異変が起きた後のデルカダール地方に出現。凶暴化した【強モンスター】の名に恥じず、逃げなくなっている。3DS版では【名もなき地】(通常版と同じ場所)にも出現する。
 
【ネルセンの迷宮】の個体も行動は変わらないがこちらは何故か逃げる。

DQMJ3 Edit

モンスターズでの出番はアルミラージに譲っていたがついに参戦。ランクはEと、こっちの方が上位種。
アルミラージに物質系を配合すると作れる。
更にこいつに【ゴールドマン】を配合すれば【ゴールデンコーン】ができる。
 
特性は【スモールボディ】【きぶん屋】【にげあし】
+25で【カウンター】、+50で【こうどう きぶん次第】、+100で【スモールキラー】
メガボディ化で【AI1~2回行動】、ギガボディ化で【まれにハイテンション】、超ギガボディ化で【いてつくはどう】を習得。
スキルは【ビーストフォース】

スラもり Edit

しっぽ団の一員として登場。【ノッケの森】【ノッケの森のおく】に出現する。
普段はそこら辺を跳ね回っているが、主人公を見かけると一直線に突っ込んでくる。
素早い上にHPが4ポイントと多く、所見では少し手こずるかもしれない。
壁にぶつかると角が刺さって抜けなくなり隙だらけになるので、その間に逃げるなりスラ・ストライクを溜めるなりすると良い。
ノッケの森ではももんじゃ二本兵がこいつをパンチで殴り飛ばしてきたり、ノッケの森の奥では逃げ場のないフロアで大量に出現したり、トロッコから運ばれてきたりといった奇襲要員も兼ねている。
その際、満面の笑みを浮かべながらジャンプしてくる。かわいい。
 
ちなみに、上記のパンチでぶっ飛ばされる場面がこいつの初登場である。あんまりではないだろうか。
ミニゲーム「ドキドキツボくらっしゅ」の上級コースでハイスコアを取るには、こいつを上手くおびき寄せ、ツボを壊してもらう必要がある。

スラもり2 Edit

ひき続き登場。【ノッケの林道】に出現する。
だが、勇車が無い時点ではロープが降りていないため、遭遇できるエリアに行けない。
扉を開く仕掛けを作ったドラキー(やたら自信満々)に「子供騙しだピョン」と言い捨てるイベントも。
 
イベント後、この扉の仕掛け付近ではコイツが三匹も居る。
よって三匹背負う→ワープ井戸に入りトロッコに全部乗せる→ワープ井戸に入ると復活しているのでまた三匹背負う…と繰り返せば簡単に100匹集めることができる。 
勇車バトルでは【しんにゅうして こうげき!】【テキせんしゃに ダメージ!】を命令できる。
だがテキせんしゃにダメージ!は威力はたったの15、しんにゅうしてこうげき!は【プリズニャン】等のほうが性能がいい。
終盤まで使い続けるのには深い愛が必要である。
仲間にする際、とても重いことを言われる。いっかくうさぎのファンは必見である。
なお、二本兵はアルミラージのカラーリングが使われている。
 
スーランの城下町に送ったこいつに話しかけてみると、
「あらごきげんいかがピョン?天気もよくって気もちがよいピョン」と返答する。
突っ込むという攻撃方法にしては、意外にお上品な性格をしている。 
スラ・ストライクをぶちこむと、「おねがいですピョン。そんなことなさらないでくださいピョン」と言う。かわいい。
 
ちなみに、勇車バトルの開始時や命令変更時に耳でポーズをとる。とてもかわいい。

スラもり3 Edit

【ナン・ダ・ベーいせき】【モジャパンじょう】に出現する。
HPが1ポイント減り、攻撃スピードも下がってしまった。
船バトルでの作戦は前作と同じ。
飛んでいくスピードが早いので、若干進入が成功しやすい。
テキせんしゃにダメージ!が、船の攻撃性能を強化する事により、威力が上昇するようになった。
これで名誉挽回かと思われたが、その作戦主体なら確実になかまになる【ミイホン】がいるのでわざわざコイツを集める必要はない。
それでも使いたいのであれば、自動装てんされる弾除けとして使うとよい。ミイホンやモーモンなどとあわせて敵のタマを防ぎつつ、主人公がタマを撃ちまくるという戦法も面白いだろう。
 
また、性格はお淑やかな感じから、姉御肌な口調に変化した。

DQMB2L Edit

【レジェンドクエストV】の一章で登場。
色は体毛が白で耳がピンクで、普通のウサギに近い。
「きゅうしょ突き」と「デイン」を使う。勇者と組んだ【アルミラージ】と同じ。
思わぬダメージを受けることがあるので、【セラフィムのローブ】を装備しておくと良い。
お供に【おばけキャンドル】【メラリザード】がいるので、炎と雷に耐性のあるメンバーで挑もう。

DQB Edit

1章と3章に登場。好戦的ではなく、こちらからちょっかいを出さないかぎりは襲ってこない。
力を溜めた後に突進してくるが、壁にぶつかると角が刺さって動けなくなる。
 
倒すと基本的に【生肉】を落とすが、2016年3月3日のパッチ更新で【やくそう】の材料である【くすりの葉】を落とすようになった。

DQB2 Edit

【オッカムル島】や、オッカムル島クリア後の【からっぽ島】【ゴロゴロ島】に出現する。前作同様、力を溜めた後に突進してくる。
 
前作と異なり触れるだけならダメージを受けないので側面を取るように戦うと楽に倒せる。
 
倒すと生肉や【わた】を落とす。前者はペットの幸福度を高めるために、後者は【じゅうたん】【タペストリ】などで必要な中間素材として需要が高い。【トゲわな】を置けば非常に倒しやすいことも相まって、オッカムル島やからっぽ島にトゲわなを置いて生肉とわたを自動で稼ぐトラップを作っているプレイヤーも少なくないのでは。

アベル伝説 Edit

序盤に登場。【ムーア】に率いられアリアハンの城を襲撃する。
木製とは言え、城門を角で突き破る。
少し細身だが人間よりもデカく、熊ぐらいの体格。