Top > アイテム > 大竜結晶


アイテム/大竜結晶

Last-modified: 2019-02-04 (月) 19:03:23

MHXにて登場した素材アイテム。「だいりゅうけっしょう」と読む。

概要 Edit

  • 名前だけ見ると何のモンスターから獲れるのか少々分かりづらいが、
    この素材の持ち主は巨大な(超大型の)(ではない)…
    すなわち、覇竜アカムトルム及び崩竜ウカムルバスである。
    世界観上、お互いに対となる存在とされている両者だが、ここにきて両者の共通素材が登場することになった。
  • 説明文によると、「時には玲瓏たる白き神気を、
    時には絢爛たる黒き神気を立ち上らせる」という不思議な性質を持つという。
    しかしそのアイコンは氷結晶などと同じ薄い水色
    恐らくこれがどちらの神気も立ち上っていない素の状態の色だということだろう。
    • 「玲瓏」も「絢爛」も共に実生活ではあまり聞き慣れない言葉だが、
      どちらも「どう光り輝いているか?」を表す語であり、
      前者は「透き通るように鮮やかに輝く様」、後者は「目が眩むほど煌びやかに輝く様」といった意味がある。
      白き神と黒き神の甲殻の艶光りをイメージしたものだろうか。
  • アカムトルムとウカムルバスが登場する集会所★7のクエスト「獄炎に座す、覇たる者」・「絶対零度」では、
    この大竜結晶1個が確定報酬として入手できる他、
    基本報酬やサブターゲット報酬で更に手に入る可能性もある。
    更に両者の背中や腹の部位破壊報酬や落し物としても入手が可能。
    剥ぎ取りでは絶対に入手できないが、対象のクエストを回せばザクザク貰えるので
    入手に困ることはまずないと考えてよいだろう。
  • 主な用途としては、各アカムト武器ウカムル武器のLV3への強化に3つ使用するほか、
    ナルガ武器ドボル武器、ヒーローシリーズの武器や煌竜剣といった無属性武器の強化にも使用する。
    他にはアカムトRシリーズの生産に各パーツ一つずつ。
    また、カテゴリ素材としてアカムトルムとウカムルバスのどちらとしても扱われる上に、
    売却額がそれぞれの固有素材よりも安い*1ため強化の際に必要なポイントを満たすのに適している。
    それでも1個4300zとソコソコの値段で売れるので、余った場合は金策に使えなくもないが、
    金策なら大半のハンターのBOXに溜まっているであろう本業副業の副産物を売り飛ばした方が早いのは言うまでもない。
    また、モンスターの狩猟で金を稼ぐ場合でも金策に使われるのはもっぱらオストガロアの素材である。
  • MHXXではG級版の『巨竜結晶』が登場した。
    究極の結晶とまで評されるこちらは、触れた者は神の如き力を得るという。

関連項目 Edit

モンスター/アカムトルム
モンスター/ウカムルバス






*1 覇竜の上鱗は除く