武器/ヘビィディバイド

Last-modified: 2021-03-30 (火) 09:06:55

MHP3から登場した、ドボルベルクの素材から作られるスラッシュアックス。
減気ビンが装着されており、剣モードの際にはモンスターのスタミナを奪う事が可能である。

目次

概要

  • これだけだと特に語る事も無く終わりそうだが、
    このスラッシュアックスの特筆すべき特徴は他に例を見ない変形機構である。
    スラッシュアックスは斧モードから剣モードへと変形する武器だが、
    製作時に表示されているこの武器の外見は凹凸の付いた球体に斧の刃が一本生えているだけであり
    どう見ても変形の余地が無いただの片刃の斧である。
    しかし、いざ実際に変形させてみると驚く事になる。
    • 変形の際に斧の刃が鍔まで降りてくるところまでは普通のスラッシュアックスと同じだが、
      反対側に収納された刃が存在しないこのスラッシュアックスの場合、
      何と柄が伸びて先端の球体の凹凸から鋭い棘が飛び出してくるのである。
      どう見ても剣と言うよりメイスモーニングスターである。
    • 過去作に似たような構造のハンマーがあったが、
      これはスラッシュアックスなので尻尾を切断することが可能である。
      しかしこんな構造なら別に減気ビンが付いていなくともそのまま殴ればスタミナを減らせそうだが
      残念ながらやはりビンの中身が無くなると斧モードに戻ってしまう。
    • ちなみに、頭部を攻撃すればスタン値が溜まる…あれ、この武器一体…?
      とはいえ単体でスタンは取れないと言って良い蓄積値であり、
      そもそも減気蓄積時のみしかスタン値が溜まらないのでほぼネタである。

MHP3

  • ドボルベルク素材から一発生産するほかに、竜姫の剣斧からの強化でも作成可能。
    竜姫の剣斧系は唯一の毒属性スラッシュアックスでドボルベルク狩りに向いているため、
    一発生産した方がいいかも。
  • ヘビィディバイド改経由で強化すると「山潰グリュンハルト」になる。
    無属性のままだが非常に攻撃力が高くなるのが特徴。減気ビンの効果も少し強化されている。

MH3G

  • 今作ではドボルベルク亜種の登場に伴い、山潰グリュンハルトから
    地割ハルトシュラグン→震剣斧ナイノカミへと強化される。また、刃の形状が少し変わる。
    最終強化形の「震剣斧ナイノカミ」は、斬れ味レベル+1で紫が40も付き、
    攻撃力は1242とエクリクシー開陽などの上位陣を上回り、
    剣モードでは減気属性値が280付くなど、性能は決して見劣りしない。
    だが、斧モードではグラバリタ、剣モードではKNDが性能で勝り、
    総合的な性能では、やはりエクリクシーや開陽に一歩劣る。
    挙句の果てにビンが減気ビンという理由だけで敬遠され、倉庫番に甘んじていることが多い。
    せめてビンの発動確率が1/3という仕様でなければ他のビンも救われると思うのだが…
    あえて運用法を見出すなら、斬れ味レベル+1の他、抜刀術【力】KO術、スタミナ奪取といった、
    減気に特化したスキル構成で固め、相手を素早く疲労状態にして攻勢を強める戦術をとるのが有効か。
  • 3Gにおいて、次段階であるヘビィディバイド改への強化に尾槌竜の尾骨×5を要求されるが、
    この素材は逆鱗等と同じく下位ランクにおけるレアアイテムである
    (上位クエストでも出るが、どちらにせよ出にくい)。
    そのため適正ランクのハンターがいざ強化しようと思っても、5個持ってこいというのはなかなかに苦行。
    G級ハンターが武器コレクション的に作成しようとする場合でもここで足踏みさせられたりする。

MHX

  • ドボルベルクともども登場。今作では上位からの登場となる。
    ベルダーアックスのLv6からの派生でのみ作成可能で、最終強化型は山潰グリュンハルト。
  • 性能は攻撃力220・会心率0%・素青40匠で白40・スロ1・減気ビンとなっている。
    要するに3rdと全く同じである。
    ただ今作では3rdの頃より全体的に武器の攻撃力水準がやや上がっており、
    トップクラスの攻撃力というほどではなくなってしまっている。
  • 素材元が上位からの登場なうえに、その次の強化には金銀火竜の素材を、
    そして最終強化には大竜結晶が必要…と攻略用としてはどうにもならず、
    最終候補としてもビンが減気ビンの時点で…
    使い手の愛を試されることになるだろう。

MHXX

  • 究極強化は嶺潰グリュンフェストとなる。
    • 優秀な攻撃力340
    • 蓄積値に優れた減気ビン45
    • 属性や会心率は無い
    • 白40、斬れ味+2で紫20
    • スロットはひとつ
    と、スペックは中々優秀だがいかんせん減気ビンでは…
    と思うかもしれないが、ここにきてまさかの大出世を遂げることとなる。
  • 今作では減気ビンを含む状態異常ビンが変形斬りと属性解放フィニッシュで確定蓄積を起こすようになり、
    その両方が強化されるブレイヴスタイルと相性が良いため、実用性が大きく上がった。
    ブレイヴスタイルと剣鬼形態を組み合わせ、属性解放二連フィニッシュを連発しようものなら
    モンスターによってはものの数分で疲労させることも可能、そこから落とし穴や閃光玉などで長時間拘束し、
    持ち前の攻撃力を活かした斧ぶん回しでダメージを稼げば、
    強撃ビン持ちにも引けを取らない活躍が出来るだろう。
    もちろん、優秀な斧で立ち回りつつ隙を見て剣で殴り、生存性と機動性を取りそろえたブシドースタイルも
    この武器を使うための採用候補として並び立つ。
  • とは言ったもののやはり減気ビンの特性上、
    古龍(クシャルダオラ除く)や獰猛化モンスター相手にはなす術がないので、
    そこは素直に他の武器へ出番を譲ろう。
    特に獰猛化モンスターは剣鬼エネチャループの維持がある程度現実的な選択肢になりえるため、
    強撃ビンとの差は大きく開いてしまう。
  • そして相変わらずスタン値はお察しである。
    こればかりは確定蓄積しようがどうしようもないので諦めよう。

MHXR

  • 通常種のヘビィディバイド、亜種の地割ハルトシュラグンが登場。
    加えて、特殊種であるドボルベルク峰爆種の物も実装されている。属性は全て土属性。
  • 峰爆種武器である爆断斧ゴンドワナ(☆5)は、
    原種武器をベースした形状に、濃い赤銅色のカラーリングに変化しており、
    刃先が赤熱化しているのが特徴。

余談

  • オトモ武器である「ドボルネコアックス」はヘビィディバイドをモチーフとしており、
    オトモ用に小さく、簡略にした感じの見た目になっている。
  • 一般にドボル武器の銘にはドイツ語が使われることが多いが、
    「震剣斧ナイノカミ」だけは日本神話の地震の神「なゐの神(地震神)」からとられている。無いの? 紙
    震剣斧地震神……どれだけ地面を揺るがしたいのかとツッコミたくなってくる。
  • 『爆断斧ゴンドワナ』の「ゴンドワナ」は、プレートテクトニクスにおいて、
    遥か過去に存在したと考えられている超大陸「ゴンドワナ大陸」が由来と思われる。
    「ゴンドワナ」とは、サンスクリット語で「ゴンド族の森」を意味する。
    • 現在のアフリカ大陸、南アメリカ大陸、インド亜大陸、南極大陸、オーストラリア大陸や、
      アラビア半島、マダガスカル島を含んだ、巨大な一つ大陸だったらしく、
      約2億年ほど前から分裂を始め、中生代白亜紀末(6500万年前)には、
      アフリカから南米、南極、インド、オーストラリアの各プレートが離れたとされている。

関連項目

モンスター/ドボルベルク
モンスター/ドボルベルク亜種
武器/ドボル武器
モンハン用語/斧