武器/ロスカグレモス

Last-modified: 2020-01-24 (金) 21:37:34

MH3Gにて初登場したガンランス。
ボルボロスの素材を贅沢に使って作られている。無骨な槍身が特徴。
同じくMH3Gにて登場した、亜種素材を用いたガンランスについても本項で解説する。

目次

概要・性能 Edit

MH3G Edit

  • ボルボローダー→改→ボルボロボーデン→ロスカシュラム→ロスカグレモスと強化可能。
    最大の特徴はその攻撃力で、なんと667
    斬れ味や会心率を抜きにした単純な攻撃力の数値では、MH3Gのガンランスの中で堂々の第1位である。
    歴代シリーズまで見渡しても、これを超える攻撃力はそうそういない。
  • 砲撃も放射型LV4であり、使いやすい。竜撃砲、フルバースト、どちらの立ち回りもできる。
    更にスロット2。柔軟なスキル構成まで可能。
  • そんな破格の待遇であるが、
    最大の利点はG級最序盤でボルボロスを回していればすぐに作れるということだろう。
    素材もボルボロスを狩ればロスカシュラムが出来、
    それにドボルベルク(亜種)の霜降りのコブを足せばG★1の時点で作れてしまう。
    正にG級序盤のエースと言えるだろう。
  • ただし、欠点は素で斬れ味が青で、がないと白にならない、覚醒できないという点か。会心率-25%も無視できない数値である。
    属性武器が揃ってくるとあまり使われなくなり、七星銃槍ズヴォルタ辺りにとって変わられることが多い。
    砲撃がLV5まで届かないのも惜しい。

MHXX Edit

  • ボルボロスの復活によりこの武器も復活した。
    骨素材ガンランス「ゴーレムガンランス」LV3から派生できる他、
    上位土砂竜素材でボルボローダーLV1を、G級土砂竜素材でボルボロボーデンLV3を一発生産可能。
    派生先がロスカシュラムとなり、ボルボロボーデンはそのまま究極強化が可能になった。
    この関係上、「ロスカグレモス」の銘は失われてしまっている。

ボルボロゼミュラ Edit

  • まずボルボロボーデンの究極強化、ボルボロゼミュラLV5から。
    • 圧巻の攻撃力350
    • ボルボ武器らしい会心率-10%
    • 斬れ味は素で長い緑のみ、匠+2で青30と白20
    • スロットは1つ
    と匠をつけないと緑までしか斬れ味がない。
    • 砲撃は【放射型】、3Gでは惜しくも届かなかったLV5を獲得した。
      斬れ味の悪さに関しては鈍器で解消可能で、
      XXでは鈍器の仕様が変更されたことにより鈍器運用も実用的。
      • と言いたいところだが鈍器込みでも攻撃力300の白ゲージ相当と非常に貧弱。
        会心率も中途半端で痛恨会心も適さないと少々心もとない。
    • 究極強化時期はG4。
      また、この武器ならではの利点として【放射型】のガンランスでは唯一、HR解放前に砲撃LV5になる
      他の砲撃タイプを含めてもHR解放前にLV5になるのは突き性能が脆弱な【タツオドシ】しかないので、
      砲撃主体の運用スタイルなら作って損はないだろう。

大撃銃槍ロスカザタン Edit

  • 一方、ボルボロボーデンLV3からG級獰猛化素材を投入するとロスカシュラムに派生。
    更に2回強化すると、究極強化大撃銃槍ロスカザタンとなる。
    • こちらも圧巻の攻撃力360
    • しかし会心率も-25%と低い
    • スロットは増えて2つ
    • 斬れ味は素で青50、匠追加分は全て白となる。
    と3Gの頃を彷彿とさせる性能になっている。
    • こちらも砲撃タイプは【放射型】。残念ながら砲撃LVは4にとどまっている。
      今作ではマイナス会心がプラスとなる裏会心が存在するため、
      マイナス会心を打ち消さずとも十分に性能を活かせる。
      ただし匠と痛恨会心を合わせても匠のみの渦動鬼銃槍【荒事】より若干高い程度なので
      そちらが完成したあとはお役御免となるだろう。
    • 究極強化に獰猛化素材と砕竜の弾頭殻が必要になる。
      これは猛り爆ぜるブラキディオスからのみ入手できる素材のため、
      製作できるのはHR解放後となる。

ロスカアヴァランシ Edit

  • ボルボローダー改から亜種素材を使う事で、
    ヴァスカクラスター→改→ロスカトルメンタ→ロスカアヴァランシにも強化できる。
    ボロス武器の作成難易度の低さも健在だが、アグナコトル亜種の潤った重胸殻が必要な点には注意。
  • 数少ない氷属性ガンランスだが、攻撃力は552と控えめになり、スロットは1つになった。
    その代わり、会心率が-5%とボロス武器としては非常に高く、氷属性500が付加されるなど、
    ディアブロスやジエン・モーランなどに猛威を振るう武器と化した。
  • 砲撃は通常型LV4であり、放射型のロスカグレモスと違う点には注意。
    基本は突いて氷属性を叩き込み、そのコンボの終点に叩きつけからのフルバーストをぶっ放す…
    などと言った使い方になるだろう。
  • 斬れ味は素で白まであるが非常に短いので、斬れ味レベル+1や心眼等でカバーする必要がある。
    属性値の高さには目を見張るものがあり、スキルや戦い方次第では一線級の活躍もできるが
    やはり癖が強く、運用が難しい点は否定できない。
    これで素の白ゲージがもう少し長いか、匠で紫ゲージでも出れば評価は一気に高くなっていただろうに、残念である。
  • あと一歩が足りない惜しい性能なのだが、MH3Gにおける氷属性ガンランスはロスカアヴァランシと
    ウルクスス素材のウルクスラヴィーネ(攻撃力506、氷属性310、拡散LV3、匠で青→白)しかなく、
    実用的な氷属性ガンランスはロスカアヴァランシ一択という状態だったりする。
    ガンランスに限った話ではないが、3Gは全体的に氷属性が冷遇気味である。氷だけに

余談 Edit

  • ヴァスカクラスターおよび改の砲撃では、ガンランスの砲撃音とは思えない程のすさまじい轟音が鳴り響く。
    しかし、ロスカトルメンタに強化すると何故か強化前より音がしょぼくなってしまう。非常に残念である。

関連項目 Edit

モンスター/ボルボロス
モンスター/ボルボロス亜種
武器/ボロス武器