武器/凶矛【凌雲】

Last-modified: 2020-08-08 (土) 18:25:46

天高くそびえる白き峰。
その頂に君臨する神の具現たる矛。
神は等しく衆生を裁く。

概要

  • MHP3で登場したランス。ラスボスである嵐龍アマツマガツチの素材を用いて製作する。
    外見は一見すると大きな剣のように見えるが、抜刀すれば六つの刃が展開する為、
    七支刀(しちしとう)をモデルにしていることが解る。
    • ……七支『刀』なのにランスなの? と思うかもしれないが、
      七支刀には別名として「六叉の(ろくさのほこ)」という呼び方も存在するため、
      ランスでも何の問題もない。
      というか、もともと戦闘用ではなく祭儀用に造られたものであるため、
      武器として使うこと自体に無理があるのだが。
    盾は嵐龍の顔をモチーフに作られているのだが、
    これも抜刀すると黄色い部分が発光すると言うギミックが仕込まれている。

MHP3

  • 本作にて初登場。主な性能は以下の通り。
    • 攻撃力240(ブースト込みで255)に会心率-20% ブースト後の期待値は242.25
    • 素で短い青とそれなりの緑 匠で白は出ない
    • 水属性値14
    • スロットなし
  • やはりアマツ武器らしく物理偏重の設計に少なめの水属性値が付属している。
    匠で白ゲージが出ないことは中々に痛いのだが、それでも青ゲージで得られる期待値はそこそこ実用的な為、
    決して使えない武器と言う訳ではない。
    他の水属性ランスには、属性偏重のシャークキングやバランス型のスパイラルボア、アグナコトル亜種武器の水槍アクアコトルがあり、
    特にアクアコトルに関しては、匠で白ゲージを出現させることで物理火力、属性値共に凶矛を上回ってしまう。
    しかし、それでこちらが完敗してしまうと言う訳ではなく、あちらは匠を使って出る白ゲージが20と心もとない為、
    業物で青ゲージ40を確保出来るこちらと比べて継戦能力に劣る。
    匠と業物ではスキル負担の量も異なる為、瞬間火力を取るか、継戦能力を取るか、で充分に差別化はされていると言えるだろう。

MHX

  • 今作での最終強化は新たな銘を得て、天嵐ノ矛【行雲流水】。
    とはいえ攻撃力240に会心率-20%、そして水属性14…とほとんどP3時代と変わっていない。
    唯一変わったのは斬れ味に匠+2で白20が出るようになった事だが、
    強突きやジャストガードで手数が増えたMHXのランスではお世辞にも十分とは言えないのが辛いところ。
    納刀が遅いというランスの特性もあり、剛刃研磨で頻繁に研ぐのもあまり得意ではない。
    青ゲージでもそれなり以上の高威力ではあるものの、やや影は薄いと言わざるを得ないだろう。

MHXX

  • 本作にも続投し、究極強化で太虚ノ矛【衝天】になる。その性能は
    • 本作の水属性ランストップの攻撃力350
    • その攻撃力に水を差す会心率-20%
    • 水衝ドロスパイラルと同率で水属性ランスワーストの水属性18
    • 素で白20だが、匠+2でも紫は出ない斬れ味
    • スロット無しは据え置き
    と、今までのアマツ武器と大きく特徴は変わっていない。
    こんな性能では【昇天】の方がしっくりくるとか言わない。
    • とはいえ、この武器にも全く立場が無い訳ではなく、素の白20を生かした素運用ならば
      物理期待値は堂々の2位を誇る。
      さらに、素の物理期待値1位のザクキマターキは素の白がたったの10しかないのも追い風。
      前作と違って本作の匠は非常に発動させやすいと言うのは禁句。

余談

  • 生産時の銘は「きょうぼう【りょううん】」と読む。
    【凌雲】は文字通り“雲をしのぐほど高い”と言う意味であり、同時に“俗世を超越している”と言うニュアンスを含んでいる。
    武器も雲より高ければよかったのだが。
    最終強化時の【行雲流水】「こううんりゅうすい」とは、空行く雲や流れる水のように、
    深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動するたとえ。
    究極強化時の【衝天】「しょうてん」とは、天をつかんとばかりに勢いが盛んなことを指す。
    だから昇天じゃないって

関連項目

モンスター/アマツマガツチ
武器/アマツ武器