防具/龍歴士シリーズ

Last-modified: 2018-10-04 (木) 01:07:04

MHXより登場した防具シリーズ。

概要 Edit

  • 男女ともに、フードつきの白マントを羽織った鎧姿となる。
    各部に化石が使われているらしく、その表面にはかすれた古い時代の文字が刻まれている。

性能 Edit

  • 一式で発動するのは、北風の狩人南風の狩人剛刃研磨と、いずれも本作初登場のスキルとなる。
    • 寒冷・灼熱地帯双方に対応したスキルを備えるため、
      これ一着でどんな狩場の環境にも対応でき、地味ながら便利。
      加えて該当フィールドでは攻撃力・防御力アップの恩恵があり、
      クーラー・ホットドリンクを飲むことでさらに効果を上昇させることが可能。
      このドリンクによる上昇効果はフィールドを選ばないため、両方飲んでしまうのもアリか。
    • また剛刃研磨による斬れ味維持効果も、を付けるのが重くなっている本作ではありがたい。
  • 防御力は生産段階で各部位66、最終強化で128。最終強化の合計で640となり、
    加えて上記のスキルが適用されるフィールドでは660に至るため、なかなかの堅牢さを誇る。
    耐性は一式装備で火・水・龍10、雷・氷-10とこちらもある程度相手は選ぶものの優秀。
    加えて胴以外の各部位にスロット1を備え、それなりの拡張性もある。
  • 生産条件は、HR7になり、ベルナ村にいるしっかりものの村人依頼3を達成すること。
    • …なのだが、その依頼内容は古代林でのティガレックスリオレウスディノバルドの連続狩猟。
      しかも高難度村クエのため、シリーズの看板を張る上位個体3体をソロで狩らなければならない。
      加えてティガレックスとリオレウスは開始時から同時出現するため、
      合流されると突進滑空が突っ込んでくるわ岩塊火球は飛んでくるわで目も当てられないことになる。
      よほどの自信がなければこやし玉の準備はお忘れなく。
  • 生産条件さえ満たしてしまえば、必要な素材は各部位共通で
    ベルナチケット×2・龍歴院チケット×2・勇気の証G×2・竜玉×1と比較的揃えやすい。
    強化素材も鎧玉系以外はチケット類やディノバルドから採れる赤熱した紅焔嚢くらいなので楽。
    ただし最終強化にはオストガロア素材の発光する上粘液が必要になるので注意。
  • これらの性能から狩場を選ばない万能さを発揮するが、見方を変えれば器用貧乏とも言える。
    MHXにはMHP2G以前の旧砂漠や砂漠(昼)のように寒冷・灼熱地帯の両方を備えるMAPが存在しないため、
    北風・南風の狩人のどちらかの効果が発動するフィールドではもう一方が死にスキルになってしまうし、
    どちらも発動しない通常フィールドに至っては素で付いているスキルが剛刃研磨だけ、という状況になってしまう。
    また寒冷地帯はほぼ全エリアに広がっているが、灼熱地帯は火山・砂漠といういかにも暑そうなマップでも
    意外と少ないことに注意する必要がある。行動範囲上灼熱エリアに移動しないモンスターもいるため
    通常エリアと変わりない状態になる可能性もある。
    一応クーラー(ホット)ドリンクを飲んだ時の攻撃力(防御力)上昇効果は残るので全くの無駄ではないが
    敢えてこの装備を選択するメリットがあるとは言い難い。
    とはいえ生産・強化の容易さや防御面の硬さから、最終装備として使うにはやや物足りなくとも、
    上位後半の攻略用としては十分な性能を発揮してくれるだろう。

余談 Edit

  • 前述したとおり、この防具には古い文字でなんらかの文言が刻まれているが、
    これは各部位(胴・腕・腰)の途切れた言葉を繋げると全容が分かるようになっている。

その全容

智を以て誓い、剣を以て証す。
蒙昧に屈さず、権勢に媚びず、
非才、ただ、真理のみに跪く。
(剣士防具)

筆先にて誓し、矢弾にて為す。
巧言を用いず、美辞を弄さず、
不才、ただ、真実のみを叫ぶ。
(ガンナー防具)

  • ちなみに同じく脚部位の解説文によると、この文章は古代学究の道に信念を貫いた「龍歴士」が遺したものらしい。
    現在の龍歴院と同じくモンスターの生態等を調査・探究していたのだろうか。
    また龍歴院の研究者を模した装備にはサージュシリーズがある。
    対するこちらもかつての龍歴士の姿を元に作成したとすれば、
    その風貌やスキル構成に加えて上記の古文から推察すると、
    自らフィールドに赴いてモンスターと相対・戦闘することも多かったのかもしれない。
  • MHXにおける各村に縁のある防具の1つであり、本装備はベルナ村の担当となる。
    ちなみに他の防具はそれぞれマスターシリーズ(ココット村)、ブラックシリーズ(ポッケ村)、
    桐花・三葵シリーズ(ユクモ村)となっている。
    一見ではあまり共通点がないので気付かれていない場合が多いと思われるが、
    防具作成時の一覧ではセットで並んでいるためピンときた人もいるかもしれない。

関連項目 Edit

世界観/龍歴院
防具/サージュシリーズ