シンギュラリティ

Last-modified: 2020-07-16 (木) 11:54:05

◆忍◆ ニンジャ名鑑#300 【シンギュラリティ】 ◆殺◆
リー先生の天才的頭脳が計算によって実在を突き止めた、超ニンジャ存在。事象のその先に立つ。

登場エピソード

 

「ニンジャとは何か……そしてその上位存在!存在せねば全ての仮説が成り立たぬ上位存在!人類は解き明かし理解する義務がある!シンギュラリティを!」――リー・アラキ


概要

  • 記念すべきニンジャ名鑑300番目のニンジャ。
  • ニンジャ名鑑の#100がカツ・ワンソー、#200がハトリ・ニンジャであることから#300も設定上極めて重要な存在であろう事はヘッズによって前々から予測されていたが、その予測の斜め上を行った謎の存在。
  • 「リターン・ザ・ギフト」の段階で既にリー先生はその存在を仮定していることが伺える。
    • 果たして何者なのかとリー先生めいた考察を繰り返した挙句、超ニンジャ存在リアリティショックを起こすヘッズも少なくない……らしい。
  • ヌンジャ(カツ・ワンソー)との関連などまったくもって不明。備えよう。

元ネタ・考察

  • シンギュラリティ(singularity)とはこの場合おそらくは「特異点」の意。それ以外の一般的な意味では「特異な」「奇抜な」など。
  • 自然科学の分野において、時間や空間、グラフの挙動などがなんか大変なことになる点の呼称としても知られる。
    • 人工知能が人間を越える「技術的特異点」も同様シンギュラリティと呼ばれる。エスエフ・クランのヘッズには馴染みがあるかもしれない。

一言コメント

重篤な超ニンジャ存在リアリティショックの危険可能性重点により、一言コメント欄は秘匿されました。