ニーズヘグ

Last-modified: 2020-05-12 (火) 18:53:11

◆忍◆ ニンジャ名鑑#162 【ニーズヘグ】 ◆殺◆
ザイバツの幹部級ニンジャ。奇怪に変形するカタナ「ヘビ・ケン」を用いる暗黒カラテの伝承者であり、かつてはバジリスクとコンビを組み、ザイバツ内で双頭蛇(フタツアタマヘビ)の異名で畏怖されていた。

登場エピソード Edit

 

「来いニンジャスレイヤー=サン!もっとだ!所詮わしらは卑しき獣ぞ!イクサと殺しが我らが世界よ!」


人物 Edit

  • ザイバツ・グランドマスターの一人。
  • サムライめいた武人気質な戦闘狂。地の文=サンから「死と殺戮の中にしか喜びを見出せない」と評される通り、実際死ぬレベルの過酷な戦場においても不敵な笑みを崩さず、強者とのイクサを何より好む。
  • ザイバツに身を置くのも、より大きなイクサを求めてのことであり、ロード・オブ・ザイバツの思惑や他のグランドマスターの派閥争いには関心を示さない。「痛快なイクサができればトノサマが誰でも構わない」とも語っている。
  • とはいえ、彼もグランドマスターである以上礼法や政治的駆け引きは心得ており、さるエピソードにてパーガトリーから迷台詞「行かれぬから!」を引き出した茶室での心理戦を見る限り、結構なお点前である。
  • ザ・ヴァーティゴ=サンによる初期のしつもんコーナーではコブラ・ニンジャクランのソウル憑依者とされていたが、第3部以降の本編やしつもんコーナーではヘビ・ニンジャクランとして扱われている。
    • ニンジャスレイヤープラスのN-FILES【キョート・ヘル・オン・アース:急:ラスト・スキャッタリング・サーフィス】後編にて、グレーターニンジャのソウル憑依者であることと、本名が「ガトウ・ザンゲツ(賀東 残月)」であることとが明かされた。
 

外見 Edit

  • オーカー(黄土)色のニンジャ装束に身を包む。左利きである。
  • 「40前半の武人の顔」「蛇めいた目」「琥珀色の目」といった描写があった。
    • 外見のためか得物のためか、「ヘビ=サン」「蛇殿」などと呼ばれることがある。
  • ニンジャスレイヤープラスの身長一覧表によると身長191cm。
     
  • 物理書籍版のイラストデザインにおいて、兄弟弟子のバジリスク同様のフルメンポを当初想定されていたが、表情を隠すのはもったいない暴れっぷりにデザイン変更されるという経緯があった。

元ネタ・考察 Edit

  • ニーズヘグ(英:Nidhogg/Nithhogg等)は、北欧神話に登場する大蛇。終末の日に死者を乗せて飛翔する竜とも。
  • 氷の国ニヴルヘイムに住み、世界樹ユグドラシルの三番目の根を齧っているという。

部下 Edit


ワザ・ジツ Edit

  • カラテのワザマエはまさに修羅の如し。ニンジャスレイヤー相手にも一歩も退かない力を持つ。
  • 高いニンジャソウル探知能力の持ち主でもあり、かなり遠くからでも正確に数とワザマエを探知している。
  • ナラク・ニンジャを宿すニンジャスレイヤーやベッピンを持ちニンジャソウルが研ぎ澄まされた状態のダークニンジャを除けば、こうも詳しく探知出来るニンジャはそういないと思われる。

ヘビ・ケン Edit

  • 彼の代名詞たる恐るべき剣。銛のような逆棘状の異形をしており、刺し貫いた獲物をヘビの如く逃がさない。聖なるヌンチャクとも打ち合える相当な業物。
  • 刀身は五つにセグメント化されており、それを高伸縮性のモノフィラメントワイヤ束が繋いでいる。セグメント分割で鞭状にもなる。
    • 鞭状形態は彼の切り札であり、敵であれ味方であれ、安易に見せる気はない。
  • ニーズヘグ曰く「マスター・ヴォーパルの剣」。
    • マスターヴォーパルは皆伝を与えた弟子に、記念として自身の蒐集した武具を(有料で)授けている。このヘビ・ケンもそのような経緯により(有料で)ニーズヘグの手に渡ったと思われる。また現在ヘビ・ケンの操作を継承しているのはフジサン山麓の暗殺ドージョーのみだという。すなわちマスターヴォーパルのドージョーのことであろう。
  • なおこのような武器は実在しない。アニメ『機甲界ガリアン』で用いられた通称「ガリアンソード」が元祖とされる。
    • たとえ作ったとしても、強度といい制御といい難がありすぎ、モータルにはおよそまともに扱えない代物。ニーズヘグの度外れたワザマエあっての武器である。
  • 一応現実に存在する同様の武器としては、古代インド武術カラリパヤットの武器「ウルミ(雷鳴の意。ウルミー、ウルーミとも)」がある。
    • これはバネ状の軟鉄を鍛え上げた武器で、普段は束ねて短くしておき、鞭のように振り回すことで伸縮自在の間合いから斬撃を繰り出す恐るべき武器である。フィクションでは『るろうに剣心』に登場した薄刃乃太刀が有名か。
  • とあるイクサで彼の手元から失われていたが、のちに同様の剣を帯びている姿が見られた。そう何本もある剣ではなさそうなので、無事回収出来たのだろう。

アフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン Edit

  • バジリスクも使っていたアレ。

ドク・ジツ Edit

  • ヘビ・ケンやアフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケンには毒が塗られている。その威力はニュービーニンジャでは即死するレベルの強力さ。
  • ヘビ・ニンジャクラン由来と思われるジツで、その影響か自身も強い毒への耐性を持つ。

その他の装備 Edit

  • ヘビ・ケンの他にワキザシを帯びている。
  • ヘビめいてジグザグに波打つ刃を持つ長柄武器「ヘビ・ナギナタ」を使用する場面も見られた。イメージ的には三国志演義の張飛が使っていた蛇矛だろうか。ニーズヘグの豪快な性格にしっくりくる得物と言えよう。
     

手の内を気前良く明かしたくはないが、やむをえぬ。

イビルアイ・ジツ Edit

  • バジリスクのジツと同様に、イビルアイから閃光を放って標的を石化させる一撃必殺のジツ。
  • 彼の切り札中の切り札。バジリスクほど多用はしないが、追い詰められても一発で逆転が可能。
    • ちなみに、弾き飛ばすことで逸らすことが出来る。レーザーめいた何かなのだろうか……。

ストーリー中での活躍 Edit

「つまらん理由でネタをばらすでないぞ!」

「ドーモ。ニンジャスレイヤー=サン。ニーズヘグです」

  • 「キョート・ヘル・オン・アース」において、威風堂々たるアイサツとともにニンジャスレイヤーの前に立ち塞がる。先制のスリケンを投げることさえ断念させるツワモノ・アトモスフィアにヘッズの体温もウナギ・ライジング!
  • そして実際強者なイクサ人の本領発揮。ナラクと同調し、聖なるヌンチャクを開放したニンジャスレイヤーを相手に水際だった互角の戦いを見せ、左脚を失い、両腕を骨折してもなお戦意は衰えなかった。切り札のイビルアイを破られるに及んで遂にカイシャクに服そうとするが、ダークニンジャらのインタラプトにより命を拾い、その場を退く。
  • その後はアナトミーによる応急処置を施された後、ダークニンジャ一行のムーホンに参画。失った左脚には海賊めいて椅子の脚を突き立てることで急ごしらえの義足にし、ヘビ・ナギナタを背に負って、ジゴク・オーガめいた戦いを展開する。
    • デスドレインやパーガトリーといった難敵もなんとか捌き切り生き延びている。
       

第3部以降での活躍


第4部以降 Edit

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0036 【ニーズヘグ】 ◆殺◆
ザイバツ・シャドーギルドの強大なるニンジャ。ギルド現体制以前からの古株で、常にイクサの前線に自らを投じ、死地のカラテを磨き続けてきた。刀身が分解して鞭状になる奇怪な武器「ヘビ・ケン」を操る他、奥の手としてイビルアイを持つ。

◆ニンジャスレイヤー名鑑カードAoM-0036【ニーズヘグ】◆プラス記事)

登場エピソード Edit

 

「十年一昔……!まるでウラシマ・ニンジャの心持ちじゃ。そして……貴様がニンジャスレイヤーか……!」


人物 Edit

  • 第4部においても新生ザイバツに所属し、常に前線にその身を晒して戦い続けている。

外見 Edit


ワザ・ジツ Edit

ムチ・ドー Edit

  • ヘビ・ケンの卓越した取り扱いはムチ・ドーによるものであることが明かされた。
 

◆ミソギ◆

  • 鞭状にしたヘビ・ケンで半円球状のドームの如き軌跡を描き、全方位の敵をネギトロに変えるワザ。
 

◆オロチ・アラマサ◆

  • 最長射程に伸ばしたヘビ・ケンをコマ回しめいて強く引き、相手をズタズタに切断するムチ・ドーの禁じ手。

ストーリー中での活躍 Edit

「そうさな……あるじはネタバレを捕えて来いと言うとるが……」

  • 「ソウカイ・シンジケート」にて第4部に登場。ニンジャスレイヤーを捕縛すべくネオサイタマに顕現する。
  • ニンジャスレイヤーとガーランドを相手に圧倒的なイクサを展開するも、ナラク・ニンジャの表出とヴァニティの加勢、さらには現世での活動限界時間が迫ってきたことにより退却の判断を下し、ヴァニティの追撃を凌ぎ切って01ノイズに覆われ消失した。
     
  • その後は詳細は不明ながら極限のイクサの果てに爆発四散を遂げたが、戦場付近に存在していた「ホーリイ・ブラッド」の磁場に捕らわれる。「ザ・ホーリイ・ブラッド」にて彼は呪いの磁場を断ち切り、変則的に蘇りを果たした。
     
  • 第4部シーズン3の時点ではキョート城に帰還すべくUCAの強襲部隊に一時的に身を置いており、「ヘラルド・オブ・メイヘム」にてニンジャスレイヤーへの復讐に燃えるヘラルドと邂逅する。奇しくもネザーキョウ領内のギンカクを目指すという目的が一致した二人は、暫しの間共に行動することとなる。
     
  • 「ナラク・ウィズイン」では、ヘラルドと共に多数のセンシやゲニンを蹴散らしつつギンカクのもとへと向かう。彼はそこでネクサスによってキョート城に「釣り上げられる」手筈だったが、ヘラルドをニンジャスレイヤーにぶつけるべく召喚を拒絶し、ザンマ・ニンジャと交戦する。
  • しかし、ヘラルドは土壇場で己の感情に戸惑いを見せたことにより敗北を喫し、自身もザンマ・ニンジャの圧倒的なカラテを前に劣勢となる。彼の闘志はなおも不屈であったが、最終的には継戦を断念してキョート城へと帰還した。

一言コメント

「オヌシのコメントなどどうでもよいわ!」

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ガトウ=サン。イメージ通りゴツい名前だ…… -- 2020-05-03 (日) 13:18:05
  • ザンゲツというよりザビマルでは?(ジャンプのう -- 2020-05-04 (月) 10:04:36
  • 実際グレーターでもほとんどアーチに近いカラテのニンジャソウルだったことにしよう -- 2020-05-04 (月) 17:20:34
  • まさか…憑依時はグレーターだったソウルを、系列のアーチニンジャであるマスターヴォーパル=サンの権限でカイデンし、憑依後にアーチ昇格したのでは?(真顔 -- 2020-05-04 (月) 20:50:38
  • 暗黒時代からある流派のグレーターソウルだけど、そこらのグレーターソウル持ちが、カラテ特化の神話級ニンジャと正面からイクサしてもあそこまで持ちこたえられないよな。 -- 2020-05-06 (水) 13:41:46
  • まぁレッサーソウルでもめちゃ強いサラマンダー=サンやドラゴンベイン=サンの例もあるしカラテの鍛錬の成果でしょうなぁ -- 2020-05-06 (水) 22:04:56
  • ガトウでヘビとか中の人は大塚=サンめいたイマジナリーボイスで脳内再生されるようになったが、ジンエ=サンめいた狂気もはらんでそう。 -- 2020-05-07 (木) 06:29:44
  • 基本的にはイクサ以外では奥ゆかしいニーズヘグ=サンがアナトミー=サンに八つ当たりめいたことを言うなど、よほど悔しいのだろう。ザンマ・ニンジャに正面からのカラテで負けたこともそうだけど、一度目の爆発四散はどういう状況だったんだろう。オベロンなるリアルニンジャにやられたっぽいが…… -- 2020-05-11 (月) 01:18:38
  • みそぎをしてけじめをつけると出ていきました -- 2020-05-11 (月) 12:12:58
  • 自分では負け犬の地位は認められないと言っていが、ザイバツは成果主義というより実力主義だろうし、負けても実力を保っていればソンケイが失われるようなことはない気がする。パーガトリー=サンはここぞとばかりイジりにかかってくるかもだが -- 2020-05-12 (火) 18:45:46
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White