ネザークイーン

Last-modified: 2020-10-23 (金) 11:41:09

◆忍◆ ニンジャ名鑑#125 【ネザークイーン】 ◆殺◆
7フィートの長身をダークラメニンジャ装束に包み、女めいて話すニチョーム・ストリートの「女王」。陽気で義に厚く、マイノリティ迫害者には容赦しない。ニンジャスレイヤーに一目惚れするが、叶わぬ恋である事を自覚している。

◆忍◆ ニンジャ名鑑#0333 【ネザークイーン】 ◆殺◆
オールドカブキチョ(旧ネオカブキチョ)地下の巨大キャバレー「獄麗」の支配人であり、侠客の長をつとめるドラァグのニンジャ。弱きを助け強きを挫く。歴戦のニンジャであり、ムテキ・アティチュードを進化させたムテキ・バリアを習得している。

登場エピソード

 

「アータはね、そこがダメ!アータは。そこがダ!メ!」
「ブッダアスホール!」


人物

  • 本名「ザクロ」ネオサイタマニチョームにあるゲイバー「絵馴染」を経営する巨漢のオネエであり、ニチョーム自治会所属のニンジャ。
  • 食い詰めたワケありの人間を放っておけない、ニンジャらしからぬ義侠心と人情み溢れる性格の持ち主。この性格故に、ソウカイヤに追われ行き場を失ったヤモト・コキにも手を差し伸べた。
  • ミヤモト・マサシのコトワザを好んで引用するが、何故か全てうろ覚えである。
  • ニンジャスレイヤープラスシャード・オブ・マッポーカリプス(66):キャバレー「獄麗」とネザークイーンにて、イージス・ニンジャクランのソウル憑依者であることが明かされた。
  • ニチョームを守るべく、ソウカイヤやザイバツアマクダリなどとの折衝に当たっている他、ニチョーム内で起こる事件・トラブルの解決にも奔走している。
  • 各組織との交渉に賢く知恵を使い、かつ深刻なインシデントには(ニンジャとしてだけではなく、非合法なものも含め)持てる力を惜しみなく使う様は公式でも「義に厚く、奥ゆかしくて、優しいけれど怒れば恐い、頼れるニンジャ」と紹介されている。
    • 店の客からも実際頼られており、恋愛相談などをされることも多いようだ。
  • そんなネザークイーン=サンだが、ザ・ヴァーティゴ=サンによると、正義のニンジャというより「打ちひしがれた自警団」だという。彼(女)の過去に何があったのか?備えよう。
     
  • 一目惚れした相手の前で思わず話し方がおかしくなってしまう、甘味の味にはウルサイなど、クセモノ揃い忍殺女子の中で誰よりも女子力が高いと評判だが、激昂すると恐ろしげなヤクザスラングを発する。普段は頼りになるオネエだけに怒らせると実際コワイ!
     
  • 「敵にアンブッシュをかけるのを察知される」「主人公に一目ぼれし片思いする」「敵ボスに率先し攻撃を加える」「敵中で行動不能に陥る」「触れたらオタッシャ系の敵とよくバッティングする」など、有名なデスノボリを立てまくる。
    • 今のところ全て回避しているが、ことあるごとに矢面に晒される彼(女)は存在そのものがデスノボリと化している節があり、登場のたびにヘッズに身を案じられている。
    • ニチョームやヤモトの保護者で、ジツも身を挺して守るもので……カラダニキヲツケテネ! 

外見

  • ボンズ・ヘアーで7フィート(約213cm)という巨漢。
  • 普段はレザージャケットを着ている。
  • 「ネザークイーン」になる際はこのジャケットが変形し、全身を覆う黒光りのレザーニンジャ装束となる。
    • ニンジャ装束には特殊な機構が組み込まれており、表の顔の時に着用しているレザージャケットの内ポケットのスイッチを押すと、わずか3秒でニンジャ装束を身に纏うことができる。
  • IRCインカムの付いたメンポを着用。
  • 懐にはザゼン・ピル、果物のザクロのウキヨエ刺繍が施されたテヌグイ・チーフなどを忍ばせている。

「ニチョーム・ウォー」以降

元ネタ・考察

  • ネザークイーン(nether queen)は訳すなら「地下の女王」。「ニチョーム(地下)の女王」という意だろうか。
  • 多くの種子を実らせる真っ赤な「ザクロ」は、豊饒や多産、女性性や生命のシンボルとして東西の神話・伝説に登場する。
    • ギリシャ神話においては、冥界の女王ペルセポネのシンボル。彼女はまた春の乙女コレーという別の顔を持つ。オルフェウスの物語では、暗く冷たく厳格を旨とする冥界に一筋の情をもたらした。
    • 日本仏教においては、鬼子母神のシンボル。彼女は慈愛あふれる子供の守護者であるとともに、仏敵と苛烈に戦う護法善神(忍殺風に言えばブッダデーモン戦士?)である。

ワザ・ジツ

  • ニンジャソウルの痕跡を読み取ることが出来る。
    • ニンジャによってソウルを感知する感覚は異なるようで、彼(女)の場合は匂いや香りをイメージした探知である。

変種ムテキ・アティチュード

  • 身体をニンジャソウルで硬質化して防御した後、その身で受けて蓄積した破壊エネルギーをスリケン化して撃ち出す変種ムテキ・アティチュードの使い手。
    • 純粋なムテキではないため、その硬質化能力は通常のムテキよりも劣る。
  • また、不慣れながらも通常のスリケンも使える模様

ストーリー中での活躍

「アタシはいいの、美しいネタバレひとつあればそれで。もう十分なのよ」


一言コメント

「ンンン……冗談とコメントの切り分けが……」

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 4部のネザークイーン=サン(獄麗)とヤモッチャンの関係は、4部のユカノ=サン(ドラゴンドージョー)とフジキドの関係と似てるのかもしれない。ヤモッチャンもフジキドも世界を旅して回っているけど帰る家と暖かく迎えてくれる人がいる。 -- 2020-02-19 (水) 19:42:59
  • ザクロ=サンならいいサケをヤモッチャンにタダで出してくれそうだが、まさかセーラー服で来店・・・!?アイエエ! -- 2020-02-19 (水) 19:55:39
  • ヤモッチャンもたまに獄麗に戻ってくるんだろうけど、どんな風に過ごしてるか見てみたいな -- 2020-02-19 (水) 20:18:59
  • アズール=サンも来店してサケを嗜んでほしいな。知り合いのニンジャ達が依頼や情報交換の場で利用してるのが多いかも。 -- 2020-02-20 (木) 05:53:14
  • 2人称が「アータ」じゃなく「アンタ」だったのは威圧のためだろうか。相手が結構な外道だったしかなりキレていたのかな。するとやはり普段のキャラはある程度作っているということか。今までもヤクザスラングが出たりすることはあったけれど、2人称が変わったことってあっただろうか -- 2020-02-20 (木) 07:28:54
  • ソウルの開祖が攻撃反射するバリアはるジツだからグレーターソウル持ちのザクロ=サンも徐々にその域になりつつある? -- 2020-05-29 (金) 11:04:37
  • もはや名前だけでアケチモノから狙われそう -- 2020-05-29 (金) 19:44:23
  • グラキラだと乙女チック重点だったが、無印だと強さ・優しさ・品を兼ね備えたステキな人なのがよく分かるな。これは実際尊敬される。 -- 2020-10-19 (月) 19:32:38
  • 非常に今更だがアイサツ時のウィンクは問題ないのか。デスドレインが一応セーフ扱いなのでそりゃ問題ないだろうけど -- 2020-10-23 (金) 10:58:27
  • アイサツとオジギはイクサの手を止めて相手のために隙を晒して行う作法であり、アイサツしてもオジギしないデスドレインはシツレイ。一方、ウィンクはわざわざ相手のために片目を瞑るという隙を晒しており、オジギ作法の一種といえるのではないか -- 2020-10-23 (金) 11:41:09
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White