☆4☆5武将名乗り台詞2

Last-modified: 2020-10-18 (日) 15:53:27

武将の並びは武将図鑑順。
最大行数を超えたので2つに分けました。織田家~南部家は☆4武将名乗り台詞を参照。

足利家

武将台詞
足利義輝
(黄昏の幕府/ニコ生記念)
足利義輝、出陣である!
化け物どもが、何するものぞ!
我が一之太刀に倒れ伏すがよい!
者ども、足利義輝が命ずる!
日ノ本より化け物を討ち払え!
出陣せよ!
白井の局出陣の時は今! ゆくぞ!
我らの刃で日ノ本の明日を担うのだ!
この刃を化け物の血で濡らすは本意にあらず。
されど、日ノ本のためならば迷いはせぬ。
いざ、参るぞ!
吉岡直賢わっはっは!
吉岡流・吉岡直賢、いざ参らん!
足利将軍の兵法指南を務めたこのわしよ。
化け物相手に負けたとあっては
将軍様に合わせる顔がないわ。
わしの道場は広く門戸を開いておるが
化け物相手となるとのう……。
命の遣り取りにしかなるまいな。
足利義昭
(☆4)
第十五代将軍・足利義昭、出陣である!
皆の者、露払いは任せるぞ。
幕府の権威なくして
天下に秩序は戻らないであろう。
この戦、負けられぬと心得よ!
わし自らの出陣であるぞ。
皆の者、供をせよ。
化け物を討ち果たすまで戻らぬぞ!
足利氏姫足利氏姫の出陣であるぞ!
供をせよ!
古河公方嫡流の意地をみせてくれる!
古河公方は滅びぬ。
むしろ、化け物の屍を乗り越え、
関東に返り咲いてみせる!
代々続いた古河公方の血筋、
化け物などに途絶えさせられてなるものか。
この命、尽きるまで戦い抜く!
瑞雲院わたくしに戦の場へ赴けと?
承知いたしました。
持てる力を尽くしましょう。
戦の備えはできているか、ですと?
ふふふ、わたくしが備えを欠くことなど
一時たりともございませんよ。
進むべき道を進み、
世にはびこる化け物を根絶やす。
げに素晴らしきことでございます。
足利義栄わしを十四代将軍・足利義栄と心得たうえで
出陣させるとは、まことに……、
おぬし、まことに心得ておるか?
こ、こ、こ……このわしまで
戦に駆り出そうというのか。
乱世とは、なんと恐ろしいものか。
こ、この化け物風情が!
将軍たるこのわしに頭を垂れぬとは
礼を欠くにも程があろう!
慶寿院幕府の権威を脅かすものは許せませぬ。
天下秩序のため、
この戦、勝たせていただきます!
乱世を生き抜くことに比べれば、
化け物退治など
たやすきことにございます。
公方様を叱責するより、
化け物相手の戦のほうが、
幾分、気が楽にございます。
浄光院世の乱れを正すため、化物を
野放しにしておくわけには参りません。
さあ、出陣いたしましょう!
子や孫……さらに先の世のためにも、
必ずや、この手で化け物を撲滅します!
何事も備えが大事と父は仰せでした。
とうに戦の支度は済んでおります。
皆、共に戦いましょう!
細川晴元細川晴元、出陣である!
化け物を相手取るは煩わしいが、
此度こそ根絶やしにせねばならぬ。
化け物、典厩(てんきゅう)家、三好家……。
うう、頭が痛いわい。なにゆえ
わしの周りは、かくも敵だらけなのだ!
ここは勝負所よ。いかなる手を用いようと、
何者の力を借りようと、勝たねばならぬ!

細川刑部家

武将台詞
細川藤孝細川藤孝、出陣。
この日ノ本を治むるは魔にあらず。
化け物には立ち退き願おう。
いざ、参りましょうぞ。
この藤孝、非才の身ではありますが、
何かのお役に立てれば幸いに存じます。
細川幽斎細川幽斎、出陣いたそう。
この日ノ本を治むるは魔にあらず。
化け物よ、退くならば今ぞ。
いざ、参りましょう。
この幽斎、芸の多きに覚えがあります。
何かのお役に立てるはず。
歌の一つも詠めず、茶の一つも点てられぬ。
黄泉より出でし化け物の
何と嘆かわしきことであろう。
沼田麝香沼田麝香、参ります!
遠くの敵は、お任せあれ。
この麝香をただのおなごと思いなさるな。
具足を着て戦場に立つことなど、
珍しくもありませぬ。
身も心も十分に研ぎ澄ましております。
いかなる小さき的でも
射抜いてご覧にいれましょう。
細川忠興
(絢爛たる一族/桔梗の才知)
細川忠興、出陣よ!
わしに続く皆の衆、
化け物はすべて斬り捨てよ!
化け物に道を示そう。
自ら果てるか、わしに斬られるか。
好きな方を選ぶがよい。
……珠を見たな?
化け物如きが、わしの珠を見たな?
そこに直れ……。逃がしはせぬ……。
細川伊也細川伊也、参ります!
私とて細川家に連なる者。
手柄を立ててみせる!
包丁さばきならお任せを。
父上より鯉の煮炊き、
兄上から鮎の焼き方を習っております。
兄上さえも怯ませた我が一撃、
恐れぬ化け物などおりません!
細川ガラシャでは、参りましょう。
神の御加護がある限り、負けはしません。
槍働きでは力及びませぬが、
私の祈りで皆様を支えてご覧に入れます。
案ずることなど何もありませぬ。
細川忠利細川忠利、参る!
新陰流の剣捌き、いかに優れたるものか、
化け物相手に御覧にいれよう!
たとえ化け物に囲まれようと、
この忠利が皆を守る!
案ずることはない、攻め立てよ!
此度の戦、わしが先陣に立つゆえ
必ずや勝ちを引き寄せる。
皆の者、我に続け!

大内家

武将台詞
大内義隆はきと言うが、わしは戦が下手じゃ。
だが、化け物に勝手をさせたとあっては
大内義隆の名がすたる! 出陣じゃ!
化け物も文にて治められればよいのだが
そのようなうまい話はなかろうな……。
しからば、覚悟を決めてゆくしかあるまい!
我が大内家を化け物なぞに
滅ぼされてなるものか! わしは抗うぞ!
それが、わしに残された務めじゃ!
弘中隆包弘中隆包、出陣いたす!
愚かな某を取り立ててくれたこと、
まことにありがたく思うており申す!
うぬら化け物には義がない。
義のなき戦に何の値打ちがあろうか。
すぐに退けば、無駄に散ることもなかろう!
この戦で勝ちを収め、日ノ本に尽くす。
それで少しでも過ちが正されるのであれば
某は本望でござる。
陶晴賢陶晴賢、出陣よ。
我に従わぬ化け物など、生かしておけぬ。
朽ちよ、滅びよ、無に還れ!
京を、天下を取る我が望み、
化け物ごときに阻まれるいわれはない。
我に盾突きしこと、黄泉で悔やむがよい!
足手まといならいらぬ。
邪魔をする者もいらぬ。
うぬらは大人しく我の後について来い。
陶興房陶興房、参りましょうぞ。
大内のため、日ノ本のため、
我が智、我が武を尽くしましょう。
まだこの老骨にできることがあるとは
何とありがたきことであろうか。
謹んで出陣の命、承りますぞ。
お気に召すとよいのですが……
老いぼれならではの戦を
ご覧に入れて差し上げましょう。
万里小路貞子出陣、ね。
私の憂さを晴らすのに、
化け物退治は丁度良いわ。
私の気が立っているときに
現れてくれるなんて、哀れな化け物共。
全て残らず叩いてあげる。
化け物どもと戦うならば、
あなたの采配が一番と聞くわ。
さあ、私にそれを見せてちょうだい。
珠光私も戦う時が来たようですね。
父上のお役に立てる喜びを胸に、
いざ、参ります!
大内家を脅かす化け物など、
決して生かしてはおけませぬ。
一匹残らず退治いたしましょう!
私に見惚れている暇があるなら、
戦の支度を急ぎなさい。
今こそ大内家の底力を見せるときですよ!

真田家

武将台詞
真田昌幸さて、参りましょうかな。
真田昌幸、出陣よ!
はっはっは。
父上譲りの真田の戦、
見せてやりましょうかな。
負け戦を楽しむ性分は持ち合わせておらぬな。
知恵を絞って生き残る策ならば
いくらでも好きなだけ出してやるとも。
真田信幸真田信幸、出陣いたす!
先駆けはわしが務める。
皆は敵の力を見極めてから出るがよい。
皆、将たる者の務めを果たせ!
兵法は家臣を不憫に思うことであり、
軍法は礼儀を守ることである!
わしには父上譲りの策もある。
猪武者と思うておれば、痛い目を見ようぞ。
真田信繁真田信繁、いざ出陣!
この十文字槍の餌食になりたい化け物、
前に出よ!
智は祖父上、父上に及ばず、
武は兄上に及ばぬ若輩者なれど
不惜身命の覚悟にて、この戦に参る!
この赤備えは不退転の決意であり、
日ノ本一の兵たらんと欲する誓いである!
破れるものならば、破ってみよ!
山手殿私とて真田の家の者でございます。
化け物に背を見せて
家名を汚すわけには参りません。
弓の腕には覚えがございます。
化け物などこの弓にて
射抜いてご覧に入れましょう。
ときに、此度の勝ち戦を祝う宴には
何を拵えたらよろしいでしょう?
……あら、気が早うございましたか?
真田幸隆さて、いざ参ろうか。
この真田幸隆が未だ衰えておらぬこと、
皆の目で確かめていただこう。
真田の戦、見せてやろうか。
いずれ化け物との戦がすべて片づいた後、
誰も真田と争う気を起こさぬようにな。
体は老いるとも、頭の切れは増しておる。
爺ならではのずる賢さ、
おぬしらが持ち合わせておらぬ武器よ。
猿飛佐助猿飛佐助、ただいま参上。
真田の敵はすべて討ち果たして
ご覧に入れましょうぞ。
化け物との戦など、楽なもの。
徳川の忍の方が
よほど拙者の手を焼きましょう。
師より授かりし甲賀流忍術の前に
敵などおりますまい。
才蔵にも後れを取ることはありませぬ。
小山田茂誠化け物退治だってな。
某も力になってやろう。
さあ、出陣ぞ!
化け物が我がもの顔で
日ノ本を荒らすのは我慢できねえ。
この手でねじ伏せてやる。
家がなくなるってのは悲惨なんだぜ?
戦ってのは、それがたやすく起きる。
さっさと化け物倒して終わらせようぜ。
村松殿それでは出陣ですね。
ふふ、ご案じ召されますな。
私はいつでも見守っておりますゆえ。
出陣ですか?
化け物は飽きもせず、よう攻めてきますね。
懲らしめてやりましょう。
また戦ですか……。
ねっと通販でもしようと思っていたのに。
化け物もまったく懲りませぬこと。
阿梅明日が見えぬと嘆くのはたやすきこと!
己の道は己の手でしか開けぬのです。
さあ、参りましょう。
みなさま、お強き方々と存じております。
私も持てる力を尽くしますゆえ、
共にあの化け物たちを倒しましょう!
乱れた世に安らぎなどございませぬ。
なれど、怖気づいて戦わぬもありえませぬ。
この手で、望む明日を掴み取るのです。
真田大助(男性武将汎用台詞)
霧隠才蔵霧隠才蔵……。
疾風のごとく駆けて参る!
戦運びに口は挟まぬ。
我は日天のまえに奔るのみ!
霧はとらえられぬ。
ゆえに滅することもなし!
竹林院今こそ出陣の時
真田家を守るため、
力の限りお支えいたします。
戦の支度が整いました。
無駄な命などありませぬ。
必ずや生きて帰ってみせましょう!
戦の覚悟はできております。
たとえ化け物に囲まれたとて、
物怖じなど一切いたしませぬ!
真田阿梅か弱きおなごと侮るなかれ。
鬼の室にふさわしき戦ぶりを、
今こそご覧にいれましょう!
私が持つ薙刀は真田が覚悟の証。
これを得物に戦う限り、
倒れることなどございませぬ。
私は父から真田の行く末を託されました。
その役を務め終えるまで、
負ける訳には参りません!
真田信之真田信之、出陣いたす。
化け物よ、命が惜しくば退くがよい。
年を重ねたとはいえ、
剣の腕は錆びついてはおらぬ。
……その目で、確かめてみるか!
しかと、あやつらの隙を見定めよ。
いたずらに兵を失っては、
化け物どもと同じぞ。
真田幸村真田信繁、いざ出陣!
この十文字槍が唸って光る。
そこな化け物を倒せといななき吠える!
例え、この戦で我が身が滅びようとも、
一つでも多くの敵を道連れにせん!
我が赤備えに滲んだ血と汗と涙の味を、
とくと味わうが良い。
でえぇぇぇえええい!

里見家

武将台詞
里見義堯里見が当主、義堯なるぞ。
民に仇なす魑魅魍魎、
このわしが黄泉に叩き返してくれるわ。
ふん、化け物ふぜいが。
我が家は好きにはさせぬぞ。
この手で素っ首叩き落としてくれん。
わしの戦いぶり、文にて記しておけい。
久留里城に戻ることがあれば
太郎への土産とするがゆえ、な。
正木時茂正木時茂、出陣じゃ!
わしの槍で、数多の化け物を穿ち、
此度の戦を勝ちに導こうぞ!
戦の支度は整うたようじゃな。
和をもって敵に攻め入り、
里見家臣団の意地を見せつけようぞ!
いかに難儀な戦であろうと乗り越えてきた。
それは化け物退治であろうと変わらぬ。
このわしに、かなわぬ敵などおらぬわ!
伏姫里見家の伏と申します。
八犬士も、皆さまも、全て
邪な者どもからお守りいたします!
此度の戦、必ずや勝ちに導きます!
私は生まれてこの方、口にした約束を
違(たが)えたことはございませぬ。
化け物の大群が攻め寄せようと、
決して諦めてはなりませぬ。
私と共に活路を見出しましょう!

結城家

武将台詞
結城政朝
結城政勝結城政勝、出陣である。
調略の効かぬ化け物が相手でも、
必ずや勝ち戦に導くぞ!
数多の化け物が立ち塞がろうとも、
わしの智があるゆえ、案ずることはない。
奴らを追い込み、漏らさず討つ!
寡兵の組は正面より突っ込むでない。
敵を引き寄せ、伏兵にて討つのじゃ。
よいか、無駄死にはならぬぞ!
結城晴朝結城晴朝、参る!
調略の通じる相手でないことは心得ておる。
ならば化け物の隙を付き、討ち倒すまで。*1
話のできる化け物はおらぬのか。
もしおれば、戦はすぐに終わるのじゃが。
致し方なし、漏らさず斬り捨てよ!
化け物は未だわしらに気づいておらぬ。
叩くなら今ぞ。
皆の者、わしの後に続け!
結城秀康無駄な殺生はせぬと決めておる。
されど、民を苦しめる化け物は許さぬ。
結城秀康、出陣じゃ!
わしの槍は、天下三槍と呼ばれる長槍、
御手杵(おてぎね)と申す。
この槍で、化け物どもを纏めて貫くぞ。
行く手を阻むとは、無礼千万。
わしは逃げも隠れもせぬ。
敵を討ち果たしてみせようぞ!
小田氏治この氏治、不死鳥のごとく蘇り、
化け物如きに屈することはせぬ!
しからば、手柄を立てに参ろうぞ。
……誤って、わしを斬りつけるでないぞ。
出陣の時は今。さあ、羽ばたこう。

相馬家

武将台詞
相馬顕胤
相馬利胤相馬利胤、出陣!
相馬の名に恥じぬ、見事な化け物退治を
ご覧に入れようぞ。
皆の命はこの利胤が預かった!
わしの差配に従いさえすれば、
自ずと勝ちを手にできようぞ。
人との戦なら敵の心を読む手立てはある。
なれど、化け物にそれは効かぬようだ。
皆の者、力を合わせ、攻め立てよ!

蘆名家

武将台詞
穴沢俊光
蘆名盛氏

津軽家

武将台詞
津軽為信関帝に倣(なら)い、
我欲を捨て、世を正さんがため参る!
寛大な関帝も己に仇成すは敵とみなした。
よもや、化け物に恩をかけることはない。
この戦、我が大望の一手と心得る。
化け物共の覇気に呑まれぬよう
気を鎮め、情に負けぬようせねばな。
沼田祐光戦に出でよ、と申されるか。
御身を邪な術より守ることなら
わしにもできましょう。
都であろうが在方(ざいかた)であろうが、
化け物の質の悪さは変わりませぬぞ。
早々に、これを封じましょう。
天の星々は嘘偽りを申しませぬ。
この戦の行く末に何が起こるか、
わしがひとつ占じて差し上げましょう。
阿保良勝つためには手段は選べませぬ。
阿保良はわかっておりますよ。
されど、ご無理はなさいませぬよう。
化け物に臆さず、
仁愛をもって民に尽くす皆さまに
私が伴をしてよいものでしょうか。
腰兵糧を忘れておいででしょう?
お腹が減ったら、
これを召し上がりください。
津軽信枚津軽信枚、参る!
北の地に弘前あり、と言われるべく、
我が務めを果たしてみせようぞ。
津軽の名を、永くこの世に知らしめるべく、
戦いの日々は終わらぬ。
気を引き締めてかかるべし!
泰平の世が訪れんとする中で、
我らが生き残るためには、どうするべきか。
考えを巡らせ続けようぞ。

黒田家

武将台詞
黒田官兵衛
(☆5/山陽)
黒田官兵衛、いざ出陣。
我が策をもってすれば、
必ずや勝ち戦を呼び込めましょう。
この黒田官兵衛は知恵者の端くれ。
化け物相手の知恵比べ、
負けるわけにはいきませぬな。
策を献じてこその官兵衛ではありますが、
某、槍働きもまずまずでございます。
化け物相手に後れをとることはありませぬ。
黒田如水
櫛橋光
(山陽)
参りましょう。
化け物を追い払い、地の穢れを少しでも
清めねばなりませぬ。
それでは、お供させていただきましょう。
力添えぐらいしかいたせませぬが、
少しはお役に立てるかと。
こう見えて、人様を支えることに
慣れております。何しろ、私の夫ほど
支え甲斐のある方もおりませぬゆえ……。
櫛橋光
(薬師コレ弐)
苦しきときが訪れますとも、
一心に続ければ、必ずや成し遂げられるもの。
さあ、共に参りましょう。
戦の習いは、夫より受けておりますゆえ
足手まといにはなりませぬ。
私もお役に立ちとうございます。
私の力は小さきものやもしれませぬ。
されど、確かに皆の助けとなるのであれば
喜んでお供させていただきまする。
後藤又兵衛
母里太兵衛
栗山善助栗山善助、出陣いたす!
日ごろ賜る黒田の御恩に恥じぬ戦ぶりを
これよりご覧いただこう。
負かした敵には慈悲をもって接せよ。
ただし、化け物に情けは無用じゃ。
一匹残らず、息の根を止めよ!
大殿から学びし策は、数知れず。
よって、化け物が群れで来ようと、
あやつらは、わしの掌の中じゃ!
井上九郎右衛門井上九郎右衛門、出陣いたす。
わしが差配すれば、化け物など赤子同然。
各々方、参りまするぞ!
化け物の振る舞いは我慢ならぬ。
礼儀を重んじるわしとて、此度は問答無用。
討ち果たすまで!
大殿がため、黒田がため、
身を捨つる覚悟で戦に臨む所存でござる。
さあ、一息に攻め立てん!
黒田長政黒田長政、参りまする。
化け物など、ものの数に入りませぬ。
ここはわしにお任せを。
父に及ばぬまでも、この智謀、
皆さまのお役に立てとうございまする。
采配はお任せくだされ。
此度は先陣ですか。
無論、ありがたき誉れにございまする。
鍛え抜かれし武を、お見せいたそう。
糸姫此度の戦、糸も参りまする。
長政様のお役に立てるよう、
力の限り働きましょう!
長政様、そして娘の菊を守るため、
私も化け物を討ちまする。
皆様方、共に参りましょうぞ!
殿方のような力はございませぬ。
ゆえに、この珍しき種子島で、
手柄を立てる所存にございます!
大涼院此度の戦、私もお供させてくださいませ。
勝って、必ずや長政様の元へ帰ります!
化け物め、道をあけなさい!
譲らぬというのならば、
私だって、容赦しません。
長い道のりには慣れています。
その先に長政様がいらっしゃるなら、
足を休めることなど、あり得ません。

忍者衆

武将台詞
藤林長門守………藤林長門守、参る。
世を忍ぶ我が奥義、化け物に見切れようか。
試してみるも一興……。
然らば、参る。
百地三太夫
(戦国忍者伝/新春~華~)
百地三太夫、出陣。
我が忍術、とくと見よ。
極め尽くした我が術を、化け物相手に
さらに磨けようとは儲けものよ。
百地三太夫……参るぞ。
果心居士目で見る。耳で聞く。鼻で嗅ぐ。
どれか一つでもできるのならば、
果心居士の幻術からは逃れられぬよ。
出陣とは、じじいに無理を強いるのう。
ま、戦場を華々しく駆けてみたいと
思うたことはあるにはあるがの……。
わし、危なくなったらすぐ逃げるつもり。
そりゃもう、鼠に化けて、
鳶に拾ってもらって、空の彼方へのう。
石川五右衛門石川五右衛門、出陣よぉ!
化け物どものお宝、いただくぜぇ!
いよぉし! ちゃっちゃと勝って、
ひとっ風呂浴びてえな!
とびっきりに熱いやつをよぉ!
やれやれ。わしの忍術が盗みでなく
化け物との戦に役立つとはなぁ。
世の中、何があるのかわからねぇな。
鵜飼孫六……鵜飼孫六、参る。
甲賀流の技、お見せしよう。
……目に留められるなら、だが。
無駄口も長き戦も好かぬ。
疾く終いにしたいものよ。
夕霧では、出陣する。
この戦、一人でも事足りよう。
足手まといはここに残れ。
夜霧出陣する。
皆は我が役目を妨げぬよう心がけよ。
我は忍びゆえ、名乗る名はない。
この身が朽ちるまで任に従う。
夜に立つ霧の中、我とまみえたことを
黄泉で悔やむがよい。
朝霧朝霧の忍術、とくとご覧あれ!
化け物なんか怖くない!
……たぶん。
えっ! 出陣?
あ~ちょっと待って、まだ心の準備が……。
ま、待ってよ~!
今日こそいいとこ見せなきゃ。
逃げ足だけは一人前、
なんて言わせないからねっ!
昼霧うふふ。
偶(たま)には刀を手に
舞い踊るのも良いかも知れないわね。
うふふふ。
丁度、良い薬が調合できたところなの。
あなた、試しに飲んでみない?
うふふふふふふ。
見える、見えるわ。
私の毒で、化け物がもがき苦しむ様が……。
城戸弥左衛門化け物の群れが出ただと?
また、つまらぬものを撃たせる気か……。
闇雲に撃ってもきりがない。
わしが狙うは大将のみよ。
……戦場でわしに構うな。
うぬらの前を塞ぐ化け物は
すべて仕留めてみせる。

剣豪

武将台詞
上泉信綱新陰流・上泉信綱、参る。
どれ、化け物に稽古をつけてやろう。
わしの教えは厳しいぞ。
生き長らえることができようか。
化け物の首をずらりと並べ、
わしも兵法家の端くれであると
証を立ててやろう。
塚原卜伝鹿島新当流・塚原卜伝、参る。
化け物どもよ、
恐れを知らぬまま逝くがよい。
無手勝流としては戦わずして勝ちたいが……
化け物相手の戦とあっては、
そうも言うてはおれぬか。
尋常の立会いならばいざ知らず、
化け物とはいえ無益な殺生は心苦しいが、
致し方あるまい。相手になろう。
伊東一刀斎参るぞ。
わが夢想の剣、見切れまい。
化け物が如何ほどのものか……。
手強き相手であればよいがのう。
化け物よ、負けを知らぬこのわしを
見事に討ち果たしてみせい。
宮本武蔵二天一流に構えあって構えなし……。
宮本武蔵、参る。
いざ尋常に勝負せよ!
化け物の群れを相手取るならば、
敵の出方を待ってはならぬ。
常にこちらから仕掛け、そして討ち伏せよ。
千日の稽古をもって鍛となし、
万日の稽古をもって錬となす。
化け物との戦、よき鍛錬となろう。
佐々木小次郎岩流・佐々木小次郎、いざ参る。
我が秘剣燕返し、破ってみせよ。
岩流・佐々木小次郎に死角なし。
長光の間合いに入らば斬り捨てるのみ。
化け物とはいえ、
命を粗末にするなど愚かなことよ。
柳生石舟斎柳生宗厳、参る。
新陰流の極意、見せてやろう。
然らば、参ろう。
化け物相手に剣を振るうなど、
腕が鈍ることになるまいか……。
わしの太刀筋、化け物如きに見切れまい。
勝負の見えた戦など、つまらぬわ。
片山久安片山流、片山久安……参る。
片山流に死角なし。
嘘かまことか、その目で確かめよ。
我が志を貫く如く、
化け物を我が刃で貫こう。
諸岡一羽一羽流・諸岡一羽、いざ参る!
尋常に勝負いたせ!
化け物ごときに我が太刀筋、見切れまい!
命惜しくば、黄泉へ帰るがよい。
ゆくぞ、化け物!
我が剣、見事受けてみせよ!
鐘捲自斎さてさて……鐘捲自斎、出陣じゃ。
我が鐘捲流剣術を見せるほどの敵かどうか
楽しみじゃな。
腕も刀も使わねば錆びつくだけじゃ。
化け物相手にちょいと振るうだけでも
具合いはよくなるものよ。
この戦、退屈しのぎにでもなれば
御の字じゃな。
宝蔵院胤栄一度は手放した槍ではあるが、
化け物から世を救うためならば是非もない。
宝蔵院胤栄、参る。
宝蔵院流槍術を坊主の遊びと侮るなかれ。
おぬしら侍の槍にも引けはとらぬぞ。
その両の眼でしかと見届けるがよかろう。
宍戸梅軒また戦か。 無闇に血が流れるのは好まぬが、
国のためなら仕方ない。
ついと始末しよう……。
化物といえど、強者と刃を交えたい。
弱い者いじめは退屈だ……。
鍛錬にもならぬ。
この戦、勝利は必定……。
俺に勝てたのは、あの宮本武蔵のみ。
化物ごときに負けぬ。
斎藤伝鬼房天流、伝鬼。
いざ参る。
天より授かりし「一刀三礼」の秘剣、
その目でしかと見届けよ。
天狗と呼ばれた私が、
化け物を斬ることになろうとは。
ふふ、どちらが強かろうな。
夢想権之助我が杖術は人を殺める術にあらず。
……されど、化け物相手とあらば
打ち倒すに迷いなし。
突けば槍、払えば薙刀、持たば太刀。
我が杖術の妙、とくと味わうがよい。
化け物がいかに手強かろうと、
あの武蔵ほどではあるまい。
恐れなど抱きようもないわ。
愛洲移香斎陰流、日向守移香斎。参る
長く諸国を渡り歩いたが、
魑魅魍魎の類と刃を交えるとはな。
人の生とはわからぬものよ。
鵜戸大権現の霊験に依り
授かりし極意……。
冥途の土産に見せてやろう。
柳生十兵衛新陰流、柳生三厳、いざ参る!
化け物どもに、剣術を指南してやろう。
ふふ、命と引き換えにな。
化け物との戦なぞ、
わしにとってはただの稽古に過ぎぬ。
さあ、四方八方より掛かって参れ!
剣術の心得なき化け物に、
わしの太刀筋は見切れぬであろう。
恐れを知る前に、果てるがよい!
丸目長恵
(☆4)
やあやあ、我こそはタイ捨流、
丸目長恵である。
我と刃を交える者はおらぬか!
この「兵法天下一」の旗は
はったりではないぞ。
その身で試してみるか?
化け物なぞを相手取ったとて
稽古にもならぬが、まあよい。
一匹残らず切り伏せてしんぜよう。
林崎甚助
(☆4)
神夢想林崎流、林崎甚助……参る!
居合の秘技は、人に斬られず人斬らず……
されど、真剣勝負ならば、
一瞬で決する!
わしに刃を向けるか……
ならば、御命頂戴仕る。
真壁氏幹
(☆4)
真壁氏幹、参る!
先駆けはわしにお任せくだされ。
我が霞流、化け物なぞに見せる謂れはないが、
此度ばかりは特別よ。
とくと味わうが良い!
殿と共に競い合い鍛えたこの体、
たやすくは破らせんぞ!
さあ、打ってくるが良い!
疋田景兼新陰流、疋田景兼。
不遜を承知でお相手いたす!
化け物の構え、まこと悪しゅうござる。
だが、奴らの胸の内、全て読めたわ!
すぐに勝負を決しよう!
剣術は遊戯にあらず。
真剣勝負なれば御命頂戴する!
覚悟はよいなっ!!
新免無二

文化人

武将台詞
出雲阿国
(☆5/勾玉)
この阿国の舞いをご覧あれ。
皆様方は言うに及ばず、化け物さえも
惹き付けてみせましょうや。
いざ、参ります。
我が歌舞伎踊りは皆を奮い立たせ、
この戦に勝ちをもたらすでしょう。
千利休千利休、参りましょうや。
化け物を茶の湯には招けませぬが、
心より持て成してしんぜましょう。
出陣前に茶など一杯いかがかな?
……ははは、そのような暇はありませぬか。
忙しいことですな。
名古屋山三郎名古屋山三郎の男振りに、
化け物が見惚れちまわないか気がかりだが
……いざ、参ろう!
名越の傾奇者としちゃあ、
この化け物騒ぎも楽しまねばもったいない。
さあ皆の衆、盛り上がってゆこうぞ。
曲直瀬道三曲直瀬道三、出陣じゃ!
皆、好きなよう戦うがよい!
傷はすぐに手当てをしてしんぜよう!
医聖と呼ばれしこと、伊達ではないぞ。
我が道三流医術、とくとご覧あれ。
……ま、見せぬままの方が皆はよいかのう?
おお、そうじゃそうじゃ。
できれば化け物を生かして捕らえてくれ。
医者として、興味があるんじゃ……。
今井宗久金子を用立てましょうか?
鉄砲に火薬が入用ですかな?
は? わしに化け物を討てと? 無体な!
化け物の皮というのは、具足作りに使って
耐えられるものなんですかなぁ。
ちょいと集めて、試してみしょうかなぁ。
ま、わしは化け物よりも銭が好きですな。
戦の話より、商いの話をしませぬか?
うまい茶を点てますぞ?
林羅山林羅山、儒学者なれど拳にて
化け物を討つべく馳せ参じた次第でござる。
よろしくお頼み申す!
己を正しいと信じるならば、
自ら動いて示すべし。
朱子学の何たるか、この拳にて教え候!
人と世を結ぶ理を正しく修めれば
日ノ本は末永く平らかであろう。
理の何たるか、この拳にて解らせ候!
小野お通小野お通、参ります。
殿方に力で及ばぬこと言うに及びませぬが、
必ずやお役に立ってみせましょう。
浄瑠璃を語ることしか能のない私が
化け物との戦で何ができるのか……
試してみとうございます。
皆様の化け物との戦ぶり、
余すことなく目に覚え、耳に聞き、
書画に残しておきましょう。
茶屋四郎次郎化け物との戦ですか。
私は腕っ節はからきしですが
なに、戦いようはございますよ。
化け物もご贔屓様と同じ。
笑って懐に飛び込み、相手を知る。
これが商売の秘訣にございます。
いけませんなあ。
おっかない顔をしていれば運が逃げますぞ。
化け物相手でも、笑顔で参りましょう。
津田宗及
(☆4)
良き茶事を催すには、
まずは良き世を創らねばなりませんな。
津田宗及、出陣させていただきまする。
こうも騒がしくては、
わしの目利きも鈍るというもの。
早う、化け物を追い散らしましょうぞ。
良き日和ですな。
まったく、こんな日は戦などではなく
茶を点てるか宴でも催したいですな。
狩野永徳早いとこ化け物に出くわしたいねえ。
日が落ちたら見えなくなっちまう。
あ、なんだい? そんな眉ひそめちまって。
化け物が恐ろしくないのかって?
あんな面白いもの拝めるんだぜ。
誘われなくてもついていきたいねえ。
おい、あんた。
あの化け物の動きを止めておいてくれ。
いいか、俺が描き終わるまでだぜ?
里村紹巴あー、てす、てす。
連歌師の里村紹巴、
出陣いたしますぞ。
この里村紹巴、
歌合せは勿論、剣術にも心得がありまする。
先陣はお任せ下され。
今しがた雅な歌が浮かんだというに、
出陣とは!
野暮な化け物め、許せませぬ!
島井宗室此度の化け物退治、わしも混ぜてもらおうか。
この天下の一大事、武士に任せるばかりじゃ
商い人の名折れってものよ。
武士なんかにゃなりたかねえが
化け物がうろついてりゃ、薪一束も運べねえ。
わし自ら道を拓くしかねえだろうがよ。
おいおい、そんなに買い込んで、
余すことなく使えるのかい?
銭も武具も飯も、無駄遣いはいけねえや。
山科言継なにゆえ、芸の心も分からぬ化け物と
戦をせねばならぬのか。
褒美はしかといただきましょう。
化け物を、蹴鞠がごとく蹴り倒したいが、
私にそこまでの力はありませぬ。
勢いづけに、ひとつ歌でも詠みましょうか。
酒は憂いの玉箒、化け物も拒みますまい。
心地よう眠ったら、討ち取るまで。
余った酒は、勝ち戦の宴に呑みましょう。

寺社

武将台詞
大祝鶴この戦、鶴にお任せあれ。
足場の揺らぐ海の戦に慣れておりますれば
陸の戦はたやすきもの。
おなごとて、おのこに劣らぬ働きを
成せるものでございます。
鶴の戦にて確かめてみるがよろしいかと。
我は三島明神権化の者なり!
我と思わん者は出だせ給え!
津田算長津田算長、いざ参ろう。
化け物を討ち、衆生を守る。
それこそ拙僧の道である!
津田流砲術は敵なしよ!
鉄砲を知り尽くした拙僧が言うのだ。
間違いないなどあろうものか。*2
見るがよい!
拙僧が興せし津田流砲術を!
化け物など吹き飛ばしてくれようぞ!
白波白波、何でもやります! 頑張ります!
ですから皆さんの戦ぶり、
近くで見て、学ばせてください!
皆さんの足を引っ張らないように。
だけど、ちゃんと役に立つように
しっかり立ち回らないとね!
姉様のため、故郷のため……
私一人で化け物を倒せるぐらい
強くなってみせます!
俊崇坊出陣ですかな?
民のために力尽くせば、大器となる…。
さあ、参りましょうぞ。
戦には知恵が必要にございますな。
拙僧、武力は心許さなくとも、
木魚の音で怠惰を戒め、皆をお支えいたそう。
身の丈に合わぬ行動は控えたいが、
悪しき化け物が野放しとは苦々しい。
微力ながら戦に加勢いたそう。
南渓瑞聞形こそ坊主じゃが、この南渓瑞聞とて
武士の血を引く男よ。
化け物との戦に怖気づきはせぬ。
こんな歳になって
出陣する日が来ようとは思いもせなんだが。
いざ、参るとしようか。
良き日和じゃのう。
陽が照っておるとは、
化け物退治にはうってつけじゃな。
大虫宗岑我が悟りを伝え歩き、
安寧の世に導くことこそ拙僧の役目。
大虫宗岑、出陣いたす!
化け物を前にしても怯むことなかれ。
拙僧が策を講ずれば、勝ちを得るは必定。
必ずや生きて帰ろうぞ!
静かにせよ、座禅の最中である。
……これぞ化け物を成仏させん妙案、か。
各々方、共に参ろうぞ!

北畠家

武将台詞
北畠具教伊勢国司、北畠具教である。
この世を化け物の好きにはさせぬ。
参る。
我が太刀の冴え、とくと見よ。
卜伝殿より授かりし秘剣“一つの太刀”。
化け物に見せるは惜しいが、
此度ばかりは仕方あるまい。
日置大膳弓を持て! 日置大膳、出陣じゃ。
たとえ数多の化け物が湧き出ようと、
一匹たりと逃さず射貫(いぬ)こうぞ!
わしの弓に勝るものなし。
この鋭き鏃(やじり)は
必ずや敵の息の根を止めよう。
戦支度は整った。
わしの丈をも凌ぐ大きな化け物よ、
震い、わななき、待っておれ!

筒井家

武将台詞
筒井順昭筒井順昭、参る。
化け物であろうとなかろうと、
仏敵は討ち払うまで!
ただの僧と侮るながれ。
拙僧は興福寺の衆徒である。
化け物などに怯むわけがなかろう。
皆の者、慌てるでない。
化け物の動きは、とうに読めておる。
拙僧を信じ攻め立てよ!
島左近
(紀伊大和/美丈夫の矜持)
島左近、いざ参ろう。
某の軍略が果たして化け物に通じるのか、
我ながら見物であり申す。
いざ、出陣いたす! この島左近に続け!
かかれーっ! かかれーっ!
皆さん、お気をつけて!
美味しい料理をこしらえて待ってます。
……えええ、私も戦うのですか!?
父上! 私の戦ぶり、
陰ながらどうか見ていてください!
利厳様より授かった剣術、
とうとう、お披露目する時が来たようですね。
化け物は、私に任せてください!

畠山家

武将台詞
畠山義総はっはっは。
化け物どもよ、かかってくるがよい。
この畠山義総が討ち取ってくれよう!
わしが戦うは畠山を守るため。
されど、縁あらばその限りではない。
この戦、われも助勢いたす!
今、この時にわしにできることは
ただただ、畠山の誇りを示すのみ。
なればこそ、勝って見せよう!

河野家

武将台詞
来島通総来島通総、いざ参る。
此度の戦、わしに如何なる見聞を与えるか、
楽しみで仕方ない。
強きが勝ち、弱きが負けるは
化け物相手でも変わらぬ戦の道理。
ゆえに、我らが勝つ。
同じ村上水軍の出なれど、
わしは武吉とは違う。
生き方も、戦の術もな。

三村家

武将台詞
三村鶴三村鶴、出陣する!
この戦場こそが浄土、修羅の苦しみも
極楽の営みなり!
出陣の許しをいただき、感謝する。
化け物の一匹も討たずに朽ち果てるは
口惜しい。
震えてなどおらぬ。
これは、武者震い。
ば、化け物など、恐れておらぬ!

六角家

武将台詞
六角定頼いささか陣が乱れておるな。
わしが整えておこう。
さあ、戦じゃ。
ここは任せていただこう。
将軍家にお仕えする身として、
見苦しい戦はできぬゆえ。
討ち果たすべき敵が
多ければ多いほど良し。
迷いなく剣を振るえるでな。

波多野家

武将台詞
波多野稙通くく、乱れた世に化け物まで現れるか。
まこと面白きことよな。
どれ、まずは武名を轟かすとしようか。
化け物なぞ、わしの餌にすぎぬ。
せいぜい暴れるがよいわ。
退ければわしの誉れとなるからのう。
大望あれど武も知もなくば
世に出るはままならぬ。
化け物は、よき物差しとなろうぞ。

二階堂家

武将台詞
伊達阿南女の私が先陣にて打って出るのだ。
皆も退くわけにはいかぬだろう?
さあ、私の後について参られよ!!
主のために喜んで果てるが武門の習い。
戦で散ることなど、
何も恐れることはない。
私が敵と認めたからには、
たとえ何者であろうとも
容赦なぞせぬ!

戸沢家

武将台詞
戸沢盛安我が志は誰にも折れぬ!
この戸沢盛安が道を阻むものは
すべて打ち払ってみせようぞ!
化け物め、そこに直るがよい。
素っ首、この夜叉九郎がすぐさまに
打ち落としてくれよう。
我を制する、我が心のみ。
力でねじ伏せられるなどとは
夢にも思わぬことだ!

安東家

武将台詞
安東愛季この愛季。
修羅道を行く身なれば、
三毒を断つ剣となる!
なにゆえに化け物は戦うか。
某は、愛するこの地、人、天がため。
これに勝る志なくば、負けはせぬ。
某は勝たねばならぬ。
臣の、民の痛みを止めんがため
勝ち続けなくてはならぬのだ!
安東堯季
安東舜季

相良家

武将台詞
相良義滋出陣ですか。
……身内や謀反者を討ち続けたわしが
化け物ごときに慌てるわけもあるまいに。
化け物め、大友がごとく
我らの地を乱しまするな。
ことごとく討ち果たしてくれましょう。
相良義陽相良義陽、出陣いたす!
義の刃をもって
化け物どもを滅してみせよう。
然らば、いざ参ろう。
家中で繰り返された争いを思えば、
化け物退治なぞ、取るに足らぬことよ。
化け物を討つなど、
家名を残すより余程たやすいというもの。
必ずや勝鬨を上げてくれようぞ。

阿蘇家

武将台詞
甲斐親宣出陣する。
この親宣、必ずや化け物を討ち果たし、
勝鬨を上げてみせようぞ。
化け物が国盗りを企てておるようじゃ。
主家を守れぬは武士の恥よ。
ことごとく討ち果たしてくれよう。
苦境に在る時こそが好機よ。
群がる敵を尽く討ち、
奈落の底からでも這い出てみせるわ。
甲斐宗運甲斐宗運、参ろうぞ。
このわし自らの拳をもって
化け物など葬り去ってくれる。
化け物め、阿蘇を脅かすとならば、
必ずやその報いを受けてもらう。
逃しはせぬ、決してな。
仏敵どもよ、これから地獄へ送ってやる。
弔いの経くらいは上げてやるゆえ、
大人しくそこへ直るがよい。

姉小路家

武将台詞
姉小路頼綱ぬはははははは!!
この飛騨国にて、わしに敵などおらぬわ。
者ども、進めい!
ふはははははは!!
やれい、やってしまえ!
化け物なぞ、残らず蜂の巣にしてくれるわ!
ぬははは……ぬ?
おぬしら、わしの背に立つでない。
誤って、撃ってしまうやも知れぬぞ。

蠣崎家

武将台詞
蠣崎義広蠣崎義広、参る。
これより、いかなることが起きようと
目を背けるでないぞ。
化け物共と戯れている暇はない。
この槍でひと突きにしてくれよう。
ふん、騙して何が悪い。
騙される方が愚かなだけよ。
さあ、此度も勝たせてもらうぞ。

平安

武将台詞
安倍晴明
(☆5)
紫式部さて、参りましょうか。
戦場(いくさば)の心得はありませぬが、
五十四の物語は薬にも刃にもなりましょう。
したり顔のけしからぬ御方には、
書でも戦でも負けていられませぬ。
それでは皆様方、参りましょう。
戦は不慣れですが、彰子(しょうし)様の
御心を煩わせるわけには参りませぬ。
きっと無事に戻りましょう。
芦屋道満この芦屋道満。
憎き相手であれば、妖(あやかし)であれ
朝廷であれ、必ず滅する。
妖に怯える朝廷に何ができる。
われの力の前では、
妖や怨霊さえも傅(かしず)こう。
妖とわれ、
どちらが妖術に秀でているか。
競おうではないか。
藤原純友わしが藤原純友じゃ。
瀬戸内の海は誰にも渡さぬ。
さあ、者共よ帆を上げよ!
海に妖の化け物が湧いただと?
おもしろい、一匹残さず
海の藻屑にしてやろう!
海賊と蔑まれようとも、
わしが狙うは朝廷の貢ぎ船だけよ。
ただし妖は別じゃ、見つけ次第叩き斬る!
藤原道長藤原道長である。
妖を討ってやってもよいが、
貢ぎ物をよこせよ。
妖が湧いた?
仕方ないのう、蹴鞠ついでに
蹴り飛ばしてやろう。
この世をば、わが世とぞ思ふ、
望月(もちづき)の、
欠けたることも、なしと思へば……。
小野小町小野小町と申します。
和歌を捻るが如く、良き策を立て
皆様のお役に立ちましょう。
此度の戦、私もお供いたします。
妖を野放しにしていては、
落ち着いて和歌も捻れませぬゆえ。
この装束でも、戦に差し障りありませぬ。
十二単の如く、鮮やかな差配を
これよりお見せいたしましょう。
小野好古小野好古、参る。
日ノ本の行く末を守らんがため、
妖は一匹たりとも逃さずに討つ!
朝廷の名のもと、乱れ切った日ノ本に
平穏を取り戻すことが、われの役目。
その役目、必ずや果たしてみせん!
たとえ親兄弟であっても、
朝廷に弓引く者を許すわけには参らぬ。
ましてや妖なぞ許すわけがなかろう!
藤原秀郷我が弓矢から逃れた妖は
いまだかつて、おりませぬ。
妖退治は、この藤原秀郷にお任せあれ。
朝廷の命が下れば、
いかなる由があろうと役目を果たす。
それが、わしの矜持というもの。
桁外れに大きな妖? 慌てなさるな。
いかなる獲物も、この弓矢ひとつで
必ずや射抜いてみせん!
清少納言
源頼光
橋姫
渡辺綱頼光様が郎党、渡辺綱、参ります。
京を脅かす妖は許しませぬ、
私が退治いたしましょう!
血の滲むような稽古をし、
私は剣術を修めました。
此度は、その太刀さばきをお見せします!
この綱に歯向かう者が、まだいると?
私の"死の微笑み"を見て、
生き残った敵はおりませぬが、ふふ。
坂田金時
碓井貞光
卜部季武妖ごとき、恐るるに足らず。
頼光様が郎党で四天王の一人、
この卜部季武が相手になろう!
武芸の道を極める稽古に、
妖退治は打ってつけとなろう。
さあ、掛かって参れ!
わしが射掛けた矢からは、
決して逃れられぬ。
寸分違わず射抜いてみせん!

その他

武将台詞
小少将さて、参りましょうか。
無事に生きて戻れればその時は、この世の
あらゆる喜びを教えてくださいませ。ふふ。
私を戦へ? では出来うる限りの手を
尽くしましょう。さすれば何が起きようと
悔いなど残りませぬ。
どうぞ、何なりとお申し付けくださいませ。
好きに振る舞っておりましたゆえ
いつ命が尽きようと、悔いはありませぬ。
馬場頼周馬場頼周、出陣する。
化け物相手はわかりやすくてよい。
腹の裏を探らぬで済むからよ。
日ノ本を荒らす化け物は
少弐を欺く愚か者と同じよ。
……根絶やしにしてくれよう。
太田道灌たとえ手勢が少なかろうと気に病むでない。
この太田道灌の策により、
必ずや化け物を滅してくれん。
わしの軍略が化け物に通じるか。
ここはひとつ、
仕掛けてみるのも良かろうて!
魑魅魍魎なぞに名乗りは無用!
いざ、参ろうぞ!
三浦義意我こそは三浦義意、
八十五人力の勇士と呼ばれた者よ!
この名に恥じぬ戦をしてみせよう!
さあさあ、化け物どもよ。
素っ首並べて待つがよい。
残らずわしの棒の染みにしてくれる!
勝ち目があるかないかは、
飛び込んでから考えるものよ!
わしが血路を切り開いてみせようぞ!
天草四郎神は善き行いを積む人々を
必ずお救いくださいます。
さあ、共に参りましょう。
神より授かったこの力、
この乱れた世を救うためならば
喜んでお役に立てましょう。
信じる心を忘れず、正しき道を歩めば
自ずと道は拓かれるものです。
さ、神の敵を倒しに参りましょう。
若狭若狭、参ります!
父が作りしこの鉄砲で、
化け物を討ちとってみせましょう。
皆様、案ずることはございませぬ。
私が鉄砲でお守りいたしますゆえ、
思う存分敵を討ち果たしてくださいませ。
此度の戦、覚悟して参ります。
もし化け物に囲まれた折は、
私が囮となりましょう。
ジュリアおたあ私もお供させてくださいませ。
化け物に虐げられた方々を
お助けせねばなりませぬ。
望まぬ戦で命を落とすなど
神は望んでおられぬことでしょう。
決して、ご無理などなさらぬよう。
神の教えに従うことのみを考え
今日、この日まで過ごして参りました。
これよりも、そうしてゆくことでしょう。
黒姫黒姫、参ります!
元より、私は戦を好みませぬが、
平安のためならば、お助けいたします。
由なく獣を傷つけてはなりませぬが、
民を苦しめる化け物となれば別のこと、
此度の戦、私も共に参ります!
私は人ならぬ黒龍をお慕いいたしました。
なれど、此度の化け物に情けはかけませぬ。
一匹残らず除き、安寧な世に戻します!
一条房家我こそは土佐七雄が盟主、一条房家である。
化け物どもにくれてやるものなど、
この地に何一つとしてありはせぬ!
いざ、参る。
誉れ高き一条の名跡を継ぐ身として、
化け物などには屈さぬ!
たやすく果てるなど許されぬ。
わしには、土佐を総べる者として、
この地に安寧をもたらす責があるのだ。
斯波詮高斯波詮高、出陣いたす!
幕府の威信を汚す化け物共め。
わし自ら立ち向かい、必ずや討ち果たさん!
わしの威光を前に怯まぬは、
化け物くらいじゃ。なればこそ、
戦をする甲斐があるというものよ。
易々とは謀に惑わされぬようじゃな。
心して采配を振るうとしよう!
小笠原長棟小笠原長棟、出陣いたす。
我が弓馬術の手並み、
とくとご覧あれ!
小笠原を束ねる将として、
下手な戦はできぬ。
さあ、わしの後に続け!
なに、化け物の大群が現れた?
よし、皆、下がっておれ。
一匹残らず射抜いてくれるわ!
二本松義継
(☆4/☆3)
二本松義継、出陣じゃ!
案ずるな、酔ってなどおらぬ!
……ひっく!
ええい、化け物のせいで
せっかくの酒がまずくなる!
さっさと片づけて、うまい酒を呑もうぞ!
わしはまだまだ呑み足りん!
酒瓶抱えて、いざ参る!
有馬晴純年こそ食っておるが、槍働きでは
まだまだ若い者らには負けぬわい。
有馬晴純、いざ出陣じゃ!
この有馬晴純が参ったからには、
勝ちは揺るがぬわ。化け物など、
音も無く捻(ひね)ってくれようぞ!
化け物め、性懲りもなく現れおったか。
肥後一国に威を示せし有馬家が力、
得と見せつけてやらねばのう!
松東院

特殊

武将台詞
浅井長政
(七夕)
この笹飾りに勝ち戦を願い、
浅井長政、出陣いたす!
民の七夕祭りを脅かす化け物を討つに
この長政、なんのためらいも持たぬ!
いざ、参らん!
む、出陣ですか。遅れて申し訳ありませぬ。
いやなに、短冊に市の幸せを願わんと
書き綴っておりました。
お市
(七夕)
この笹飾りに皆の無事を願い、
出陣いたします。
必ずや、戦果を挙げてご覧に入れます。
七夕祭りは楽しきものですが……
彦星と織姫の逢い引きに横槍を入れる
無粋な化け物を放ってはおけませぬ。
お待たせして申し訳ございません。
殿と添い遂げられますよう
短冊に書き綴っておりました……。
蒲生氏郷
(七夕)
蒲生氏郷、彦星の姿を借りて出陣じゃ!
年に一度の織姫との逢い引きを
邪魔立てするな、化け物どもめ!
この天の川兜を目印に、蒲生氏郷に続け!
皆はわしについて来れば
好きなだけ勝ち戦を味わえようぞ。
我が兜に散りばめた星は天の星と変わらぬ。
さあ、皆の者! 我が兜の星に
勝ち戦の願いを託し、いざ参ろうぞ!
冬姫
(七夕)
星に祈りし勝ち戦の願い、
星を散りばめた私の鉄砲が聞き届けましょう。
では、参ります!
今の私は織姫の姿を借りておりますゆえ、
愛しき彦星との年に一度の逢い引きに
横槍を入れる化け物を許しはしませぬ。
皆と七夕祭りを楽しんでいるところだと
いうのに……。
化け物など返り討ちにしてくれましょう。
本願寺顕如
(七夕)
如春尼
(七夕)
細川忠興
(七夕)
細川ガラシャ
(七夕)
真田信幸
(七夕)
真田信幸、出陣いたす!
ふふふ、斯様(かよう)な出で立ちだからこそ
弄せる策もあるものぞ。
笹に書きつける願いは、真田の繁栄。
邪魔をする化け物は、必ずや成敗してみせる。
稲はわしには過ぎたる嫁ぞ。
これに劣らぬよう、さらに一層
鍛錬を積まねばなるまいな。
鍋島直茂
(七夕)
鍋島直茂、いざ参らん!
七夕の夜を穢す化け物共よ、
必ずや成敗してくれよう。
戦続きでゆるりと過ごせる時は多くないが、
七夕の夜くらいは我が妻の顔を見れるかのう。
ははは、さながら織女と牽牛ですな。
外の国では、織女の星は「こと」を
かたどる星々のうちの一つだとか。
うーむ、言われてみればそう見えますかな。
稲姫
(七夕)
本多忠勝が娘、稲! いざ、出陣!
と、言いたきところだが……、
動きづらくて敵わぬ! なんだこの格好は!
殿も彦星に扮して出陣しておるのか?
それは何と凛々しゅうことか。
化け物さえも見惚れてしまうだろうな。
笹飾りの願いか。
それはもちろん、決まっておろう。
殿のお傍で、いつまでも戦い続けることよ。
陽泰院
(七夕)
古くに伝わる
棚機女(たなばたつめ)のように、
心を込めて直茂様をお支えいたします。
七夕だからといって、こすぷれ姿では
直茂様に笑われてしまうでしょうか?
あ、あまり見ないでくださいませ…。
南蛮には「こと」の星宿(せいしゅく)に
まつわる悲しき言い伝えがあるとか。
ろまんちっく、でございますね。
上杉景勝
(七夕)
阿菊御料人
(七夕)
戦には不慣れですが、私も参ります。
せっかくの祭りを邪魔されては、
もったいのうございます。
案ずる事はありませぬ。
この羽衣を天の川に見立てて無事を祈り、
皆様をお守りいたします。
この姿を殿にお見せしとうございます。
無口なお方ですが、
お褒めいただけるでしょうか……。
北条氏政
(七夕)
牽牛の姿とて、侮りなさいますな。
妻と過ごす七夕、化け物ごときに
邪魔はさせません。
さて、早く片付けてしまいましょうか。
このような大事な日に、
化け物なぞに構ってはいられません。
願い事ですか? はは、決まっています。
妻と、いつまでも一緒にいられるように。
……ありきたりで、つまらないですか?
黄梅院
(七夕)
おほほほほ! 早う化け物を倒し、
満点の星空のごとき、この雅な姿を
殿にもご覧にいれましょう!
豪華絢爛とはまさにこのことですわ!
美の化身たる私がいるのですから、
この戦、必ず勝ちますわ!
天の川が見えぬとも、ご安心なさい。
私が織姫であり、天の川でもあるのです。
勝ち戦の願いは、私が叶えます!
織田信忠
(七夕)
信松尼
(七夕)
直江兼続
(七夕)
この前立てが、いつもと違うと?
今宵は、織姫と彦星の逢瀬なる日なれば、
某も祝おうと思いましてな。
斯様に着飾った姿とて、
化け物相手に負けるは許されませぬ。
一匹残らず夜空の星にして見せましょう!
織姫姿のお船が待っておりまする。
たとえ血の川を渡ることになろうとも、
必ずや無事に帰りましょうぞ。
お船
(七夕)
この笹にも、使い道がありましょう。
柔を以て剛を制する……。
私にお任せくださいませ。
七夕の夜を台無しにする化け物には
私の仕置きが必要ですね。
兼続様が彦星なら、川を泳いででも
私に、会いに来てくださいましょう!
ふふふ、それも楽しいかもしれませんね。
サンタねね
(☆3)
皆さま、出陣です。
幽魔を倒し、少しでも皆さまが
幸せになれますよう、祈ります。
これより戦なので、良い子のもとへ
ぷれぜんとを届けられないのが残念です。
……では、参りましょう。
細川ガラシャ
(クリスマス)
めりーくりすます。
さんたくろーすの務めゆえ、化け物には
手痛い贈り物を用意してございます。
めでたき装束にございますが、
冬の夜にこのような薄着、
まこと清貧の御心を感じまする。
神のご加護があるとはいえ、
この姿で出陣は……はしたなきこと。
あの人にみつからぬよう参りまする。
斎藤小少将
(クリスマス)
出陣じゃな?
いざとなったら、このくりすますつりーを
化け物にお見舞いしてやろうぞ。
さんたは、音もなく館を訪れぷれぜんとを
置いてゆくという。ふむ……忍じゃな。
わらわも忍のごとく振舞おうかのう。
これ、何を見ているのじゃ!
ぷれぜんとが欲しいからといって、
もの欲しそうな目をするでない。
井伊直虎
(クリスマス)
どっかーん! めりーくりすます!
ふふ、この勢いで化け物も
吹き飛ばしてやるんだから。
(バンっ!)
どう、びっくりした?
出陣前の景気づけにいいよね、これ。
(バンっ!)
ほらほら、ぼうっとしない!
いざ出陣っ!!
京極竜子
(クリスマス)
(りんご~ん♪)
うふふ。出撃のお時間でございますよ。
(りんご~ん♪)
(りんご~ん♪)
この音は、時を告げるのに良いですね。
さあ、参りましょう。
じんぐるべ~る。じんぐるべ~る
鈴が~なる~。
(りんご~ん♪)
お犬の方
(クリスマス)
少々肌寒くはございますが、
戦に差支えはございません。
では、参りましょう。
この人形、雪を固めて作ったとか。
とても可愛らしゅうございますね。
お守りの代わりに持っていきましょう。
くりすますとは、
まことめでたく心が弾む祭りですね。
ぜひ、兄上にもお教えしとうございます。
京極マリア
(クリスマス)
いざ、参ります。
マリアの名に恥じぬ
善き行いを致しましょう。
つりーの飾り付けをせねばなりませぬ。
さあ、急ぎ戦を終わらせましょう。
参りますよ。
皆に、神の祝福があらんことを。
このクリスマスが
素晴らしき日となりますように。
濃姫
(クリスマス)
参りましょう。今宵は冷え込みますゆえ、
風邪など引かぬよう
お気をつけくださいませ。
このけーき、おいしゅうございます。
あなた様も、一口いかがですか?
ふふ……毒などは入っておりませぬ。
くりすますとは、このけーきのように
甘く美味なる宴にございますね。
化け物なぞに邪魔をされたくはありません。
早川殿
(クリスマス)
めりーくりすます!
ぷれぜんとを用意していますので、
戦が終わったらお渡ししますね。
この箱の中身ですか?
実は私にも分からないんです。
開けてみてのお楽しみ、ですね。
あ、箱は開けないでください!
今日の中身は、化け物への
手痛い贈り物なのですから!
立花道雪
(クリスマス)
えいとう! えいとう!
大友の雪神、立花道雪。
いざ、ゆかん!
ほーう、ほう、ほう!
めりーくりすます。
今宵はわしが主役でございますな!
斯様な装束では化け物に見つかる、と?
望むところでございます。
全て討ち果たしてご覧に入れましょう!
朝倉宗滴
(クリスマス)
朝倉宗滴、出陣じゃ!
ふふふ。化け物共にはふさわしき
ぷれぜんとを用意しておるぞ。
この箱、中に何が入っておるかは知らぬが
御館様がお喜びになるものであろう?
ううむ、お渡しするべきか否か。
この装束は首のあたりがきついのう。
ほれ、少し緩めてくれぬか?
細川幽斎
(クリスマス)
すのうまんの細川幽斎、出陣いたす。
くれぐれも、化け物どもと
見紛うことなきよう願いまする。
細川幽斎、出陣いたしましょう。
ふっ、斯様な装束にて戯れるも、
たまにはようございます。
この装束、なかなかに温かい。
ふふふ、我が子たちにも
着せてやりとうごうざいますな。
長野業正
(クリスマス)
音に聞こえしまっするとなかい、
長野業正とはわしのことよ!
皆の者、わしのそりに乗れい!
今のわしほど
先駆けにふさわしき者はおるまい!
さあ、わしが引くそりに続けい!
化け物など、この鋭き角でひと突きよ。
負ける気がせんわ!
沼田麝香
(クリスマス)
この麝香、
今宵はただのおなごではございませぬ。
その心、射貫いてしんぜましょう。
少々肌寒くはございますが、
ふふふ。斯様に可愛らしき装束、
着替えるにはもったいのうございます。
めりーくりすます、でございます。
皆様の幸せを祈る想いを、
この矢に込めて放ちましょう。
生駒吉乃
(クリスマス)
めりーくりすます、でございます。
私からのささやかなぷれぜんと、
殿は受け取ってくださいますでしょうか。
ささやかな時を
大事に思う方と過ごせるはありがたきこと。
私はそれだけで幸せでございます。
箱の中身は……恥ずかしゅうて申せませぬ。
ど、どうしても知りたいのですか?
それでは、こっそりと……。
駒姫
(クリスマス)
駒、出陣します!
……くしゅん!
ちょ、ちょっと肌寒うございます。
ほわいとくりすます。
よく分かりませんけど、
ろまんちっくな響きでございますね!
くりすますの空模様、ですか?
えーと、えーと……、分かりませんけど、
きっとほわいとくりすます、です!
秀の前
(クリスマス)
斯様な装束を着ている間は
楽しんでも罰は当たりませぬ、でしょう?
め……めりー、くりすます!
あの……斯様な格好をしておりますこと、
義父上には決して言わないでくださいませ。
後でどうなるか、わかりませぬゆえ。
この兎の耳、似合っておりますか?
……も、もっと折り曲げたほうが、
可愛らしくなるでしょうか。
真田昌幸
(クリスマス)
斯様な恰好では戦場で目立つ、と?
ふふふ、障りない。
油断させるのが、わしの狙いよ。
「さんた」なる、赤き翁が進物を
この“くつした”に入れるとは妙な風習よ。
……これではあまり入らぬがな。
“くつした”いっぱいの菓子に、
可愛らしき人形……。
我が子らは斯様な品で喜ぶ歳でもないか。
安国寺恵瓊
(クリスマス)
化け物の攻めは、拙僧が引き受けましょう。
この装束は、少しばかり重いものの、
その分、硬き造りになっておりましてな。
この格好が気になりますかな?
拙僧は気に入っておりますが、
雅やかにございましょう。
おっと失礼、扇を落としてしまいました。
……どうか、拾っていただけませぬかな?
拙僧は装束が硬うて、屈めませぬ。
松永久秀
(クリスマス)
めりーくりすます。
緑の装束が、うらやましかろう。
林に潜むにはもってこいよ!
聖夜というめでたき日にも、
化け物などと戦をせねばならぬのか?
……仕方あるまい、ゆくぞ。
南蛮の酒は珍妙な色だが、味は悪くない。
おぬしにも分けてやるゆえ、
化け物退治に精を出せよ。
島左近
(クリスマス)
めりーくりすます。
華やかな“くらっかー”で勢いをつけ、
いざ、出陣ぞ!
赤き装束は目立って良いですな。
こちらから探さずとも、化け物の方から
討ち取られるべく出向いてくれますゆえ。
皆の者、馬……ではなく、そりに跨がれい。
さあ駆けよ、駆けよ! かかれーっ!
立花誾千代
(クリスマス)
立花誾千代、参ります!
今宵は皆の寝込みに贈り物を届ける
先駆けになりましょう。
めりーくりすます、でございます。
“さんたくろーす”なる翁を迎え入れる
支度はできましたか?
“となかい”なる鹿を模した装束です。
どうですか、この光る角。
なかなかに見事でしょう?
義姫
(クリスマス)
私を邪魔する化け物どもには、
この愛らしき得物で私自ら、
必ずとどめを刺してやりましょう。
もたもたするでない。
日ノ本の童(わらべ)たちがこの私を
待ちわびているのですから。
実を言えば、私の得物の先は、
飴でできていたりします。
舐められぬよう、これは内緒ですよ。
亀寿
(クリスマス)
皆、共に参りましょう。
めりーくりすます!
“すのーどーむ”の中の雪は、
溶けずに、いつまでも降り続けるのですね。
とても不思議です。
私の人形、愛らしくて気に入っております。
……え?
化け物を模しているのですか?
北川殿
(クリスマス)
さあ、今宵は宴だよ。
遠慮はいらないから、皆楽しみな!
ほう。この“しゃんぱん”という酒は、
開けた時の気風が、なかなかいいね。
化け物にぶつけたら、どうなることやら?
“くりすます”ってめでたい日なんだろう?
ならば、さっさと化け物を倒して、
盛大な宴を開こうじゃないか。
斎藤小少将
(ハロウィン)
このような姿で出陣するのかと?
ふふふ。 当たり前じゃ
誤って斬りつけたら許さぬぞっ。
化け物がこの姿をみてどう出るか、
一目見てみたいものじゃ。
おぬしも気になるであろう?
すこし酔うておるが、
出陣できぬほどではない……。
ん? おぬし、なぜ二人おるのじゃ?
宇佐美定満
(ハロウィン)
宇佐美定満、いざ出陣する。
はは、この姿で戦に向かうは
いささか面映ゆくありますな。
この宇佐美定満、そう易々と衰えはせぬ。
見事な耳捌き……ではなかった、
槍働きを見せてやろうぞ。
この耳に劣らず、我が耳は地獄耳よ。
化け物の動き、聴き逃しはせぬ。
尼子経久
(ハロウィン)
見た目に騙されてくれりゃ楽なもんだ。
こちとら、尼子経久だぜ?
笑われるくらい何でもねえよ。
おう、この装束が欲しいのか?
この戦から帰ってきたら、全部やるよ。
遠慮するな……持っていきな。
こいつが最後の戦となったとしてよ、
お似合いの晴れ姿じゃねえか。
皆が笑ってくれりゃあ、悪くねえ。
真田幸隆
(ハロウィン)
さて、いざ参ろうか。
未だ衰えぬは知だけでなく
武もあることを見せてくれよう。
このような姿で出陣するのかだと?
無論、そのつもりよ。
誤ってわしに斬りつけるでないぞ。
戦で散るは武門が誇りよ。
さあ、来るがよい化け物よ。
一匹残らず切り倒してくれよう。
百地三太夫
(ハロウィン)
百地三太夫、参る……の、だが。
戦というに、この頬が緩むが止められぬは
なにゆえであろうか。
この姿は、月夜に現れる化性と聞く。
今宵の月はよく輝いておる。
わしの体も疼いておるわ。
獣に紛れるなど、忍には当たり前。
術の一つ、そう思えば
この姿も悪くはない。
陶晴賢
(ハロウィン学園)
陶晴賢、出陣よ。
くく、この姿には見惚れずにおられまい?
麗しくも華やかに戦ってみせようぞ。
この宴、化け物とは楽しめぬ、か。
なれば仕方がない。
ひと思いに葬ってくれよう。
皆の者、
宴はまだまだ始まったばかりよ。
存分に暴れるがいい!
直江兼続
(ハロウィン学園)
直江兼続、出陣いたす。
ふふ、この姿で
戦に出るなぞ不調法(ぶちょうほう)なれど
裏腹に心は躍りますな。
この装束を身に着けておりますと、
何やら邪(よこしま)なる心地に……。
ふふ、戯れでございまする。
戯れるが如く、弄ぶが如く、
絡繰るが如く、踊らせるが如く、
ふふ、この戦、某にお任せあれ。
細川伊也
(ハロウィン学園)
生徒会長、細川伊也、参ります!
……あ、あまりじろじろ見ないで。
この格好、恥ずかしいんだから。
ふふん。
この装束に身を包んだからには、
奇術の一つや二つ、見せてあげなきゃね。
化け物なんかに、私たちの大切な
学園の地は踏み荒らさせない。
覚悟して。
本陽院
(ハロウィン学園)
狩野永徳
(ハロウィン)
早いとこ化け物に出くわしたいねえ。
日が落ちたらせっかくの雅な衣装が
見えやしねえ。
化け物が恐ろしくないのかって?
この仮面の下のほうが、よほど恐ろしいぜ。
……なあんてな。
出雲阿国
(ハロウィン)
この阿国の舞をご覧あれ。
……ふふ、せっかく面をつけても、
私だとわかるでしょうね。
いざ、参ります。
このような格好で出陣とは、
いささか奇妙な心地です。
此度は外の国の舞といたしましょう。
さあ、あなたも私の手を取って、
1、2、3、1、2、3……。
伊達成実
(ハロウィン)
 
柴田勝家
(学園)
百々目鬼連合との戦争か!
この鬼番長・柴田勝家に続けい!
百々目鬼連合め!
わしらの学園に攻め込むとは愚かな真似を!
返り討ちにしてくれる!
この戦争、わしに任せよ!
百々目鬼連合など、蹴散らしてくれるわ!
前田利家
(学園)
学園の風紀を乱す、百々目鬼連合の
愚かな振る舞いは正さねばならん。
それが風紀委員長・前田利家の務めよ。
前田利家は風紀委員長であるが……
学園を離れれば、喧嘩上等の一人の男よ。
裏番長とよばれたわしはもうおらぬ。
だが……用があるなら屋上で聞いてやる。
校舎裏でも構わぬぞ。
前田利益
(学園)
前田利益、いざ参る!
戦で手柄を立てて、おなごたちに
手前の男ぶりを見せてやりましょうぞ!
百々目鬼連合が攻めてきましたな?
やはり授業より戦!
その方が、手前の性分に合っておりますぞ。
前田利益は恋も戦も、
命がけで楽しみますぞ。
止められるものならば、止めてみよ!
濃姫
(学園)
生徒会長として学園の治安を守るため、
出陣いたします。
皆様方、お力添えくださいませ。
学生の本分は勉学です。
戦にばかりかまけて、成績を落とさないよう
お気をつけください。
百々目鬼連合などに
屈するわけにはいきません。
戦って、勝ってみせましょう。
今川義元
(学園)
今川義元、おん・すてーじ!
余の正義の咆哮が勝利の誓いとなろう。
百々目鬼連合、もはや敵にあらず!
これぞ、じゃすとすとりーむ常勝無敗の
戦装束である。
皆の衆、余の声と姿を見失うでないぞ。
余の歌を聴くがよいわあぁぁぁァァァア!!
太原雪斎
(学園)
じゃすとすとりーむが一人、太原雪斎。
殿の御為に体が朽ちるまで
どらむを叩き続けてご覧に入れましょうぞ。
百々目鬼連合の供養は
木魚を16ビートで叩きつつ
念仏を唱えてしんぜよう。
この戦いが、新たな曲と歌を生み出すための
いんすぴれーしょんをわしに授けることを
願うばかりであり申す。
寿桂尼
(学園)
じゃすとすとりーむが一人、寿桂尼。
私のらいぶぱふぉーまんすに
一人でもついて来られましょうか?
すてーじも戦も、この心を燃やすほどの
熱さはありますまい。
寂しさに心も黄昏れるというもの。
激しさばかりが売りの百々目鬼連合に
私の奏でる繊細な音色を聞かせても
意味はないでしょうが……まあ、よいです。
井伊直虎
(学園)
じゃすとすとりーむが一人、井伊直虎!
私も皆も楽しめるすてーじんぐを目指して、
れっつ・ろっく!
ばんどやろうよ!
私の速弾きてくにっくで盛り上げるから!
百々目鬼連合との対ばん? おっけー!
百々目鬼連合の相手するの面倒だから、
ぎたーで殴り飛ばしていい?
ふるすいーんぐ!
田鶴姫
(学園)
じゃすとすとりーむが一人、田鶴姫。
りずむせくしょんは任せて欲しい。
どんな状況でも皆の音を支えてみせるよ。
百々目鬼連合のやってることは
私たちへの侵略だからね。
負けたくはないよ。
ばんど活動は楽しいし、やり甲斐もあるけど
そればかりだと、めんばーの誰一人として
進級も卒業もできないんじゃないかな……?
斎藤道三
(学園)
斎藤道三の美濃最強伝説の始まりよ!
止められるものならば、止めてみよ!
青鬼魔痛め……。群れるばかりで
わしとタイマン張る覚悟はないか!
この拳の重さに耐えられるかのう?
おぬしら青鬼魔痛とは、
背負っておるものが違い過ぎるわ!
竹中半兵衛
(学園)
青鬼魔痛とのケンカ、
この竹中半兵衛にお任せあれ。
奴らの手口はすべて心得ておりまする。
影の魔術師と呼ばれる某のケンカ、
買う気はあるかのう?
拳を振るうだけでは、能がないわ。
ケンカは始まる前に既に終わっておる。
わからぬか?
おぬしらに勝機など、万に一つもないわ。
明智光秀
(学園)
この明智光秀に
ケンカで勝てると思うたその時、
おぬしはすでに敗れておるわ。
あえて言わせてもらおうか。
わしにケンカを売るなど、百年早いわ。
わしは独りでも強い。
されど皆がおれば、なお強くなろう。
……このようなこと、言わせるな。
深芳野
(学園)
美濃最強の座を目指す私が
青鬼魔痛なんかに後れを取っては
深芳野の名が廃るわ。
うちのれでぃーすの総長に代々受け継がれる
この木刀の前に、青鬼魔痛なんかが
相手になるわけないだろうに。
青鬼魔痛を百匹倒したところで
千代先輩には届かない……。
まだまだ、修行が足りないわね……。
可児才蔵
(学園)
可児才蔵とタイマンを張る奴はおらぬか!
ならば、まとめてかかってくるがよい!
どうせ、わしには勝てぬのだからのう!
わしのケンカは果し合いよ。
命懸けでかかってこねば、
悔やむだけでは済まぬことになろうぞ。
ケンカ上等。
わしをキレさせたら、大したものよ。
浅井長政
(学園)
浅井長政、おん・すてーじ!
次はお待ちかねの曲、
「ふりむけば君が」!
私があいどるとなり、己を磨き上げたは、
己を変え、この想いを打ち明けるため!
浅井長政、今こそ参る!
私が磨きに磨いたこのだんす、
百々目鬼連合さえも魅了できるか
試してみようではありませんか!
藤堂高虎
(学園)
かりすまと謳われる某のぷろでゅーすが
あれば、百々目鬼連合も目ではない。
れっつごー!
担当するあいどるを守れなくて
ぷろでゅーさーが名乗れようか。
げっとれでぃー!
あいどるたちと共に一歩ずつ歩み、
ふぁんに笑顔を届ける……。
これだけは誰にも邪魔させぬ。
朝倉宗滴
(学園)
わしが201X学園近江支部長
朝倉宗滴である!!
生徒には指一本触れさせぬ!
老いぼれと侮るでないぞ。
今でもとれーにんぐは怠っておらぬわ。
若き者には出せぬ味を見せつけてくれる。
皆、誰もが胸の内に星を抱く!
その眩き輝きを守るためならば、
この宗滴、鬼にもなろう!
お市
(学園)
まだまだ駆け出しですが、市はがんばります!
それでは聴いてください、
「ときめき☆恋心(らぶはーと)」!
ふぁんの皆さまと一歩ずつ歩み、
笑顔を届ける……私、そのような眩い
あいどるになりたいのです。
私の歌を聴いてくださぁぁぁぁぁぁい!!
斎藤小少将
(学園)
あいどる、それこそわらわの生き甲斐じゃ。
それを阻む者には容赦せん。
この覚悟、見せてくれようぞ。
わらわのすてーじは、夢のごとき舞台。
何人たりと酔いしれずにはいられぬ!
皆の者、準備はよいか! これより先は
わらわのすてーじぞ! 聴くがよい、
「宵闇恋慕(ないとうぃっしゅ)」!
三好長慶
(学園)
キャプテン・ナガヨシ、ここに見参!
さあ、ドドメキユニオンよ。
わしが来たからには観念せい!
河内和泉支部の首席ひーろーたる
わしが来たからには、安んずるがよい。
生徒には指一本触れさせぬ!
なぜ争いは絶えず、平和は続かぬのか……。
このままでは、この世はもう終わりよ!!
……いかんいかん、わしがしっかりせねば。
本願寺顕如
(学園)
ゴールデン・ケンニョ、参上!
化け物よ、このごーるでん・あーまーの前に
ひれ伏すがよい!
拙僧がこのごーるでん・あーまーに
どれほど注ぎ込んだか知っておりますかな?
ふふ、知ればきっと腰を抜かすでしょう。
ごぉぉぉぉぉぉるでんっ!!
ばぁぁぁぁぁぁぁぁぁすとっ!!!
下間頼廉
(学園)
ブラック・ライレーン、助太刀に参った!
さあ、悪はどこだ?
わしが成敗してくれる。
化け物よ。
悪はこのライレーンが見過ごしはせん!
さあ、おのれの罪を数えるがよい!
学食前の肩慣らしに丁度よかろう。
化け物を片付け終えたら、
皆で学食すたみな丼を食しにゆくぞ!
如春尼
(学園)
スプリングフィール、ただいま参上!
戦の傷は、保健委員でもある
私にお任せください。
あまり私を怒らせないでくださいね!
この一面焼け野原にしてしまいますので…。
罪なき民を襲う化け物め、許せませぬ!
どおりゃぁぁぁっ!!と、いけない……
ついやりすぎてしまうところでした。
松永久秀
(学園)
ヒサヒデ・ザ・ボマー、見参!
吹き飛ばされたくなくば、出て来るがよい。
ちっ、ドドメキユニオンめ!
わし以外の者に、河内和泉と紀伊大和を
好き勝手させてなるものか。
わしの天下取りを邪魔する者は、
たとえ誰であろうと容赦はせぬ!
皆、この爆炎で吹き飛ばしてくれるわ!
鈴木重秀
(学園)
マゴイチ・ザ・レイヴン、出るぞ!
さいがりうむくろーの切れ味を思う存分、
味合わせてやろう!
さあ、この爪で刎ねられたい奴はおらぬか!
こっちはうずうずしておるのだ!
早う出てこい!
くれぐれもわしの戦を奪ってくれるなよ。
邪魔しようものなら、たとえ味方であろうと
容赦なく切り裂くからな!
雑賀蛍
(学園)
ファイアフライ、出る!
兄上には劣るやもしれぬが、
この切れ味を甘く見ぬことだ!
サダユー殿に作っていただいた、
さいがりうむくろー。
兄上と同じ形……同じ切れ味……ふふふ。
私の眼は弓道部で培ったもの。
化け物なんて止まって見える!
どんな敵でも切り裂いてやるわ!
島左近
(学園)
わしの名は、サコン・ザ・オーガ。
このびーむせいばーをもってすれば、
この世に絶てぬものはない!
幾度もの転校により鍛えられた我が秘剣。
化け物なぞ目ではない!
軽く捻ってくれようぞ。
我が生涯を捧げるにふさわしき主か……
しかと見届けさせてもらおう!
十河一存
(学園)
我こそが、軍神パワフル・ソゴー。
さあ、ドドメキユニオンよ、
この剣で光の礫(つぶて)にしてやろう!
我が怒りの聖剣に叩き潰されたき者は
前に出てくるがよい!
さあ! いざ! いざぁぁぁぁぁっ!
神の子とまで呼ばれたこのわしを
傷つけられる者などおるものか!!
哀れ! まことに哀れな者どもよッ!!!
武田信玄
(学園)
武田信繁
(学園)
甲斐高校らぐびー部副将、
ふぉわーどりーだー、武田信繁じゃ。
わしのことは、誰ひとり止められぬ!
なにゆえ、左様に化け物を恐れておるか。
ようし、勇ましさとはいかなるものか、
おぬしらに見せてやろう!
なぁに、あばら骨の一本や二本、
折れたとて大したことではない。
命ある限り、動き続けよ!
武田勝頼
(学園)
甲斐高校らぐびー部副将、
司令塔の武田勝頼じゃ。
差配は、このわしに任せよ!
あやつらの考えなどお見通しよ。
わしの策に従いさえすれば、
自ずと勝ちを手に出来よう。
いかに化け物が暴れようと案ずるな。
あやつらは、とうにわしの掌の中よ。
さあ、一気呵成に攻め込まん!
諏訪姫
(学園)
山本勘助
(学園)
涙もろい教師と、侮るなかれ。
元らぐびー日ノ本代表の“蹴り技”で、
化け物どもを退けてみせる!
ひとりはみなのために
みなはひとりのためにーー
この山本勘助が勝ちを導かん!
めんばーを思いやる心は誰にも負けぬ。
この流るる涙が、何よりの証よ。
涙は拭わぬ、いざ参らん!
上杉謙信
(福袋・ラグビー)
上杉謙信
(福袋・サッカー)
よし、試合じゃ。ゆくぞ。
このふりーきっく……
“黄金の右脚”の誉れにかけて、
外すわけにはいかぬ。
ごーるがあるから蹴るのではない。
わしが蹴るからごーるがあるのよ。
上杉謙信
(学園)
よし、試合じゃ。ゆくぞ。
努めれば報われるのではない。
報われるまで努めるのみよ。
このふりーきっく…… 
“あさしんすないぱー”の誉れにかけて、
外すわけにはいかぬ。
宇佐美定満
(学園)
この宇佐美定満、まねーじゃーとしての才を
皆様に存分に見せましょうぞ。
戦もさっかーも同じ。
よく敵を探り、採るべき策を講じる。
ぴっちの外で勝敗は決するのでござる。
泳げずとも、戦えずとも、
できることはございまする。
皆様を後方より手助けいたしますぞ。
柿崎景家
(学園)
猿毛学園さっかー部主将、
せんたーふぉわーどの柿崎景家よ。
化け物など恐るるに足らず、
皆の者、ついて参れ!
わしにぼーるを寄越すのだ!
化け物がどれほど立ち塞がろうと
容赦なく薙ぎ倒してくれるわ!
鬼小島弥太郎
(学園)
よし、点を取ってきてやる。
この鬼小島弥太郎に、ぱすを寄越せ!
化け物が守りを固めておる、だと?
わっはっは!
わしのどりぶるで崩してやるわ。
化け物どもよ、このわしからぼーるを
奪えるなら奪ってみよ。
長尾虎
(学園)
長野業正
(学園)
北条氏康
(学園)
山県昌景
(学園)

コラボ

武将台詞
生駒吉乃
(戦ロワコラボ版)
生駒吉乃、いきます!
ノブ様、見ててくださいねっ!
みんな、安心してね!
化け物なんて私がやっつけちゃうんだから!
ヴァルド門を開けろ!
豪炎斧のヴァルド、出るぞ!
違う世界まで来てモンスター退治とはな……
俺は戦争から逃れられない運命かもしれん。
それじゃあ、いっちょやってやろうか!
遠慮なく暴れさせてもらうぜ?
女神フレイア女神フレイアの名において、
出撃を命じましょう。
後ろから見守っているだけではありません。
戦わねばならぬ時ならば、戦いましょう。
異なる世界で私の力がどこまで通じるか
わかりませんが……
女神としての加護を、皆様に授けましょう。
竹中半兵衛
(100信コラボ版)
(男性武将汎用台詞)
真田幸隆
(100信コラボ版)
攻め弾正、真田幸隆とはわしのことよ。
何者がかかってこようとも
必ず討ち果たしてみせようぞ!
一度ならず二度までも、まして化け物に
故里を奪わせはせぬ。
真田の地は、この手で守る!
我が六文銭の旗印に恥じぬ
戦ぶりをお見せしよう。
いざ尋常に、参る!
真田幸村
(100信コラボ版)
真田幸村、いざ出陣!
この十文字槍の餌食になりたい化け物、
前に出よ!
智は祖父上、父上に及ばず、
武は兄上に及ばぬ若輩者なれど
不惜身命の覚悟にて、この戦に参る!
この赤備えは不退転の決意であり、
日ノ本一の兵たらんと欲する誓いである!
破れるものならば、破ってみよ!
黄月英は、はい!黄月英、出陣します!
がんばります!
はわわ、待って待って!
おいて行かないで!
え?もう出陣ですか?
みなさんの足を
引っ張らないようにしなきゃ……。
冬姫
(のぶニャがコラボ版)
父・のぶニャがに恥じぬ戦を
ご覧にいれましょう。
では、参ります。
冬をただのおニャごと思いませぬよう。
これでも戦国の世を生きております。
化け物など返り討ちにしてくれましょう。
お市
(のぶニャがコラボ版)
では、市も出陣いたします。
必ずや、みニャさまと共に
戦果を挙げて参ります。
兄、のぶニャがのようには参りませぬが、
市もまずまず武芸をたしなんでおります。
戦場での働き、ご期待ください。
足利義昭
(のぶニャがコラボ版)
※☆3
第十五代将軍・足利義昭、出陣ニャり。
露払いは任せるぞ。
幕府の権威なくして
天下に秩序は戻らニャいであろう。
この戦、負けられぬと心得よ!
余、自らの出陣ニャのである。
皆の者、供をせよ。
松永久秀
(のぶニャがコラボ版)
ちょいと化け物相手に
猫パンチをお見舞いしてやるか。
松永久秀、出陣ニャ!
化け物ごときが松永久秀の天下獲りに
水を差そうとはニャンとも腹立たしい。
一匹たりとも生かしてはおけぬわ。
三好御前
(のぶニャがコラボ版)
私も三好長慶の娘。
久秀様、そしてみニャ様を
お支えしましょう!
化け物ニャどに、
畿内を荒らされるわけにはいきませぬ。
是非、お供をさせてくださいませ!
戦は不ニャれですが、
父上や久秀様から学びし知略で
お役に立ちましょう。
ニャブラハム市長将来大統領になる予定の、
このボクの力を見せてやるゾ!
全軍出陣だニャ!!
市民のみんニャ、
ボクに力を貸してくれよニャ!!
化け物を掃討するゾ!!
ここで一句。
ボクの手で 勝たせてみせよう この戦。
さあ出陣だニャ!!
一文寺まり一文寺まり、参るぞ!
化け物どもめ、尋常に勝負せよ!
私の剣を道場剣法と侮るな!
化け物どもの前に、
おぬしらを打ち据えるぞ!
今は道場娘と呼ぶなよ。
道場を離れたからには、一角の剣客だ!
愛姫
(信Onコラボ版)
出陣します!お覚悟なさい!
この愛にも陰陽術の心得があります。
皆のお役に立てるはず。
化け物なんかに負けるもんですか!
政宗さまの天下獲りをこの目で見届けるまで
愛は戦い抜きます!
小松姫私は本多忠勝が娘、真田信之が妻!
その名にかけて、必ずや
化け物を討ち果たしてくれよう!
ふむ、出陣か。
その眼を開き、よく見ておくがよい。
父や夫がごとく見事に戦ってみせようぞ。
民を虐げんとする化け物よ、
この私が許さぬぞ!
木下秀吉
(戦国IXAコラボ版)
よぉーし。
木下秀吉、いざ出陣よ!
はっはっは!
木下秀吉の名を知らしめにゆくぞ!
ねね! 俺の活躍、見逃すなよ!
ねね
(戦国IXAコラボ版)
秀吉に代わり、このねねが
皆様方と共に出陣いたします。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
皆様方、出陣でございます。
無事に戻るためにも、わたくしに
できる限りのことをいたしましょう。
では、参るといたしましょう。
勝ち戦になるよう、
わたくしの力を尽くします。
本多忠勝
(関ヶ原演義コラボ版)
本多忠勝、いざ出陣!
異界の化け物であろうと
わしの槍で貫けぬものはない!
戦場でわしを倒せる者などおらぬ。
それでも挑むたわけ者め、
成敗してくれる!
どの敵も弱すぎる!
強き者よ、来るがいい!
島左近
(関ヶ原演義コラボ版)
この島左近が参ったからには心配ご無用!
我が軍略で討ち果たせぬ敵はおりませぬ。
いざ、勝利を貴公の手に!
異界で我が軍略を試すことができるとは
なんという好機。
逃さずにはおれまいよ!
この戦を糧とし、我が軍略は
さらに大きく育っていきましょう!
戦が今から楽しみでなりませぬぞ。
藤堂高虎
(関ヶ原演義コラボ版)
我が全身全霊の力をもって、敵を討つ!
藤堂高虎、参る!
敵が異界の化け物であろうと
なすべきことはただ一つ、勝利のみ!
たとえ異界であろうとも、
いつでも死する覚悟はある!
この命尽きるまで、最善を尽くすのみ!
細川忠興
(関ヶ原演義コラボ版)
異界の化け物とは、実に不愉快な輩だ。
この細川忠興の視界に入ったこと
悔いる間もなく、斬り捨てて見せよう。
化け物どもがこの忠興に歯向おうなどと
片腹痛いわ。
すぐに冥府へ送り返してくれる。
我が行く手を阻むとは……。
化け物どもが、思い上がるなよ……。
お愛の方
(関ヶ原演義コラボ版)
あら、もう出陣でございますか。
では、皆様のお力になれるよう、
精一杯やらせていただきますわ。
化け物どもを暴れさせてはなりません。
たとえ異界であっても、日ノ本は
民が安らげる地でないと。参りましょう。
まあ、化け物があんなに。いけませんわ。
民が心配です。急いで参りましょう。
井伊直政
(関ヶ原演義コラボ版)
井伊直政、いざ参る!
冥府の門番も震え上がるこの名を
異界の戦場でも轟かせて見せよう!
争いは、異界であっても
絶えることがないのだな。
ならば我は、この地でも最強を目指す。
人であろうと化け物であろうと
井伊の赤備えを目にした敵は
生かしては返さん! 覚えておくがいい!
小早川秀秋
(関ヶ原演義コラボ版)
小早川秀秋……参る……。
早く化け物を討たないと……。
戦など、なくなればよいのに……。
何でも指示を聞こう……。
好きなことを言えばいい……。
強き者に従うのは、道理だからな……。
於久の方
(関ヶ原演義コラボ版)
ふふ。天下無双が妻の技
とくとご覧あそばせ。
化け物ですって?
そんなもの、この手のひらの上で
転がしてさしあげますわ。
さあ早く、敵のところへ
ご案内くださいませ。
私の美技をお見せいたしますわ。
武田晴信
(川中島の合戦)
武田晴信、ここにあり!
風林火山の旗に続けい!
疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山。
我が用兵の極意をもって
化け物を討ち滅ぼさんと誓おう。
御旗楯無も御照覧あれ!
いざ、出陣!
長尾景虎
(川中島の合戦)
長尾景虎、参る。
よし、戦じゃ。ゆくぞ。
毘沙門天の御加護あれ。
呂布我こそは呂布奉先!
腕に覚えのある者は挑むがよい!
方天画戟が血を欲しておるわ!
うぬらを討ち滅ぼすまで
俺は戦を止めぬと心得よ!
ゆくぞ、赤兎馬!
この戦、我らだけで終わらせてくれよう!
貂蝉私に覚えがあることなど離間計だけです。
戦に備えて新しい策を学ばねば
なりませんね……。"*3
宮廷の外に出ることがほとんどない
私が戦でお役に立てるでしょうか……。
せめて、己の身ぐらいは守ります。
皆様、私のことは
お気になさいませぬよう……。
董卓この董卓自らに出陣を求めるか……。
よかろう。うぬらの望みに応じ、
血の海、骸の山を築いてくれる!
わしに従わぬ者を生かしてはおけぬ。
奪い尽くし、焼き尽くし、
その果てに命を枯らし、わしを楽しませよ!
わしを楽しませよ……。
苦痛に顔を歪め、血を流せ……。
絶望と怨嗟の声を上げよ……。
曹操曹孟徳(もうとく)、参る。
ふふ、ものを知らぬ悪鬼どもなぞ、
私の敵ではないわ。
くくく、この私を相手取るとは
愚かな悪鬼どもよな。
さあ、参ろうか!
どこぞの袁家の男のように、
考えなしに突っ込んではならぬぞ。
焦らず、機を待つのだ。
袁紹名門袁氏が当主、袁本初(ほんしょ)、参る!
世にはびこる悪鬼など、
わしの手で討ち払ってくれよう!
袁家の威光を世に知らしめるため、
戦うほかあるまい!
ぬううっ、曹操には負けられん!
さあ行くぞ、我が誇り高き兵たちよ!
甄皇后私にも戦わせてください!
栄えある袁家の者として
悪鬼などに屈しはしません!
夫のためにも退けません!
武人の妻として、
私が戦う姿、見ていてください。
え?
いざという時は私を守る、ですか?
ふふ、その言葉、期待しちゃいますよ?
平手久秀『信長の野望』で出陣かあ。
なんとも、胸熱な展開だな。
で、何家と戦うの? え? 幽魔?
あのさ、『信長の野望』って
歴史シミュレーションゲームだったよね?
なに? つべこべ言わずに戦えって?
まさか、戦国時代に転生した俺が、
未来の『信長の野望』シリーズで
戦う日がくるとはね……。
真田昌幸
(戦国無双コラボ版)
出陣する。
我が策の前には化け物など、
掌の上で転がる石が如し。
武働きなどわしには要らぬ。
願わくば、刃を交えることなく
勝ちたいものよ。
高みの見物……といきたいのだがな。
まぁ、力になってやるとするか。
真田信之
(戦国無双コラボ版)
真田信之、出陣する。
真田が戦をお見せしよう。
化け物と一戦交えるのか。
役に立てるなら、私も共に参ろう。
危うき時は、退くも策の内。
いざとなれば、私が支えよう。
真田幸村
(戦国無双コラボ版)
相手にとって不足なし……いざ!
真田幸村、参る!
我こそが、天下無双の兵なり!
真田の戦ぶり、とくとみるがよい!
戦は一人では勝てませぬ。
皆、心をひとつにして勝利を得ましょう!
村松殿
(戦国無双コラボ版)
出陣ですか?
あらあら大変。皆様お気を付けて……。
え? 私もですか?
私も真田昌幸の娘。
兵法も少しばかりは心得ています。
ふふ、ひと働きしてみせますよ。
さあ、参りましょう。
足手まといにならないよう、
私も頑張りますね。
武田勝頼
(戦国無双コラボ版)
いざ、出陣する!
武田の誇り、お見せしよう。
得体の知れぬ化け物が相手か。
私にできるだろうか……。
いや、やってみせよう!
時がうつろうとも、父上の目指した王道、
必ずや成し遂げてみせましょう!
雑賀孫市
(戦国無双コラボ版)
さて、天下の色男が助けに来たぜ?
俺の狙いから……逃げられるかな?
攻め落とすのは得意だぜ……
女性の心も、な。
俺の銃で突破口、ぶち抜いてやるぜ!
命がいくつあっても足りねえ戦ってか?
無敵の鉄砲傭兵、
雑賀衆の力を見せてやるぜ。
ねね
(戦国無双コラボ版)
ねね忍法で攻め落としちゃうよ!
ねね忍法の奥義、出しちゃうよ!
あたし、ガンバっちゃうよ!
悪い子にはたっぷりお灸すえちゃうよ!
骨だけど、みんなガンバって乗り切ろ!
服部半蔵
(戦国無双コラボ版)
 
風魔小太郎
(戦国無双コラボ版)
混沌へ引き込んでやろう。
混沌に恐怖し……震えて眠れ。
混沌をもたらそう。
戦は混沌の極みか……愉しもう。
破壊し尽くしてやろう。
石川五右衛門
(戦国無双コラボ版)
天下の大泥棒、五右衛門様とは俺のことだ~
五右衛門様が助っ人に、あ、見参見参~
待ちに待った出番でい!
奪い取るのは俺様の、あ、十八番だぜ~
激しい戦だな。ここは一発ドカンといくぜ
本多忠勝
(戦国無双コラボ版)
本多平八郎忠勝、推して参る!
我、万人に敵す!いざ、来ませい!
激戦の地も、我には無人の荒野よ
我に挑む勇あらば、武で語るがよい!
攻め落とす! 我を阻める者ありや!
井伊直政
(戦国無双コラボ版)
 
前田慶次
(戦国無双コラボ版)
 
柴田勝家
(戦国無双コラボ版)
鬼柴田が魂を見せん!
激戦も楽勝の戦も、鬼柴田には同じこと。
壁は高く、厚くなくてはならぬ。
制圧の命、確かに承った。
柴田が助太刀に参った。
竹中半兵衛
(戦国無双コラボ版)
目標確認、ただちに制圧開始! 前進~!
兵とは死生の地、存亡の道……
考えてきてる?
化け物って、本当にいるんだ。
ここまで来たことは褒めてやろう~。
兵は詭道なり、ってね!
はい、激戦を制するのは誰?
無論俺たち!
黒田官兵衛
(戦国無双コラボ版)
目標を制圧する。
卿ははしゃぎすぎた。ゆえに排除する。
天に楯突き、世を乱す火種…消そう。
火種は絶やさねばな。
厳しい戦いを制するのが軍師の仕事だ。
小早川隆景
(戦国無双コラボ版)
お待たせしました、参陣します。
では、御手並拝見。
敵地を制圧してください。
生きのびるための手だてを講じましょうか。
この戦果、次の一手につなげなければ。
松永久秀
(戦国無双コラボ版)
松永弾正、一つ呼ばれてみようか。
激しそうじゃのう……むっふふう。
目障りな者どもよ~。
これより悪党のやり口を堪能してもらおう。
ぷちぷち潰していこう~。
稲姫
(戦国無双コラボ版)
早川殿
(戦国無双コラボ版)
みんなの力になりたい。
あなたの自由にはさせない!
みんなは私が助ける!
怖くなんてない……みんながいるから……!
敵を攻める! みんなついてきて!
小少将
(戦国無双コラボ版)
面倒だし、ぱーっとやっちゃって。
あたしとやっちゃう?
やっちゃうんだ……。
近寄らないで、敵さん。怖~い。
この地はあたしのもの、渡さないから!
髪がボサボサになったらどうするのよ!
井伊直虎
(戦国無双コラボ版)
井伊家家訓!
いかな激戦も諦めるべからず。
ごめんなさい、奪うのがお仕事なんです。
ごめんなさい、ここは譲れないんです!
すみません! 倒させてください!
は、恥ずかしい……。
阿国
(戦国無双コラボ版)
出雲の阿国っちゅうんはうちのこっとす。
はばかりさん。お邪魔さしておくれやす~。
魂が華みたいや……綺麗な戦、綺麗に舞お。
あっこもうてほっこりしょ。
囲まれてしもた……突破させてもらお。
お江この戦は自ら望んだもの。
女忍びの一期の思い出にして
死ぬるならば本望である。
忍びの血が盛るのだ。
忍びの者として体得したすべてのものを
化け物との戦に叩きつけねば気が済まぬ。
見事な死に花を咲かせてくれようぞ。
武田ラッキー
(☆3)
武田信玄である!
……おい! 無視するでない!
こんなにかわいいのじゃぞ!?
御旗楯無も御照覧あれっ!
……わしの名言、きまったかのう?
上杉ジュリアン
(☆3)
上杉謙信、出陣するゾイ!
兵器も備えた某に敵う者なしゾイ!
某、生まれ変わっても大型犬で得したゾイ。
毘沙門天の御加護あれゾイ。
伊達ブ-ちゃん
(☆3)
オレは天下無双の昇り竜!
伊達政宗、出陣するぜ!
サッカーやるのか?
違う? 化け物退治だ?
ま、面白そうだから手を貸してやるぜ!
無門俺は無門。
伊賀一の腕、見せてやろう。
正面から戦うって言うのかい?
馬鹿だなあ、もっと楽にやればいいのに。
ま、勝てるならいいけどな。
おい、この戦で
化け物一匹倒せば幾らになる?
それ次第じゃ働きが違うぜ?
お国化け物ども!
わたくしは武家の出、遠慮は要らぬ。
武門の習いをもって我を遇せよ!
無門殿はどうしておられますか。
日に40貫なる約束、
忘れたとは言わせませぬ。
なぜ、私が戦場にいるのでしょうか。
まったく、無門殿に関わってより
ろくなことがございませぬ。
日置大膳弓を持て!
日置大膳亮、出陣する!
化け物か、恐ろしげな顔をしておるが
伊賀の虎狼に比べれば
まだ可愛げがあるわ。
あの無門と比べれば、化け物など
大したことはありはせぬ。
この大弓にて仕留めて見せよう。
初芽
私の名は初芽!
天下を目指す者に仕える忍だ!
……お、おい! ちゃんと聞け!
ここは私が戦う!
心配はいらない、私を誰だと思っている?
お前の頼もしきパートナーだぞ!
なんだ、そんな胡散臭そうな顔をして。
まさか私の実力を、疑っているのか?
待ってろ、あいつらを蹴散らしてやろう!
鶴姫
(魔界繚乱/魔界戴天)
私、鶴姫が五芒星軍を代表し、討って出る!
この化け物との戦い、
この鶴姫が引導を渡してくれましょう!
魔界ならずとも、私は戦い続けます。
共に駆け抜けましょう!
滝夜叉
(魔界コラボ版)
平将門が娘、呪術師滝夜叉、参るぞ!
たかが化け物ごとき、
わらわの魔界水軍が討ち滅ぼしてくれよう!
わらわの呪術の前に、敵などおらぬ!
化け物どもよ、恐れるがよい!
ルイス・フロイス
(魔界コラボ版)
アタック!
ビー、カースド、クリーチャーズ。
ダーイ、ナウ、クリーチャーズ!
ダークプロテクション、ウィズミー。
越智安成
(魔界コラボ版)
越智安成、いざ参る!
いかなる化け物であろうと、
討ち果たしてみせようぞ。
私は、私のやり方で、
化け物から皆を救ってみせる!
私は魔界水軍の越智安成。
名は広く知られておらぬが、侮るなかれ!
高山右近
(魔界コラボ版)
わしは闇の軍師、高山右近。
おまえたちの首、貰い受けるぞ!
化け物どもよ、
黒魔術の力を思い知らせてやろう!
ほう、わしに歯向かうのか。
面白い、黒魔術の前にひれ伏すがよい!
安倍晴明
(魔界コラボ版)
私は安倍晴明。
五芒星軍を代表し、いざ参る。
魔界を脅かす化け物ども、
この晴明が相手してやろう。
五芒星軍は誰も統率せぬ。
皆の者、思うまま動くがいい。
真田大助
(魔界コラボ版)
うぇぇぇぇい! ぶははははは!
わしが真田十勇士筆頭、真田大助じゃ。
いちいち賢(さか)しらげに指図するな。
化け物など恐るるに足らずじゃ!
このわしに勝てると思っておるのか。
あぁぁぁ? 首をねじ切ってくれる!
犬塚信乃
(魔界コラボ版)
里見八犬士、犬塚信乃が参る!
魔界にて目指すは、最強の証。
いかに強き化け物も、蹴り倒してみせる。
我に続けぇえええええ!
負けぬよう、守りを固めるだと?
負けることなど考えるな、必ず勝つ!
霧隠才蔵
(魔界コラボ版)
霧隠才蔵、参る!
相手が化け物だろうと構わぬ。
忍びは、戦えと言われれば戦うのみ。
敵に捕まり、如何なる拷問にあっても、
決して口を割らぬが忍びの務め。
わしの覚悟、しかと見届けよ!
お市の方
(魔界コラボ版)
おほほほほ!
冥界よ、わらわに力を、
わらわに生贄を与え給え!
化け物のような小物が、
わらわの手を煩わせおって。
血で贖(あがな)ってもらおうか!
愛するものを奪え!
怒り、恨み、悲しみで
この世を満ち溢れさせるのじゃ!
猿飛佐助
(魔界コラボ版)
……(佐助、参上した)!
……(この胡桃を、食え)!!!
黒田官兵衛
(仁王コラボ版)
島左近
(仁王コラボ版)
服部半蔵
(仁王コラボ版)
井伊直政
(仁王コラボ版)

(仁王コラボ版)
ウィリアム
(仁王コラボ版)
もたもたするな。
急ぐぞ。
化け物と戯れている暇はない。
先を急ぐぞ。
異界の争いなど関わりないが……。
仕方ない。
ヴァルターヴァルターだ、待たせたな。
海のことなら知り尽くしてるぜ。
どんなことでも聞いてくれ!
数えきれない数の化け物だって?
そのくらいの修羅場なら
何度も潜り抜けてきてるぜ、任せとけ。
俺を過去の海賊だと思ってる奴は、
この戦いで俺が現役だってことを、
思い知るだろうよ!
カーシャねえねえ、あたしはカーシャ。
女でも化け物退治ができるってこと、
証明してみせるからね!
ねえねえ、向こうに化け物がいるよ。
あたし、目がいいから分かるんだ。
みんな準備はいい? 出発するよ!
ねえねえ、あたしの剣術って凄いんだよ。
普段は切り込み隊長なんだからね。
さあ、化け物を切り刻んじゃうよ!
長尾景虎
(雪花の虎コラボ版)
長尾景虎、出陣いたす!
我こそは毘沙門天の化身。
化け物どもよ、恐れおののくがよい。
わしは越後の民を守る。
それを邪魔する化け物なぞ、
一息に打ち払ってみせようぞ!
いかなる化け物が現れようとも逃げはせぬ。
わしの武者振り、しかと見ておれ!
黒騎士グラムス俺は奴の過ちを絶対に正す。
だから、こんなところで
立ち止まってなどいられない。
こいつらは魔物ではないのか?
まあ、魔物でも化け物でも構わん。
俺は必ず世界を救ってみせる!
俺は人にあらざる存在ゆえに、
現世にいられる時間は限られている。
さあ、急ぐぞ!
白の魔王ゼロス俺の目的を遂げるため、
この化け物にも犠牲となってもらおうか。
よし、ゆくぞ!
化け物どもめ、どうやら
勝てるとでも思っているようだな。
俺に牙をむいたこと、後悔するがいい!
いかに強い化け物が現れようと、
この俺を止められるものか。
たとえ奴が相手だとしても、だ!
真田幸村
(戦国大河)
真田幸村、見参!
幸村の正義の槍は誰も防ぐことは出来ぬ!
敵には真の武士は一人もなき候!
この幸村、真田のために一命を懸ける!
武田信玄
(戦国大河)
この信玄が、
お主を最強の領主にしてやろう。
為せば成る、為さねば成らぬ.…。
侵掠(しんりゃく)すること、火の如く。
上杉謙信
(戦国大河)
われは毘沙門天の化身なり。
義をもって、今こそ天誅を下さん。
上杉謙信なり。
義によって、おまえに味方をしよう。
われは私利私欲で合戦はしない。
ただ、道理をもって
誰にでも力を貸すだけだ。

男性武将汎用台詞

以下の☆4武将も汎用台詞となっている。
竹中半兵衛(100信)、弥助、前田利家(激流)、島津日新斎(薩州)、真田大助、多羅尾光俊、山県昌景(武田騎馬)、明石全登、願証寺蓮淳 

 
武将台詞
男性武将汎用1皆、戦意は高まりましたな。
では、出陣いたそう。
出陣する。
この戦、任せてもらおう。
出陣の時は今。
武者震いが止まりませぬ。
皆、肝に銘じよ。
我らは勝たねばならぬ。
そのために出陣するのだ。
しからば、手柄を立てに参ろうぞ。
皆、臆病風に吹かれてはおるまいな?
ならば、進軍せよ。
突き進むのだ。
我らには、ただ勝利あるのみ。
男性武将汎用2皆の者、腰を上げい!
出陣じゃ!
案ずるな。
わしがいれば、勝利は確実よ!
いざ、出陣じゃ!
一番槍は頂くぞ!
皆、異存はあるまいな!?
しからば、参る!
行くぞ! 遅れるな!
一番手柄はわしのものじゃ!
さあ、行こうぞ!
化け物どもから城を取り戻すんじゃ!
一気に行くぞ!
わしらの勝利は間違いなしじゃ!
わしらの力、見せてくれようぞ!
皆の者、続け!
男性武将汎用3出陣である!
化け物退治に、いざ参らん!
出陣である!
この戦、化け物どもに
目に物見せてくれようぞ!
団結した我らの前に、敵はない!
出陣!
さあ、行こうぞ。
一番手柄は誰にも渡さぬ!
必ずや、勝利を! 進軍せよ!
覚悟はよいな!?
突き進め! 進軍あるのみよ!
必ずや、この手で勝利をつかむ!
皆、臆することなどない!
ついてこい!
男性武将汎用4皆、準備はよろしいか?
しからば、いざ出陣!
皆、一丸となって
勝利を収めましょうぞ! 出陣!
直ちに出陣せよ! 勝機は我にあり!
勝敗はすでに決したも同然である!
今こそ出陣の時。
化け物を仕留めてやりましょう。
我らの腕の見せどころですぞ。
これから戦が始まると思うと、
腕が鳴りますな。
では、参ろうぞ。
まずは、機先を制しましょう。
さすれば、自ずと勝利を得られるはず。
では、進軍!
我が役目は、皆を勝利に導くこと。
必ずや果たしてご覧に入れましょう。
さあ、我に続け!
男性武将汎用5皆の衆、出陣じゃああぁぁーっ!!
化け物ごとき、
あっという間に叩きのめしてやるわ!
突撃じゃ!
先陣はわしが切る! 遅れを取るでないぞ!
わしの働きは百人力、いや千人力よ。
任せておけ!
皆は休んでいてもかまわぬぞ。
わし一人で十分よ!
思う存分、暴れてくれるわ!
楽しみよのう!
城は我らのもの。
化け物にはくれてやらぬ!
皆の衆、遠慮はいらぬぞ!

女性武将汎用台詞

武将台詞
女性武将汎用1皆様、出陣です!
訓練した通りに戦えば、
負けるはずはありません!
出陣です!
必ず勝ちます!
負けるために出陣などいたしません。
さあ、出発です!
気持ちを入れ替えて、戦いに臨みましょう。
それでは、出発です!
勝利のため、力を尽くします!
皆様、共に参りましょう。
私たちが力を合わせれば、
化け物に敗れる道理はありません!
行きましょう!
化け物など、恐れるに足りません!
行きましょう!
女性武将汎用2いざ、出陣です!
我らの意地を化け物に
見せつけてやりましょう!
出陣です!
先陣は任せていただきましょう。
では、出発です!
さあ、参りましょう!
私が必ずや勝利に導いてみせます!
日頃の成果をお見せする時です。
いざ、参りましょう!
これより先は戦地です!
決して油断なさいますな。
我らの勝利を信じて、突き進みましょう!
女性武将汎用3皆様、支度はよろしいでしょうか?
それでは、出陣いたしましょう。
出陣ですが、無理はなさらぬよう。
我ら全員、必ず無事に戻りましょう。
忘れ物はありませんね?
では、出発いたしましょう。
我らは間違いなく勝利するもの。
そう信じております。
では、参りましょう。
皆で力を合わせれば、
きっと化け物との戦に勝利できるでしょう。
さあ、行きましょう。
相手は化け物。油断は禁物です。
慢心を捨て、戦い抜きましょう。
これより、心を合わせた我らの強さ、
化け物どもに知らしめましょう。
女性武将汎用4では、出陣いたします。
力の限り、戦いましょう。
出陣です。
負けられぬ戦であることを
お忘れなきよう。
では、参ります。
各々が力を発揮すれば、負けはしませぬ。
さっそく、参りましょう。
示し合わせた通りに戦えば、
自ずと戦果も挙がるはずです。
皆様、先陣を競うのは結構ですが、
足並みを乱さぬようご留意を。
しからば、参りましょう。
さあ、行きましょう。
この戦、我らの勝利は確実でございます。
この先、私が皆を支えてご覧にいれます。
どうぞ安心して進軍してください。
女性武将汎用5ふふ、出陣いたしましょう。
皆の奮戦に期待しております。
名残惜しいけれど……出発しましょう。
次は勝利の美酒に酔いしれたいわね。
参りましょう。
私が皆には指一本触れさせない……。
ふふ、安心して。
行きましょう。心配なんていらないわ。
私がいるのだから……。
戦が始まるのね……。
楽しませてもらえるのかしら。
今日はひと暴れしたい気分……。
さあ、ついてらっしゃい。
化け物との戦にも趣があるもの……。
楽しんで参りましょう。

特地解放機構

武将台詞
まつりさあ、出撃のお時間ですよ!
食べ過ぎて出撃できない、なんて
言わないでくださいね!
盛り上がっているところ、すみません!
そろそろ出撃の時間です。
皆さん、よろしくお願いします!
十分に楽しんでいただけたでしょうか?
では、出発しましょう!
皆さんのご武運をお祈りしています!
では、そろそろ出陣式はお開きにします。
名残惜しいかとは思いますが、
気持ちを切り替えて出撃です!
またこうして、皆さんと
出陣式をするためにも!
がんばって幽魔を倒しましょう!
小夏それじゃあ、ぼちぼち出撃の時間ですので。
どうぞ、よろしくお願いします!
そろそろ出撃、お願いします!
ご馳走を用意して待ってますので、
無事に帰ってきてくださいよ!
まつり(かさね)ちゃんが待ってるんで、
皆さん、出撃してくださーい!
気合い入れて、いってらっしゃいませ!
はいはーい、出発してくださいよー。
私は一緒に戦えないのが残念!
でも、ここでめっちゃ応援してるんで!
じゃ、出陣式はこの辺でお開きです。
皆さんの勝利を信じて待ってますので!
がんばってくださいよ!
石動理事宴もたけなわではありますが、
出撃の頃合いになりました。
何とぞよろしくお願いいたします。
そろそろ出撃の時間となりました。
飲み足りない方のために
祝勝会の用意をして待っております。
間もなく出発予定の時間となります。
皆様のより一層のご活躍を
スタッフ一同、心より願っております。
では、出陣式はこのあたりで
締めさせていただきます。
皆様、どうかご無事でお戻りください。
幽魔との戦いを皆様に任せてばかりなのは
大変心苦しくありますが……
ご武運をお祈り申し上げます。
かさね化け物への対策は万全です!
皆さん、やっつけてしまいましょう!
幽魔の能力は私がばっちり把握しています。
困った時は聞いてください!
化け物の居場所を掴みました!
宴の続きは、
勝ち戦の後にとっておきましょう。
 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 二本松義継はコラボの方が適切と判断し、移転します -- 2020-02-25 (火) 20:30:11
    • その他→コラボへ移動しました -- 2020-02-25 (火) 20:42:47
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 「隙を付き」は原文ママ。
*2 「間違いないなど」は原文ママ。
*3 「なりませんね……。"」は原文ママ。衍字と思われる。