書庫

Last-modified: 2020-12-29 (火) 16:06:29
収録拡張コストカード種別効果
基本5アクションあなたの手札が7枚になるまでカードを引く。
この途中で引いたアクションカードは手札に加えず、脇に置いてもよい。脇に置いたカードは、カードを引き終えた後、捨て札にする。

概要

手札が7枚になるまでドローできるカード。
どんな状況からでも一定の枚数まで回復できるのが強み。例えば、民兵のようなアタックから手札破壊を受けた後に使用すると被害を帳消しにできる。
しかし手札が7枚以上ある状態で使用しても何も起きないので、引ききりデッキを目指す場合には鍛冶屋などの確実なドロー手段を用いたほうがいい場合もある。
ドローの際にアクションカードをスキップできるので、引いてきたアクションカードを使用できずにドローが無駄になった、という事態を避けられるのも強み。

利用法

  • 手札を減らすデメリットを持つアクションと概ね相性がいい。
    • オアシス風車のような、手札を捨ててコインを生むカード。
    • 地下貯蔵庫倉庫のようなルーター。
    • 工匠のような、手札を捨ててカードを獲得するカード。
    • 系の一種でもある祝祭は、最も相性のいいカードの1枚。
    • ヴィラとのコンボも覚えておくと良い。手札に4金と書庫があるなら、書庫は使用せず財宝を場に出してヴィラ購入し、アクションフェイズに戻ってヴィラと書庫を使用する、という動きが強力。
  • 相手の手札破壊アタックに対し、手札の枚数をリカバリーする。
  • ドローしたアクションは捨て札にできるので、忠犬などの捨て札にした際にリアクションできるアクションと組み合わせるのも良い。
    • 特に、村有緑地は捨て札にすればアクションを消費せずに使用できるため、捨てない理由が無い。村有緑地の効果でアクションが増えるのも書庫にとってはありがたい話なので、とても相性が良いカードだと言える。
    • また、廃墟撒きアタックの被害をある程度軽減できる。

詳細なルール

  • 複数の種類を持つカードの場合、その中にアクションを含めばアクションカードとして扱う。
  • 1枚ごとに、次のカードを見る前に脇に置くかどうか決める。選り分けるだけではなく、脇に置く際に表向きにしてアクションカードであることを証明しなくてはならない。
    • 脇に置く前に手札の他のカードと混ざらないよう注意。どれを引いたかわかるようにしなくてはならない。
    • 表向きで脇に置く処理は公開ではない。パトロンのリアクションはできない。
  • 脇に置いたカードは引き終えるまで捨て札にしない。
    • 引いている最中にデッキを作り直すとき、脇に置いたカードは新たなデッキに入らない。
  • 手札のカードが7枚になるまでドローし続けるので、結果として-1カードトークンの影響を受けず、-1カードトークンは取り除かれる。
    • 手札が7枚以上ある場合、カードのドローを行えない。この場合、-1カードトークンは残ったままとなる。

関連カード

拡張名前関連
繁栄望楼手札が6枚になるまで引く。
異郷よろずや手札が5枚になるまで引く。
こちらは他にもいろいろと効果がついてくる。
夜想曲呪われた村+2アクション、手札が6枚になるまで引く。獲得時にデメリットあり。
ルネサンス学者手札を全て捨ててから、+7 カードを引く
移動動物園フクロウの習性(習性)手札が6枚になるまで引く。

余談

  • ドミニオン第二版・日本語版のマニュアルに掲載されている「ドミニオンのみのカードによる組み合わせ」では、書庫のみ一度も登場しない。
    • 「Sleight of Hand(手札の小技)」のサプライ(英語版Wiki参照)に書庫が入っているのだが、日本語版マニュアルでは研究所と誤記されている。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White