Top > 工房

工房

Last-modified: 2018-09-17 (月) 17:17:10
収録拡張コストカード種別効果
基本3アクションコスト最大4までのカード1枚を獲得する。

概要 Edit

4コスト以下のカードを獲得するカード。カードの獲得機会を増やすことができ、大量獲得にも便利。これさえ引けば手札がどれだけ悲惨でも4コストまでのカードを確実に手に入れることができる。

利用法 Edit

コンボデッキで必要になるなどを、購入と工房による獲得で1ターンに2枚以上集めることができる。カードの獲得機会を増やしてデッキを効率よく作るという点では木こりに似ているが、アクションフェイズ中に4コスト以下のカードを獲得する効果であるため、次のような使い方もできる。

  • 十分なアクション回数とドローソースが揃っていれば、工房で獲得したカードをそのターンのうちに引いて使用できる。
  • 庭園シルクロード戦略で、工房さえあればそれら4コストのカードを獲得することができる上、0コインで銅貨を購入することで木こりと同等以上の仕事もできる。木こりでは、庭園購入のためにもう2コイン必要になる。

一方で、木こり込み16コインで属州2枚を購入するコンボデッキの最終形は、木こりの代わりに工房を使っても作ることができない。などでカードのコスト自体を下げることができない場合は、もっぱらパーツ集めと三山切れ狙いに使うことになる。

詳細なルール Edit

  • などでカードのコストが下がった場合、下がった後のコストが4コスト以下であれば獲得できる。
    • 村→橋→工房の順にカードをプレイした場合、工房で公領(コスト5→4)を獲得できる。
  • ポーションをコストに含むカード(ブドウ園など)、負債をコストに含むカード(技術者など)は、どちらもコスト最大4(コイン)までのカードに含まれないため、獲得できない。
    • 工房で獲得できるカードは、正確には「コスト最大4コイン0ポーション0負債までのカード」とみなされるため。
  • イベントはカードではないため、獲得できない。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White