改築

Last-modified: 2020-05-20 (水) 00:32:38
収録拡張コストカード種別効果
基本4アクションあなたの手札のカード1枚を廃棄する。
廃棄したカードよりコストが最大2多いカード1枚を獲得する。

概要 Edit

不要なカードを廃棄しつつ、廃棄したカードのコスト+2までのカードを獲得するカード。
圧縮能力は低めだが、デッキの圧縮とカードの獲得を1ターンに行える効果は手数の節約にも繋がる便利なものであり、序盤から終盤まで様々な場面で活躍する。

利用法 Edit

  • 序盤に屋敷を廃棄して3~4コストの有用なカードを獲得してデッキを作る。
  • 終盤に金貨属州に、白金貨植民地に変換して勝利点を稼ぐ。
  • 改築で他の改築を廃棄して金貨に変換できるため、アタックカードによる攻撃が激しい荒れ場では、改築を大量に獲得した後にカードのコストを2コインずつ上げていき、最終的に属州を狙う戦法も考えられる。
  • 属州を属州に改築することでサプライの属州が一つ減る(いわゆる空廃棄)。終盤、勝利点で勝っている時に逃げ切るためにしばしば使われる戦法。
  • 呪い屋敷にすると実質+2点。荒れ場での2点は結構大きい。ただしデッキ自体は強化されないので、序盤であれば他にデッキ強化となる選択肢があるならそちらを優先した方が良いことも多い。
  • 普通に使っていると銅貨の処理に手間がかかるため、邪魔なまま残ってしまうことも多い。地下貯蔵庫(ドローが強い場合)や系を確保できる場合)がサプライにあると、より便利になる。
    • 金貸し香辛料商人などがあるならお互いの価値が劇的に上がる。銅貨の廃棄が得意で、終盤も改築の廃棄対材料として役立つからである。
    • 鉱山を用いて銅貨>>銀貨>>コスト5のカードと変換する手もある。

詳細なルール Edit

  • 改築を使用した場合、必ず手札1枚を廃棄しなくてはならない。
    • 手札1枚を廃棄した場合、必ずカード1枚を獲得しなくてはならない。
      • 例えば、0コストの呪いを廃棄した場合、呪い・銅貨屋敷・その他0~2コストのサプライにあるカードのどれかを獲得することになる。
    • 手札が1枚もなく廃棄できなかった場合はカードを獲得できない。
  • コストを参照するとき廃棄したカードは通常廃棄置き場にある。
  • 獲得するカードは廃棄したカードのコストよりちょうど2多い必要はなく、廃棄したカードのコストとコストが同じ、あるいはそれよりコストが少ないカードでもよい。
  • 廃棄したカードのコストにポーション(負債)が含まれている場合、コストが最大2コイン多ければ、コストにポーション(廃棄したカードの負債コスト以下の負債)が含まれるカードを獲得できる。
    • 大学(2+P)を廃棄した場合、コスト4+P以下のカード1枚を獲得する。
      • ポーションが含まれていない、ただの4コスト以下のカードでもよい。
    • 大金(8+<8>)を廃棄した場合、コスト10+<8>以下のカード1枚を獲得する。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White