Top > 【キャラクターメイキング】


【キャラクターメイキング】

Last-modified: 2019-07-14 (日) 11:22:04




概要 Edit

【主人公】や仲間達といった【プレイヤーキャラクター】を作成する事を言う。キャラメイク、キャラクターカスタマイズとも呼ばれる。DQ3、DQ9、DQ10では特に自由度が高く、ゲームシステム上でも根幹に据えられている。
 
意味を広く取れば、主人公の【名前】を入力するだけでもキャラクターのメイキングとも呼べるので、主人公の名前を変更できる全ての作品でキャラクターメイキングが可能とも言えるのだが、殆どの場合キャラクターメイキングと呼ぶ場合、名前の他に、【性別】【職業】【性格】、容姿など様々な要素を設定し、思い通りのキャラクターを作るDQ3、DQ9等でのようなシステムの事を言う。
 
名前や見た目、性格が最初から決まっている固有キャラが仲間になるゲームと比べ、キャラの描写が淡白になる反面、自分でキャラの性格やシナリオを想像して遊べるのが特徴。
ロールプレイングゲームとは元来「誰かになりきって(roll)演技をする(playing)ゲーム」なので、主人公や仲間キャラクターの性格が決まっておらず自分で想像して楽しむ上記のような作品の方が元々の形には近い。
自分の作ったキャラがイベント中どんな反応をしているのかを想像し、愛着を持つことができれば他の作品では味わえない感動を得られるだろう。

ドラクエでの特色 Edit

キャラクターメイキングは基本的にアナログのRPGでもまず一番最初に行う、プレイ上重要なものであるため、DQ以前のコンピュータRPGである『ウルティマ』や『ウィザードリィ』などにも標準的に搭載されていた。
だが、ファミコンでRPGを出すにあたってはまず、子供たちを中心としたファミコンユーザーにRPGの決まりを徐々に敷衍させるため、DQ1では一人旅、DQ2では3人【パーティ】と少しずつステップアップさせていき、DQ3でフリータイプのキャラクターメイキングが初めて導入された。
 
なおFCでは1987年の『ウルティマ 恐怖のエクソダス』を嚆矢として、そのすぐ後に『ファイナルファンタジー』がDQ3に先駆けてフリーキャラクターメイキング(と4人パーティ)を導入している。
しかしゲームスタート時にメイキングを一挙に行い、メイキングをしてからゲーム本編が始まるというシステムであるそれら2作品とは違い、DQではゲーム内の【町】施設で住人キャラクターに話しかけることでメイキングが始まるシステムを取り入れ、取っ付きづらさを無くしている。
また施設にはメイキングをしなくても予め3人のキャラが最初から用意されていたり、初心者向けにキャラ作成のアドバイスをくれる【NPC】がいたりなど、プレイヤーが混乱しにくいようにも配慮されている。
 
その後のDQでは、キャラクターがストーリーと強く関連付けられたストーリー重視の作風が続き、長らくフリーキャラメイキングは登場していなかったが、マルチプレイなど新しい遊び方を取り入れたDQ9において21年ぶりの復活を果たした。
外伝作品だと、DQM2のリメイクであるイルルカの【モントナー】も一種のキャラクターメイキングと言える。

DQ1 Edit

DQ1の主人公は名前によって強さが変わるので、今作では強い名前を考えるのもキャラクターメイキングの醍醐味の一つ。お気に入りの名前をつけたら弱かったので泣く泣く変更したというプレイヤーもいるかもしれない。

DQ3 Edit

【ルイーダの酒場】の2階にある「冒険者の登録所」にて、プレイヤーキャラクターを自由に作成し、登録することが出来る。
【職業】と名前・性別を決定し、入力が終わると初期ステータスが表示される。それを参照した上でOKであればそのキャラが登録され、ルイーダの酒場で仲間に加えることができるようになる。
初期ステータスはランダムで決まるが、序盤のうちは案外侮れない差となる。
 
デフォルトで酒場には戦士、僧侶、魔法使いの各職業のキャラが1人ずついるが、作業自体はとても簡単な上に、自分が作ったキャラと言うことで人一倍愛着を感じられるメリットもある。
また、【商人】開拓地に連れて行くイベントのためには必須な作業ともなる。
女性キャラに好きな女の子の名前を入れてあるソフトを友達に貸してしまい、そのことをネタに冷やかされるのは最早お約束である。
なお、「ろと」という名前は登録できない。登録しようとすると

*「ろと!? ロトで ございますか!? これは おそれおおい!
*「ロトとは かみにちかしきもの という いみの ことば。
*「しんの ゆうしゃのみが そのなを なのれるとききます。
*「たとえ わたしでも そのひとだけは とうろく できません。

と言われる。
 
登録できる人数はデフォルトの3人を入れて11人。それ以上登録したい時は、すでに登録済みのキャラを消す必要がある。
消したいキャラが何かアイテムを所持している場合、

「どうぐを もっているひとを
けすことは できません。

と言われ、消すことができない。
これによって重要アイテムを喪失してハマらないようになっている。

リメイク版 Edit

登録できる人数は21人になった。
 
【性格】システムが追加されたリメイク版では名前と性別と職業を決めた後に、【ちからのたね】【すばやさのたね】【スタミナのたね】【かしこさのたね】【ラックのたね】の5種類を合計5つ(稀に6つ)与え、その結果によって初期ステータスと初期【性格】が決まる。
この種割り振りは自分でやることもできるが、登録所のおじさんに任せる事も可能。ただしかなり適当な振り方をされるため、【たいりょく】【ちから】の低い【戦士】や、【かしこさ】の低い【僧侶】【魔法使い】が出来上がってしまい、成長の上で不利な初期性格になってしまう場合もある。
効率重視なら自分でやった方がいいが、もちろん能力値や性格がランダムな方がリアリティがあるからそっちの方が良い、という人もいるかもしれない。
どちらを選ぶのも自由であるが、どちらにせよ長く厳しい冒険の苦楽を共にする仲間なのだから、愛情を持って作成しよう。
メイキング時に使う種を1人5つだけと言わずにあるだけ全部よこせと言うのは禁句である。
 
これのおかげで、仲間キャラの初期ステータスはFC版よりもはるかに高くなる。
GBC版以外では初期登録メンバーにも同等の強化が施されている。
GBC版では性格による初期ステータスの変動はあるが、その数値は種で強化したキャラよりは明らかに低い(これは勇者の初期ステータスにも言える)。
 
別れて登録削除したキャラの持ち物はちゃんと袋に入れてくれるため、例え装備品の【ガイアのつるぎ】を装備していてもハマらないようになっている。
 
なお、登録出来ない名前は「ロト」の他に12種類追加された。詳細は【命名神マリナン】を参照。

DQ9 Edit

今作では【主人公(DQ9)】の姿も設定できるようになっており、新しい仲間を登録する際にも必ず行うことになる。主人公はオープニングの一番最初で、仲間達はルイーダの酒場で登録する際に行う。名前、性別、職業(主人公の初期職業は【守護天使】【旅芸人】で固定)のみならず、体型・容姿も選択出来るようになった。主人公の場合、一度決めてしまうと再設定はできないため注意。
 
細かく決められる反面、作業が面倒と感じる人もいるだろうが、愛情を持って育てるためにもここは頑張って頭をひねろう。なお、決定ボタンを連打しても説明書に載っている各職業イラストと似たものが出来上がるようには一応なっている。
以下、各パーツについて説明する。

体型 Edit

男女共通で、5タイプ存在するが、【着せ替え】の都合からか、いずれも過去作の主人公のような細身~標準体型であり、【ハッサン】のような筋肉もりもりマッチョマン体型や【トルネコ】のような肥満体型は作れず、身長も一番高い体型と低い体型でもそれほど極端な差はつかない(首一つ分くらい)。

タイプ解説
1背が1番高く、肩幅がやや大きい
2背がやや高く、肩幅が小さい
3背は中程度、肩幅はタイプ2と同程度。デフォルトの体型はこれ
4背がやや低く、肩幅はタイプ1と同程度。太っているというよりは骨太
5背が低く、肩幅も細い

髪型 Edit

男女ごとに10タイプ、計20タイプある。奇抜で個性的なものも多い。髪型に男女で重複は無し。髪の長さは長くても肩までである。
似たような髪質で長さだけ変える、というようなことは残念ながらできない。また、頭部防具にあるカツラを装備すると、その髪型が優先される。

Edit

タイプ解説
1前髪が向かって左に流れた短髪で、リメイク版DQ3の男盗賊に近い
2外側に跳ねた髪型。くせ毛じゃないベートーベン
3リーゼント。DQ5のプサンが近い
4非常に短い。坊主頭
5ボサボサ頭。サマルトリアの王子に近い
6ロン毛。【主人公(DQ11)】
7前髪が一房だけ垂れたツンツン頭。まんまDQ6の主人公
8ストレートの真ん中分け。後ろ髪の無いククール
9モヒカン頭。ハッサン
10スキンヘッド

Edit

タイプ解説
1前髪チョップカットのボブカット
2前髪が向かって右に流れたストレート
3短めのツインテール。DQ3の女武闘家のイメージ
4ウェーブのかかった長髪を後ろで結い上げている。デボラに近い。
5ショートヘア。リメイク版DQ3の女盗賊に近い。
6ボリュームのある外跳ねヘア。リメイク版DQ3の女魔法使い
7ウェーブのかかった下ろし髮
8ツンツンショート。リメイク版DQ3の女勇者
9前髪有りポニーテール
10前髪チョップカットのおかっぱ

髪の色 Edit

男女共通。色はタイプ1が黒で、以降、茶色、赤、ピンク、金、緑、青、紫、水色、銀と10パターンある。
彩度は高すぎずちゃんと髪の色っぽい。

Edit

髪型と同様に男女ごとに10タイプ、計20タイプある。いずれも目・口・鼻が変化するだけで、輪郭までは変わらない。

Edit

タイプ特徴
1への字眉毛の温厚そうな目つき。公式の男主人公
2太い眉毛と垂れ目がちの大きな目。ハイライト無し
3挑発的な切れ長の目。ククール
4挑発的な垂れ目。
5眉毛がない三白眼
6ギョロ目のタラコ唇。鼻の無い【しりょうつかい】
7白目と鼻がない点目。FC版DQ2のパッケージの【サマルトリアの王子】
8タイプ7に白目を描き足した感じ
9彫りが深く意志の強そうな見開いた目
10糸のような細い目で鼻がない。痩せた【ブーヤン】

Edit

タイプ特徴
1ぱっちりとした優しそうな目。公式の女主人公
2ハイライトが入っていない瞳。職業イラストの女の子
3元気そうな大きな目。アイコンはミーティア風だが実際は微妙に違う
4性格がきつそうな吊り目。
5釣り眉垂れ目
6ニコニコ顔。∩のような目が特徴
7伏し目顔。眼の色は見えない
8タイプ1とタイプ4の中間的な顔立ちにお化粧バッチリ
9白目がなくハイライトがたくさん入った瞳。メルル
10ギョロ目に赤ほっぺ。

肌の色 Edit

男女共通。タイプ1が最も白く、以降はちょっと濃いめの褐色に向かって全部で8段階。タイプ8を選べば黒人に見えなくも無いが、かなり薄い。4、5、6は黄色っぽい。1でも白すぎて青白いという事は無く全体的に自然な感じ。

目の色 Edit

男女共通。色はタイプ1が黒で、以降、茶色、赤、黄色、緑、青、紫、銀と8パターンあり、主人公の目の色は【イメージカラー】の初期設定に反映される。(イメージカラーは後で変更可能)
目を閉じている顔を選ぶとほぼ意味が無い。

DQ10 Edit

主人公(人間、さらに五種族の内のどれか)+兄弟姉妹、計3体のキャラクターメイクを行える。
名前、性別、大きさ、髪型、髪の色、顔、眼の色、輪郭、肌の色を設定できる(性別、種族以外は後で変更可能)。
詳しくはこちらを参照。

DQMBV Edit

大会モードでDQ9のように名前、性別、顔、髪型、髪色を設定できる(肌の色は設定不可)。

DQB Edit

名前の他は性別と髪と肌と目の色を設定できる。

DQMJ3 Edit

主人公の髪と服の色を設定できる。これらは特技「イメージチェンジ」で後から変更できる。