Top > 8cm高角砲

8cm高角砲

Last-modified: 2018-04-09 (月) 07:04:38
No.066
weapon066.png8cm高角砲副砲
装備ステータス
火力+1雷装
爆装対空+6
対潜索敵
命中+2回避
射程
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発解禁日:2015年6月12日
改修可
阿賀野型の初期装備
以下の補強増設へ装備可能
由良改二、改鈴谷型(最上改二を含む)
練習巡洋艦工作艦潜水母艦
改修更新
12.7cm連装高角砲8cm高角砲8cm高角砲改+増設機銃
新開発の長8cm高角砲です。
秋月型に装備された長10cm高角砲の小型軽量化を目指した対空用副砲バージョンです。
微妙な出来という評価もありますが、後期の建造艦艇への装備が期待されていました。




ゲームにおいて Edit

  • 種類を表すマークの色が対空装備の色(緑)にも関わらず分類が副砲となっている通り、対空砲と副砲の機能を兼ね備えた装備。
    • ……のはずだが、他の対空砲と違い防空時の前進エフェクトが発生しない。バグか仕様かは不明。
  • 同じ副砲兼高角砲の12.7cm連装高角砲と比べると、対空が2、命中が1高く、火力が1低い。うまく使い分けたい。
  • 2017/03/18のアップデートで改修可能となったが、改修資材消費が初期から3個と90mm単装高角砲より重い。
    • 改修による火力の伸びは「0.2×★」と従来の「√★」とは異なる(90mmは√★)。
      ★1で火力+0.2、★4で+0.8、★9で+1.8と特に前半の伸びが小さい(従来式は+1/+2/+3)うえ、★maxにしても火力は+3と90mm単装高角砲(火力+4相当)には及ばない。
    • 加えて本装備の艦隊対空ボーナスの上昇幅は2√★と90mm単装高角砲(3√★)より小さいため、
      既に90mm単装高角砲を所持しているのであればそちらを改修した方が良い。
    • 「量産可能で改修可能な対空副砲」ではあるので、90mm単装高角砲を所持していないなら対空装備の摩耶用などに、本装備を改修するのもいいかもしれない。12.7cm高角砲+高射装置が改修可能になればその限りではないが、本装備より改修コストが高くなる可能性は非常に高い。ワイン砲が強過ぎるんや。
    • 現時点では情報不十分な点もあるため情報が出揃うまでは、本装備の改修についていったん保留にするのもありである。
  • 2017/04/05のアップデートで由良改二、改鈴谷型(最上改二を含む)、練習巡洋艦工作艦潜水母艦補強増設スロットへの装備が可能となった。
    • 同じく増設スロットへの装備が可能な対空兵装の機銃と違い、副砲であるため昼戦や夜戦での特殊攻撃に関わるため注意が必要である。
    • 具体的な運用法は8cm高角砲改+増設機銃と被るのでそちらで。


  • メンテナンスによって幾度か性能が上方修正されている(最終は2014/10/24)。
    • 2013/11/01~ 火力+1、対空+5、命中+1(実装当初)
    • 2014/09/12~ 火力+1、対空+6、命中+1(対空1up)
    • 2014/10/24~ 火力+1、対空+6、命中+2(命中1up)

以下性能比較表(装備最大値/高角砲(副砲)早見表/テーブルより転送) Edit

No高角砲(副砲)火力対空加重対空*2艦隊防空*3命中回避装甲高射装置機能*4改修入手方法備考追加
1725inch連装砲 Mk.28 mod.249363.1211-初期装備編集
27510cm連装高角砲改+増設機銃29363.1211初期装備任務増設スロット装備可編集
13012.7cm高角砲+高射装置18322.811-改修編集
13590mm単装高角砲18322.81初期装備、イベント編集
07110cm連装高角砲(砲架)17282.41--初期、ランキング増設スロット装備可編集
2208cm高角砲改+増設機銃17282.421-改修、任務増設スロット装備可編集
0668cm高角砲16242.12-開発、増設スロット装備可編集
16010.5cm連装砲36242.121--初期装備編集
01012.7cm連装高角砲24161.41-開発、初期装備編集

小ネタ Edit

  • 元ネタは「六〇口径九八式八糎高角砲」。通称「長8センチ高角砲」。
    大正時代に開発された「四〇口径三年式八糎高角砲」とは異なるので注意(よく5500t軽巡が搭載していると記述される高角砲はコチラのこと)。
    三年式は当時の戦艦や巡洋艦などに幅広く用いられたが、この九八式はに搭載されたのみである。
  • 公称8センチだが、実口径は76.2ミリでいわゆる3インチ砲。
    コンセプトは長10cm砲を軽量化し追従性などを高めようというもので、重量は12.7cm砲や長10cm砲の半分以下に抑えられている。
    だが口径が小さくなったことで威力は落ち、シブヤン海海戦後の軽巡矢矧からは「大淀と同じ長10cm砲4基に換装してくれ」と言われたそうな(実現されず)。
    • 実際にはそこそこ戦果をあげているので、非力と言うより米軍機の防御力が半端なさすぎたからと思うのだが…*1
    • 戊三号作戦で、100機を超える敵機に対して、能代の8cm高角砲と大淀の10cm連装高角砲(砲架)が共闘しているが、
      能代の高角砲弾発砲数は29発だったのに対し、大淀の高角砲は一桁上の240発。射撃機会の差異もあろうが、その差は歴然である。
  • 「敢えて軽量化したのだから、それなりに使えたのではないか?」という想像はできるかもしれない。
    • とは言え寿命の短さや機構の複雑さも長10cm砲譲りだったので、総生産数は30門以下に終った。
      このためか搭載する案のあった松型駆逐艦では12.7cm単装高角砲が採用されている。
      軽空母「伊吹」や一部の雲龍型正規空母への搭載も検討されたようだが、上記の理由から実現できたかどうかは不透明である。
      • 機構については九八式10cmと同じ、つまり八九式12.7cm高角砲とも同じである。ぶっちゃけ他の生産ラインを圧迫してまで作る価値はなかったのだろう…
  • 結局、利点である軽さを活かせずに終わった事が芳しい評価を得られなかった一番の理由であろう。
    もし松型駆逐艦や海防艦に多数採用されていたら、この評価は随分変わっていたかもしれない。
  • 米海軍も同時期にMk.33 3インチ連装高角砲を開発しており、高性能化し体当たりさえする航空機に対しては威力と追従性を併せ持つ軽量砲が必要という認識では一致していた。
    つまり本砲の発想や着眼点はまったく妥当なものであり、決して時代錯誤ではなかったのである。
    • ただMk.33は40mm機銃の威力不足から機銃の代替として計画されたもので、高角(両用)砲の発展型ではない点、注意が必要である。
      実際デ・モイン級は40mm機銃を全廃してMk.33に切り替えているが、5インチ砲は前級と変わらない。
    • Mk.33は太平洋戦争に間に合わなかったものの、戦後長らく西側の駆逐艦主砲や空母の近接防空システムとして機能した。
      海上自衛隊でも68式50口径3インチ連装速射砲の名前で制式化され、オート・メララ社76mm速射砲が登場するまでメジャーな小口径砲として君臨。ミサイル護衛艦「あまつかぜ」などの艦に搭載されている。
      実はあまつかぜの場合予算が足りず、Mk.42 5インチ単装速射砲(はるな・しらね型やはたかぜ型が装備してるアレ)が装備できなかったからというのは内緒だ。

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 40本程あるから邪魔でしょうがないがあえて選択していくスタイル。このゲームエリクサー多過ぎんよー -- 2018-03-24 (土) 03:40:07
    • ローコストで開発できるものはエリクサーとは言わない -- 2018-03-24 (土) 17:42:40
    • エリクサーというか・・・鶏肋? -- 2018-03-24 (土) 18:01:53
  • クォータリー任務の報酬としてもらえるようになったけど、近いうちに必要になりますのん? -- 2018-03-24 (土) 11:00:30
  • 駆逐艦の乙改に装備できるようになる。と妄想してみた。 -- 2018-03-24 (土) 13:14:43
  • 今後駆逐に乗せれるようになったら、空母・戦艦の増設に乗せれるようになったら、+増設機銃のステが強化されてワイン砲を超えてきたらと妄想が止まらない。。。捨てれんぞ・・・おい・・・ -- 2018-03-24 (土) 14:55:35
    • 5-4行けば掃いて捨てるほど手に入るから、必要最低限として何個か残して捨ててもいいと思うぞ。 -- 2018-03-24 (土) 15:42:00
    • 駆逐にこんなもの載せてどうするんだ…秋月砲あるんだぞ -- 2018-03-24 (土) 17:52:48
    • 戦艦はCIになって邪魔になるだけ -- 2018-03-24 (土) 17:56:29
    • いずれにしても1/1/3/1でボロッボロ出てくるから何かしら使えるようになってからでも間に合うと思うよ。 -- 2018-03-24 (土) 18:07:43
      • その時になって確率が変わって貴重品になったりしてな 紫電改みたいにね -- 2018-03-25 (日) 02:52:19
      • 紫電は元々確率低くなかったっけ -- 2018-03-25 (日) 16:19:27
      • >1葉  そもそも副砲だから重要な装備になる可能性の方が低いし、それでもかまわんな。10cm入手しやすくなってむしろ助かる。 -- 4枝? 2018-03-25 (日) 16:49:49
  • なんで選択報酬でこいつが????やめろせっかく処分したのにまたとって置くようになるじゃんかよー -- 2018-03-24 (土) 22:12:53
    • 改修とかで使うようになるフラグじゃね? -- 2018-03-25 (日) 11:27:47
    • なんで報酬でこっち選んだんだろ...アタシってほんとバカ... -- 2018-03-27 (火) 21:36:49
      • 51砲改修で多く消費するようになったとはいえ開発資材も大型建造か大量開発やってなきゃ余るからねぇ。解体して微量の資源になる分こっちの方が実利高いんじゃない。 -- 2018-03-27 (火) 21:53:33
  • クォータリーで配布って、絶対改修餌として使うやつや -- 2018-03-29 (木) 02:07:41
  • 18個もあって、なんかの改修素材になるのかと思って見に来たが、改修にこれを必要とする装備が無いという、意外と珍しい装備?(さっさと破棄すべきだな・・・) -- 2018-04-14 (土) 23:48:31
    • 今は優先度低い装備だと思ってるから俺は割と否定的な事言ってるけど、何本かは取って置いた方がいいぞ。 まぁ、言われなくてもそうするだろうけど。 -- 2018-04-16 (月) 18:22:02
      • 鈴熊阿賀野辺りの分があれば、まあ事足りる印象。 -- 2018-06-04 (月) 09:46:30
    • 木と全く同じでこの子の改修で共食いとかするかなぁと思って保管して改修に本腰を入れるがため見に来たら更新ですら共食いしないのね。他もこれくらい楽ならなぁ…(白目) -- 2018-06-04 (月) 09:35:25
  • 工作艦だからと秋津洲もいける。そう思っていた時期がありました…(意訳:増設やらかした) -- 2018-04-24 (火) 07:19:06
    • 秋津洲はロケラン改二でも積んどき。 -- 2018-06-04 (月) 11:47:02
  • 何れ来る5式12.7㎝砲への改修素材になってくれたらいいな。 -- 2018-05-02 (水) 08:33:31
  • とりあえず改修素材になるかもとかは考えず、増設に乗せる分だけ取っておこうかと思うけど何個要るかねえ…。 -- 2018-06-10 (日) 17:36:48
    • 最大で6個でしょ艦隊的にも装備可能艦的にも -- 2018-06-11 (月) 05:15:19
      • 木主だが水上/連合で第一:阿賀野型4・鈴熊(軽母)2、第二:由良・鈴熊(航巡)2・練巡1みたいな編成にすると最大10個要るっぽい。 -- 2018-06-11 (月) 09:10:29
      • 鈴熊2隻持ちじゃなくても第二を練巡2・工作艦or潜母1とかにすればやっぱり10個かな。理論上は。 -- 2018-06-11 (月) 09:15:01
      • 度々すまん。水上/機動と書こうとして水上/連合になってた。水上連合と機動連合で同じ編成ができる。水上の場合は第一の鈴熊を航巡にすることもできる(第一に空母を入れない) -- 2018-06-11 (月) 17:13:03
    • 鈴熊複数持ちならその分追加ね、大鯨にもひとつ。 -- 2018-06-11 (月) 05:22:58
  • キソーの補強増設に積めるようにならないかなあ。先制対潜と夜戦連撃を両立させたい -- 2018-07-04 (水) 20:14:31
  • これの改修が共食いだったらなあ -- 2018-07-17 (火) 07:59:10
  • 久々に長10レシピ回したら、これも作れるのね -- 2018-07-20 (金) 07:30:35
  • 13号レシピ回してたら8割これ -- 2018-07-25 (水) 09:33:15
  • ノーマル8mmとの差は加重4(担当引いて成功判定ひいても0.4機分)に艦隊ボーナス0.3(0.03機分)、回避1 改修前提ならノーマルだよな -- 2018-08-03 (金) 22:00:00
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 特に主力雷撃機のTBFアベンジャーなどは恐ろしく頑丈な機体だった
*2 高角砲は倍率4倍
*3 高角砲は倍率0.35倍
*4 対空電探との連動により対空CI発動可能な場合有と記述