Top > 矢矧

矢矧

Last-modified: 2018-09-08 (土) 15:05:25
No.139
軽巡矢矧、着任したわ。提督、最後まで頑張っていきましょう!矢矧(やはぎ)阿賀野型 3番艦 軽巡洋艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久31火力20 / 42
装甲17 / 33雷装24 / 72
回避38 / 72対空17 / 63
搭載6対潜25 / 70
速力高速索敵13 / 45
射程13 / 59
最大消費量
燃料30弾薬35
搭載装備
215.2cm連装砲
28cm高角砲
2未装備
装備不可
改造チャート
矢矧矢矧改(Lv35)
図鑑説明
阿賀野型軽巡の三番艦、矢矧よ。
マリアナ、レイテ、坊ノ岬と、後半の大きな海戦には殆ど参加したわ。
そうよ、最後の最後まで暴れてみせたの。私の記憶の途切れた後、大和はどうなったのかしら。
ま、いいわ…今度は全てを護りきるから!

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:山田悠希、イラストレーター:コニシ (クリックするとセリフ一覧が開きます)




ゲームにおいて Edit

  • 2013/11/20にイベント「決戦!鉄底海峡を抜けて!」開催期間延長に伴い、追加実装された艦娘。
  • 2013/12/24のアップデートで実装された「大型艦建造」にて阿賀野能代と共に建造可能になった。
    • イベント時は入手が非常に困難だったが、大型艦建造では全資源最低値でも建造可能。
    • また2014/09/26のアップデートでドロップが確認。ドロップポイントは6-2のボスドロップのみ確認されている。
      • 先行実装当初、運営は「通常海域などでドロップしますので少しだけ安心してください」って言ったのに1年待たせたあげくこの難所に配置ってなんなの……、と突っ込む提督が続出した模様
  • 2014/4/23のイベント「索敵機、発艦始め!」のE5突破報酬として、直近の妹である酒匂も実装された。
  • 「未改造の軽巡」としては初のレアリティホロ枠の艦娘である。
    • ちなみに改造後は最高レアリティの桜ホロとなる。
    • その後大淀が実装されたことでホロ枠の軽巡としては唯一ではなくなった。
  • 2017/04/05のアップデートにて増設スロットに長8cm砲系列の対空兵装が装備可能となった。
  • 時報がかなりのメタ発言である。あの武蔵もびっくりなほどである
  • 2016年冬に行われたローソンのキャンペーンで、阿賀野型全員の私服modeが描き下ろされた。ただし、ゲームでは実装されていない。
  • 2018/02/17のアップデートにて、決戦modeとして能代と共に通常イラストに白鉢巻きが追加された。
    • 通常の立ち絵は他の限定グラフィック同様、冬イベント終了後に図鑑に格納されたものの、
      通例は併せて格納されるはずの、カード状態に加工されたイラスト及び中破立ち絵は何故か図鑑に格納されていない。
  • 2018年3月17日、佐世保コラボイベントにおいて頒布された「ちんじゅふ。Vol.2 佐世保鎮守府」で、私服描き下ろしイラストが掲載された。
  • 2018/4/6のアップデートで増設バルジ(中型艦)、水上爆撃機が装備可能になった。

小ネタ Edit

  • 佐世保海軍工廠で1942年9月25日進水、1943年12月29日就役。
  • 艦名は長野県から岐阜県・愛知県へと流れる矢矧川(現:矢作川)に由来する。
    • 「矧」はなかなか見ない漢字だが、矢竹に矢羽根を付けて矢を作ることを「矧ぐ(はぐ)」と称する。
      流域の旧東海道沿い(現在の愛知県岡崎市矢作町付近)に職人が多く所在した事に因むとされる。
      今でも現地には、防護巡洋艦矢矧(初代)の艦内神社だった矢作神社が鎮座する。*1
    • 機密保持のため進水式で配られた記念の盃には艦名が記されず、代わりに「矢と萩の花」が描かれていた。16:00の時報はこれにちなむ。
    • そのため「矢萩」だの「矢作」だのとよく誤字られる彼女だが、全くの無縁という訳でもないという面白い事が起きている。
      • ちなみに建造されていたドックの隣で川内が最後となる改修を受けていた。艦籍も同じ*2かつ役割も同じ水雷戦隊嚮導旗艦なので多少は先輩後輩としての面が有る筈なのだが艦これそのものでも二次創作でも触れられる事は少ない。
  • 戦歴に恵まれない阿賀野型軽巡の中にあって、僅か1年半の生涯で数多くの海戦に参加。戦争末期とあって多くの敗北を経験した。
    • マリアナ沖海戦には第十戦隊旗艦として駆逐艦15隻を率いて参加。大鳳翔鶴の生存者を救助し、瑞鶴の直衛として対空戦闘にあたっている。*3
      • 矢矧は被雷した翔鶴のそばを走っていたのだが、翔鶴から「チュッ、チュッ」という異様な音が響き、煙突からシューッと蒸気が噴き出しているのを目撃。
        被雷後も高速を出していたため、魚雷命中の穴から強い水圧で海水が突入、隔壁が次々と破れていく音であった。蒸気を噴いたのは缶室にまで水が侵入したことを示す。
        矢矧の艦橋でこの光景を目にした第十戦隊司令官木村進少将は見るに見かねて「翔鶴は止まらなくては駄目だ!」と叫んだという。
その後の翔鶴
  • この事もあってか、翔鶴の轟沈セリフでは矢矧と秋月のことを言及するものがある。
  • レイテ沖海戦にも第十戦隊旗艦として栗田艦隊に所属し参加。武蔵が戦没したシブヤン海海戦では至近弾により損傷、22ノットまで低下した速力を応急修理により28ノットまで回復。
    30ノット以上出すと浸水が始まる状態であったが、翌日のサマール沖海戦ではそれに構わず無理やり32ノットの速度をひねり出して追撃に参加した。
  • サマール沖海戦では、敵駆逐艦ジョンストンの勇敢な応戦に苦戦しつつも麾下駆逐艦達と共に魚雷を発射、敵空母2隻撃沈を報じた。しかし残念ながらこれは誤認であった。
    この戦果に関しては矢矧、雪風浦風それぞれが命中確実と確認し、その様子の具体的な図まで作って報告している。
    しかしどうやら魚雷の信管過敏のため波に叩かれ早発してしまい、各艦はその水柱を命中と誤認してしまったようだ。
    この時の矢矧の確実な戦果は駆逐艦ジョンストン(Johnston:DD-557)の共同撃沈*4、及び駆逐艦ホーエル(Hoel:DD-533)の共同撃沈であった。
    命中率の低い遠距離からの雷撃であったため攻撃判断については疑問も呈されており、これが攻撃時の「今度は良く引きつけるんだ……」の台詞につながっているものと思われる。
    • なお、この日10月25日は奇しくも矢矧進水満2歳の誕生日であった。艤装員長として建造段階から関わり、そして初代艦長として本海戦に臨んだ吉村真武大佐は、
      彼女が誕生日に挙げたこの戦果を、まるで自分の娘のことのように喜んだという。
  • 昭和19年12月5日、戦没した能代のあとを継いで第二水雷戦隊の旗艦となる。
    しかし当時の二水戦司令部*5は南方に居て、その期間は同地にあった大淀が事実上の旗艦であり、矢矧はその間内地で待機状態だった。
    この頃南方への航路はすでに完全に米軍の制圧下にあり、司令部継承のために進出するのはあまりにも危険だったのである。
    よって、この間に起こった二水戦最後の勝利となる礼号作戦にも、最後の作戦成功となった北号作戦にも、矢矧は旗艦でありながら参加していない。
    正真正銘の二水戦旗艦となったのは、北号作戦で霞とともに帰還した二水戦司令部が矢矧に移乗した、翌年2月23日からである。
  • 最期大和護衛の第二水雷戦隊旗艦として出撃。坊ノ岬沖海戦を戦うこととなった。
    • この時すでに国内の燃料重油は殆ど枯渇しており、本来貨物船に随伴する護衛艦へ割り当てる燃料を海上特攻部隊へ回さざるを得なかった。皺寄せを受けた護衛総司令部の大井篤大佐は激怒したが、燃料消費の多い大和にはこれでも足りなかった。
      そのため矢矧や浜風、冬月(未実装)などから重油を抜き取り移載、これらの護衛艦艇へは重油の代わりに満州産の大豆油を補給する事になった。
      生き残った冬月の戦闘詳報によれば運用に支障はなかったようだが、排気からはテンプラの匂いが漂っていたという。
    • 出撃の際、矢矧坐乗の第二水雷戦隊司令官・古村啓蔵少将は大和に対し「もうこれで日本の水雷戦隊は無くなるだろうし、最後の思い出に訓練をさせてほしい」と嘆願し、許可されている。
      そして進撃の途上、矢矧の命令一下、各駆逐艦は一斉に散開、大和を目標に襲撃訓練を実施した。
      かつて、月月火水木金金の凄まじい猛訓練と最高練度を誇った二水戦、その最後を華やかに締め括ったのであった。
  • 空襲開始後、矢矧は早々に2本の魚雷を受けて機関停止し艦隊から落伍してしまった。
    しかし、その後ただの浮かぶ標的状態となり攻撃を浴びつつも耐え続け、力尽きたのは大和総員退去の約10分前だったという。
    彼女が浴びた被害は、実に魚雷7本、爆弾12発にも及ぶ。軽巡が被った被害としては空前絶後である。生存者は初霜などに救助された。
    • あまりにも頑強に耐え続ける船体に、乗員であった池田武邦中尉など「もう早く沈んでくれ」と思う程だったという。
      魚雷命中の度に傾いては注水復旧し、図らずも阿賀野型の設計の強靭さを見せつける事となった。
    • 設計の頑丈さ以外にも、被弾してから速やかに魚雷などの誘爆の危険性の有る物を捨てたのも功を奏した。
      出撃艦艇の中で大和に次ぐ大型艦だった矢矧は空襲の矢面に立つことが予想され、沖縄に辿り着く事は至難と考えられたため、ダメコンには特に念入りに注意が払われていたのである。
    • 航行不能となった矢矧から第二水雷戦隊司令部を移乗するため、司令官は駆逐艦磯風に「接舷せよ」という命令を発したが、大空襲下にこれは無茶であった。
      それまでほぼ無傷であった磯風がやむなく敵の爆雷撃を掻い潜って果敢に何度も矢矧への接近を試み、やっと成功したと思ったとたん爆撃を受け磯風も行動不能に陥った(のちに砲撃処分)。
      雪風と比して遜色ない武勲艦だった磯風乗組員の憤懣やるかたなしであった。ちなみにこのときの司令官古村啓蔵少将は初霜に救助され生還している。*6
    • 彼女の行動の自由を奪った雷撃機2機を、見張員長は発見してはいた。しかし部下のベテラン見張員が「あれは距離が遠いから大丈夫」とアドバイスしたため艦橋へ報告されなかった。
      ところがその直後、浜風が火柱を噴き上げて轟沈。その凄惨な光景に見張員総員が思わず気を取られているうち、件の雷撃機は必中の距離まで迫ってきていたのだった。
      結果として報告を遅らせ艦に致命傷を負わせる事になってしまった当のベテラン見張員は、総員退艦直前、全責任をとり艦橋の背後で切腹して果てていたという。
    • 最期の出撃の際には食糧を5日分のみ残して返納し、代わりに後部甲板に大量の角材を救命具として積み込んでいたとされている。
      • だが天一号作戦の戦闘詳報には余計な角材を積み込んだ記録はなく、これは後世の創作ではないかとも疑われている。しかし当時の風潮ではとても「救命用の角材」を積み込むとは言えないため、帳簿外で都合した可能性は否定できない。
      • 生存者の甲板士官は艦長・副長の命により艦内にある応急用の角材を後部甲板に移したと証言し、多くの乗員が助かったのはこのおかげではないかと語っている。
      • 公式4コマ第38話にてネタになっていた角材はおそらくこのエピソード由来の物。決してカチコミのための装備ではないのである。
  • 新造の本艦に名前を譲った初代矢矧は1911年(明治44年)進水、1912年(明治45年)就役の筑摩型防護巡洋艦。第一次世界大戦に参戦した。
    1940年に除籍されて「廃艦第12号」と仮称し、呉海兵団や大竹の潜水学校で練習船として使用された。
    解体は1947年。戦後まで生き延びた初代大和や初代赤城と同様、二代目に先立たれることとなってしまった。
  • 戦後になって、海上保安庁のやはぎ型巡視船のネームシップ(退役済)に名前が受け継がれた。(次姉の名を継ぐ船もいた)
  • 週刊ポスト(2014年1月24日号)の特集で、前述のかつての乗組員の池田武邦氏(90)が「かわいいじゃないか。うん、いい子だよ」との感想を寄せている。
    http://news.nicovideo.jp/watch/nw915059
    • なお池田氏、矢矧沈没後ににも乗り組んだ経験があったりする。
    • 池田氏はポートホールン長崎にヨットを1隻所有している。その愛艇の名は「矢矧」である。
    • 池田武邦氏は矢矧についての書籍を執筆することを打診されていたが、最終的に固辞した。武邦氏に代わる筆者として司馬遼太郎が推薦したのが、元摩耶乗組の池田清氏である(武邦氏と清氏に親戚関係はない)。清氏が書き上げた「最後の巡洋艦・矢矧」のあとがきには次のように述べられている。

      確かに戦艦「大和」は、日本海軍の象徴的存在であった。沖縄の地上特攻作戦における「大和」の悲劇については、吉田満氏の名著『戦艦大和ノ最期』の他、多くの著書が出版されている。それはそれでよい。しかし、「大和」を護衛して「大和」に殉じた、「矢矧」を旗艦とする第二水雷戦隊の死闘とその悲劇的運命については、纏まった著書は少ない。「矢矧」、「磯風」、「浜風」、「朝霜」、「」は沈没し、戦死者数は「大和」のそれに及ばないが、生存艦を含めて戦死者一〇二六名、戦傷者三一二名に達している。「大和」だけが海上特攻隊ではなかった。とくに私は、密かに進水し闇の内に葬られた「矢矧」の、短い生涯に尽きせぬ興味と感動を覚えた。

  • 「大和のヒロイン」として二水戦最後の艦隊出撃時の旗艦という印象が強く、編成する度に第二水雷戦隊を預かっていた。
    • しかし風雲改の時報により第十戦隊旗艦としての矢矧が再び取り沙汰される事となった。

参考資料・書籍 Edit

  • 軍艦「矢矧」海戦記 建築家・池田武邦の太平洋戦争 井川聡 光人社NF文庫
  • 最後の巡洋艦・矢矧 池田清 新人物往来社
  • 特攻大和艦隊―帝国海軍の栄光をかけた一〇隻の明暗 阿部三郎 光人社NF文庫
  • 艦長たちの太平洋戦争 佐藤和正 光人社

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 73年前の今日 「一億総特攻の魁」として散った方々に哀悼の意を表します。 -- 2018-04-07 (土) 10:06:05
  • 夜の仕事で夕方に目覚めたら既にちんじゅふ売り切れだったで御座候 -- 2018-04-19 (木) 23:30:31
  • 池田武邦氏のNHKの番組見たが、矢矧への愛が溢れててファン必見 -- 2018-04-20 (金) 00:15:06
    • どこで見られますか? -- 2018-04-20 (金) 20:31:27
    • プレミアムカフェでやってたやつ?「日本の風景を変えた男たち」とかいう。あれ自体が過去の番組の掘り起こしだから、オンデマンドにでも落ちてこない限り無理だな。 -- 2018-04-23 (月) 08:46:26
  • マグカップ着弾! -- 2018-04-21 (土) 16:32:03
  • 阿賀野型コスで矢矧のポーズで記念撮影→腕逆だった…山田さんw -- 2018-04-22 (日) 22:28:09
  • 【よみずい2日目】山田矢矧さん、画伯だったのか・・・お絵描き対決で同一チームになった瞬間、顔覆って崩れるアブウ野水さん「終わった・・・」 -- 2018-04-23 (月) 07:54:24
    • ああ、一日目の第一部でお互い中堅同士で対決したから、その絵を真っ先に見ちゃったからねえ(絵は後日公開予定)。逆に同一チームの大将だった大坪師匠さんが完封勝利を挙げたから、当日出演&同一チームになってたら勝確を叫んでいたかも -- 2018-04-23 (月) 21:45:19
      • 追記。大坪師匠さんと組んでたのは野水さんの方ね -- 2018-04-23 (月) 21:46:45
  • 大型最低値レシピで回せど阿賀野6、能代6、矢矧0 なぜだ… -- 2018-05-08 (火) 21:23:24
    • 6-2が呼んでるんじゃない? -- 2018-05-08 (火) 21:27:37
    • 矢矧は6-2よりイベント…というやり取りが何度繰り返されたんだ?ここ。 -- 2018-05-08 (火) 21:38:25
  • 矢矧って競泳水着とか似合いそうと -- 2018-05-29 (火) 09:38:57
  • 月夜海の矢矧の声が綺麗すぎる -- 2018-06-03 (日) 02:42:46
    • それ分かります。 4人の中で一番声が安定して艦娘の声に近いしキレイ。 -- 2018-06-06 (水) 03:25:51
  • 艦これ2013年からやってるけどやっと矢矧さん来てくれたわ まじで運なさすぎたわ -- 2018-06-12 (火) 05:27:08
    • おめでとう! -- 2018-06-12 (火) 05:50:11
  • 佐世保イベのイラストで改めて気づいたけど、この子は爆乳じゃなくて美乳だよね -- 2018-06-18 (月) 00:15:07
  • 「まぁた矢矧に怒られる(´・ω・`)」って阿賀野姉ぇがぼやくけど、矢矧って軽く小言を言う程度で怒らないような気がする。 -- 2018-06-23 (土) 14:33:08
  • 矢矧旗艦の二水戦最終期は配下の駆逐艦も当然ながら歴戦の猛者揃いだったんだな。雪風を筆頭に磯風、浜風、初霜、朝霜、時雨、霞、潮、響、冬月、涼月・・・正しく帝国海軍の掉尾を飾るにふさわしい顔ぶれ。大和を始め戦艦群も一応健在だったし、ここらで手打ちが出来なかった事を一人の日本人として本当に惜しい、惜しいと思う・・・ -- 2018-07-30 (月) 01:10:47
  • 中日新聞の記事に、マリアナ沖、レイテ、坊ノ岬沖の敗戦を生き残った方のコメントが載ってた。角材の事とか本当だったんだな…。よし、ケッコンを目指そう!…が、その手の記事でケッコンを考えていたらキリが無いというw -- 2018-08-15 (水) 08:57:54
    • 中日新聞で戦争関連の記事じゃ、信憑性は?だがな -- 2018-08-15 (水) 09:26:49
      • 拗らせすぎ -- 2018-08-15 (水) 09:38:01
  • 「海はいつもいってるけど?」 ・・・・いつもの矢矧ペース(そーじゃなくて、あーこの子はw) -- 2018-09-17 (月) 15:35:20 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 なお、軽巡洋艦矢矧の艦内神社の分祀元については記録が残っていない。
*2 両艦共に佐世保鎮守府籍
*3 このため翔鶴は轟沈時に矢矧と秋月に言及している。
*4 磯風、野分、雪風、浦風含む第十戦隊としての戦果。
*5 司令官:木村昌福少将~昭和20年1月3日より古村啓蔵少将。
*6 初霜は改・改二で新たに追加された放置ボイスで矢矧のことを気遣っている。