アイテム/ドキドキノコ

Last-modified: 2021-08-18 (水) 03:03:05

不思議な匂いのするキノコ。そのまま食べる事が出来る。
よくある間違いだがドキドキキノコでは無くドキドキノコである。

概要

  • 食べるとランダムで様々な効果が発動する。
    体力回復や強走効果にいにしえの秘薬などのプラス効果に、
    スタミナが減ったり体力が半減したり+悪臭+疲労がまとめて飛んで来るマイナス効果など、実にバリエーション豊か。
    • MH3では疲労状態や悪臭状態が無い代わりに、スタミナが最低まで下がる事がある。
      また、毒にはならないが麻痺を発症する場合はある。
    • MHP3では悪臭状態が再登場し、それに合わせるが如く毒+麻痺+悪臭の効果が追加。
      麻痺による行動阻害と悪臭のおかげで毒ダメージが回復できず、
      その間にも当然モンスターの攻撃が飛んで来るという
      ドSどころではない超鬼畜コンボとなっている。
  • 発動する効果やその確率はシリーズによって大きく異なる。
    少量回復から上記のようにいにしえの秘薬効果、さらにF以外でも劇薬と同じ効果まである。
    ドキドキノコだからここまでの効果が発動するのだろうか?
  • MH4Gでは、色々とあり得ない事が起こる事に定評のあるキノコ大好きを発動させた上で食べると効果が変わる。
    と言っても効果がランダムである事は変わらないのだが、ランダムで起こる効果のパターンが
    回復薬・強走薬・鬼人薬・硬化薬・栄養剤・秘薬の6つの中からになり、ハズレ効果が発動しなくなる。
    ピンチからの脱出には向かないが、
    戦闘前に一つ食べておく程度の使い方ならメリットしかないので有用。
  • 危険な効果を含むためかそのまま食べる人は少なく、主にモドリ玉の調合材料として使われる。
    しかし持ち込みができず現地採集が基本の訓練所特別訓練では食べてみてもいいかもしれない。
  • MHWorldにも登場し、新大陸にも自生していることが判明した。そして色が深緑色となっている。
    しかし、調査団で危険性有りと判断されたのか、スキル「茸食」が無いと食べる事が出来なくなっている。
    尚、茸食を用いて食べた場合は、従来作同様にランダムでプラス効果を発生させる。
    又、かまど焼きの食材としても使え、携帯食料の他、栄養剤や生命の粉塵が手に入る事も有る。
  • MHRiseでも続投。こちらも茸食がないと食べられない。
    調合面ではモドリ玉の他、本作で復活した減気ビンの材料にもなっている。
  • アイルー村で見られる本種の外見はアオキノコに酷似している。
    よく見ると微妙に斑点があるので見分けられるが
    誤って食べると破裂してしまいビックリしてしまう。投げようとしても手元で破裂してビックリしてしまう。
    しかしここまで外見が酷似しているとアオキノコと間違えて調合してしまったりはしないのだろうか?
    作中では手に入れた時点でアイテムの正体が分かるが、現実的に考えると誤飲事故なんかも起きてそうである。
    • なお、本作では完全なトラップアイテムであり、プラス効果が現れることはない。
      放置していても提案の邪魔になるだけなので早々に採取するなり捨てるなりしておこう。
  • 幸いにも(?)現実には食べる度に作用の変わるキノコというものは確認されていない。
    仮に存在したところで怖くて食べられたものではないし
    初めから毒キノコとして扱おうにも、必ずしもそういう訳でもないのでさぞ扱いに困る代物だったことであろう…。
  • こういった「プラス、マイナス問わず、何が起こるかわからない」効果と言った要素は他のゲームにも存在し、
    有名なのは「ドラゴンクエスト」シリーズにおける呪文「パルプンテ」だろう。
    ただし、あちらは自分のみならず敵、味方にも効果が出ることがある一方、
    こちらはキノコを食べた本人にしか作用しないという点がある。