Top > システム > 疲労


システム/疲労

Last-modified: 2019-04-16 (火) 21:14:20

ステータス異常の一つ。疲れが一気に溜まってしまった状態。





概要 Edit

ハンターの場合 Edit

  • ポータブルシリーズにおいて、主にオオナズチの煙のようなブレスを浴びると発症する
    (チャットがないため、声帯麻痺の代わりとなる状態異常である)。
    稀なケースとしてはドキドキノコを食べた副作用。
  • 普段は人間離れした行動力でフィールド中を駆け回るハンターだが、
    この状態に陥るとスタミナが最低値にまで激減し、走ることさえままならなくなる。
    しかも余りの疲労感に肉等の食料も喉を通らない。このためスタミナの補給も難しい。
    双剣なら鬼人化してもすぐに解除されてスキを晒すだけになり、
    ランスは突進もガードもステップもまともにできない。
    ハンマーは力を溜められず、弓に至っては最早戦力外通告状態である。
    発症した場合は最優先で安全な場所まで避難するのが無難だろう。
  • 元気ドリンコを飲むと回復する。スタミナも僅かながら補給される。
    しかし、元気ドリンコだけではスタミナがまだ不十分なので、回復したらすぐに食事を取ろう。
    いにしえの秘薬でも回復可能。一気にスタミナも体力も全快になるが、一個しか持ち込めない。
    オオナズチに盗まれる危険もあるので、こちらの場合は調合素材も持っていった方が安全。
  • 状態異常としての疲労とは違うが、MH4ではテツカブラ
    ゲネル・セルタスと合体中のアルセルタスが吐き出す液体を浴びると、
    スタミナが一時的に最低まで減ってしまう
    ただこちらはスタミナの現在値が0になるだけなので、
    先述の疲労状態とは違い特別な回復手段を講じる必要も無く、数秒で元に戻る。
    ただし、テツカブラはこの攻撃を食らったハンターを優先的に攻撃してくる傾向にあるので
    その数秒の間にスタミナを消費する行動を強いられるケースが多く、
    アルセルタスの場合はゲネル・セルタスの砲撃によってスタミナの回復が遅くなる水属性やられと
    コンボになっている場合が多いので、どちらも警戒が必要である。

モンスターの場合 Edit

  • MH3からはモンスターにもスタミナの概念が追加され、
    ハンターに代わってモンスターが疲労状態になるようになった。
  • このスタミナは体力等の能力同様にクエスト開始時の初期値は下位で400または600、
    上位は600または800とランダムになっている。MH3GのG級は現在不明。
    モンスターが攻撃するごとに決められた値が消費されていくが、消費されない攻撃もある。
    一般には尻尾回転などの小技は消費されず、連続突進などの大技は大きく消費するという具合である。
    しかしイビルジョーの場合は小技はおろか、ただ歩行しただけでも消費するため疲労がかなり早い。
  • またハンターの攻撃による怯みで15減少、
    空中や地中にいる場合に怯まされると50~100と大きく消費する。
    閃光玉による怯みではこの空中から撃墜した場合にのみ減少し、地上では減少しない。
    尻尾を切断した場合も50と大きく減少するようだ。
  • 打撃攻撃等で状態異常のひとつである減気が発生すると200と非常に大きく減少する。
    減気が発生した場合は口からよだれを出すような特殊な怯みが発生する。
    「減気」という状態異常の蓄積値が一定まで貯まったタイミングで一気に削るのであり、
    打撃属性で殴るごとにスタミナを削っているわけではないので注意されたし。
    強力なモンスターの場合、減気には完全耐性を持っているものも多い。
  • スタミナが0になると疲労状態となるが、怒り状態中はスタミナが0でも疲労状態にならず
    怒り状態解除とともに疲労状態に移行する。
    またジンオウガ及び亜種の超帯電状態(龍光まとい状態)時も
    疲労状態にはならない(厳密にはスタミナが10から減らなくなる)。
  • 疲労状態となったモンスターは口からよだれを垂らすようになる。
    行動速度が低下し、威嚇などの隙を晒すことが多くなるほか、
    受けるダメージも少なくなり、ブレスが空撃ちになる、突進後にこける、罠・閃光玉の効果時間が長くなる、
    地中へ潜るのに手こずる、与えた状態異常の時間が長引くなど、かなり戦いやすくなる。
    イビルジョーのみ例外で、行動速度は変化しないほか、頭に防御力低下効果のあるよだれを付加させ、
    疲労状態でしか行ってこない攻撃を行ってくるようになる等、少々特殊である。
    恐らく疲労によって食欲が増進している状態なのだろう。
    なお、怒り喰らうイビルジョーの場合は行動速度が低下する(通常個体と同じ速度になる)。
    • リオレウス、リオレイアをはじめとするブレス等は、疲労で不発になっていても口元にはしっかり当たり判定がある。
      横着せず、普段どおり横から回り込んだ上で攻撃に移ろう。
    • MH4からは鳴き声も変化するようになり、通常時と比べて低く覇気の感じられないものになる。
    • また一部のモンスターは、よだれ以外に見た目や肉質にまで変化が現れる場合がある。
      (例:ハプルボッカ→弱点のエラが露出し狙いやすくなる、
      ガララアジャラ→背中や尻尾の共鳴器官/撥水甲が色褪せ、肉質が大幅に軟化する)
  • 疲労状態は一定時間するとスタミナが500~1000まで回復して終了する他、
    小型モンスターの捕食完了と共に400~600回復し、疲労状態の時間の途中であっても終了する。
    また、疲労状態中に怒り値が蓄積していた場合即座に怒り状態に移行する*1
    MH3Gのジンオウガ及び亜種のみ例外で、疲労状態でも帯電を行い
    超帯電状態(龍光まとい状態)に移行すると共に疲労状態が即座に解除されてしまう
    • 小型モンスターだけでなく、ハンターへの拘束攻撃を行うモンスターも存在する。
      こちらは1回噛み付かれるごとにモンスターのスタミナと、体力も少量ずつ回復する。
      疲労状態の場合はその場ではスタミナは回復しないが、2回以上噛み付かれる
      小型モンスター捕食完了と同程度まで拘束攻撃終了時にスタミナを回復され、
      即座に疲労状態が終了してしまう
      1回までならセーフなので慌てずにこやし玉を投げよう。
      なお、2回拘束されて1回ずつ噛み付かれた場合は回復されてしまうので注意。
    • 閃光玉の効果を受けている最中は疲労から回復しない。
      疲労中は閃光玉の効果時間が長くなるので、解除された瞬間に続けて閃光玉を使えば疲労を維持させてモンスターを無力化することが可能。
      ただし、ティガレックスはダッシュを使わなくなり、疲労中におけるダッシュからの転倒が発生しなくなるというデメリットも存在する。
    • また、中には共食いすることでスタミナの回復を図るモンスターもいる。
  • 残りHPが瀕死(足を引きずる体力)以下になると、消費されるスタミナが半減するようである。
    これはあのイビルジョーも例外ではないが、ドボルベルクのみ例外で、
    スタミナ消費量が残りHP50%以下で1.5倍、40%以下で2倍、30%以下で2.5倍、
    20%以下で3倍と増えていく。また、瀕死になっても半減されない。
    ドボルベルクが後半疲労しやすいのはこのためで、よく言われるコブの破壊は特にスタミナに影響はない。
    コブは「興奮時の」エネルギー補給の為にあるという設定通り、
    コブの破壊で影響するのは「怒り状態の時間」の方である。
  • 激昂したラージャン、金雷公ジンオウガ、燼滅刃ディノバルド、及び古龍種や超大型モンスターは疲労しない。
    • が、MHP3ではアカムトルム、ウカムルバス、アマツマガツチの3体には
      システム上スタミナの概念が存在していたようで、自身の攻撃では減少しないが、
      通常の大型モンスター同様、ハンターの攻撃による怯み、閃光玉などでスタミナが減少するようである。
      とはいえ、これによりスタミナが0になっても特に何も変化は起こらず、実質的に疲労状態にならない。
      MH3G以降の古龍種及び超大型モンスターにはスタミナ自体設定されていない。
    • また、MH4のクシャルダオラにのみ例外的に疲労に極めて近い状態が存在しており、
      この状態では風の鎧を纏えなくなるだけでなく、
      何もせず棒立ちしたり威嚇頻度が多くなったりなど大幅に弱体化する。
      もちろんこの間に乗ることができれば、乗りゲージが大きく溜まった状態で乗り攻防を開始できる。
      • どう見ても疲労状態にしか見えないが、公式の資料では「疲労状態にはならない」とされている
        (誤植というわけではなく、風の鎧を纏えなくなることには言及している)。
        一応、よだれを垂らさないこととブレスが不発にならないことは他のモンスターとは異なる。
      • なお、MHXではスタミナが設定されており、他のモンスターと同様に疲労する。
    • ちなみにMH4のテオ・テスカトルも疲労状態があるとほんの一時期考えられていたこともあった。
      これは火炎放射の射程が普段より短くなり、さらに動作の途中から黒い煙しか吐けなくなる場合があり、
      その様子が他のモンスターの疲労時におけるブレスの不発と似通っていたためである。
      実際にはこれは疲労ではなく非怒り時かつ龍炎を纏っていない状態でのみ発生する現象であり、
      テオ・テスカトルにスタミナは設定されていない。
    • アトラル・カは現在のところ、ラスボスモンスターで唯一疲労に陥る事がある。
      ただし、疲労状態になるのは本体形態の時のみ。墟城形態になると、疲労が強制的に回復するようだ。
  • MH4(G)において狂竜化した大型モンスターは通常時よりも疲労しやすく、
    逆に疲労からの回復も早いという特性があった。
    • ちなみに狂竜化中に疲労したモンスターは、通常とは異なる黒いよだれを垂らす。
  • MH4Gにて極限状態化したモンスターや、MHXにて獰猛化したモンスターは疲労しなくなる。
    極限状態については解除してやれば疲労も普通に溜まるようになるが、
    疲労中に極限状態が再発すると強制的に疲労が回復してしまう
  • 初登場のMH3からMH3Gくらいまでは疲労は「ハンター側に有利な状態」と捉えらえることが多く、
    実際、疲労時に攻撃を叩き込むことを前提にしたモンスターも多数存在する。
    しかしMH4以降はルーチンに調整が入っており、
    疲労した瞬間にその場で捕食をはじめる種や、
    挙句の果てには遥か彼方の腐肉に向けて移動してしまうモンスターが少なくなく、実質的に疲労状態による弱体化のメリットを享受できず、
    むしろ後者は追いかけることに時間がかかる。
    尤も、これはMH4シリーズで作成されたマップ構成の問題点によることも多いのだが。
    • 捕食攻撃を連発され、その解除のためにこやし玉を投げてエリチェンされるという場合もある。
      エリチェンでテンポが削がれるだけならいいほうで、モンスターが数エリアまたいで移動し、追いかけるのが大変な場合もある。
      ただ、これはハンターの技量にも左右されるため、ある程度の対処が可能。
    • 戦線を離脱するならまだいい方で、軸合わせもそこそこにやたら突進を繰り返す厄介なパターンもある。
      特にワイバーン骨格による突進は前方に倒れこむだけ、かつ完全に止まるまでは当たり判定が継続、
      疲労時の突進は威力も低いものの、突進なので気絶値も高く、ふっとばし効果まであるため、剣士は手出しができない。
      さらにハンターが目の前にいても突進しだすので避けても追いつけなかったり、
      追いついてもやはり突進して再度離されるイタチゴッコに陥ったりと、
      疲労からの復帰時に行う威嚇のようなアクション以外にまともに攻撃を加えられない…
      どころか、疲労突進を延々と重ねられてハメ殺されるという事態も発生するようになった。
      突進を行わない場合でも、大技を出さない分、他の速い小技を連発される、
      単純に行動速度の変化でタイミングがずれるなど、
      下手な怒り時のラッシュよりも手が出せないと感じる場合もある。
    そのため近年の疲労は「いたずらに狩猟を長引かせるお邪魔要素」と捉えるプレイヤーも存在する。
    そのため場合によっては、ただでさえ肉質面で割を食っているハンマーや狩猟笛の肩身を狭くしてしまっている。
    • とはいえ、上述の獰猛化モンスターの疲労無効化に苦言を呈するプレイヤーもおり、疲労状態をプレイヤーに有利な要素と捉える人も少なくない。
  • 一般的な疲労のイメージは「徐々に疲れがたまり、それにつれて動きも鈍くなる」というものだろうが、
    モンスターハンターではあくまで状態異常の一つである。疲労状態かそうでないかの二択なため、
    それまで元気に暴れまわっていたモンスターが唐突に疲労でおとなしくなる、ということが起こる。
  • インタビューで藤岡ディレクターはムービーに出てくるような世界観上のモンスターの生態や能力、
    生き物らしい反応をゲームシステム上に落とし込み、
    モンスターをより実際の世界観に近い形で表現したかったため、疲労などの要素を入れたと語っている。
  • ベースシステムがMH2のものであるMHFについては、体系化された疲労システムは存在しない
    遷悠種についても同様であり、減気システムなども無い。
    ただし以下のモンスターは、特定条件を満たすことで疲労のような状態になる。
ミドガロン
最大怒り時からの時間経過で体色が黒色になり、攻撃も弱々しくなる。
この状態では反撃らしい反撃を殆ど行わないが怒り時より肉質がやや硬く、
時間経過で咆哮し通常状態に戻る。
バルラガル
吸血行動中に一定の攻撃を加えてそれを妨害すると、
怒り状態が強制的に解除される上に一定時間攻撃行動を殆ど行わなくなる
こちらも時間経過で元に戻る。
ヴァルサブロス
決戦場に生えているサボテンの実を一定時間食べさせずに守り切ると、
サボテンか消えるのと同時に身体に纏っていた炎が消える
この状態になると突進後に転倒するなど攻撃が弱体化する他、肉質が軟化し、麻痺と気絶の効果時間も延びる。
一定時間が経過し、サボテンが復活するのと共に回復する。
イビルジョー
時間経過でMH3G同様の疲労状態に移行する。
疲労状態移行後の行動も概ね似通っており、罠肉やハンターの捕食攻撃で元に戻るまでの時間が早まる。
現在のところMHFに登場するモンスターでは最もMH3以降の疲労状態に近い仕様を持つといえるか。
なお、現状でイビルジョー以外の遷悠種には疲労状態は無い。

関連項目 Edit

システム/スタミナ
システム/状態異常
スキル/減気攻撃
モンスター/イビルジョー
モンスター/ドボルベルク






*1 システムがまだ認知・浸透していなかったMHP3時代には、攻撃チャンスなのでボコボコにすると疲労復帰時にほぼ100%怒り状態に移行するため、「怒りで疲労を解除される」と誤解され、罠や閃光効果を長引かせるためあまり手を出さない方がいいと呼びかけられたこともあった。