Top > 峯雲

峯雲

Last-modified: 2019-04-23 (火) 23:09:21
No.383
朝潮型駆逐艦、峯雲、配置につきます。峯雲(みねぐも)朝潮型 8番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10 / 30
装甲6 / 19雷装24 / 69
回避41 / 78対空9 / 40
搭載0対潜21 / 49
速力高速索敵5 / 18
射程6 / 44
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲
61cm四連装魚雷
装備不可
装備不可
改造チャート
峯雲峯雲改(Lv38)
図鑑説明
朝潮型駆逐艦、その八番艦の峯雲です。
なっちゃんたちと共に第九駆逐隊を編成、第四水雷戦隊の一翼として、
南方作戦からミッドウェー、そして激戦のソロモン方面の作戦に参加しました。
ソロモンの戦況は日に日に厳しくなってきて……村雨さんとの二人の鼠輸送作戦が、私の記憶の最後です。
敵の電探…脅威ですね。でも、今度は!*1

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:宮本侑芽、イラストレーター:藤川 (クリックするとセリフ一覧が開きます)




ゲームにおいて Edit

  • 2018年12月27日実装。同日開催の2019年冬イベント『邀撃!ブイン防衛作戦』のE1突破報酬として実装された。
  • 本艦の登場で、朝潮型駆逐艦10隻中9隻が登場したことになる。2018年12月現在、残るは7番艦「夏雲」のみ。
  • 他の標準的な朝潮型と比べると、回避-1、索敵-1、運-4(運最大値-5)、火力+1、対空+1。
    特に運の値は全駆逐艦ワースト1位タイ。
    また第一改造可能レベルは38と高めで、朝潮型の中では1番の高さ。

キャラクター設定について Edit

  • イラストを担当したのは朝雲山雲と同じ藤川氏だが、彼女たちも含めた朝潮型の中では一番、そして駆逐艦全体で見ても上位に入れるであろう胸部装甲*2の持ち主。
    そのため、「胸雲」だとか「朝潮型のダブルドラム缶」とも呼ばれている。
    多くの朝潮型のイラストを手がけたコニシ氏からもツッコまれてしまうほど。
    下記の節分グラが実装された際にはコニシ氏の発言を受けてか公式ツイッターでもネタにされている。

限定グラフィック Edit

  • 2019年1月22日のアップデートにおいて、季節限定グラフィックとして節分modeが実装された。
    • セーターにエプロンと、保育士か若奥様かといった雰囲気。かわいい。
    限定イラスト:節分mode

小ネタ Edit

略歴
艦長一覧
  • 峯雲は朝潮型八番艦。昭和13年4月30日に竣工。第41駆逐隊(翌年に第9駆逐隊に改称)に配属される。
    • 艦名の由来は「峰にかかる雲」であり、資料によっては「峰雲」と称される場合もある。
      • 「峯雲」の艦名は本艦が初の命名である。また、戦後も海自において2代目「みねぐも」が就役したが、練習艦への種別変更を経て1999年に退役している。
    • タービンが共振して破損してしまうという朝潮型共有の問題が見つかったため、竣工したその年のうちにドック入りして改装を行った。
  • 昭和16年6月23日、訓練終了後の午前6時頃、峯雲は駆逐艦夏潮(陽炎型6番艦。未実装)の右舷中央に衝突。さらに後進をかけたところ夏潮に続いていた黒潮の船首が峯雲の左舷後部に激突する多重衝突事故を起こす。
    • 呉に帰還して修理を行い、5ヶ月後開戦直前に修理が終わり、第4水雷戦隊第9駆逐隊に復帰、しかし開戦直後の昭和16年12月31日に山雲が触雷して離脱、第9駆逐隊は3隻編成となる。
  • 昭和17年のスラバヤ沖海戦では、先陣を切る朝雲と共に敵にもっとも肉薄し駆逐艦HMSエレクトラとHMSエンカウンターと砲撃戦を行う
    • 電源が停止する損傷を受けつつも人力で砲撃を行う朝雲を、峯雲は援護しつつ戦い、エレクトラを撃沈、エンカウンターを追い払う。この際峯雲は軽い損傷を受け、4人が負傷した。
  • 朝雲がこの損傷のためミッドウェー海戦まで内地に戻り、しばらく峯雲と夏雲の二隻編成となる。ミッドウェー海戦は近藤中将の攻略部隊に所属したため戦闘を行うことなく引き返す。
  • 昭和17年8月20日、トラック島を出撃する際に冬島で座礁、応急修理のため艦隊の出撃から遅れる。修理完了後、タンカー日本丸を護衛しながら前進部隊を追いかけた。
    • 第二次ソロモン海戦では前進部隊は千歳が損傷、峯雲がトラック島まで護衛した。
  • 9月末、峯雲が所属する第9駆逐隊(峯雲・朝雲・夏雲)と第2駆逐隊(村雨春雨)はガダルカナル島への駆逐艦による輸送、東京急行のためにブーゲンビル島ショートランド泊地へ進出する。
    • 10月2日のガダルカナル島輸送は成功、だが5日はSBDドーントレス9機による爆撃で至近弾を受け損傷、最大速度も12ノットに低下し夏雲の護衛のもとショートランド泊地へ引き返した。輸送そのものは他の駆逐艦により成功した。
    • トラック島で明石により応急修理をした後、横須賀に帰還翌年2月中旬まで修理を行う。横須賀を出港、トラック島を経由して3月2日ラバウルへ進出する。
ヴィラ・スタンモーア夜戦

この艦娘についてのコメント Edit

過去ログ

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 早く夏にならないかな~(チラッ -- 2019-03-05 (火) 19:57:17
  • 今日がビラ夜戦の日だった訳だが… -- 2019-03-05 (火) 20:16:32
  • 黙祷… -- 2019-03-05 (火) 23:03:26
  • 怠提「ほんでもって『みね』の戦没日は終わって今日は『みね』の新しい日だ。」 -- 2019-03-06 (水) 00:27:22
  • 村雨と一緒にお返しか。 -- 2019-03-12 (火) 10:29:35
    • 村雨から貰った方に喜んでいそう -- 2019-03-20 (水) 10:20:19
  • 左腕の魚雷発射管がサイコガン構えてるように見えて好き -- 2019-03-16 (土) 14:34:00
    • サイコ魚雷… -- 2019-03-20 (水) 10:23:56
      • 「気配さえ掴めばサイコ魚雷は目を瞑っていても当たるのよ・・・」 -- 2019-03-20 (水) 20:59:48
      • 音紋(気配)。89式魚雷かな? -- 2019-05-04 (土) 01:17:44
    • もうサイコガンにしか見えなくなって草 -- 2019-03-30 (土) 07:41:24
      • 子日「…」 -- 2019-04-01 (月) 12:38:43
  • 出撃時の「旗艦…峰雲~」の間の部分短くなった?前ほど不安を感じなくなった -- 2019-03-23 (土) 13:05:48
  • お下げがフェネクス(NT)のスタビライザーに見えてきた。 -- 2019-03-31 (日) 13:29:32
  • この見た目から考えたら実は峯雲という艦娘は存在しなくて20超えの女が峯雲という存在を演じているだけというネタもできそう。声が川澄だったらもう少しそういうネタ増えてたかも -- 2019-04-23 (火) 23:14:38
  • 6周年ボイス聴いたんだけど、この子事あるごとに村雨も呼んでて可愛い。好き。 -- 2019-04-25 (木) 00:05:58
  • 峰雲、その祭りは気を付けろ…村雨がああなっちゃったんだから… -- 2019-04-25 (木) 08:33:49
    • 村雨さんが勧めるなら……って一緒にああなりそう。 -- 2019-04-25 (木) 11:10:32
    • 峯雲(ずいうん) -- 2019-04-27 (土) 15:53:45
    • 東山魁夷の代表作に「ちょううん」「さんうん」というのがある…漢字でどう書くのか「ずいうんなんかに負けないから」「ね~」 -- 2019-04-29 (月) 13:06:32
  • 正直もうちょい9駆にも触れて欲しいっつーか… -- 2019-04-29 (月) 10:44:53
    • 峯雲がこの調子だとなんか山雲から朝雲に近付かないように牽制されてるのかって思っちゃう -- 2019-04-29 (月) 12:42:11
  • 『みね』の中破顔文字を誰かが作ったのをベースにやってみた。(峯雲中破) ⊂(˘╹へ╹˘°) -- 2019-05-06 (月) 23:52:51
  • ↑失敗した、こっちだ。 ⊂(˘╹へ╹˘°)∟= -- 2019-05-06 (月) 23:57:06
    • かわいい -- 2019-05-11 (土) 19:45:36
  • 「あれっ、『峯雲』に変換できねー・・・『むねくも』って打ってたあ!?」このミスをまだよくやる・・・。 -- 2019-05-14 (火) 17:25:51
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 「ソロモンの」と「鼠輸送」の部分はテキストでは表示されずボイスのみ
*2 気象現象としての峯雲は積乱雲を指す。積乱雲に成長する前や、周囲に伴うこぶ状の雲を乳房雲と呼ぶことが、その豊かさの理由かもしれない