夏雲

Last-modified: 2022-09-26 (月) 09:01:29
No.382
夏雲(なつぐも)朝潮型 7番艦 駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久16火力10 / 31
装甲6 / 19雷装24 / 68
回避40 / 76対空9 / 39
搭載0対潜21 / 48
速力高速索敵5 / 19
射程6 / 43
最大消費量
燃料15弾薬20
装備
12.7cm連装砲
61cm四連装魚雷
装備不可
装備不可
改造チャート
夏雲夏雲改(Lv38)
図鑑説明
朝潮型駆逐艦、7番艦、夏雲です。
姉妹で第九駆逐隊を編成して、四水戦の一翼を担いました。
太平洋の様々な作戦に従事、ソロモンの戦いにも多く参加しました。
最後は味方の救援中に敵機が……。
忘れないで…くださいね。

※初期値はLvや近代化改修の補正を除いた時の数値であり、改造直後の値とは異なります。
最大値はLv99の時の最大値を指します。

CV:未発表、イラストレーター:未発表 (クリックするとセリフ一覧が開きます)

CV:未発表、イラストレーター:未発表*1

定型ボイス一覧

イベントセリフ改装段階備考追加


 
 



 
追加
入手/ログインはい? あ、はい……朝潮型駆逐艦、夏雲です。
提督、あの……どうぞよろしく…お願い致します。
×編集
はい。朝潮型駆逐艦、夏雲、参ります。提督、第9駆逐隊、今日もよろしくお願いいたします。頑張りますね。×編集
母港*2編集
母港1詳細はい?×編集
はい...いいですよ?×編集
母港2夏雲……ですか?編集
母港3朝雲さん……? なんですか? え、山雲さん……さっき見ましたよ。はい、ついさっき…編集
ケッコンカッコカリ反転ボイス編集
ケッコン後母港反転ボイス編集
放置時お味方の救援は、大事なことです。提督、夏雲でよければいつでも……。あ、機銃はつんで…おきたいですね。編集
編成出撃編集
編成駆逐艦、夏雲、抜錨です。山雲さん、参りましょう!×編集
第9駆逐隊、夏雲抜錨します。朝雲さん、山雲さん、峯雲さん。さあ、参りましょう!×編集
出撃第41駆逐隊、夏雲。出撃します!出ますね。×編集
四水戦、第9駆逐隊、夏雲。出撃します。行きましょう!×編集
開戦・攻撃*3編集
戦闘1昼戦開始夏雲...敵、発見!合戦用意…です……編集
戦闘2昼戦攻撃いけそう…?そう?×編集
いきます、はい!×編集
戦闘3夜戦開始夜戦…負けません!編集
戦闘4夜戦攻撃打ち方始め…てぇ!編集
戦闘時ステータス*4編集
小破あ゛っ!編集
ひゃぁ!い、痛い…!編集
中破/大破至近弾…!直撃!後ろ…左弦……やだ!編集
轟沈反転ボイス編集
戦闘終了*5編集
勝利MVP41駆夏雲、やりました!感謝しま…す……編集
旗艦大破ひゃぁ!い、痛い…!編集
装備・改修*6編集
装備1改修/改造ん…これね?編集
装備2うん!いい…みたい?×編集
うん!いい…みたい!×編集
装備3改修/改造/開発/バケツ/遠征/発見あ…はい、そうですね。編集
その他編集
帰投戻ってきた…良かった……編集
補給はい…ありがたいです。編集
入渠(小破以下)少しだけ…お待ちください。編集
入渠(中破以上)すみません…提督……編集
建造完了うん、できたみたい。編集
戦績表示情報? 待ってて、夏雲が持ってくるね。編集

各ボイス項目の詳しい説明はこちらをご覧ください


時報ボイス一覧

時刻セリフ改装段階備考追加


 
 



 
追加
00提督、零時を回りました。本日の担当は夏雲が務めますね。いい…ですか?あ、はい。×編集
01提督、マルヒトマルマルです。ここの夜は、静か...ですね。×編集
02提督、マルフタマルマルです。少し、静かすぎて、少し怖い…ですね。×編集
03提督、マルサンマルマルです。少し、お休みになりますか?毛布、お持ちしますね。×編集
04提督、マルヨンマルマルです。少しはお休みになれましたか?...よかった。×編集
05提督、外が少し明るくなってきました。マルゴーマルマルです。もうすぐ、朝ですね。×編集
06提督、マルロクマルマル、朝…です。総員起こし、ですね?了解しました。総員、起こし!皆さん、起きてください。朝です!...すみません、朝ですー。×編集
07提督、改めておはようございます。マルナナマルマル、朝食をこちらにご用意しました。麦飯に納豆、ラバウルで補給した野菜のお味噌汁、あと…たくあんです。召し上がれ。×編集
08あ、朝雲さん。お手伝い…ありがとうございます。おかげで洗い物も早く片付きました。時刻は…マルハチマルマルです。×編集
09さあ、海にでましょう。時刻は、マルキュウマルマルです。×編集
10ヒトマルマルマル。山雲さん、峯雲さん、そして提督、朝雲さん。改めておはようございます。四水戦、九駆全艦揃っています。えへへ、なんか嬉しい…ですね。×編集
11提督、前方より軽巡...四水戦、旗艦由良さんです。由良さん、おはようございます。はい、みんな健在です。時刻はヒトヒトマルマル、もうすぐお昼ですね。×編集
12ヒトフタマルマル。本日の九駆のお昼、由良さんからお弁当を頂いてしまって…。あぁ~、夏雲、お茶いれますね。×編集
13提督、ヒトサンマルマルです。美味しかったですね…。お茶お代わりは...?あ、はい。お持ちしますね。×編集
14提督、右弦(みぎげん)より艦影。水上機母艦日進、秋月以下随伴護衛駆逐艦続く。時刻は、ヒトヨンマルマルです。×編集
15ヒトゴーマルマル。提督、日進護衛の十一駆より通信。提督、朝雲さん、返信しますね。ぶーんちょうきゅう*7を…いのる。編集
16提督、ヒトロクマルマルです。そろそろ港に帰投しましょう。朝雲さん、先頭をお願いして...いいですか?×編集
17ヒトナナマルマル。提督、見てください。夕日が、沈み…ます。綺麗で、悲しい…ですね。×編集
18提督、ヒトハチマルマ…あ、朝雲さん。え、これを?…提督、朝雲さんから鰤…いただきました。美味しそう…×編集
19ヒトキュウマルマル。提督、朝雲さんの鰤の照り焼き、美味しいですね!豪華……。麦飯ともよく合います。×編集
20フタマルマルマルです。そうですね、朝雲さんと山雲さん、仲が良くって…。少しだけ妬けちゃいますね、…少しですよ?×編集
21フタヒトマルマル。峯雲さんも村雨さんだし…夏雲、少しだけさみしいですね……。提督...?ありがとう…ございます。×編集
22提督、フタフタマルマルです。今日も大変お疲れ様…でした。×編集
23フタサンマルマルです。提督、今日はありがとうございました。明日も良い1日だと…いいですね…×編集


季節ボイス一覧


イベントセリフ改装段階備考追加


 
 



 
追加
桃の節句編集
春の訪れ編集
ホワイトデー編集
編集
春本番編集
梅雨編集
初夏編集
編集
盛夏編集
夏祭り編集
編集
秋刀魚編集
晩秋編集
ハロウィン編集
秋のワイン編集
編集
師走編集
クリスマス編集
年末編集
新年編集
節分編集
バレンタイン編集

二周年記念編集
三周年記念編集
四周年記念編集
五周年記念編集
六周年記念編集
七周年記念編集
八周年記念編集


ゲームにおいて

アップデート履歴

キャラクター設定について

  • スパッツ。
  • 艦隊九周年にしてついに朝潮型駆逐艦が全て揃った。また「第九駆逐隊」開戦時編成が勢揃いした。
    当代第九駆逐隊に属した艦は夏雲のほか朝雲山雲峯雲白雲薄雲不知火。なお、夏雲は白雲以下の艦が9駆所属だったということを知らぬまま戦没している。
  • 「夏」の名を持つ駆逐艦は今まで尽く実装されてこなかったがここにきてようやく1隻目の実装が果たされたことになる。
    同年春イベで実装された早潮が言う「夏」は陽炎型「夏潮」のこと。他に秋月型「夏月」が存在する。
  • 初代「第41駆逐隊」所属を自称する唯一の艦娘である。無論、この41駆は初代で開戦時の第9駆逐隊である。初期から実装されている「第8駆逐隊」所属の朝潮・大潮・満潮・荒潮は結成当初「第25駆逐隊」だったが、初期からの実装組なので誰も「第25駆逐隊」と言わないし、9駆スタメンたちも41駆所属とは言わないので、このパターンは特に珍しい。
    • 冬月の言う「第41駆逐隊」は秋月型駆逐艦で結成された2代目。2代目41駆が結成された時点で初代41駆改め9駆は解散し新たに新生18駆が再結成されており、2代目41駆結成時点で初代41駆に属した朝雲・山雲は健在だったが彼女らは流れ流れて第4駆逐隊の所属になっていた。レイテ沖海戦イベントでもずっと第9駆逐隊所属を名乗っていたけれども…
    • 他に改装状態で所属駆逐隊のセリフに変化のある艦娘は...
      • 薄雲:第12駆逐隊→「第9駆逐隊」(邂逅時)→「第18駆逐隊」(改)
      • 天霧:第8駆逐隊→「第20駆逐隊」(邂逅時)→「第11駆逐隊」(改・改二・改二丁)→第19駆逐隊
      • 朝霜:「第31駆逐隊」(邂逅時・改)→第2駆逐隊→「第21駆逐隊」(改二) 
      • 満潮:第25駆逐隊→「第8駆逐隊」(改二)→「第24駆逐隊」(改二・イベント限定)→第4駆逐隊 など
  • 戦没ボイスはサボ島沖海戦後の叢雲らの救援時が元ネタである。

小ネタ

略歴

略歴

19366.10佐世保海軍工廠において建造予定の駆逐艦に「夏雲」の艦名付与
7.1佐世保海軍工廠において「夏雲」起工
19375.26進水
8.16佐世保海軍工廠内に夏雲艤装員事務所を開設。艤装員長北村昌幸中佐
19382.10竣工。横須賀に回航され山雲と第41駆逐隊を編成。(3.31朝雲、4.30峯雲を41駆に編入)
8.11葉山御用邸に滞在中の昭和天皇の木更津海軍航空隊行幸において御召艦となる(供奉艦は山雲)
11.15北村中佐は夏雲艦長職を解かれ、山雲艦長原為一中佐の兼務となる。12.1山雲艦長が溝端定一中佐となり、引き続き夏雲艦長を兼務する。
19391.1第3予備艦となる
2.10艦長に原田耕作少佐が補職される。
7.24艦長に大田春男少佐が補職される。在職中に中佐に昇進する。
11.1篠田勝清大佐*8が第41駆逐隊司令に着任する(第30駆逐隊司令より)。
11.5第41駆逐隊を第9駆逐隊に改称。警備駆逐艦となる
11.15第2艦隊第4水雷戦隊に編入。(4水戦司令官:西村祥治少将)
19401.25艦長に塚本守太郎少佐が補職される。(前職:長月艦長*9)9.16-11.15大潮艦長を兼務。11.15中佐に昇進。
19414.10駆逐隊司令に佐藤康夫大佐が補職される。(前職:第5駆逐隊司令)
12.11ルソン島北部ビガン攻略作戦に参加
12.22リンガエン湾上陸作戦を支援
19421.24バリクパパン沖海戦に参加
2.27スラバヤ沖海戦に参加
4.1クリスマス島攻略作戦に参加、被雷大破した那珂を護衛してシンガポール、台湾を経て横須賀に帰投。
6.4ミッドウェー作戦に参加
10.2ガダルカナル輸送作戦中10.5峯雲が被爆損傷。
10.11千歳らを護送してサボ島沖海戦に参加後被爆航行不能となった叢雲の救援に向かう途中、12日午後米海兵隊機の爆撃を受けガダルカナル島沖にて被爆沈没。塚本艦長以下17名戦死。生存者は朝雲により救助。
11.15除籍

艦長一覧

艦長一覧

氏名海兵期・本籍在任期間兼任職
艤装員長北村昌幸*10 中佐45/石川1937年08月16日 - 1937年12月08日
第1代1937年12月08日 - 1938年11月15日
第2代(兼)原為一*11 中佐49/香川1938年11月15日 - 1938年12月01日山雲艦長
第3代(兼)溝畠定一*12 中佐46/京都1938年12月01日 - 1939年02月10日山雲艦長
第4代原田耕作 少佐49/鳥取1939年02月10日 - 1939年07月24日
第5代大田春男*13 少佐/中佐49/神奈川1939年07月24日 - 1940年01月25日
第6代塚本守太郎*14 少佐/中佐→(大佐50/福岡1940年01月25日 - 1942年10月12日戦死大潮艦長
  • 朝潮型駆逐艦の1隻で1936年(昭和11年)7月1日、佐世保海軍工廠で起工、1938年(昭和13年)2月10日に竣工。同日付で姉の山雲と第41駆逐隊を編成した。その後3月に朝雲、4月に峯雲が相次いで竣工して編入となり、第41駆逐隊は4隻体制となった。
    • 因みに竣工まもない2月22日から23日にかけての1日だけ、長門から横須賀警備戦隊旗艦の職を引き受けていたりする。
  • 8月9日、横須賀に停泊していた夏雲に驚くべき指令が届いた。葉山御用邸に滞在していた昭和天皇が、木更津海軍航空隊への日帰りでの行幸をしたいと申され、2日後の11日にそれが決定。夏雲が御召艦を務める事となったのである。
    • この行幸には天皇陛下だけでなく、海軍大臣米内光政、内務大臣で海軍将官の末次信正、横須賀鎮守府司令長官の長谷川清*15、軍令部次長の古賀峯一といった早々たる顔ぶれも同行する事になっており、乗員たちは大慌てで準備、当日は11時30分頃に陛下一同が乗艦され12時出発。1時間半ほどの航海で木更津につくと一同は木更津に上陸し1時間ほど行幸されて再び夏雲に乗り込み帰路についた。
  • 12月には長姉朝潮の検査*16の際に発覚した朝潮型駆逐艦に搭載していたタービンの共振現象によるタービン翼破損事故*17への対策工事を実施。
  • 1939年(昭和14年)駆逐隊は第9駆逐隊に改称*18。太平洋戦争開戦時は第二艦隊(旗艦愛宕)第四水雷戦隊(旗艦那珂)に所属し*19、隊司令は佐藤康夫*20大佐が務めていた。

バリクパパン沖海戦

  • 夏雲ら第9駆逐隊は第四水雷戦隊の僚友と共に比島部隊に所属、ビカン上陸作戦やリンガエン湾上陸作戦に参加していたが、12月末に山雲が蝕雷大破し戦線離脱。引き続いてバリクパパン攻略作戦に参加した夏雲らは1月21日に攻略部隊を乗せた輸送船団16隻を四水戦で護衛しつつ出発する。
  • しかし部隊は初手から運がなかった。航空支援をするはずの第23航空戦隊は降雨のため航空機を出すことが出来ず、23日より連合国軍の空襲を受ける。夕刻には輸送船「辰神丸」が損傷、19時30分には航空燃料を搭載していた南阿丸が被弾し大炎上、船体放棄となる。
  • 夜になって泊地に到着した部隊はまず掃海作業と上陸部隊の大発への移乗を実施する。だが日付が変わった1月24日0時30分頃、蘭国潜水艦「K-18」の雷撃を受け、停泊していた旗艦那珂の艦底を通過して隣にいた「敦賀丸」に命中。同船は沈没する。
    • これを受けて四水戦司令官の西村祥治少将は各隊に周辺の警戒を指示。第9駆逐隊は那珂と共に船団東方3㎞で警戒態勢に入った。
  • 上陸部隊は1時40分と2時40分に2回に分けて上陸した。だが連合国軍も上陸作戦阻止のためABDA艦隊からウイリアム・A・グラスフォード少将指揮下の米海軍の軽巡2、駆逐6の部隊を出撃。そのうち駆逐艦4隻*21が泊地に突入してきた。
    • 日本側は突入してくる敵駆逐艦を全く発見できなかった。哨戒していた第15号掃海艇は接近してくる4本煙突の艦*22を那珂だと誤認してしまい接近、複数隻いる事で那珂ではない事に気づくがすれ違いざまに魚雷攻撃を受けるも回避に成功している。
      • この「クレムゾン級が4本煙突で那珂と一緒」というのが、この後も日本側を混乱させる事になる
  • 米駆逐艦4隻は二手*23に分かれて行動しており、まず4時30分に「須磨浦丸」を雷撃して撃沈。ポープはそのまま離脱して3隻となったが、続いて「球磨川丸」がジョン・D・フォードから砲撃を受けて10数発が命中。同駆逐艦はその後も「朝日丸」「藤影丸」「呉竹丸」を相次いで攻撃して4時45分に「呉竹丸」を撃沈している。
    • 残りの2隻も前日の空襲で損傷していた「辰神丸」にとどめをさし戦線を離脱、その道中哨戒艇37号がこれを那珂と誤認して接近、そこを反撃され魚雷3本が命中して沈没してしまった。
    • 一方旗艦の那珂は泊地から10~13㎞東方を航行しており、米駆逐艦による襲撃に全く気付いていなかった。最初に受けた敵情報告は4時40分に届いた「四本煙突の駆逐艦が北方に現る」というものだったが、西村司令官は気づかずに「警戒を厳にせよ」と下令しただけだった。
      • その後襲撃と判断した西村司令官は、夏雲ら第9駆逐隊を率いて北上するも混乱する戦場で逸れてしまい、結果なんら戦局に寄与する事なく終わってしまった。
  • 後にバリクパパン沖海戦と呼ばれるこの海戦は、日本側は輸送船4隻を失う大損害を出しながら、突入してきた米駆逐艦4隻を取り逃がしてしまった*24。上陸作戦自体は成功し、作戦目的は達成したが戦術的には日本の敗北であり、アメリカ側はこれを「大勝利」と大々的に報じた。
  • 内容的には敗北ではあったが、日本の快進撃は止まらず、第9駆逐隊も蘭印作戦に従事。2月下旬に発生したスラバヤ沖海戦では朝雲と峯雲が海戦に参加したが、夏雲は輸送船護衛に終始し直接戦闘には参加しなかった。だがこの海戦で隊旗艦の朝雲が損傷して修理となったので、佐藤司令は旗艦を夏雲に変更する。夏雲は第9駆逐隊旗艦として東部ジャワ攻略戦に従事した。

クリスマス島攻略、四水戦旗艦拝命

  • 3月下旬、四水戦はインド洋クリスマス島攻略作戦に参加し夏雲らもこれに加わった。攻略自体は同島守備隊が3月31日に降伏した事で完了したが、翌4月1日18時、同島近海を哨戒していた那珂がアメリカ潜水艦シーウルフの雷撃を受け大破する。
    3日にバンダム湾に帰還すると夏雲と峯雲は那珂を護衛してシンガポールへ向かい、那珂は同地に停泊する工作艦朝日の元で修理に入る。そして四水戦旗艦は夏雲となり、2隻は横須賀に移動する。
    • その道中、ドーリットル空襲が発生し、夏雲らにも米機動部隊追跡の命が下るが会敵できず、横須賀に帰港する
    • また、5月2日本州南岸で米潜水艦ドラムの雷撃で沈んだ水上機母艦瑞穂の救援に高雄摩耶および第9駆逐隊3隻*25も出動し、救助現場の対潜掃討を行った。
  • 15日、第9駆逐隊の佐藤司令は司令駆逐艦を朝雲に戻した。20日には第四水雷戦隊の新旗艦に由良が指定されたので、夏雲はようやく旗艦任務から解放される。そして旗艦由良のもとで、四水戦は海軍のほぼ全兵力が参加する大作戦「MI作戦」に参加する。

ミッドウェー、そしてソロモンでの死闘

  • MI作戦では第9駆逐隊は攻略部隊主隊の所属となり、四水戦のメンバーと共に出撃したが*26、作戦は周知のとおり空母4隻と重巡1隻を失い失敗する。撤退する中で追撃してくる米機動部隊を牽制するため、第9駆逐隊は第五戦隊(妙高羽黒)及びタンカー1隻とウエーク島近海で欺瞞行動をして米機動部部隊を牽制する。
    • その後アリューシャン方面の増強も兼ねて牽制部隊は北方へ移動するが米機動部隊の出現はなく、7月上旬にはその任を終えて内地に帰還する。休む間もなく四水戦および山雲三日月で対潜掃蕩を実施した。
    • このあたりから第9駆逐隊は朝雲と夏雲のペアで行動する機会が増える。7月14日に第八艦隊が新編されて、三川軍一中将が旗艦鳥海に乗って日本からラバウルにむかうことになった。鳥海の護衛に朝雲と夏雲が指定されて出発。どういうわけか、途中で護衛役が雪風時津風に交代し、朝雲と夏雲は練習巡洋艦香取を護衛して内地にもどった。四水戦も異動があり、第4駆逐隊が除かれて、第27駆逐隊(時雨白露有明夕暮?)が加わっている。
  • 8月7日に連合軍がガダルカナル島に上陸占領すると、第二艦隊麾下の前進部隊として四水戦と共にトラック諸島に進出する。
  • 8月24日より起こった第二次ソロモン海戦でも前進部隊の1隻として参加するがたいした戦果はなかった。そうした中で第9駆逐隊含む四水戦の大部分が、前進部隊から第八艦隊貴下の外南洋部隊に異動となり、ショートランド泊地に進出。ガダルカナル島への鼠輸送作戦に従事する事になる。
    • 10月2日の最初の輸送作戦は成功したが、5日に行われた2回目の作戦では米軍機の空襲で峯雲が損傷してトラック諸島に撤退、第9駆逐隊は朝雲と夏雲の2隻のみとなる。その後8日より実施した3回目の輸送任務は無事に済んだが、物資輸送能力に劣る中小艦艇では運べる量が乏しく、部隊は11日には4回目の輸送作戦を実施する

サボ島沖海戦、夏雲の沈没

  • 10月11日、水上機母艦日進千歳、秋月型駆逐艦秋月、駆逐艦朝雲、夏雲、綾波叢雲白雪は、ショートランド泊地を出撃し、ガダルカナル島への重火器等物資人員の輸送任務に向かった。
  • だが、この日はいつもと違って後方から別の一群が進撃していた。第六戦隊の重巡(青葉古鷹衣笠)、駆逐艦吹雪初雪の5隻からなる支援部隊で、輸送部隊の支援かつヘンダーソン飛行場への砲撃を任じられていた。
    • しかもこの支援部隊による攻撃は露払いであり、遅れで第三戦隊の金剛榛名および第二水雷戦隊を中核とする挺身部隊が追従。戦艦の主砲を叩き込んでヘンダーソン飛行場を無力化する計画であった。
  • 11日、20時過ぎに目的地に到達した輸送部隊は物資揚陸を開始する。だがその途上の22時ごろ、サボ島方面から砲声と閃光が確認され、支援部隊と米艦隊が遭遇し交戦が始まった。サボ島沖海戦の始まりである。
    • 輸送部隊は23時過ぎに揚陸を完了し、戦闘海域からの撤退を開始する。だが支援部隊からの報告で危機に瀕している事を知った輸送部隊指揮官は、すぐさま白雪、叢雲を救援に差し向ける。また第9駆逐隊には健在な衣笠と合流して敵を撃滅するよう命じたので、夏雲と朝雲は反転し戦場に向かう事になる。
      • 支援部隊が苦戦した理由の一つとして米艦隊を視認した際、これを友軍だと誤認した第六戦隊司令部が初手対応が遅れ、砲撃を受けても「ワレアオバ」と同士討ちしていると警告するだけで反撃せず、そのうちに青葉艦橋にHelenaの命中弾を受け司令部が壊滅し、指揮系統が破壊されてしまったのが挙げられる。これは前方を進撃している輸送部隊と敵を誤認したのが原因である。*27
    • だが敵制空権下で、既に日が出る時刻に敵飛行場の眼前で駆逐艦が行動するのはあまりに危険だった。案の定日の出と共に米軍機が襲来、まず古鷹救援に向かった叢雲が大破航行不能となる。
      第9駆逐隊はこれを救援に向かうが昼以降更なる空襲を受け、夏雲は至近弾数発*28を受け浸水。塚本守太郎艦長が戦死したことで隊司令の佐藤康夫の指示で乗員を朝雲に移乗させる。
      その後浸水が止まらない夏雲は艦長以下17名の戦死者と共に14時27分に沈没。第9駆逐隊初の戦没艦となった。このあと朝雲と白雪は叢雲の沈没を看取り、ショートランド泊地に戻っていった。
  • 戦後、海上自衛隊の「みねぐも型護衛艦」の2番艦「なつぐも」として艦名が継承された。現役時代の艦番号はDD-117。練習艦TV3510への種別変更を経て1999年に除籍された。ちなみに、1978年に遠州灘で対潜訓練中に潜水艦「あさしお」と接触する事故を起こしている。

この艦娘についてのコメント

  • 2隻目出た -- 2022-09-12 (月) 22:07:19
  • 建造終了時のセリフが…うん、何かね、色々責任を取らねばっていう気持ちにね… -- 2022-09-12 (月) 22:33:01
  • ようやくゲット。大体25回程度だったか…6%辺りなんだよね?まだましな方と言えるのかな… -- 2022-09-13 (火) 07:40:44
  • 胸部装甲は、中破絵を見るとわかるが朝潮型の方では「あるほう」である(荒潮より上?) -- 2022-09-13 (火) 22:14:14
  • E3-2ボス 乙 ゲージ削り中にドロップ!やったね!これからラスダン。 -- 2022-09-13 (火) 23:19:27
  • E-2乙で掘り進めて29週目全然こんな、運営はいい加新キャラぐらい確率上げてもいいと思うんだがな -- 2022-09-14 (水) 00:21:04
  • 鵜来ちゃんに続いて攻略中にドロップしたけど動揺しすぎてスクショ取れなかった -- 2022-09-14 (水) 15:15:38
  • ドヤ顔 -- 2022-09-14 (水) 18:05:57
  • E2甲で掘り始めて22周18S勝利でようやくドロップ。これで最初のギミックだけ終わっていたE3を進めることができる。 -- 2022-09-14 (水) 20:57:47
  • 攻略中に来た。なんだろう、このジブリ感 -- 2022-09-15 (木) 01:36:18
  • E3-2ボス 乙削り時に2隻目来たけど・・・装備に魅力ないし、皆さんどうされてます? -- 2022-09-15 (木) 20:54:29
  • こういう地味な子ほどスルメになる…かもね。磯波で思い知らされたからなあ。 -- 2022-09-16 (金) 14:01:36
  • E3-2終わったけど来ず 後段終わって時間と資源が残ってたらまた掘りに戻ってくるけど、多分それはないから、またいつかってことで -- 2022-09-16 (金) 14:13:20
  • E2攻略中に出ず、あ~掘りか~早く出てくれるといいな…と思いながら本隊のキラが残ってたのですぐに出撃→出た! -- 2022-09-16 (金) 14:41:24
  • 何でいつも初回が渋いんだ・・・一度出た後はすぐに複数出るくせに・・・。 -- 2022-09-16 (金) 16:29:36
  • 2隻目がドロップしても困るねこの子 -- 2022-09-17 (土) 17:26:03
  • 体力の限界なので、お願いします、出て下さい。 -- 2022-09-17 (土) 23:58:38
  • 水母大バーゲン…いい加減にしてくれ。 -- 2022-09-18 (日) 06:18:07
  • 虹ホロ背景見て絶望感感じるとか、どうよ?って感じ。陸奥×4長門×1だぜ。そしてもうすぐ100周・・・ -- 2022-09-18 (日) 09:47:50
  • やっと来た、燃料3万溶けたわ -- 2022-09-18 (日) 16:03:05
    • 3万ならまだいい。5万減ったがいまだ出ない。 -- 2022-09-24 (土) 01:46:16
      • 心が折れた。E3もまだだし、もうこいついらねぇ -- 2022-09-24 (土) 14:03:42
  • 佐世保の工廠妖精も「次の朝潮型はちょいと胸おおきくしたろ」くらいは考えていたもよう。 -- 2022-09-19 (月) 11:53:34
  • E2 V:夏雲15回 E2 Vマス(丙) S勝利15回で着任。未着任の提督に幸あれ。 -- 2022-09-19 (月) 18:55:29
  • 甲攻略中に来たわ、さいさき良いな -- 2022-09-20 (火) 13:14:09
  • 削り一発目で邂逅! -- 2022-09-20 (火) 14:08:24
  • 掘り祈願、当たりますように -- 2022-09-21 (水) 06:21:12
  • E2v乙、何十周したか忘れたが、ようやく、、、ようやくドロップしたわ。正直大した性能の艦船じゃないのにこのドロップ率はどうなのよと。 -- 2022-09-21 (水) 22:04:02
  • 来ないよー・・・ダレカタスケテー -- 2022-09-24 (土) 01:39:00
  • 「Massachusetts」は書いたら一時間以内に邂逅出来たのでここにも書いてみる。 -- 2022-09-25 (日) 19:55:03
  • どっかで見た髪型だなって思ったけど、となりの関くんのヒロインがこんなだったな -- 2022-09-26 (月) 01:55:46
  • 甲で泥率7%なら下振れてもS30以内には出る計算なんだけど出ない -- 2022-09-26 (月) 09:01:28

提案意見掲示板からのお知らせ

  • ドロップ祈願や海域攻略祈願のために、wiki内神社というページが設置されました!ぜひご利用ください。

*1 CVやイラストレーター加筆時はそれぞれCV・イラストレーターに出典を記載
*2 母港ボイスは各艦娘につき3つ割り当てられています。「詳細」ボイスは編成画面の「詳細」ボタンをクリックすることで聞くことが出来るボイスです。母港画面でも聞くことが出来ます。「母港3」ボイスは「母港画面でのクリック」もしくは「母港画面への遷移」でのみ聞くことが出来る、いわゆる「提督お触りボイス」です。編成画面での「詳細」ボタンでは聞くことが出来ません
*3 4つの基本ボイス(昼戦開始・昼戦攻撃・夜戦開始・夜戦攻撃)がありますが、各ボイスはその他の色々な場面でも使われます。各ボイスをどのフェーズ(航空戦/開幕雷撃/先制対潜/昼戦攻撃/各種CI...など)に割り当てるかは艦娘によって異なり、例えば開戦ボイスを攻撃でも使ったり、夜戦攻撃ボイスを昼戦でも使ったりします)
*4 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*5 「小破」ボイスの2つ目と戦闘撤退時の「旗艦大破」ボイスは共用化されています
*6 装備ボイスは3ボイスありますが、改修/改造ボイスと共用化されています。また、ボイス3は「改修/改造」「開発」「バケツによる即時修復」「遠征出撃」「アイテム発見」ボイスと共用化されています
*7 武運長久: 戦場での幸運が久しく続くこと。
*8 後に長良大淀山城艦長。西村祥治中将と共に西村艦隊旗艦山城にて戦死し中将特進。
*9 一等駆逐艦の初任艦は初霜で、一時若葉艦長も兼務した。
*10 薄雲艦長、17駆司令、長良艦長等
*11 長月天霧綾波天津風艦長、19駆・27駆司令、矢矧艦長等
*12 長鯨艦長等
*13 国後艦長等
*14 初霜(兼若葉)・長月艦長等
*15 後の支那方面艦隊司令長官、台湾総督。日本海海戦時は旗艦三笠に乗艦。艦橋の配置で参戦し、東城鉦太郎作「三笠艦橋の図」でも測距儀の上から軍帽だけ見えているのが長谷川である
*16 1937年(昭和12年)12月29日に実施されたタービンの開放検査
*17 所謂「臨機調事件」といわれるもの。一時は日本海軍全艦艇のタービンに問題があるのではないか?と思われたが、調査の結果タービン翼の共鳴による破損で、朝潮型に搭載された新設計のタービンだけに起こる現象と分かり、同型艦に対策工事がなされる事態となった
*18 元々は白露時雨有明、夕暮で編成していたが4隻が佐世保鎮守府に転出して第27駆逐隊となったため。スライドして第9駆逐隊を襲名した
*19 第四水雷戦隊司令官は西村祥治少将。のちにスリガオ海峡海戦で西村艦隊を率い、山城と共に戦死する。
*20 のちに同じ朝潮型駆逐艦4隻(朝潮、大潮、満潮、荒潮)からなる第八駆逐隊司令となり、1943年3月2、3日にかけて行われたビスマルク海海戦に参加、旗艦朝潮と運命を共にした
*21 クレムソン級駆逐艦のジョン・D・フォード、ポープ、パロット、ポール・ジョーンズ
*22 クレムゾン級駆逐艦も川内型と同じ四本煙突
*23 ポール・ジョーンズとその他の3隻に分かれていた
*24 連合国側の損害は駆逐艦ジョン・D・フォード小破、潜水艦K-18大破
*25 朝雲も合流して3隻となっていた
*26 由良、村雨五月雨夕立春雨、朝雲、夏雲、峯雲。第4駆逐隊の野分萩風舞風は南雲機動部隊直衛のため別行動。
*27 日進や千歳の艦影と、アメリカ重巡の艦型が似ていたという点もあげられよう。
*28 後部甲板左舷に直撃弾を受けたという証言もある