Top > システム > 報酬ブースト


システム/報酬ブースト

Last-modified: 2017-09-11 (月) 21:42:22

MHFにおいて、2013年9月18日より実装されたシステム。
2016年現在ではハンター(プレイヤー)に対する特典として逐次付与されるものとなっている。

概要 Edit

  • 元々はG級昇級前のハンターに対する支援策として実装されたシステムだが、
    MHF-G10よりイベント・キャンペーンなど特別な機会に付与される形に変更されている。
  • 特典はクエストで入手できるGRP/GSRPの増加や、ゼニー(Gゼニー)の増加
    クエスト報酬素材の増量など様々なものがある。
    一口に報酬ブーストと言えばこれら全ての機能を指すが、
    実際にはこの中から一部の機能がその都度付与されていくと考えればよい。
  • これらの補正は各種ボーナスとは独立しており、重複すればさらに倍々になる。
    各種の追加課金サービスと併用するとより効果的なのは言うまでもない。
    また名前が似ているがブーストタイムとは無関係。
    こちらも条件を満たせば同時に発動するので、さらに報酬が凄いことになる。
  • なお報酬ブーストはあくまでクエスト報酬に対して発生するボーナスであるため、
    実際にクエストに行かなければ機能しない。
    また、G級ハンターの注意点として、G級クエストで「難易度減少」設定を行うと、
    報酬ブーストの全効果が消失してしまう。

特典内容 Edit

  • MHF-G10時点で存在が公表、或いは適用されているものを中心に記載している。
    過去に存在していたものについては後述。
獲得ジーランクポイント(GRP)○倍
G級ハンターが対象。G級クエストにてGRを上げやすくなる。
基本的にこの特典は後述の獲得ジースキルランクポイント(GSRP)○倍と同時に付与される。
何倍になるかはイベントやキャンペーン次第だが、G10時点で2~4倍の実績がある。
最大はMHF-Z移行直前に実施された「5倍」。
なおGRPはパートナー、パートニャーの育成ランクの基礎値にもなるため、
これらNPCの強化にも有用。
獲得ジースキルランクポイント(GSRP)○倍
G級秘伝書を所持したハンターが対象。
基本的に獲得GRP○倍とセットで付与され、倍率もGRPと同じである。
獲得ゼニー/Gゼニー○倍
クエスト報酬として手に入るあらゆるゼニー及びGゼニーが倍増する。
G10ではゼニーが上がる場合はGゼニーも同時に上がるよう付与されるようである。
かつては別々に設定されていた。
獲得素材数○倍
一部のアイテム・クエストを除き、報酬枠に出現する全ての報酬が倍増する。
例えば2倍設定の場合、本来は1枠で1個のアイテムであれば1枠で2個得られるようになる。
サブターゲット報酬や、部位破壊・捕獲報酬についても同様に倍増される。
大/超激運のお守りが発動すればさらに倍増する可能性がある。
従来に無いタイプの破格のボーナスである。
大半の素材に対して反応し、お守りが無効化されるアナザーターゲットも倍増するが、
武器魂、武器綬、武器勲といった特定の素材は出現報酬枠の種類を問わず増加しない。
またG9以前は覇種の素材(鮮烈なる滾血はG9.1で倍増の対象になった)も増えなかった。
また、報酬内容が完全固定のクエストでは倍化は発生せず、
パローネ大航祭や天廊遠征録、極限征伐戦の追加報酬でも倍化は発生しない。
更に「全ての報酬効果が無効です」というメッセージが出るクエストでも適用されない
(これは後述の効果にも言える)。
倍増量については2倍及び3倍が確認されている。
剥ぎ取り回数+○
モンスターの本体や尻尾からの剥ぎ取り回数が増える。各種スキルなどとの併用も可能。
尻尾剥ぎ取り素材やHC素材を集める上では非常に有効な効果となる。
回数は1~2であることが多い。大抵は+1のようであるが2016年以降は+2設定も多い。
なおこの効果は全く無意味であるにも関わらずラスタ達にも発生する他、
「全ての報酬効果が無効です」というメッセージが出るクエストでも、
この効果についてはちゃんと機能する。
  • 以下はMHF-G9.1まで存在していたもの。
    現在もシステムとして残っている可能性はあるが、G10現在付与予定がない。
獲得ハンターランクポイント(HRP)増加
HRをポイントを溜めて上げていくシステムだったG9.1まで、全ハンターに付与されていた。
G10にてHRシステムの刷新(俗に言うキークエスト制への変更)が図られたことによってこの効果は無くなった。
なおHRP自体はパートナー・パートニャーの育成ポイントとして内部的に設定が維持されているが、
その為だけにハンターに付与される事はないようである。
獲得スキルランクポイント(SRP)増加
G級昇級前にスキルランクシステムが存在していたG9.1まで、SR500未満のハンターに付与されていた。
G10で非G級のスキルランクパラメーターそのものが廃止され、
こちらはパートナー・パートニャーの育成ポイントに絡まないため、
機能としては完全に廃止されたものと思われる。
報酬枠追加+1
通常報酬の確定枠と上限が1枠ずつ増え、部位破壊や捕獲で得られる報酬についても、それぞれ1枠ずつ多くなる。
捕獲報酬の場合、本来は1種ごとに2~3枠であったものが3~4枠になる。
部位破壊は部位ごとにそれぞれ1枠ずつ増える。例えばリオレウスの頭と翼を破壊した場合は、
頭と翼の破壊報酬がそれぞれ2枠ずつ、計4枠の報酬となる。
上記の獲得素材数倍増とも重複するので、部位破壊に関しては実質的に4倍となる。
ただし通常報酬の確定枠については、元々1枠である場合など一部のクエストでは増加しない。
また、アクラ系の討伐報酬(体液など)やエスピナス希少種の転倒報酬(火石など)も増加しない。
なお報酬が増えすぎた場合、一部の報酬が得られなくなるという不具合も早速発生してしまった。
例えばタイクンザムザを全部位破壊すると、それだけで報酬の下枠が埋まってしまう。
G9.1下の2016年3月16日まで非G級ハンター全員に付与されていた特典だが、
3月17日のHR帯要求素材大幅緩和に伴い標準特典から外れ、G10現在付与予定がない。
G級においては一度も設定されたことがない。

変遷 Edit

  • 報酬ブーストはG級コンテンツの実装から約半年が経過し、
    それまでG級に生じていた様々な問題が概ね解決を見た時期に、
    「HR/SRハンターへの特典」として実装されたシステムである。
  • 当時はG級=MHF-Gのエンドコンテンツとして見るユーザーが圧倒的に多かったため、
    メインコンテンツ(HR/SR)に対して行うものとしては末期的とも思える過剰なボーナスだ、
    という指摘も一部にはあったのだが、HRPの上がりにくさやレア素材の入手しづらさは以前から指摘されており、
    サービスの継続年数が増すごとにプレイヤー層も縦に延び、
    エンドコンテンツであるG級以外の過疎状態が続いていたため、
    HR/SRユーザーのマッチングが上手くいかず、「早くG級に昇級したい」という声が相次いでいたらしく
    このようなテコ入れも仕方ないということで落ち着くことになった。
  • また、全員が0からのスタートとなるPS3版やWiiU版でも、最初からこのボーナス設定があった。
    上述の通りユーザー層が縦に伸びてしまったことに対する方策のみならず、
    緩和が進んでいたG級と平行して、MHFの旧コンテンツにおける、
    レベリングや素材収集のバランスそのものを再調整する意味もあるのだろう、と見られるようになった。
    更に当時のMHFのG級昇級条件はかなり厳しく、一部でオプション課金前提という批判も出ていたのだが、
    このシステムによってオプション課金に頼らなくてもそれなりの速度でG級を目指すことが可能になっている。
    その為この報酬ブーストはHR/SR帯のバランス調整要素の一つと認識された。
    (根本的な緩和をしないのか、という疑問についてはこちらの解説が詳しい)
  • その後、このシステムはG級ハンターにもイベントなどで適用されるようになり、
    単にHR/SR帯のボーナスに留まらないシステムであるという認識も定着するようになった。
    一方この頃から、アイテム関連の特典が美味しすぎるために、報酬目当てで敢えてG級を目指さない、
    という選択肢も提唱されるようになった。
    これは(メインコンテンツであるとされた)HR/SR帯をじっくりプレイすべき、
    という声が少なくなかったのと、いわゆるサブキャラクターを持つプレイヤーにて、
    一人HR(SR)のサブを残すことによる恩恵が非常に大きかったためである。
    ただし後者については問題視する人も一部で見られた。
  • その後、MHF-GのメインコンテンツがG級関係コンテンツであるという事が定着した2016年より、
    プロジェクトRという大規模リファイン計画で、HR・SR帯の根本的な緩和
    (素材要求数量の大幅削減など)が実施されている。
    これによって今まで報酬ブーストで賄っていた素材入手量の増加という緩和が必要なくなったため、
    2016年4月6日より素材入手に関わる機能が標準機能から外れる事になった。
    そしてMHF-G10より報酬ブーストの全機能が外れ、
    上述したようにイベント・キャンペーンなど特別な機会に付与されるものという位置付けになった。

関連項目 Edit

システム/報酬
システム/ブーストタイム - 一時期HR/SRハンター向けという側面が強かったボーナスシステム