Top > スキル > スタミナ上限突破


スキル/スタミナ上限突破

Last-modified: 2019-05-30 (木) 13:05:45




概要 Edit

  • 効果はその名の通り「スタミナの上限値が増加する」というもの。
    似たようなスキルとしてMHWorldから仕様が変更された体力増強が上げられる。
    ただ異なる点として体力増強は最初から上限値が増加されているのだが、
    スタミナ上限突破はスキル名の通り上限を突破するだけで最初から増加はしてくれない
    実際に効果を発揮するには肉類アイテムを消費してスタミナを上げる必要がある。
    また、シリーズスキルでの発動のためか、Lv1しかない代わりに50と大きく増加する。
  • 武器種によっては火力に結びつく有効なスキルなのだが、無視しきれない問題があり、
    「ジャナフシリーズを4部位以上装備しないと発動させることができない」という制約がある。
    発動スキルはジャナフ装備に詳しいが、4部位つけるという事はスキル自由度は最低クラスまで落ち、
    火属性武器で火属性を操るモンスターに挑まないと死にスキルが溢れてしまう
    誰もが分かるように、火属性のモンスターに火属性武器を担いでいくのは
    よほどの例外でない限り訳の分からない行為であるため、まず採用されることはない*2
    そしてアーロイシリーズはジャナフシリーズよりはマシだが戦闘において役に立たないスキルが2つもある
    更にはワンセット防具のため、部位を変更する事は出来ないのでスキルの小回りが利かない。
    以上のことから魅力的なスキルであるにもかかわらず採用されることはほぼ皆無であった。
  • そんな不遇を受けていたため見向きもされず影の存在となっていた当スキルだが、
    Ver.4.00にて追加されたナナ・テスカトリの防具であるエンプレスシリーズの登場によって取り巻く環境は一変した
    ジャナフシリーズが4部位以上装備しないと発動させることができないのに対し、
    エンプレスシリーズは2部位装備するだけで発動させる事ができる
    更にエンプレスシリーズは回避距離UPフルチャージ体力増強
    強力なスキルが勢揃いにも関わらずα装備でも豊富過ぎるスロットを持っている
    そのため今まではジャナフシリーズ、アーロイシリーズが壊滅的なスキル自由度だったのとは打って変わり、
    優秀なお手軽スキルに加え豊富なスロットから高いスキル自由度が齎された。
    これにより、双剣、弓を筆頭とした非常に多くのスタミナを必要とする武器群にスキル革命が起きることとなった
  • 重要な点として、飽くまでもスタミナの上限値を上げるだけであり、回復速度や消費量には影響しない。
    つまり、単位時間あたりに使用できるスタミナの量は変わらない
    このため、例えば「スタミナ満タンから一気にゼロ近くまで消費し、
    その後は回復しきるまでスタミナ消費行動を取らない」といったプレイスタイルなら有効だが、
    「スタミナが最大まで回復するのを待たず、矢継ぎ早に消費していく」ようなスタイルの場合は、
    他のスタミナ補助スキルを使用するのが望ましい。

関連項目 Edit

防具/エンプレスシリーズ
システム/スタミナ
システム/シリーズスキル






*1 アーロイαγシリーズによる「蛮顎竜の闘志」は上位ジャナフシリーズ同様4部位で発動するが、ワンセット防具であり部位により装備を変えることはできない。
*2 本作ではヴォルガノスが登場するが、硬化した部位軟化には種火石を拾うことで撃てるスリンガー松明弾で十分可能である