Top > 武器 > ゲェレーラキャノン


武器/ゲェレーラキャノン

Last-modified: 2018-11-02 (金) 18:43:05

MHXXで登場した氷牙竜ベリオロスの素材で作られたヘビィボウガン。





概要 Edit

  • 断熱性・耐低温性に優れたベリオロスの素材が常識を覆す排熱機構を生み、作られたヘビィボウガン。
    その特質が性能に現れている名品である。
    雪に紛れ無数の敵を討った伝説のガンナーの得物がモデルになっているという。
  • 見た目はベリオロスの素材で補強されたアンチマテリアルライフル。
    暗いフレームを白い甲殻が包み、弓に用いられた琥珀色の牙がよく映える。
    リアル調のアンチマテリアルライフルとしては言うなれば妃竜砲の後輩であり、
    実際妃竜砲から派生強化でも入手可能。
    もっと言うとシールドとパワーバレルのデザインもそちらとそっくりである。
  • 特徴的な名前はスペイン語由来で、
    最終強化のゲェレーラエスピノを直訳すると「戦士のサンザシ」となる。
    なおサンザシは中国産のバラ科の低木で、甘い果実を実らせを持つ。
    F産モンスターであるエスピナスと語源が同じと言われれば、ピンと来るかもしれない。
    ただしこの武器の強化過程で氷牙竜の“棘”は使用しない

性能 Edit

  • 一発生産か、妃竜砲【遠撃】からの派生で作成できる。
    どちらの場合も雪甲大塊を使用するため、ベリオロスに加えて上位ガムートの狩猟が必須となる。
  • 性能の方向としてはライトボウガンのブリザードカノン同様に、氷結弾と貫通弾の扱いに優れる。
  • 通常弾の装填数は3/4/0と恐ろしく貧弱な代わりに、貫通弾が全LV5発と非常に頼もしい。
    この傾向はG級強化までほぼ変わらない。
    しゃがみ撃ちはLV2貫通弾LV1貫通氷結弾に対応。
    調合素材の調達が容易なLV2貫通弾しゃがみは特に継戦能力に優れており、
    ブレイヴスタイルによる超浪費撃ちにも対応しやすい利点がある。
    貫通氷結弾しゃがみは弾切れしやすい上に割と敵も選ぶものの、
    ガララアジャラの部位破壊などには役立つサブウェポン。
    さらに装填速度は「速い」で、素で主に使用する弾の大半を最速装填可能。おまけにブレもない。
    ただし反動「中」ではほとんどの弾が実用に耐えないため、反動軽減+1だけは文字通り必須。
  • 究極強化はビヤラースヴァリア
    • 高水準の攻撃力340
    • それを後押しする会心率30%
    • スキルの自由度を高めるスロット2
    • 貫通弾が全レベル7発装填可能
    と貫通特化型ヘビィボウガンとして極めて優秀な仕上がりとなっている。
    極めて高い立ち撃ち性能に加えて高火力のしゃがみ撃ちにも対応する、実にハイスペックな逸品。
    さらにLV2貫通氷結弾しゃがみにも対応し、ヘビィ版ハーイゲヴァーとでも言うべき性能に。
    ここまでくれば貫通氷結弾による属性攻めも視野に入る。
    反動だけは相変わらずフォローが必須だが、裏を返せば欠点はそれだけしかないため運用のハードルは極めて低い。
  • G級素材を使ってLV2ゲェレーラエスピノとして一発生産することも可能。
    とはいえ強化する場合でもほぼカテゴリ素材や共通素材しか使わない上に、
    G級ベリオロスのクエスト報酬で上位素材も割と貰える*1ため、
    MHXからの引き継ぎで開始した場合はLV1からの強化の方が作りやすいかもしれない。

関連項目 Edit

モンスター/ベリオロス - 素材元。
武器/ベリオ武器






*1 MHX不参加組のクエストでは報酬3段目で上位素材が貰える。