武器/銀翼の穿鎚

Last-modified: 2019-08-05 (月) 16:00:28

白銀に煌く天彗龍の鎚。
鉄星の如く冷酷無比で重い強打は、対象を容赦なく穿つ。
(銀翼の穿鎚)

古文書は記す。
恐れ見よ。星をも圧潰する破滅の猛撃を
銀翼の穿鎚、最終強化形態。
(龍星鎚ノウド)

概要

  • 最終強化後の銘はバーナード彗星が由来と思われる。

性能

  • 製作時点での性能は攻撃力160、斬れ味白50、龍属性30、スロット1。
    属性寄りのハンマーとしては斬れ味が最初から白である分攻撃力も高めで使いやすい。
    • 上位の間では「龍星鎚ノウド」LV2までしか強化できず、LV3以降はG級素材を必要とする。
      G級バルファルクはG★4昇格の緊急クエストなのでG級後半まで強化できないが、
      最後の古龍の大宝玉以外はバルファルク素材以外使わないので素材は集めやすくはある。
  • 究極強化形態は「赫醒鎚マグナウド」。
    攻撃290、龍属性44、スロット2、そして斬れ味は脅威の白250
    素で斬れ味ゲージMAXなので匠スキルで伸ばす事はできない。
    • しかし、この武器は少ない手数の代わりに一撃の重さで勝負する武器種ハンマーである。
      …………どう考えてもハンマーにこの長さの斬れ味ゲージは要らない。
      宝の持ち腐れ状態である。
    • 究極強化龍ハンマーの中ではワースト3という酷い物理期待値を持つ。
      属性値は高めだが、1位の「ミラアンセスルイン」には大きく差を付けられており、
      また同程度の属性値40~45を持つハンマーがマグナウド含めて6つも存在し、ライバルが非常に多い。
    • そもそも今作の龍ハンマーは、後述する固有狩技の実情もあり、
      匠スキルで実用域のレベルの属性値と斬れ味に攻撃力320と会心率30%を持つパワーofエンミティ
      次点としてマイナス会心率で白ゲージであるものの
      攻撃力380という途轍もない数値の白骸巻槌サダイメリキ
      龍属性どころかハンマー全体でトップクラスの物理火力を誇っており、他のハンマーは肩身が狭いのが実情である。
  • 赫醒大剣バルハーリィ」と同様、武器種との相性が悪い性能であるが、
    大剣と比べるとハンマーには、デフォルトで溜め短縮を持つストライカースタイルでの回転攻撃や、
    狩技のタイフーントリガーなど手数を稼ぐ有用な手段がある。
    斬れ味補助のスキルや絶対回避【臨戦】が必要ないという自由度もあり、使い道が皆無というわけではないが、
    ハンマーの固有狩技は、正直どれも使い勝手が微妙であるため、
    斬れ味保持が出来る絶対回避【臨戦】を外すメリットがかなり薄いというのが問題。
    そもそも、ハンマーで属性が通る部位を積極的に殴りに行くこと自体、
    他の手数武器を吹き飛ばすリスクがかなり高まり、地雷認定されやすく、
    そもそも手数を稼ぐのなら手数武器でいい
    使用場面はオオナズチソロでハンマー縛りで挑む場合くらいだろうか。
    それすらも神滅鎚アル・メタリアでいいなんて言っちゃいけない
  • それでも運用する場合、匠スキル無しで運用できることを活かすしかないだろう。
    パワーofエンミティ、サダイメリキ、ミラアンセスルインはいずれも匠スキルが無いと運用できないので、
    それを外して自由にスキル構成できるのは数少ないが明確なメリットである。
    斬れ味重視の龍ハンマーは上記のアル・メタリアに加え、「極星幽鎚ダリエガロア」が挙げられる。
    ダリエガロアはゲージの短さ・属性値の低さからあまり競合しないものの、
    アル・メタリアは斬れ味補正込みで物理も属性も上回られており、
    スロットも同じ2つ、素で紫ゲージ50を持ち斬れ味補助が必須ではない、とかなり厳しいライバルとなる。

余談

  • MHXXでのハンマーの公式CGでは、
    このハンマーを持ってバルクシリーズを装備したハンターが使われている。

関連項目

モンスター/バルファルク
武器/バルク武器