防具/テンタクルシリーズ

Last-modified: 2020-09-05 (土) 15:17:56

古龍ネロミェールの素材から作られる防具。

目次

概要

  • MHW:Iから登場した古龍溟龍ネロミェールの素材を用いて作られる防具。
    特徴的な翼膜を利用した黒いラバースーツに、色鮮やかになった時のネロミェールの体表のような
    紺からオレンジへとグラデーションに光る裏地の黒いコートを羽織ったようなデザイン。
    女性用は翼をそのまま用いたようなウィッグ、そしてむちむちな太ももが特徴的で、
    MHW:I屈指の可愛さを誇ると話題になっている。
    男性用の頭装備はβが女性用のような前髪を長く垂らしたウィッグだが、αは黒い仮面にフードとなっており、
    その片目は光り燃え盛っていて(色変更可)ダークヒーローのような趣。
    中二病的にはたまらん記号が揃っている。
    モンハン世界には珍しい、近現代的なデザインの古龍装備。
    • 「テンタクル」はイカやタコの「触腕・触手」を意味する単語。
      モチーフが同じため、某インクを使うイカの陣取りゲームのキャラクターを想起させるというかデザイン的にどう見ても狙っている
      ちなみに、そのゲームに登場するアイドルグループにテンタクルズというグループが存在する。

性能

MHW:I

EXテンタクルα・βシリーズ

部位αβ
スキルスロットスキルスロット
体術+3Lv1×1体術+2Lv4×1
渾身+1渾身+1
属性やられ耐性+2Lv2×2属性やられ耐性+1Lv4×1
Lv2×1
整備+1整備+1
整備+2Lv1×1整備+2Lv4×1
渾身+1
体術+2Lv1×3体術+1Lv4×1
Lv1×2
スタミナ急速回復+1スタミナ急速回復+1
スタミナ急速回復+2Lv2×1
Lv1×1
スタミナ急速回復+2Lv4×1
Lv2×1
属性やられ耐性+1
一式体術Lv5Lv1×6
Lv2×3
体術Lv3Lv1×2
Lv2×2
Lv4×5
属性やられ耐性Lv3属性やられ耐性Lv1
整備Lv3整備Lv3
スタミナ急速回復Lv3スタミナ急速回復Lv3
渾身Lv2渾身Lv1
シリーズ
スキル
2部位以上:属性加速
4部位以上:真・属性加速
 
  • 水を吸収してからが本番のネロミェールの戦法を反映してか、
    防具のスキルは渾身やスタミナ急速回復、体術などスタミナに関連するスキルが多い
    スタミナ消費行動が阻害される水や氷属性やられ耐性もある。
    • 反面、後述のシリーズスキルに独特の強さがあるためかスロットのサイズに難がある。
      個数としては計9個を備えるものの、1/3がLv2、残りはLv1で構成されており、
      Lv3スロットが存在しないので、耳栓や匠の装飾品が扱えないのがネック。
    • βではマスターランク防具の常でLv4スロットが現れるのだが、
      拡張するサイズに比べて引き換えに削られているスキルが軽く、
      コストパフォーマンスに優れるβの方が、所持する装飾品によっては活躍できる。
  • シリーズスキルの「溟龍の神秘」は、2部位装備で属性加速として発動、
    4部位装備で真・属性加速に強化される。
    その効果は、モンスターに攻撃を当て続けると属性解放/装填拡張のレベル2(真・属性加速ではレベル3)が発動し、
    さらに効果発動中は属性攻撃力が少し上がるというもの。
    今作には属性解放で高い属性値が発現する武器が少なからず存在するため、
    組み合わせ次第で面白い使い方が可能であろう。
    ただし素で属性を持つ武器の受ける恩恵は多くないため、組み合わせはしっかり吟味しよう。
    • 無属性武器+無属性強化の状態で本スキルが発動した場合、
      発動した時点で属性武器扱いとなり無属性強化の効果が消失する。
      常時発動が期待できない場合の保険としては効果があるが、
      無属性武器の攻撃力を強化しつつ属性値まで得るような使い方はできない。
  • スタミナの管理が重要で属性値を重視する双剣や弓、操虫棍との相性は良く、
    特に弓は、属性解放で高い龍属性を持つ三界双樹―光明―が当防具と極めて好相性。
    他の武器種でも、MHW:Iでは行動でスタミナを消費しがちなクラッチクローが実装され
    今までよりもスタミナに余裕がない場面も少なくなく、
    無属性武器を利用するときには着ていく選択肢も十分ある。
    スタミナ消費の多い武器と組み合わせると渾身はほぼ死にスキルになるが。

EXテンタクルγシリーズ

部位γ
スキルスロット
スタミナ急速回復+3Lv4×1
Lv2×1
整備+1
回避性能+4Lv4×1
水属性攻撃+2
ランナー+3Lv4×1
Lv2×1
属性やられ耐性+1
回避距離UP+3Lv4×1
Lv2×1
回復速度+2
体術+4Lv4×1
雷属性攻撃強化+2
一式体術Lv4Lv2×3
Lv4×5
回避性能Lv4
回避距離Lv3
ランナーLv3
スタミナ急速回復Lv3
回復速度Lv2
水属性攻撃強化Lv2
雷属性攻撃強化Lv2
整備Lv1
属性やられ耐性Lv1
シリーズ
スキル
2部位以上:属性加速
4部位以上:真・属性加速


  • 歴戦王ネロミェール実装と共に登場。
    α・βシリーズのスキル・スロットを踏襲しつつ、回避系・属性攻撃系が追加され更なる強化が加えられている。
    • スキルポイントが全体的に底上げされており、
      スタミナ急速回復・ランナー・回避距離はそれぞれ1部位で最大レベルに達する。
      体術と回避性能も1部位でLv4まで発動するようになっており、かなり強力。
      また、地味ながら水・雷属性攻撃強化が追加され、両方の属性を操るネロミェールの装備らしくなっている。
      全体的なスキル構成やシリーズスキルは変わりないので、α・β同様に弓や双剣向けの装備と言える。
      パーツ単位のスキルポイントが高めになったことで、混合装備でお呼びが掛かることもあるだろう。
      ただ、火力スキルは属性攻撃強化と属性加速しかなく今一つ火力に欠けるので、
      安全快適な狩りを強く求めていない人からの評価は低い。
    • スロットはLv4が5つにLv2が3つとβシリーズ並のスロットを保持しており、カスタマイズ性も悪くない。
    • 各部位でスキルが重複せず、かつ一式で10ものスキルが発動するという防具は前例が無い。
      ただし2種も属性強化が入っており、双剣にも水と雷の双属性武器が現状では無く、
      かと言ってボウガン2種で運用しようとするとランナーがほぼ死にスキルと化してしまう。
      この事から一式で性能を活かし切るのは難しいだろう。
  • この防具のスキル構成が弱いわけではないのだが、歴戦王ネロミェール参戦直前に
    皇金シリーズ×龍紋一式の属性テンプレが誕生したことがタイミングが悪かったといえる。
    属性武器は皇金武器が主流になってきており、テンタクルγを採用する場合は龍脈覚醒・属性加速がメジャー。
    これを龍紋一式とダメージ比較すると大差で負けている訳ではないのだが、
    属性加速は常時発動する訳ではなく会心率の補助も弱い為、装備構築でも龍紋一式ほどの手軽さはない。
    また、素で属性強化が発動してしまっているため、雷属性と水属性以外では採用しにくい。
    スタミナ系のスキルこそあるものの、それは別に龍紋一式でも可能というか少し過剰である。
    回避距離は長すぎては使いにくい場合もある為、防具に最大値が付与されているのは若干使いにくい。
    総じて全体的に少しずつ劣ることとなり、龍紋一式と龍紋テンタクル混合どちらを使うかとなると、
    前者を選ぶハンターが多いのが現状である。
    流石に弱くて使い物にならないという事は全くないので、火力を重要視しないなら普段の狩りで常用するのも有りか。
    • 上記の状態だったがアルバトリオンの参戦から一転、アルバトリオンの防具シリーズとテンタクルγを組み合わせた新たなテンプレ装備が生まれた。
      こちらは属性耐性を上げることで火力を上昇させるため、非常に高い防御性能とスタミナ系のスキルを兼ね備えた優秀な構成となっている。
  • シリーズスキルの人気は他のものに劣っているが、1部位のみ需要が高いものがある。
    それは回避距離UPLv3が発動する腰部位である。
    レベルや他のスキルとの兼ね合いの問題でつける順位が低かった回避距離が簡単につけられスロット数も多い
    テンタクルγコイルはランスやガンランスを使う人には非常にありがたい部位となっている。
    ガンランスは赤龍武器に熔山龍の真髄か銀火竜の真髄を付与して砲術・極意スリンガー装填・極意を同時発動しつつ、
    テンタクルγコイルにて回避距離UPLv3発動が可能なため特に需要が高くなっている。

EXタクルネコαシリーズ

  • 全身覆うタイプの装備であり、ピンク色の体に水色の光る眼が特徴。
    後ろ姿はウミウシその物。
  • 余談だが、頭装備の裏側にイソギンチャクのようなツブツブがたくさん付いている。
    バゼルギウスの首や尾の爆鱗などを見るのが苦手(集合体恐怖症)な人はプレビュー時に気を付けた方がいいかもしれない。

関連項目

モンスター/ネロミェール