「スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ」

Last-modified: 2020-10-24 (土) 14:41:58

Twitter連載ログ

◆note版(Twitter連載版公式アーカイブ)&設定資料(要ニンジャスレイヤープラス購読)◆全セクション&N-FILES
◆Togetterまとめ◆#1#2#3#4#5
◆実況付◆#1#2#3#4#5
◆note版実況付◆全セクション&N-FILES

各種メディア展開作品

オーディオドラマ実況◆:1回目()/2回目
アニメイシヨン第13話(PART1)第14話(PART2)

登場人物


あらすじ

マッポー都市ネオサイタマでは、例え路地裏で殺人が起ころうとも気にも留めない。それがチャメシ・インシデントだからだ。
フリーランスのニンジャ・シルバーカラスは、新型兵器のモニタリング依頼を受け、ネオサイタマの片隅で人々を殺して回る「ツジギリスト」である。
ターゲットを指定されればカラテカもヤクザスモトリも、気は進まないが女や老人でも。無論目撃者も躊躇なく殺す。それが仕事だからだ。

 

ノナコ」「何?」「俺は死ぬんだとよ。長くないんだと」「エー?」
そして彼自身も、死神の足音を間近に聞く者だった。医者の宣告は、余命半年にも足りない。
「リゾートで、おいしいお餅ですね。あなたを癒したい」
「それかボンズですね。罪の意識とかありますか?」
ジゴクに落ちる前にせめてゴクラクを味わうか。罪なき市民の血を流し続けたことを余生いっぱい使って懺悔するか。残された時間の使い方を選ぶ暇も、彼には実際少なかった。
そんな時だ。あの少女に出会ったのは……。

 

気まぐれのままに助けた少女の名前はヤモト・コキ
彼女もニンジャだった。しかも、ソウカイヤに追われている。
未熟な女子高生には、カラテの心得が無かった。今まで生き残ってこれたのが、実際奇跡なのだ。

 

「……何やってんだろうなァ、俺は」
気がつけば、ヤモトにカラテを教えている自分がいた。これは善意だろうか。ただのエゴだろうか。
シルバーカラスの脳裏に、かつてのセンセイの言葉が蘇る。
(願わくは、オヌシ自身の中のイアイドーが、いつかオヌシを促さん事を)

 

死神がアイサツに現れる日も、そう遠くはあるまい。体にもその徴候が現れ始める。
新たなノーティスを読み流しながら、シルバーカラスはヤモトにインストラクションを授けていく。
聡明なる読者諸兄はご存知であろう。ブッダマッポーの世においても、ゲイのサディストであることを。
だからこそ、心せよ。「去り逝く鴉が今、最期の歌を唄い出す」……。

 

「ドーモ。ヤモト・コキ=サン。シルバーカラスです」


解説

「ウェルカム・トゥ・ネオサイタマ」及びニンジャ名鑑でシルバーカラスの存在が明記されてから、実に約半年の時を経て公開された待望の一篇。
「ラスト・ガール・スタンディング」が文字通りヤモト・コキがニンジャとして立ち上がった物語とするならば、今作はシルバーカラスに導かれて彼女がニンジャとして歩き出す物語である。
ちなみにスワン・ソング=白鳥の歌とは、詩人や作曲家などが生前に残した最後の作品のことで、つまり辞世の作といったような意味である。
※ヨーロッパでは「白鳥は生涯鳴かないが、死の間際になって美しい歌を歌う」という伝承がある。これをもとに、詩人などのクリエイターの遺作がスワン・ソングと呼ばれることになる。
第2回エピソード人気投票で2位、物理書籍版第1部エピソード人気投票では堂々の1位に輝いた一期一会の師弟ストーリー。ハンカチをしめやかに用意し、去る者が何を残すのか、行く者が何を託されたのか見届けて欲しい。

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#2」に収録。「ネオサイタマ炎上#1」の「ラスト・ガール・スタンディング」と合わせて読もう。



「コメントか」「そうなんですよ」

  • あらすじを見るたびに映画の予告のようだと感じることであるなあ -- 2014-01-16 (木) 18:37:30
  • 一番好きなエピソードだ… -- 2014-05-14 (水) 22:03:00
  • 物理書籍版第一部エピソードオー人気投票でぶっちぎりで第一位だった -- 2014-05-26 (月) 18:31:55
  • 涙なしには見れない珠玉の1編。コトダマに包まれてあれ -- 2014-06-13 (金) 20:26:14
  • リアルタイムで天狗と同時連載だったというのを知ってかるいめまいが -- 2014-06-13 (金) 22:06:52
  • 実際レオンめいたアトモスフィアな -- 2014-06-24 (火) 10:05:48
  • ↑×2 つい先日連載されてたヤモっちゃん重点エピソードの裏配信は、走るマグロだったな… -- 2014-06-24 (火) 10:47:09
  • ↑×3ボンドとモーゼス双方の第一部における名作が当時同時連載されていたというのは実際偉大なことですね?オモチを咥えセンベイを額に当てよ、汝の罪が贖罪される -- 2014-06-24 (火) 11:02:24
  • アイエエエエ!?ドラマCD化!?ドラマCD化ナンデ? -- 2014-07-09 (水) 18:35:55
  • ドラマcd化ヤッター! -- 2014-07-11 (金) 15:33:58
  • 右向けエピソードの実際最高傑作。かと思いきやタダシイ=サンとかがアンブッシュしてくるもんだから油断ならぬ -- 2014-07-11 (金) 16:10:37
  • 実際名エピソードなんだが、問題は主人公がチョイ役でさえも出てこないってことだな。 -- 2014-07-12 (土) 01:57:21
  • ↑2 モヒカンとタダシイの存在感は実際スゴイ。彼らなしにはこのエピソードオーは語れないのでは? -- 2014-07-12 (土) 11:10:32
  • ↑2 モヒカンとタダシイの存在感は実際スゴイ。彼らなしにはこのエピソードオーは語れないのでは? -- 2014-07-12 (土) 15:23:07
  • アイエッ時間差で連投ナンデ…スミマセン、ケジメいたします! -- 2014-07-12 (土) 15:23:40
  • シューベルト=サンの遺作集にもある通り、シラトリはオタッシャ寸前にもっとも奥ゆかしく鳴くという。シルバーカラス=サンも、最後のイアイが最高のイアイであったろう -- 2014-07-13 (日) 04:31:09
  • 普段殺人マグロとかサイボーグ野球ヤクザとか書いてるのと同じ作者の作品とは思えぬ・・・もしや・・・ナードヘッズは訝しんだ -- 2014-07-13 (日) 21:20:18
  • 白銀の鴉が歌う最期の詩を、我々はついに聞ける。そう、本当に聞けるのだ。 -- 2014-09-05 (金) 05:10:54
  • ドラマCDにおいて藤原啓治=サンga -- 2014-09-23 (火) 23:41:23
  • ドラマCDにおいて藤原啓治=サンが演じる模様 -- 2014-09-23 (火) 23:41:52
  • ↑コメントするページを間違えてしまいました。ケジメします。 -- 2014-09-23 (火) 23:43:05
  • 実際メンターがニュービー・ニンジャに行うインストラクションがどういうものか、という重要な資料な。的確で奥ゆかしいインストラクションがあれば、それが数日でも十全にニンジャとして戦える。インストラクションの悪い例はスーサイドが受けていたザゼン・トレーニング・カリキュラムだな、画一的なインストラクションゆえクローンヤクザを蹴散らす程度のカラテしか得られず、その後に圧倒的な強敵に挑んだ際のカジバチカラで『馴れて』きた時のほうが、より力を引き出すキッカケになっていた。 -- 2014-10-01 (水) 16:40:18
  • ↑そこまで断言するのはどうだろう?カギ=サンも「付け焼刃だ」的な発言してましたし。(でも、効果あったのは否定しません)だから、スーサイドのを悪例とまで言い切るのはねぇ?結局は「資質と縁」次第じゃないですかね。それこそネヴァーモアが受けたインストラクション?が良い例じゃないかなと。 -- 2014-10-01 (水) 16:51:44
  • イアイニュービーどころじゃなかったヤモッチャンに目指すべき所を示したって点は短期間のインストラクションでも価値は確かなものだろう。あとフジキドもそうだったけどヤモッチャンもマメなのよねえ -- 2014-10-01 (水) 20:28:15
  • 銀烏のインストラクションが素晴らしい物だった事に疑いは無いが、ソウカイヤのカリキュラムを否定してダシにしようとするのは所謂サンシタのロジックであることですね? -- 2014-10-01 (水) 22:33:04
  • カリキュラムがカリキュラムであるのは、大体の人物に一定以上の効果が見込められるからな。 -- 2014-10-16 (木) 09:47:59
  • 環境に文句を言う奴に晴れ舞台は一生来ない -- 2014-10-16 (木) 18:38:34
  • むーん、今更ドラマスィーディーを聞いたが、フジワラ=サンのボイスはやはり我が勝手なイメィジィのカギ=サンとあわねぇ! 無論フジワラ=サンのアクトが悪いと言いたいのではないし、ミスキャストを責める気もない◆身勝手◆  -- 2014-10-28 (火) 12:31:52
  • フジキドも出てたらどうなっていたのやら。シルバーカラス=サンもスレイ対象になるだろうけどヤモッチャンもいるし… -- 2014-11-11 (火) 15:34:37
  • ↑庇ったヤモト=サンにもカラテだ。慈悲は無い。 -- 2014-11-11 (火) 15:47:25
  • 『ニンジャスレイヤー』には敢えて語らない、ということが多いけれども(いきなり「前回のあらすじ」とか)このエピソードもそう言うところがあると思う。ヤモト=サンとカギ=サンとの交流の詳細とか。でもそれだけにこのお話がよりポエットなものになっていると思う -- 2014-12-09 (火) 20:10:45
  • おおブッダ!なぜこれ程に汚れきった世界にセンシはここまで気高く、強くあるのか。ブッダシット!そしてセンシこそ、こうも儚く散っていくのか… -- 2014-12-16 (火) 23:40:53
  • シルバーカラス=サンカッキェ~… -- 2014-12-29 (月) 20:02:41
  • 外伝的な立ち位置だしアニメーションでは是非劇場版かOVAでお願いしたい。二時間ミッチリ尺も使えるしDVDorBLのジャケット絵、初回特典、映像特典まるまる全部スワンソングで固められるので実際層に届きマーケティング的にも正解ですよ!……仮に放映に組み込まれたらきっと天狗と放映順が前後してニューロンが…アバ、アババババニューロンが焼けるナンデ!? -- 2014-12-30 (火) 12:43:57
  • ↑物理書籍3巻を口に咥えて、無印コミカライズ4巻を額に当てるのだ。 テングの光が見えるだろう?  -- 2015-05-07 (木) 21:36:18
  • 実際ヤモッチャンはどのタイミングでシルバーカラスの正体に気付いたのだろうか。個人的には最初から気付いていて、敢えて「初めまして」とアイサツしたと解釈してるけど、この場のヘッズ諸兄の解釈をお聞きしたい -- 2015-05-11 (月) 15:11:00
  • ↑声の段階でまさかまさかと考えたくない可能性に気付いてそんなわけないと思いながらもカラテを交えて確信せざるをえなくなったとかだとアトモスフィアが、ホラ、何だ、ワカル? -- 2015-05-11 (月) 15:53:42
  • 完封勝利だったとはいえ、経験浅いニンジャとのタイマン戦闘の連戦だし、最初は気づく余裕なかったんじゃないかな。とはいえ、ニンジャ直感力で無自覚に気づいている側面もあって、すべてが繋がって、ちゃんと頭で理解に至った時に涙が出たんじゃないかとか思ってる。 -- 2015-05-11 (月) 16:07:27
  • 『得物がダガーナイフとカタナ』、『本人の病人発言』と、ニンジャ直観力で正体は薄々判っていたと見ました。ですから私も皆さま同様、『敢えて初対面反応』、『でも手合わせが進むにつれ、堪え切れなくなった』とみますネー。 -- 2015-05-11 (月) 17:10:24
  • 僕も最初から気づいていたに一票 -- 2015-05-11 (月) 20:27:44
  • 私は無自覚派。特にオーディオドラマ聞いてからは途中から「イヤーッ!」が「嫌ぁ・・・」に聞こえてきてもう◆幻聴◆ -- 2015-05-11 (月) 21:06:06
  • 実況ログ漁ってたら#5-9「シルバーカラスは自剣の鍔でヤモトのニンジャソードを受けた。圧力!ヤモトは押し潰されそうになる。彼女の目が見開かれた」で気付いたのではという意見が。オリガミではなくカタナで相対することでカギ=サンという確信を得られたのでは。もちろんニンジャ直感力、ニンジャ声聞き分け力もあったでしょうね…… -- 2015-05-12 (火) 12:16:03
  • ツジギリウェポンやカラス=サンのギミックにケレン味重点なキルズ。心理描写重点なグラキラ。淡々とした雰囲気重点な無印。実際どの作品でコミカライズされてもマーケティング的に正解ですよ! -- 2015-05-30 (土) 22:58:57
  • もうね。なんだろうね。ドラマCD付き書籍をようやく購入出来て、さっき聞いてきたんだけど、うん。途中から涙がね……聞きながら読んでた2巻に染みが……アイエエエ -- 2015-06-13 (土) 17:56:56
  • 銀烏/飛ビテ纏ウハ/桜雨 -- 2015-06-14 (日) 20:48:57
  • ↑ポエット! -- 2015-06-21 (日) 21:47:34
  • 最近いろいろなコメント欄でワザマエなハイクを目にするが・・・ひょっとしてヘッズの中にマツオ・バショーがいるのでは?ボブは訝しんだ -- 2015-06-28 (日) 16:41:48
  • そういえばマツオ・バショーはニンジャであったという説がアバーッ! -- 2015-07-05 (日) 00:47:37
  • ヤモト=サンが出て泣く!これはマーケティング的にも大正解ですよ! -- 2015-07-06 (月) 17:57:18
  • アニメイシヨン化待ったなし重点な・・・? -- 2015-07-06 (月) 18:08:31
  • シヨン化しても感動重点となるかどうか、一抹の不安があるのだなあ・・・。トーフみたくほぼ全編フルアニメーションならいいが、尺の都合で色々カットされそうな感も -- 2015-07-07 (火) 04:14:36
  • もしこれをシヨンにするなら、独立長編希望ですネー。本編シヨンでヤモっちゃん重点なら、むしろ「トレジャー・エヴリー・ミーティング」の方が尺が短い分、合わせ易そう。 -- 2015-07-07 (火) 07:59:37
  • だが現実は無情にもシヨン化である。ヒロシ=サンのコトダマは強かった -- 2015-07-09 (木) 23:14:49
  • しかしPART1だ、2週間かけてやってくれるのはありがたい -- 2015-07-09 (木) 23:17:08
  • 2パートに分けてもあからさまに短いのだ! -- 2015-07-09 (木) 23:19:47
  • なら3パートだ!PART1だったからといって、次のPART2で終わるとは決まっていない! -- 2015-07-09 (木) 23:24:58
  • ↑天狗とは日本に古来から存在するフェアリーの一種である。 -- 2015-07-09 (木) 23:27:30
  • スワン・ソング・サング・バイ・ア・ガイデッド・マサシ -- 2015-07-09 (木) 23:32:59
  • すごく動いてるし、違和感もない。 -- 2015-07-09 (木) 23:49:21
  • 連載時は天狗とのギャップで右に左に振られたが、シヨンではロブスターとのギャップで豊満に平坦に振られるのだ! -- 2015-07-09 (木) 23:56:04
  • これは思い切った編集ですネー。こういう英断がシヨンの魅力であり、けれん味かと。これで後半のイクサを重点する余裕が出来てるのが嬉しい。ソニックブーム=サンで食い足りなかった分を満たしてくれる事を期待しよう。 -- 2015-07-09 (木) 23:57:22
  • 6話以来ずっと豊満回だったから久々の平坦回な -- 2015-07-10 (金) 00:29:30
  • アニメイシヨンになると実際よくわかるが、ヤモッチャンってこのエピの間ほぼ全編泣きっぱなしなのよね -- 2015-07-10 (金) 00:31:11
  • シヨンにチャージマン研みたいなの出てきおったwwwww -- 2015-07-10 (金) 00:48:32
  • ↑で気づいたけど、コトダマ辞典にバリキボーイがまだ入ってないんだね。 -- 2015-07-10 (金) 00:53:27
  • 何かと不自然なカットも多いシヨンだけど、今回は最低限でそれでいながらしっかり伝わるカット描写のワザマエよ。それでいながら、オーディオでも断念せざるを得なかったタダシイをカットしない英断 -- 2015-07-10 (金) 01:50:42
  • 前回とのテンションの落差がwww -- 2015-07-10 (金) 04:46:09
  • 割と動いてたな。そしてまさかの生放送後アンケ80%突破とか・・・。タダシイ=サンの頭が消し飛ばなかったのが不満点だったが、ハブられたバズキル・エレクトリックイールと比べればなんとやらか -- 2015-07-10 (金) 06:09:17
  • 前回とのテンションの落差がwww -- 2015-07-10 (金) 06:54:56
  • タダシイはタダシイされなかったがバズキルとエレクトリックイールはタダシイされたのだ!ナムサン! -- 2015-07-10 (金) 07:44:39
  • タダシイの頭は消し飛ばなかったがバズキルの存在は消し飛んだ。ナンデ? -- 2015-07-10 (金) 08:15:32
  • ↑ あいつもイルカだったんだ -- 2015-07-10 (金) 08:36:15
  • バリキボーイのアニメを最初タイムシフターケインかと警戒してしまった -- 2015-07-10 (金) 10:26:26
  • 冒頭で出てくる看板の「バロワイコ」ってバロウワイト(Barrow Wight)と何か関係が? -- 2015-07-10 (金) 15:40:01
  • タイガーは子を成す事で後の時代に自分が居た証明を残す、人はさらにもう一つ、ミーミーを遺すことができる、キセツカゼ・クランのモンスーン=サンも言っていた、もはや人ならざる身となったシルバーカラス=サンは死の間際、せめて自分のミーミーを遺したいと本能で思ったんですかねー? -- 2015-07-10 (金) 22:09:20
  • シヨンで残念ながらカットされた部分はオーディオドラマや書籍が、オーディオドラマでカットされた部分はシヨンや書籍がトモエめいて補っているので、サイクルして楽しむと物語みが倍点 -- 2015-07-11 (土) 13:48:47
  • タダシイを完全再現重点しようと思ったらメナスのイヤグワの4~5倍かかるだろうなあ -- 2015-07-11 (土) 17:59:51
  • ↑そーいうの、ニコ動辺りで「タダシイのタダシイしないカラテジョギング完全版」とか言って、そこだけ再現してくれるつわものが現れそうで怖い。(www -- 2015-07-11 (土) 18:31:55
  • フンフン!イヤーッ!くらいは入れても…ALAS!ナレイシヨンに被ってしまうのだ! -- 2015-07-11 (土) 19:07:33
  • 「去り逝く鴉が今、最期の歌を唄い出す…」←ここだけ見ると実際アーマード・コアめいてる -- 2015-07-11 (土) 23:23:49
  • やはり藤原=サンの熱演が素晴らしい -- 2015-07-12 (日) 03:56:22
  • ↑↑ 「私の生きた証を…ニンジャとして生きた証を…残させてくれ…」 だがナムサン、声は主任=サンなのだ。 -- 2015-07-12 (日) 10:59:21
  • アニメイシヨン版はなんだ、確かに他の話よりは幾分マシだったけどさ、コメント見てるとフジキドいないほうが面白いじゃんとか言われてて・・・なんというかその、やっぱりこの話だけは別にOVAとかで作って欲しかった・・・ -- 2015-07-12 (日) 12:40:13
  • ↑フジキドの大活躍する面白い話はたくさんあることを我々は知っているし、シヨンから本編を読むニュービーも少なからずいる。シヨンが単なるギャグにとどまらぬなんかであることを示してくれるエピソードンという点で自分はシヨナイズ嬉しいしそんなコメントオーはワン・オブ・ゼムに過ぎない。わかったか。 -- 2015-07-12 (日) 18:35:57
  • ↑3 その彼はロブスターに転生!彼は実際過重積載や熱暴走などによるブザマの極みたるイクサで有名だがここまでされる謂れは無い! -- 2015-07-13 (月) 10:29:20
  • アイエエエ……明らかに気合いの入れようが違うよぉ。ヤモト=サン涙目カワイイヤッター! しかしラストの煙草をどうするか……吸わなくても手にもつまま、供えるなどのアレンジ期待な -- 2015-07-14 (火) 09:18:51
  • 演出にブラックドラゴン=サンがいてくれれば実際安心 -- 2015-07-14 (火) 10:10:14
  • ↑↑某奇妙な冒険からすると咥えてる口元さえ映さなければ良いみたいなので吸ってもどうにでもなると思う -- 2015-07-14 (火) 13:57:32
  • ↑おお、見よ! …見よ! ………見えない! 口元があからさまに真っ黒なのだ! -- 2015-07-15 (水) 05:18:36
  • タバコを手でつまむカット→ヤモト=サンの鼻から上しか映ってないカット→ヤモト=サンを移さずむせる声だけのカット これで実際あんしんです -- 2015-07-15 (水) 18:28:15
  • そして誤字のためケジメします -- 2015-07-15 (水) 18:28:32
  • シヨン版もすげーいい雰囲気だな、ノナコのシーンが本当に良い。初めて読んだときはいつニンジャスレイヤーが出てくるのかヒヤヒヤしたもんだよ -- 2015-07-15 (水) 18:57:14
  • ↑2~7 もしかすると。強風でヤモトのフードが翻って髪が露わになると同時に、『少し明るい海』のパッケージが風で吹き流されて、それを見送るヤモトの図やもしれぬ。 -- 2015-07-15 (水) 20:37:23
  • モーな田って何ぞ? -- 2015-07-16 (木) 18:33:51
  • 「去り逝く鴉」と書いているが、fadeは「色褪せる」、つまり本来黒いカラスが銀色に褪色してるという表現も含まれていると思うのだが(恐らく既出 -- 2015-07-16 (木) 23:50:42
  • アニメーシヨン版のラスト、明るい海の空き箱に新たなメタファーが加味されたと感じるです。演出のワザマエ!! -- 2015-07-17 (金) 00:01:26
  • 少し明るい海がカギ=サンの寿命や存在のメタファーだとするとまた物語の味わいが変わってきます。そう思いませんか?あなた? -- 2015-07-17 (金) 01:14:45
  • シヨンではヤモト=サンはシルバーカラスと対面してすぐにその正体に気付いて、それでも「初めまして」って言ったんだなぁって思うと切なくてもう -- 2015-07-17 (金) 01:35:28
  • 個人的にやっと一話のインパクトを超える作品が来てくれたと思うんだけどカギさん押し倒すシーンで「ダブル・ポン・パンチだ!」ってコメしたやつのせいで腹筋が -- 2015-07-17 (金) 07:03:35
  • オゾニ食べてるシーンがカワイイでした -- 2015-07-17 (金) 07:29:43
  • ヤモッチャンが最初からシルバーカラス=カギ・タナカってことに気付いてる解釈だったため、ラストインストラクションが純粋な別れアトモスフィアになってると思った。タオシ=センセイがタダシイされたのが残念だけど、シヨンのこの解釈ならヤモカギの二人の世界重点でそれでよかったのかも -- 2015-07-17 (金) 07:46:37
  • ↑5・6の空き箱の解釈は目からウロコな。なるほど、そういう見方もあるのか。シヨン版スワンソングは最高だったが、カギ=サンの胸にすがり付いてポコポコ叩くヤモト=サンもちょっと見たかった。 -- 2015-07-17 (金) 09:28:16
  • チャンバラを期待してたので前半は残念だったけれど、残り五分からが凄まじいワザマエだった。Cパートも深いゼンを感じた -- 2015-07-17 (金) 11:09:27
  • シヨン・ソングはヤモトとカギの(敢えてシルバーカラスとは言わない)の二人を重点してるおかげで、卑しいシルバーカラス=サンが、半生の所業に見合ったインガオホーとは真逆の、穏やか -- 2015-07-17 (金) 16:36:56
  • わざまえ -- 2015-07-17 (金) 17:04:40
  • カギ=サンを偲んで一服しよう -- 2015-07-17 (金) 17:55:33
  • 今回のスワンソングpart2はガッコウガエリ・リアリティ・ショックに陥ったヘッズたちのいこいの場ともなっていたことだなあ。いやされや~ -- 2015-07-17 (金) 21:43:20
  • アニメイシヨンの挿入曲の一つに、映画『レオン』の主題歌であるスティングの『Shape of My Heart』めいたのがあるが、やはりこれはカギ=サンとヤモト=サンをレオンとマチルダに見立ててるんだろうか -- 2015-07-17 (金) 22:23:09
  • やはりこのエピソードは切ない -- 2015-07-18 (土) 01:43:24
  • ↑3 アイエエエ…ガッコウグラシの誤りでした。セプクします -- 2015-07-18 (土) 14:46:30
  • シヨン後編見たけど、やっぱりカット部分多かったのは時間の都合なのかねえ。タオシ・センセイとのやりとりがあってインストラクションのシーンも活きると思ってたんだけども・・・。しかしそれでもシチョーシャの感動を呼んだのは間違いなく、放映回アンケが前回を越えて86%と最高記録を更新してたな。ゴウランガ! -- 2015-07-19 (日) 01:09:14
  • シヨンの後編にてグランブルーファンタジーの広告・・・そうか・・・次のグラブルのコラボはニンジャスレイヤーか!(彼は狂っていた) -- 2015-07-23 (木) 08:29:42
  • キクーシ・クラン的にはコラボ=ツヨイスキルウェポン追加なので実際歓迎な。特派員シリーズなら異世界でも大丈夫だろう(彼真書) -- 2015-07-24 (金) 14:51:37
  • ボダブレとかマイマイとかとのコラボを見るにアークス・クランも期待重点な? -- 2015-07-24 (金) 17:30:11
  • シヨンではタオシセンセイがカットされたから一概に言えないが、ニンジャになってイアイを高める意味を失って、モータルとしても生きられないカギ=サンが、シルバーカラスとして卑しく生きて。しかしニンジャであるヤモト=サンが最期にイクサをした際シルバーカラス=サンとしてではなく、カギ・タナカとして接したから、その卑しい所業に見合わぬ穏やかで悔いない終わりを迎えられた。ソウルによって生きる目的を得たフジキド辺りと違って、互いにニンジャソウルが憑依した事によって望んだ生活を失った二人だからこそ、少女に前向きに生きる事を、虚無的な男にやり残した事の発見を、互いに与えられたのだなぁ -- 2015-07-26 (日) 04:18:03
  • シヨンでの名も無き老婆の「アイエエエ!」と「アバーッ!」って悲鳴がいかにも虐げられたババアって感じで声優=サンのワザマエが光ってて好き -- 2015-08-12 (水) 02:21:53
  • 物理書籍を読んだ時は気が付かなかったけど、最後のシーンでヤモト=サンが吸っていたタバコはもしかしてシルバーカラス=サンの懐に入っていたものなんじゃないかと考察してみます。あえて1本だけ残してた。対してシヨンは吸ってないし、そもそもタバコの箱は空だった。と考えるとそもそもシヨンと原作やドラマCDは表面上はほぼおなじでも最初から話の核となるシルバーカラス=サンの心情やヤモト=サンとの関係が全く違う物に見えてくるし、シルバーカラス=サンの最後のシーンも全然意味が違ってくるんじゃないかなと。今更ながらの考察ですが。 -- 2015-12-18 (金) 10:56:57
  • 無辜の市民を殺しまくったやつに救いのある最期を与えたのに、あらすじでゲイのサディストと言われるブッダ。ナンデ? -- 2016-01-11 (月) 23:20:58
  • ↑ブッダがゲイのサディストだからです -- 2016-01-12 (火) 11:38:49
  • 地上波シヨンではついにCパートすらタダシイされてしまった……。 -- 2016-05-16 (月) 16:29:47
  • >ブッダはマッポーの世においても、ゲイのサディストであることを。 今更なんだがブッダはマッポーの世だからこそゲイのサディスト扱いされるのでは? -- 2016-05-17 (火) 16:19:40
  • われわれはマッポーならざる世にすんでいますがブッダは助けてくれませんね?不幸が続いてゆくのはブッダがゲイのサディストだからです。わかったね? -- 2016-09-09 (金) 19:03:31
  • このエピで一番好きなのは医者とカギが話すシーン。医者がニンジャと平然と会話しているのがおれには琴線に触れた -- 2017-06-01 (木) 10:18:12
  • ニュービー自分「スワンソング?感動?ナイナイw」 現在「アアーッ!(しめやかにハンカチ)」 なぜなのか -- 2017-06-01 (木) 16:21:10
  • ドラマCDのスモトリのコマーシャルが結構好きだ。「リゾートで素敵なおもちですね。あなたを癒したい。」 あなたを癒したいの部分を一人の時声真似するくらい好き -- 2017-09-20 (水) 01:00:57
  • バロワイコ⇔コイワロバ 小岩ロバ そういう事か…今ようやく理解してしまった -- 2018-04-09 (月) 05:45:45
  • かなりベタな話なんだけど忍殺の世界観のおかげで新鮮に感じて物凄く感動できる -- 2018-07-30 (月) 07:08:28
  • 禁煙中に読むエピソードではない -- 2019-01-19 (土) 17:25:33
  • いくつもエピソード読んでいっても未だにフェイバリットの一つ、読み始めたばっかの人に勧めるならコレって感じ、イヤグワだけの小説じゃないとしめやかに知らしめるエピソード -- 2019-12-12 (木) 12:13:28
  • 藤原啓治=サンが亡くなられてしまった…本当に惜しい…。そしてその姿があまりにもシルバーカラスにシンクロする。本当に藤原啓治=サンに演じてもらって良かったキャラクターのひとりだ。 -- 2020-04-17 (金) 14:04:54
  • 凍京necroコラボのサブタイがリスペクトしててとても良かった…『スワンソング・スティル・ラスティング』歌はまだ続いている… -- 2020-07-13 (月) 18:49:42

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White