A2D-1

Last-modified: 2021-04-22 (木) 11:54:59

アメリカ RankⅣ 攻撃機 A2D-1 Skyshark(スカイシャーク)

概要

希少な二重反転プロペラ機であり、WarThunder内では数少ない「ターボプロップエンジン」を搭載する機体。
更に豊富な対地装備着艦フックレーダーまで装備している欲張り屋

機体情報(v*.**)

必要経費

必要研究値(RP)-
機体購入費(GE)4,890
乗員訓練費(SL)10,000
エキスパート化(SL)570,000
エース化(GE)1,500
エース化無料(RP)1,340,000
バックアップ(GE)***
護符(GE)***

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング8.0 / 7.0 / 7.0
RP倍率1.9(+100%)
SL倍率1.0 / 1.6 / 2.2
最大修理費(SL)***⇒7,600 / ***⇒3,300 / ***⇒3,700

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)796⇒796 / 796⇒796
(高度8,534m時)
最高高度(m)13200
旋回時間(秒)25.6⇒24.5 / 26.2⇒25.0
上昇速度(m/s)32.4⇒36.4 / 32.1⇒34.4
離陸滑走距離(m)350
最大出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
離陸出力(hp)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
銃手(人)***
限界速度(IAS)875km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)428km/h, (離陸)351km/h,(着陸)300km/h
主翼耐久度-4G ~ 9G

レーダー

航空機用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー**/**/**
測距レーダー×***
追跡レーダー***
火器管制装置×***
敵味方識別装置×***
捜索中追尾×***

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機関砲20 mm T31 cannon4800翼内**/**

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
20 mm
T31
既定HEF-I/HEF-I/
API-T
333127241914
汎用HEF-I/API-T333127241914
地上目標API-T/API-T/
HEF-I/P
333127241914
空中目標HEF-I/API-T/
HEF-I/HEF-I
333127241914
ステルスHEF-I/HEF-I/
HEF-I/P
171512764
 

追加武装


名称

影響【AB/RB&SB】費用
(SL)
搭載条件備考*1
最高速度
(km/h)
上昇速度
(m/s)
旋回時間
(sec)
B250 lb AN-M57 bombs20-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
RHVAR rockets20-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****重量**kg
B500 lb AN-M64A1 bombs10-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B1,000 lb AN-M65A1 bombs2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B2,000 lb AN-M66A2 bombs2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B

B
2,000 lb AN-M66A2 bombs2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
500 lb AN-M64A1 bombs8合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
B

R
2,000 lb AN-M66A2 bombs2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****合計搭載量
**lbs
(爆薬量**kg)
HVAR rockets20重量**kg
TMk.13-1 Case torpedoes2-**/-**/-**-**/-**/-**+**/+**/+****投下可能速度
0-**km/h
投下可能高度
0-**m

爆弾

名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
250 lb AN-M57113.455.5924103
 
名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
500 lb AN-M64A1226.7118.81005118
 
名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
1000 lb AN-M65A1453.6240.411311138
 
名称重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最大貫通力
(mm)
装甲車両
破壊距離(m)
非装甲車両
破壊距離(m)
2000 lb AN-M66A2907.2535.615919200
 

ロケット

名称弾頭重量
(kg)
爆薬量
(kg)
最高速度
(m/s)
射程
(km)
貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
HVAR643.4420-36
 

魚雷

名称投下可能速度
(km/h)
投下可能高度
(m)
重量
(lbs)
水中最高速度
(km/h)
射程
(km)
Mk.13/440 - 5180 - 2502216625.76
 

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ

クリックで表示

Unicolor Sea Camouflage
条件200GE
説明Standard unicolor sea camouflage pattern Overall Gloss Sea Blue

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説

特徴

--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
一見すると鈍重な攻撃機に見えるが、本機の真の姿は優秀な上昇・武装と攻撃機スポーンを備えた多用途戦闘機である。勝利に貢献するためには爆装はせず、まずは高度を取り制空しよう。攻撃機スポーンと優れた上昇力を持つため、敵戦闘機に対して圧倒的高度優位をもって会敵することが可能である。ただし格上ジェット機相手には最高速で劣り、格闘戦が得意なわけでもないので序盤の高度差を大切にしよう。スポーン位置の関係上、味方戦闘機よりも先行する形となるので、仕掛けた後に敵機に囲まれないように立ち回ることが大切である。固定武装は20mm機関砲T31キャノン4門800発で、汎用ベルトにしておけば対空しつつ、必要なら軽トーチカも破壊できる。索敵レーダーに関してはどう設定してもほとんど実用性はない(視認距離まで近づいても映ったり映らなかったりする程度)ので、これまで通り自分の目が頼りとなる。装甲はないが片翼でも飛べるなど被弾に極端に弱いことはない。ただし冷却系に被弾すると蓄積ダメージでエンジンが止まるので、無理せず基地へ戻ろう。機体限界速度は約875㎞/hである。なお、エンジン過熱はMECせずとも穏やかで、オーバーヒートしても少し出力を抑えるだけでコントロールは容易である。本来攻撃機である本機だが、圧倒的高度優位からの一撃離脱を主眼とし、戦局に応じて柔軟に動くことができればボトム・トップマッチとも大いに戦果をあげられる機体である。

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

A-1の原型機XBT2D-1の初飛行後まもない1945年から開発が開始された。1947年9月25日にはXA2D-1として試作機の発注を受けた。試作機は2機製作され、1950年3月26日に初飛行した。尾翼などにA-1のものが流用されているが、エンジン換装などに伴い胴体などは再設計されている。なお、エンジンはコックピット下に移されている。
性能はA-1と比較して大幅な性能向上が認められたことからA2D-1として採用され300機以上の発注が行われた。しかし、搭載しているアリソン社製XT-40ターボプロップエンジンは、ガスタービンを2基並列に設置し一個の減速ギアボックスを介して連結され一軸で二重反転プロペラを駆動するという複雑な構造であった。そのため、エンジンの信頼性が低く振動や減速ギアの加熱問題が発生した。また、エンジンに起因して1950年12月に試作初号機が、1954年8月5日に生産2号機が墜落している。試作2号機ではエンジンの換装を行ったりしたが海軍は1952年に開発をキャンセルし、新たにA4D スカイホーク ジェット攻撃機の開発をダグラス社に求めている。海軍からのキャンセル後もエンジンの改良計画はしばらくの間続けられたが、結局実用には至らなかった。

小ネタ

小ネタと言うのはなんだがアメリカ、カリフォルニア州にあるサンディエゴ航空宇宙博物館に一機現存している。
      

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

コメントはありません。 A2D-1/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 爆薬量はTNT換算