アメリカ/空

Last-modified: 2019-10-14 (月) 17:08:57

【目次】(クリックで各項へ飛べます)

空軍 Edit

概要 Edit

USA! USA! USA!

エンジン出力とタフネスさに秀でた航空機が多いツリー。敵機を炎上させやすく、弾数が多く弾道も素直で過熱しにくい12.7mm機銃を搭載しており、初心者から上級者まで安心して使える。特に豊富な弾数からくる継戦能力は、空中リロードが無いRB以降で真価を発揮する。ただし、他国機が装甲と20mm機関砲を備え始めるランク2後半以降は焼夷弾以外の12.7mmに火力不足感を覚えるのも事実である。彼我の高速化に伴い、少ない射撃機会にきっちり仕留めるエイム力が問われることになる。

また、ほとんどが外付けのロケットや爆弾を搭載できるため対地・対空の両方をこなせる万能機体が揃っている。特にロケットに関しては技術さえあれば大型爆撃機を瞬殺できる為、対爆迎撃機として積極的な活用を望める。

戦闘機は大方が出力を活かした一撃離脱を得意とする反面、その鈍重さから運動性能は総じて低めである。特に低速~中速域での運動性の低さが顕著なので、高度をしっかり取ってエネルギー差で自機を有利に持ち込みたい。

爆撃機は機動性、武装、生存性、爆装量などあらゆる面で充実しており、単発攻撃機のSBDから四発大型のB-29まで優秀な機体が揃っている。地上攻撃において不足を感じることはまずないだろう。
 
ツリー前半は突出した性能がないものの、F2AやP-40など比較的バランスが取れた良機体が多い。
中盤では速度と高高度性能に優れたP-47、P-51、P-38、運動性が高く中低高度で真価を発揮するP-39、P-63、万能なF6F、F4Uなど各種の特色を帯びた機体が出揃ってくる。
後半はF-86やF9Fなど朝鮮戦争当時のジェット戦闘機も揃っており、最後まで飽きないツリーとなっている。

米国機は総じて得意・不得意がはっきりしているため、各々の機体特性を理解した上で戦うのが重要である。こちらの土俵に誘いこむ戦いを心がければ、どの機体に乗っても活躍できることだろう。

War Thunder: United States Air Force (Gaijin公式動画)

航空機の全体的特徴 Edit

  • 大出力エンジンと急降下耐性を活かした一撃離脱が得意である
  • 大重量のため横方向の格闘戦は苦手
  • 耐弾性が高く多少の被弾には耐える
  • 大型爆撃機は重武装かつ、防弾チョッキを開発できるため生存性に優れる
  • 全体的にバランスが良いが尖った性能がない
  • ランク4(一部ランク3)から開発できる耐Gスーツのおかげで高Gによる操作不能に陥りにくくなった。
  • アメリカ空ツリーの特徴と言ったらなんといっても天才銃器開発者であるジョン・ブローニング氏のM2ブローニング重機関銃である。機体によってはランクⅤまでお世話になるだろう。
    • M2ブローニングの装弾数は他国の機体と比べて比較的多く、1000発以上保持できる機体も多い
      • またM2ブローニングは未改修状態でもオーバーヒートしにくいため装弾数と合わさり連戦に強い
    • 貫通力もそれなりにあるため陸戦でも対地上ベルトを使用すれば天板が20mm以下の薄い戦車なら角度と距離によっては抜けることもある。
  • パッチによりM2ブローニングの発火率が大幅に低下したため全体的に火力不足になった。低ランク時は気にならないレベルであろうが、ランクが上がるに従って他国の武装が強化されていくため相対的に火力不足を感じることもあるだろう。
    • 上記のパッチにより今までの焼夷弾系を燃料タンクに当てて発火させることが難しくなったため、汎用ベルトや対地ベルトといった弾薬でパイロットやモジュール破壊を狙う戦術が主流となった
    • また、ランク1ならともかくランク2以降は一撃離脱よりの機体にも関わらず12.7mmと単発火力が不足している為、一回の降下で撃墜しづらく、結果的に機体は一撃離脱向き、だけど12.7mmが足を引っ張る、といった矛盾を起こしている。
    • パッチによりM2の着火率が以前より上昇した模様これにより、いままで通り焼夷弾の多い弾薬ベルトで比較的容易に機体を燃やせるようになった。
      • ただし弱体化パッチ以前のように当てればすぐ燃えるようになったわけではない。ただ以前よりは格段に戦いやすくなるだろう。
    • 史実に基づく改定で大戦初期のM2機関銃の弾薬ベルトから、M8徹甲焼夷弾(AP-I)とM20徹甲焼夷曳光弾(API-T)が削除された。該当する機体の汎用ベルトでは焼夷弾が5発中4発あったのが5発中1発に激減した。代わりにM1焼夷弾(I)の威力をBuffしている。
    • 現在M2ブローニングはGaijin(WarThunder運営会社)により他の兵器より頻繁に性能が変化するためこの記事が正しくない可能性もあるため、注意が必要である。
  • ランク1は陸海軍機共にバランス型の機体、ランク2後半以降の機体は基本的に陸軍機は大出力の機体、海軍機は格闘戦もこなせるバランス型の機体が多い。
  • 爆弾の炸薬量が多く、1t爆弾の威力はドイツに次ぐ第二位の威力である(イギリスは1t爆弾は無く500kg爆弾か2t爆弾を搭載)

機体ツリー Edit

 
 

ヘリコプター Edit

概要 Edit

通常ツリーの開発に必要な条件として、該当国家の空もしくは陸のツリーをランク5まで開発する必要がある。

機体ツリー Edit

 
Ver1.87現在(英語表示準拠)
Rankヘリコプター課金機体
VランクV飛行機
or
ランクV戦車
AH-1G
AH-1G
H-34
UH-1BUH-1CUH-1C XM30
UH-1C XM30
VIAH-1F
AH-1Z

アメリカ雑談掲示板 Edit

アメリカツリー内の内容についての意見や自論のためにお使いください
【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはコメントを非表示にするなどしてスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
 

※ページの編集要望等ありましたら兵器データ編集状況まとめのコメント欄をご利用ください。


【過去ログ一覧】

クリックで表示

【旧コメント欄】

クリックで表示


コメント欄は同じ国家内であれば空/陸/海すべてのページで共通の設定になっていますので、どのページで投稿してもコメントが共有されます。メニューバーのZawaZawaコメント欄更新履歴はその国家のコメント欄専用ページへのリンクとなります。