Flakpanzer I

Last-modified: 2021-03-03 (水) 22:52:42

ドイツ RankI 自走式対空砲 Flakpanzer I / I号対空戦車A型

車両情報(v1.63)

ドイツ陸対空戦車ツリー最初の車両。I号戦車の車体に2cm FlaK38高射機関砲を搭載している。
バージョン2.3現在、I号戦車そのものはゲーム内未実装だが、本車とI号対戦車自走砲によって登場を果たしている。

必要経費

必要開発費(RP)-
車輌購入費(SL)2,100
乗員訓練費(SL)600
エキスパート化(SL)2100
エース化(GE)***
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)20
護符購入費(GE)300

基本性能情報

報酬・修理関係

ABRBSB
リワード(%)3050
経験値ボーナス(%)+6
最大修理費(SL)280290450
最大修理費(SL)
最大改良状態
*********

車両性能

ABRBSB
Battle Rating1.3
RankI
車種SPAA
 
初期最終
重量(ton)5.5
エンジン出力(hp)57
2,500rpm
最高速度(km/h)31
最大登坂能力(°)41
砲塔旋回速度(°/s)29.835.0
仰俯角(°)-10/87
車体装甲厚
(前/側/後)(mm)
13/13/13
砲塔装甲厚
(前/側/後)(mm)
7/7/7
再装填時間(sec)3.9**.*
視界(%)70
乗員数(人)2

武装

種類名称口径
(mm)
門数搭載弾薬数搭載箇所
機関砲20mm FlaK38 L/65201320砲塔中央

弾薬

名称弾種弾頭重量
(kg)
初速
(m/s)
貫徹力(mm)購入費用
(SL)
10m100m500m1000m1500m2000m
既定API-T/HEFI-T
/HEFI-T
--464533231511-
Sprgr.HEFI-T0.1290021
PzGrAPI-T0.157804645332315111
PzGr 40HVAP-T/API-T--6463268311

カモフラージュ

名称条件(もしくはGE説明
既定標準カモフラージュ
冬季迷彩プレイヤー撃破 50200標準的な冬季迷彩
砂漠迷彩プレイヤー撃破 75200標準的な砂漠迷彩
 

カモフラージュ画像(クリックで表示)

研究ツリー

前機体
派生機体
次機体Gepard

解説

 対空車両でありながら至近距離における強力な対戦車能力を持っており、この戦車を1号自走対戦車機関砲と呼ぶプレイヤーもいる。*1
 ただし防御力はほとんど無く、敵に撃たれる前に倒さないとかなりの割合で一撃死する。

 同ツリー同格で20mm機関砲を主砲とするII号戦車C型38(t)偵察戦車と比較すると、対空火力は高いが対戦車火力は一長一短で、防御力と機動性で大きく劣る。

 

【火力】
 武装は2cm FlaK38高射機関砲で1マガジン20発の連射が可能。
 初期装備の弾は一般的な対戦車砲と比べると貫徹力は低いものの、このBR帯の戦車は撃破可能である。そして開発を進めて取得できるPzGr40を使用すれば相対する敵戦車を瞬く間に蜂の巣にして撃破することが可能である。ただしPzGr40の内容はII号戦車のそれとは異なり、高速徹甲弾(HVAP-T)と徹甲曳光弾(API-T)が1:1で入っている為、高速徹甲弾自体は1マガジン10発でII号戦車と差はなく、高速徹甲弾だけを見た場合の発射レートではC型に若干劣る計算になる。
 対空戦車であるため仰角の上限が大きく、航空機を狙いやすいだけでなく、俯角の足らない戦車を一方的に撃つのも容易である。俯角も対空戦車でありながら-10度と普通の戦車並みに取れる。
 一方で銃口の跳ね上がりが意外とあり、精度も若干悪い。

 

【防御】
 乗員は史実だと5名あるいは8名とされており、当時の写真にも砲塔に2名以上いる様子が多く映っているが、ゲーム内だと最小限の人員2名以外は省略されている。つまり操縦手と砲手しかいないのでどちらかがやられると救急セットが無い限り撃破判定されてしまう。
 装甲については車体は13mmしかないのであらゆる戦車の砲に貫通され、砲手を守る防盾に至ってはわずか7mmしかなく、あげく砲手が一部はみ出しているので車載機銃や航空機銃で簡単にやられてしまう。
 このように乗員が倒されやすく、かつ誰かが倒れた時点で戦闘不能ないし死亡なので、敵に撃たれない事が求められる。機関砲や重機関銃には特に警戒したい。
 敵機の攻撃だけでなく地形や障害物との接触にも注意しよう。

 

【機動性】
 割と素直な操作性に加えて、見た目の小ささと視点の低さによって軽快っぽく感じがちだが、実のところ最高速は平地で33km程度しかなく、後退も6km程度で中~重戦車と大差ない。
 砲塔旋回速度は次の38(t)対空戦車ともども独陸ランクIの20mm機関砲持ちの中では最速。対空・対地どちらも難なく追えるだろう。
 走行中や急停止時における車体の揺れは大きく、移動から攻撃に移るまでの時間はII号戦車より長くなりがちなので注意。

史実

 Flakpanzer I[通称I号対空戦車]は1935年に7.92mm機銃2挺のI号戦車を改修し砲塔を撤去、オープントップにして2cmFIaK38(II号戦車機関砲の元になったもの)を搭載し、前面に防盾を備えた。
 独ソ戦に投入されたものの、当時はまだドイツ軍の制空権が健在だった為、対地攻撃に投入される事が多かった。
 24輌が生産されたが、独ソ戦の猛烈な戦闘で24輌全てが失われた。しかし後にIV号対空戦車開発などドイツ対空戦車の基礎を築いた。

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • コイツは対空向けだな、楽しいし砲兵隊気分が味わえる -- 2016-09-11 (日) 10:53:38
    • そりゃ対空戦車だからね -- 2016-09-11 (日) 19:56:59
  • 英国対空車両のBR爆上げしたんだからこいつもそろそろ上げてくれよな~頼むよぉ~ -- 2016-10-26 (水) 08:05:45
    • 上げる要素ないが -- 2016-10-26 (水) 08:47:07
    • この強さなら、英と同じ2.7でも無双できるね。1.3なら、1両で戦況変えられる強さだし -- 2016-10-29 (土) 20:51:49
  • 八九式達の宿敵と化したな -- 2016-12-21 (水) 00:46:54
    • 日本陸に限らず全部の国にとっての登竜門やで -- 2016-12-21 (水) 01:01:12
  • 拠点での弾薬補給がえらく遅くなったな -- 2016-12-21 (水) 04:01:19
  • こいつとゲパルトのヘイトものすごい高い気がする -- 2016-12-26 (月) 13:15:09
    • ドイツの対空 -- 2016-12-27 (火) 00:29:35
    • 途中送信してしまった  20mm兄弟は蜂の巣作るマンだからな 使ってる自分でも敵側に見たらとにかく叩いとかないとと思う -- 2016-12-27 (火) 00:31:46
  • とりあえず運転手は窓の装甲閉じろ。腕とか姿勢が窮屈で気分転換したいのは理解するが我慢しろ。 -- 2017-01-24 (火) 07:21:54
  • 重量55tってマ? -- 2017-01-27 (金) 18:50:28
    • 恐らく5.5t .が抜けてる -- 2017-01-27 (金) 19:14:26
    • 55トンとか重スギィ!90式とかティーガークラスやんけ! -- 2017-01-27 (金) 22:28:14
    • 55トンとか重スギィ!90式とかティーガークラスやんけ! -- 2017-01-27 (金) 22:28:15
  • 20mm積んだ低ランク戦車だと戦えるのに、こいつで敵と対峙すると全然抜けない不思議。敵として当たると蜂の巣にされるんだけどな・・・ -- 2017-01-31 (火) 16:24:44
    • ちゃんとPzgr40持って行ってる? -- 2017-01-31 (火) 16:31:03
  • 実際使ってみると分かる凶悪さ、味方にまでどつかれるとかどんだけトラウマ負わせてんだか…半分くらいAIとはいえ敵の集団に迷い混んで全滅させて生き残れたりするし… -- 2017-02-09 (木) 21:56:07
  • ゲパルド、タセと並んでRank1の最優先攻撃目標 -- 2017-02-10 (金) 14:12:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 史実で高い対戦車能力を発揮し、「高射砲で戦車を撃つのは卑怯ですな」のくだりがある逸話が有名なドイツの対空砲は8.8cm Flak18/36/37、通称アハト・アハト。