J22-A

Last-modified: 2020-11-04 (水) 12:10:01

スウェーデン Rank II 戦闘機 J22-A

概要

ver1.95にて追加されたランク2戦闘機。
比較的高い最高速度と火力を持つが、エンジン出力が低いため、運動性や上昇力はやや見劣りするものとなっている。

機体情報(v1.95.0.28)

必要経費

必要研究値(RP)***
機体購入費(SL)***
乗員訓練費(SL)3000
エキスパート化(SL)10000
エース化(GE)130
エース化無料(RP)160000
バックアップ(GE)40
護符(GE)530

BR・報酬・修理

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング2.7 / 2.3 / 2.0
RP倍率1.12
SL倍率0.30 / 1.50 / 1.80
最大修理費(SL)***⇒704 / ***⇒1897 / ***⇒1657

機体性能

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)***⇒585 / ***⇒***
(高度4300m時)
最高高度(m)9200
旋回時間(秒)***⇒18.9 / ***⇒20.0
上昇速度(m/s)***⇒14.9 / ***⇒10.8
離陸滑走距離(m)300
最大出力(hp)***⇒1020 / ***⇒900
離陸出力(hp)***⇒1171 / ***⇒1050
毎秒射撃量(kg/s)2.18
燃料量(分)min:17 / 20 / 30 / 45 / 60 / max:62
限界速度(IAS)670 km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)490km/h, (離陸)445km/h, (着陸)225km/h
着陸脚破損速度(IAS)260km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

武装

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機銃8mm
Ksp m/22 Fv
1500左翼内30/50
8mm
Ksp m/22 Fh
1500右翼内
機銃13.2mm
Akan m/39
2500両翼内60/80

弾薬

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
8 mm
Ksp m/22
既定T/AP/T/AP13134200
汎用T/AP/I13134333
地上目標T/AP/AP/T121212400
装甲目標T/AP/AP/AP2320181000
空中目標T/I/I/AP13134333
曳光弾T/AP/T/T13134200
ステルスAP/AP/T121212400
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
13.2 mm
Akan m/39
既定HEF-T/AP2121171066
地上目標HEF-T/
AP/AP/AP
空中目標HEF-T/HEF-T/
AP/HEF-T
ステルスAP/AP/AP2121171011

追加武装

追加武装:無し

機体改良

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
8mm弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
13mm弾薬ベルト
III主翼修理******
エンジン
新しい8mm機関銃
IVインジェクター交換******
カバー交換
新しい13mm機関銃

カモフラージュ

無し

△△△
[添付]
条件-
説明標準カモフラージュ
△△△
[添付]
条件
説明

研究ツリー

前機体J20
派生機体
次機体J22-B
 
 

解説

大径の空冷エンジンを収めるために設計された太い胴体前部と、しかしそれを覚えさせないほど流麗に絞り込まれた後部、華奢なランディングギアを収めるために整形された有機的な平坦さを持つ腹部、後端で整然と結ばれ胴体へと流れ込む翼のラインが目を引く、小柄で可愛らしくも美しい機体。

だがそのエンジンは機体重量に対してやや不足気味であり、本機の機動性と上昇力を低いものとしている。
運動性も翼面荷重相応のものであり、垂直方向への機動はもちろん、横方向であったとしても長時間の格闘戦は苦手としている。
普通なら高度有利からの一撃離脱などを行い弱点を補いつつ戦うのだが、本機はそれすらままならないことが多い。
というのも、このエンジンは中高度以上で急激に出力が低下してしまうため、それより上では戦闘機動自体が難しいという短所を抱えているのだ。

具体的には…

細かくエンジン馬力の変化を見ていくと、3440mまでは一貫して1050馬力前後(RB&SB)を保っているのだが、それ以上の高度では他の機体が6000~7000mで直面するような激しい出力低下に見舞われている。

3440m時点で1049馬力であった出力は、4000mで既に965馬力まで低下、6000mでは704馬力と水平飛行がやっとなほどまで落ち込んでしまっている。

別の数値、上昇率で見比べてみよう。
2000m→3000mでの区間上昇率は、およそ17.0m/s。
これが4000m→5000mになると13.1m/s、5000→6000mでは9.8m/sと大きく低下している。

高度を稼ぐのに時間がかかるということは、その最中に敵に補足、攻撃される可能性が高いということも意味している。
生き延びたいのであれば、そのような隙は晒さないようにするのが賢明だろう。

このため、本機はソ連機よりも高高度に弱く、一層慎重な扱いが必要であるということが分かる。
しかし、ひとたび敵を低空におびき寄せてしまえば、対等な勝負に持ち込むことができるだろう。

それを補うことができるのが本機の素晴らしい火力。
ベルトに恵まれる8mm機銃は勿論、この機体で多くの人が初めて触れるであろう13.2mm Akan m/39機関砲は、ゲーム内トップクラスの性能を持つ中口径機関銃だ。
M2ブローニングに似た弾速と弾道、1080発/分という高レート、そして何より、大量の炸薬を内蔵した破砕曳光榴弾によりもたらされる破壊力は他の何事にも代え難いものとなっている。
WarThunderにおける航空機関銃で求められる性能の全てを備えたこの武装は、捉えた敵機を瞬く間に撃墜スコアへと昇華させてしまうだろう。

とは言え貧弱な機体性能は如何ともし難いもので、扱いにはしばしば手を焼くことだろう。
それを上手く補完する立ち回りができれば、本機の持つ火力を存分に活かして状況を好転させることも不可能ではない。

特徴

--加筆求む--

立ち回り

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】
--加筆求む--

史実

スウェーデンが第二次大戦中に運用した単発戦闘機。
サーブ社が他機体の設計に追われていたため、新たに設立されたFFVSにより開発されている。
1942年9月に初飛行を行い、翌年10月には配備を開始した。
現在は3機が現存しており、いずれもスウェーデン国内の航空博物館に収蔵・展示されている。

--加筆求む--

小ネタ

--加筆求む--

外部リンク

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

DMM公式紹介ページ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • RBのときめちゃくちゃ舵が重い (^^; -- 2020-05-04 (月) 23:16:06
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White