Top > P-59A


P-59A

Last-modified: 2019-12-04 (水) 19:10:39

アメリカ Rank IV 戦闘機 P-59A Edit

P-59A.jpg

概要 Edit

2019年夏イベントOperation H.E.A.T.にて空タスクを10個取得することにより入手できるジェット戦闘機。
WTでは初のランクIVジェット機であり、ジェット機としてのBRは最小の5.3。

機体情報(v1.**) Edit

必要経費 Edit

必要研究値(RP)-
機体購入費(SL)-
乗員訓練費(SL)10,000
エキスパート化(SL)290,000
エース化(GE)940
エース化無料(RP)***
バックアップ(GE)***
デカール枠解放(RP)***

BR・報酬・修理 Edit

項目【AB/RB/SB】
(初期⇒全改修完了後)
バトルレーティング5.3 / 5.3 / 5.3
RP倍率***
SL倍率*** / *** / ***
最大修理費(SL)1,710 / 2,610 / 1,730

機体性能 Edit

項目(初期⇒全改修完了後)
【AB/RB&SB】
最高速度(km/h)723 / 690
(高度9,144m時)
最高高度(m)13,000
旋回時間(秒)19.2 / 20.0
上昇速度(m/s)23.4 / 19.5
離陸滑走距離(m)457
離陸推力(kgf)***⇒*** / ***⇒***
毎秒射撃量(kg/s)***
燃料量(分)min*** / *** / *** / max***
限界速度(IAS)*** km/h
フラップ破損速度(IAS)(戦闘)*** km/h, (離陸)*** km/h,(着陸)*** km/h
主翼耐久度-***G ~ ***G

レーダー Edit

航空機用レーダー解説ページを開く

分類有無距離
(km)
索敵レーダー〇/×**/**/**
測距レーダー〇/×***
追跡レーダー〇/×***
火器管制装置〇/×***
敵味方識別装置〇/×***
捜索中追尾〇/×***

武装 Edit

分類名称搭載数装弾数搭載箇所購入費用(SL)
通常/ステルス
機銃12.7mm
M2ブローニング
31,800機首右舷側***/***
機関砲37mm
M10
145機首左舷側***/***

弾薬 Edit

搭載武装解説ページ(弾薬テンプレート置き場)を開く

武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
12.7 mm
M2 Browning
後期ベルト
既定API-T/AP/AP/I2625191233
汎用AP-I/AP-I/
API-T/I/I
2625191233
地上目標API-T/I/AP/
AP/AP-I/AP-I
2625191233
曳光弾API-T2322161000
ステルスAP-I/I/AP-I/I2322161033
 
武装名ベルト名内訳最大貫徹力(mm)
10m100m500m1000m1500m2000m
37 mm
M10
既定HEFI-T*333333
汎用HEFI-T*/
HEFI-T*/AP-T
434030181511
地上目標AP-T/HEFI-T*434030181511

追加武装 Edit

追加武装:無し

機体改良 Edit

解説ページを開く

Tier名称必要RP購入費(SL)
I胴体修理******
ラジエーター
**mm弾薬ベルト
**mm銃座用弾薬ベルト
IIコンプレッサー******
機体
新しい**mm機関銃
新しい**mm銃座用機関銃
III主翼修理******
エンジン
**mm弾薬ベルト
爆弾懸架装置
IVインジェクター交換******
**オクタン燃料使用
カバー交換
新しい**mm機関砲
ロケット懸架装置

カモフラージュ Edit

クリックで表示

研究ツリー Edit

前機体
派生機体
次機体
 
 

解説 Edit

特徴 Edit

P-59 エアラコメット。概要欄にもあるように初のrankIVジェット機であり最低BRのジェット機でもある。

立ち回り Edit

【アーケードバトル】
--加筆求む--

 

【リアリスティックバトル】
額面性能ほど登らないので注意、良好な旋回性能、ダイブ性能を活かした立ち回りが求められる。

--加筆求む--

 

【シミュレーターバトル】

離陸時はあまり急激に機種を上げると尻を擦るので注意。エレベーターニュートラルでも加速すれば勝手に機種が上がって離陸できる。
離陸したら水平飛行で400キロ程度まで加速し、速度を維持しつつ緩やかに上昇して高度を取ろう。
上昇力の低い本機だが、高度さえ取ってしまえばこちらのものである。優れたダイブ性能を活かしての一撃離脱もできれば、日本機顔負けの旋回性能を活かして、旋回戦を挑んでねじ伏せることもできる。
ただし加速力が最低クラスのため、あまり長時間クルクル回ってエネルギーを失うと致命的な事態に陥りかねない。
また、ロールレートも大したことないので、一度後ろを取ってもシザーズや縦方向のエネルギー戦などを挑まれると思いの外苦戦する事もある。
殆どの戦闘機に言えることではあるが、できる限り初撃で敵を仕留め、格闘戦は短時間に留めたほうが良いだろう。
短時間で済ませるには12.7ミリが三門ではやや火力不足なため、できれば37ミリを的確に当てていきたい。
形勢不利と見た場合、ダイブして700キロ程度まで加速し、味方か飛行場に向けて逃げ出そう。
直線飛行をする限りダイブ後の速度減衰は緩やかなため、ダイブして逃げる本機に追いつける機体はあまり多くは無いはずだ。
なお、ジェットの音と排気が特徴的すぎるため、奇襲が苦手である。まっすぐ飛ぶ黒点に奇襲を仕掛ける時はスロットルを絞ろう。

史実 Edit

開発・初飛行は意外にも早く、1941年には計画スタート、翌1942年秋には実機試験が行われた*1
エンジンは本機のために初めて開発されたJ31ターボジェットエンジンを主翼付け根付近に配した双発構造、合計推力約1800kg。主翼下に吊り下げるような形で配したMe262やミーティアよりも機動力の低下を抑えられ*2、また機首を丸ごとインテークとしたF-84やF-86、あるいはMiG-15シリーズと比べ武装や電子装備の配置の自由度が高い*3、と、構造的にはかなりの先見性がある(≒ごく近年のジェット戦闘機と似通っている)設計と言えるであろう。

ただ、やはりジェットエンジンに関する技術は未成熟であり、推力面や機械的信頼性に不安を抱えていたため、さらには最高速度664km/hは当時のレシプロ機でも十分発揮できる範囲であった(例えばP-51Dが711km/hほど、P-47Dが700km/hほど)。最終的には66機の生産に終わっている。うち1機はミーティア F Mk1との交換でイギリスへと渡ったが、現地でも興味を引くことはなかったようだ。

小ネタ Edit

--加筆求む--

外部リンク Edit

 

WarThunder公式英語Wiki

 

WTフォーラム・データシート

 

公式Devログ

 

インターネット百科事典ウィキペディア

 

コメント Edit

【注意事項】

  • 誤解や混乱を防ぐために、使用感を話題にする際はゲームモード(AB/RB/SB)の明記をお願いします。
  • 荒らし行為に対してはスルーしてください。不用意に荒らし行為に反応し、荒らしを助長した場合は、荒らし共々BANされる可能性もあります。
  • ページの編集要望等ありましたら編集会議のコメント欄をご利用ください。

旧式コメント欄(ZawaZawaコメント欄が使用できない時などに)





*1 イギリスと相互に技術協力を行っていたのも計画の早さの一因であろう
*2 そもそもこの方式では双発重戦闘機と同じエンジン配置ということになってしまい、当然重戦闘機程度の機動力しか発揮できないことになりかねない。Me262Aがほぼ1回しか一撃離脱攻撃が行えず、「旋回してもう一回射撃位置につく」ことがエネルギー保持面や機動力から難しかったのは好例であろう
*3 例えばF-86にレーダーを搭載した際に機種を丸ごと改設計している。本ゲームフランスツリーのF-86K