紫電一一型

Last-modified: 2020-01-16 (木) 05:53:50
No.201
weapon201.png紫電一一型局地戦闘機
装備ステータス
火力雷装
爆装対空+8
対潜索敵
対爆+1迎撃+1
戦闘行動半径3装甲+1
装備可能艦種
駆逐艦軽巡洋艦重巡洋艦戦艦
軽空母正規空母水上機母艦航空戦艦
備考
開発不可、改修可
全ての艦娘に装備不可、基地航空隊にのみ配備可能
2017年「9月作戦」ランキング褒賞
任務「運用装備の統合整備」選択報酬
任務「基地航空隊戦力の拡充」選択報酬
改修更新
紫電一一型紫電二一型 紫電改
水上戦闘機「強風」を陸上戦闘機として改修発展させた局地戦闘機「紫電」。
待望の新鋭機ではありましたが、「強風」由来の主翼の中翼配置、
それに伴う二段伸縮式主脚、視界不良や翼下のガンポッドなど課題を大きく残す機体となりました。
台湾沖航空戦や捷一号作戦などに出撃します。
本機は、その後改良され、名機「紫電改」へと発展していきます。

ゲームにおいて Edit

  • 2017年10月28日にランカー報酬として実装された、雷電に続く局地戦闘機。同日には改良型の紫電二一型 紫電改も同時実装されている。
  • 基地航空隊にしか配備できない機体でありながら装甲+1がついているが、どういう効果を持っているのかは不明。
  • 2017年12月11日のアップデートにて実装されたクォータリー任務『運用装備の統合整備』の選択報酬として受け取り可能となり、量産出来るようになった。
    • 同日、明石改修工廠にて、赤城あるいは加賀のサポートがあれば改修も可能となる。上位兵装の紫電二一型 紫電改への更新には新型航空兵装資材は不要。*1
      • ちなみにこの装備の★maxと更新後の紫電二一型 紫電改(無改修)の比較は二一型が出撃時+2、防空時+1と上位互換。性能が落ちることは無いので更新を躊躇う必要は無い。

性能比較表(装備最大値/局戦・陸戦早見表/テーブルより転送) Edit

No名称火力対空索敵対爆迎撃装甲対空値
(出撃時)
対空値
(防空時)
戦闘行動半径配置コストボーキ
消費*2
入手方法改修備考追加
175雷電65291826108任務、イベント、ランキング-編集
201紫電一一型81119.51136108、ランキング編集
202紫電二一型 紫電改913213.51446108改修、ランキング-編集
263紫電改(三四三空) 戦闘30111242171946108イベント-編集
333烈風改10621132449162イベント-編集
334烈風改(三五二空/熟練)1173115.52849162イベント-編集
350Me163B292201472ランキング、イベント-高高度局戦編集
351試製 秋水282181472ランキング、イベント-高高度局戦編集
352秋水393211472ランキング、イベント-高高度局戦編集
354Fw190 D-92123316.52138144イベント-編集
176三式戦 飛燕81312.51337126任務、イベント編集
177三式戦 飛燕(飛行第244戦隊)934151947126イベント、ランキング編集
185三式戦 飛燕一型丁92313.51647126改修、イベント、ランキング編集
218四式戦 疾風101111.51357126イベント-編集
221一式戦 隼II型62986472、イベント、ランキング編集
222一式戦 隼III型甲171311.5126472改修、イベント、ランキング編集
223一式戦 隼III型甲(54戦隊)2811312.5137472イベント、ランキング-編集
225一式戦 隼II型(64戦隊)11111518.5187472イベント、ランキング-編集
250Spitfire Mk.I17218.5124590任務、イベント編集
251Spitfire Mk.V193212175590改修、イベント-編集
253Spitfire Mk.IX(熟練)11024161846108イベント-編集
  • 濃緑色は局戦薄緑色は陸戦
  • 火力および装甲の効果は不明
  • 艦載機との制空値比較はこちらの表を参考のこと
  • ウグイス色は出撃時対空値空色は防空に関連する数値

小ネタ Edit

  • 帝國海軍の局地戦闘機、紫電(紫電一一型)が元ネタ。
  • 設計製作は世界最高峰の飛行艇と名高い二式大艇の開発を手がけた変態水上機メーカー川西航空機。
    戦後は新明和工業となり、海自の哨戒飛行艇PS-1、救難飛行艇US-2の開発・製造元でもある。
    • 元型となった「強風」は昭和15年に川西1社指名の形で海軍側から開発指示が出されたが、国際情勢の悪化から必要とされる時期に配備が間に合わないと判断された。
      そのため、すでに艦上戦闘機として採用されていた零戦の中古機体を流用した一号水上戦闘機の開発を中島に依頼*3。十五試水上戦闘機の完成までのつなぎとすることにした。
    • そして、昭和16年12月の開戦直後に二式大艇の大量配備計画が取り消されてしまう。
      開発中の「強風」も主力としての大量発注が見込めない機種であったため会社存続の危機に陥ることが予測され、川西は海軍に「強風」のパーツを流用した局地戦闘機計画を提案。
      海軍の本命だった雷電は振動問題の原因究明に難航しており、開発は遅れに遅れまくっていたという事情も合った。
      まさに渡りに船といった状況の提案であり、川西への救済措置も兼ねて、仮称一号局地戦闘機、後の「紫電」の開発がスタートしたのである。

  • 紫電一一型はそのためフロートが無くなった以外「強風」と殆ど同じ、と思うであろうが……。
    • 実際はエンジンが「火星」から「誉」に変更された。
    • また、胴体に中翼で繋がる主翼とそれに合わせた二段引き込み脚を作った。
    • 水上に特化した、紡錘形に絞った胴体では地上姿勢が上向きすぎたため、後部胴体は高さをもって尾輪位置を下げることにした。結局そのまま使えたのは中央胴体だけである。部品の流用どこいった
  • 各サブタイプは以下の通り。カードイラストは紫電一一型か、一一型甲と思われる。
    • 紫電一一型 機首に7.7mm機銃✕2丁、主翼に20mm機銃✕4丁。強風よりも20mm機銃が2丁追加されたが、主翼改設計を最小限に抑えるため、翼下にゴンドラを設けて設置している。
    • 紫電一一型甲 火力的に効果が薄くなっていた機首の7.7mm機銃を外したもの。カウリングの機銃口はそのまま残されている。
    • 紫電一一型乙 ベルト給弾式20mm機銃が完成したことで、主翼内に4丁収めることが可能になり翼下のゴンドラが消えたもの。爆弾懸吊器も250kg爆弾対応の物を二つ装備し、爆撃能力も強化された。
    • 紫電一一型丙 爆弾懸吊器を4個に増やしたもの。
  • しかし元々少数生産予定の機体だったものをそのまま量産しようとした結果様々な弊害が起こった。
    • 自動空戦フラップは生産数が少ない強風では目論見通り作動していたが、紫電では速度計測機器に使用されている水銀漏れによる電気系統の不具合、圧力系配管の設計ミスによる高速飛行時の意図しないフラップ展開と言った初期不良が多発したことが尾を引き、現場からの評判はあまり良くなかった。
      • 余談だが、自動空戦フラップの設計グループに参加していた人物が、世界の傑作機No124に開発時の状況を寄稿していたり、艦これに提督として着任しているという噂*4もある。
    • 新しく取り付けた二段引き込み脚も、これがまたトラブルを起こすなど散々の出来栄えだった。*5
      • 二段引き込み脚は中翼に大直径プロペラを用いた米陸軍P-47でも行われているが、故障多発という話は出ていない。彼我の工業力格差がもろに現れたと言えよう。
        ただ、P-47で着陸事故がなかったと言うよりは、喪失機を上回る数を投入して補うという考え方のため、単純に故障率や故障件数を比べてもあんまり意味がなかったりする。
        ちなみにアメリカ機はP-47に限らず変に降着装置を弄るのが好きだったため重量増加の原因になる上事故も決して少なくなかったようである。わかりやすいのがグラマン製戦闘機でF4Fは複葉の先代由来の胴体格納。F6Fは後方引き込みだが意外や意外、これが一番シンプルな形式。ヤンキー・ゼロことF8Fは大直径プロペラをクリアするコンパクトな脚を模索した結果、脚の基部が外側に、下部は内側に畳む二つ折れ引き込み脚と凝った作りになっている。
    • 例によって誉エンジンはgdgdだわ、自動空戦フラップは信用できないわ、翼内機銃の増強で設計時に予定していた速度が出ないなどの問題だらけで、出来た機体は零戦より速度こそ出るものの着陸時の視界の悪さと複雑な機構が原因で着陸時の事故が多発し、九六式艦戦時代に戻った感のある航続距離、零戦に劣る運動性、「誉」に起因する低い稼働率など、見るべきところはあるが現在必要とされている要求に達しない代物だった。
      元々のエンジンが「火星」だったので「なぜエンジン変えたし」と言われることもしばしば。
  • とはいえ紫電は「」までのつなぎとして約1,000機が製造され、不満はあるものの老いつつある零戦の穴を埋める成果を上げたといえる。
    • フィリピンを巡る戦いに「航空隊規模で間に合った新型機」であるという点はもう少し評価されても良いのではないだろうか。
      フィリピンを失陥したことで南方の原油航路は完全に途絶して持久も不可能となる。*6紫電改は「負けが確定した後に出てきた」とも言えよう。
  • レイテ沖海戦には第341海軍航空隊(戦闘第401飛行隊、戦闘第402飛行隊)と戦闘第701飛行隊所属機が参加している
    • いずれも圧倒的な数的劣勢の前にには多勢に無勢であり一方的に大損害を被ってしまった
    • 生き残った機体や搭乗員は後に第343海軍航空隊に編入された
    • 第341海軍航空隊の地上要員は稼働機全滅後に地上部隊となり航空隊司令の舟木忠夫中佐以下玉砕している
  • 紫電改で有名なあの343空でも紫電改の数が初期は揃わなかったため、本機が使われた。切り札である紫電改を温存するため、訓練飛行では積極的に紫電が回されたとも言う。3月19日の迎撃戦では本機と紫電改の両方が一緒に使われた。一緒に使われたのはそれが最後だったとのことである。
    • 紫電と紫電改の両方に乗った343空の隊員は、紫電改と同じ設計者だけど、本機は使い物にならないつまらない飛行機と評している
    • 343空の主力が大村基地に移動した後も紫電を装備した戦闘401飛行隊は練成部隊として松山に残留しており、1945年8月6日、エノラ・ゲイに対して迎撃機を上げたという隊員の話もあるが飛行隊の記録には残っていない
    • なお、この迎撃は事実であったとしてもエノラ・ゲイは認識さえしていない。エノラ・ゲイが記録しているのは陸軍飛行第4戦隊(小月基地)所属と推定される二式複座戦闘機「屠龍」単機による対進戦のみである
  • 赤城か加賀を2番艦にすることで改修出来るのは、紫電のテストパイロットを務めた志賀淑雄少佐が搭乗した経験があることに因むと思われる。
    ミッドウェーに向かう約1ヶ月前に開発着手したばかりの当機の存在を艦娘自身が知っていたかは微妙なところ

この装備についてのコメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • これ使って基地防空すること自体が2部隊防空するくらいのことをしないと無い -- 2018-08-09 (木) 18:17:24
  • 二一型を目指して☆4まで更新したけど雷電3に紫電改三四三と飛燕224とスピッドファイア熟練あるしさすがに投げたわ。更新に使う紫電改二ももったいないし。。。 -- 2018-08-15 (水) 13:12:08
  • 今回実装の任務報酬枠でこれだけ明確な外れ感がある… -- 2018-12-08 (土) 13:27:57
    • これの代わりに54戦隊だったら、禿げ上がる程悩む人が出そう -- 2018-12-09 (日) 09:02:29
  • 局戦ばっか配られてもなぁ・・・3部隊使えても最終的には防空投げて3部隊ともボスマス集中になるんだからネームドの陸攻とかもうちょっと実用的なものが欲しい -- 2018-12-13 (木) 00:54:52
  • 対空値はノーマル紫電≦ノーマル飛燕なのに改修でのネジ消費が紫電は飛燕の2倍にもなってるのはどうしてなんだ? -- 2019-01-10 (木) 00:32:21
    • 主脚の改良に手間取ってるんだよきっと -- 2019-05-18 (土) 13:43:28
      • そういえば紫電→紫電改は大幅に改設計してるんだっけ -- 2019-05-18 (土) 15:05:39
      • ↑強風→紫電もそうだけど、主脚の改良、発動機交換、主翼の低翼化、構成部品の見直しなどもう別の形式って言ってもいいくらいの改良(?)がなされているね。 -- 紫電改大好き一枝? 2019-05-18 (土) 19:42:19
  • 今回これのおかげで防空できたので満足 -- 2019-01-22 (火) 10:30:20
  • 冬アニメ「荒野のコトブキ飛行隊」の第1話で見事なヤラレ役でした(´・ω・`) -- 2019-01-23 (水) 13:59:05
    • まぁ迎撃戦で高度有利が取れない+数的不利+零戦21型相手に巴戦をやった(正確に言うとやるしかなかった)っていう紫電ガン不利シチュだったから仕方ない… -- 2019-01-25 (金) 00:52:03
  • ブインが初イベントで、前クォーターの運用装備の統合整備で入手したこいつに防空をやってもらってたんだけど、みんなギミック解除のとき以外は空襲上等で全出撃してるみたいだったな・・・。防空に2部隊以上置くことなんて無いだろうし、1機入手したあとは隼を増やしてった方が良いのかな -- 2019-03-15 (金) 21:56:00
  • これって更新しといた方がいい?隼3が1個と隼2が2個ずつしかない初心者提督なんだけども。 -- 2019-03-18 (月) 11:18:20
    • 正直いらない -- 2019-03-18 (月) 11:20:21
    • イベント防空も試製烈風でいいし、対爆も迎撃も決して高くないからプライオリティはだいぶ低い -- 2019-03-18 (月) 11:44:34
    • いらないと断言するのはちょっとアレだが、定期的に入手可能な基地航空機でそれなりの性能はある紫電改だけれど、改修コストがちょっと高すぎることと、運用に制限が多すぎることもあっておすすめはしにくい。こっちにネジ使うなら隼Ⅱを入手、改修してさらにⅢも改修していった方のが装備整ってない人ならおすすめかも。元より、初心者の自覚があるならこれの改修よりも他にやっておいた方がいい改修があると思いますが -- 2019-03-18 (月) 11:46:01
      • みなさんどうも有難う。とりあえず隼の改修しときます。 -- 2019-03-18 (月) 17:54:50
  • 一応局戦や陸戦が足りていない提督の救済装備・・・なんだけども、ネジ消費が重いうえに更新先はそんなに強くない&改修不可だからクォータリーで貰うにしても、改修はしないで運用しつつ優秀な機体が手に入り次第倉庫行きが現状一番良いかな -- 2019-05-30 (木) 22:17:40
  • クォータリー間違ってこいつ選んでしまった・・・隣にネジ4があったのにまったく目に入ってなかった、不覚 -- 2019-06-08 (土) 01:10:18
  • こういうイベント時でしか出番が無いと思ったら、アシが短すぎて実質防空用途にしか使えなくて泣いた… -- 2019-06-22 (土) 17:41:06
  • 運営に嫌われてる装備だと思うわ -- 2019-09-02 (月) 18:07:41
    • 同じことを紫電改二で言ったら繊細ヤクザだ短絡的バカだなんだと叩かれたわ。 -- 2019-09-02 (月) 18:16:51
  • 試製東海と雷電選ばずなんでこれ選んだんだ当時の俺… -- 2019-12-25 (水) 00:19:54
  • 穴埋め目的で入手したとしても間違っても趣味以外で改修や更新なんぞしない方が良い装備。これにネジ使うなら21型熟練でも改修するほうがよっぽど基地航空隊全体の底上げになる -- 2020-01-16 (木) 05:53:50
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 隼II型→隼III型甲では新型航空兵装資材を1個使用する。やはり陸軍機だからか?
*2 1スロ当たり
*3 後に無理があることが分かり、結果として改設計の上新造されることとなった。
*4 信用できるマスコミの情報ではないため
*5 着陸どころか離陸滑走中にボッキリ折れたこともある
*6 その前から米潜水艦による狼群戦法でも痛手をこうむり、船団を組んで対抗を強いられて居たのだが、船団となると逆に「空襲の良い的」になってしまった為である。さらに45年1月には南シナ海に機動部隊まで侵入するようになってしまった。